牡馬3頭の離乳~後編

ここでは、「牡馬3頭の離乳~後編」 に関する記事を紹介しています。
 離乳した母馬たちは、夕方になっても、時折、寂しそうに、我が仔を捜していました。

9・後・母たち
 

乳が張ってくるのでしょう。

動いている方が、乳房炎の予防になるため、昼夜放牧を続けます。

草を食べたと思ったら、

9・後・草を食べ
 

また、我が仔を捜して、右往左往。

9・後・また捜す
 

新米ママがいるため、どうしても落ち着かない放牧地。

そして、仔馬たちの方はといえば・・・・・。

9・後・栗オル
 

今度は、栗毛のオルフェーヴル牡馬が、必死。

9・後・遠景
 

いよいよ母がいないことに気付き、悲しくなってきたようです。

群れに戻ってきても、落ち着きません。

9・後・あきらめきれない
 

ハーツ母さんの元に、皆が集結するものの・・・。

9・後・ぴったりと固まる
 

しばらくすると、こらえきれない栗オルとエイシンフラッシュ牡馬が、顔を上げます。

9・後・フラッシュと栗オル
 

「おかあさーん!」

9・後・きょろきょろ
 

気を取り直して、みんなで草を食べ始めるものの・・・・。

9・後・まとまる
 

たまらず飛び出していく、栗オル。

9・後・たまらず飛び出していく
 

「どこに隠れているの?」

栗オルくんの母は、いつも群れから離れて、ポツンといることが多かったため、

「こっちにいるんじゃないの?」

9・後・奥へ奥へ
 

と、奥へ奥へと、足を向ける栗オル。

「いないなぁ・・・」

9・後・立ち止まる
 

ゆっくりと、追いかけてきたフラッシュとノヴェリスト牡馬。

9・後・後を追ってきたノヴェ達
 

「あっちかな?」

9・後・あっちかな
 

「それとも、こっちかな?」

9・後・こっちかな
 

のぞける限り、体を乗り出して、キョロキョロ。

母がいるハーツクライ牝馬は、ひとり、落ち着いていました。

9・後・余裕のハーツ
 

戻ってきたフラッシュとノヴェ。

9・後・戻ってきた
 

その先には、授乳中のハーツ母さんの姿。

9・後・フラッシュ
 

9・後・飲んでる
 

真横にぴったり立ち、「いいなぁ」と眺めるフラッシュ。

9・後・いいなあ
 

「何してるの!ダメだからねっ!」

9・後・何してんの!
 

威嚇するハーツちゃん。

「ちょっとだけ・・・」と、フラッシュくんが顔を伸ばすと、

9・後・ちょっとだけ
 

耳をしぼって、にらみつけました。

9・後・ダメ
 

厳しい現実です。

「いないなぁ・・・」

9・後・寂しく戻る栗オル
 

寂しく戻ってきた、栗オル。

みんなと一緒にいても、まだあきらめがつかないようで、

9・後・まだ気になる
 

結局、再び、飛び出していきました。

9・後・やっぱり
 

「おかあさーん!!」

9・後・おかあさーん
 

「どこー?」

9・後・さまよう
 

なんだかんだ言って、一番母恋しいのが、栗オルくんでした。

母がいない初めての夜を、幼馴染みと共に過ごします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そこにママが居てくれたから
いつも自由に元気で過ごす事が出来ていた…
居てくれるだけで良かった。
栗オルくん、どうしていいかわからないんでしょうね。
離乳…母仔にとってとても辛くて淋しくて悲しくて、でも仕方ない。
私は何もしてあげれないもどかしさで
いっぱいです!!
ただがんばれーしか言えない…
ずっと応援してます!!

2015/10/15(木) 12:25 | URL | ひーちゃん #bBmFigmc[ 編集]
離乳後のそれぞれの様子、母も仔も悲しいですね。子どもは初めてだし、お母さん達は毎年のようにこれを体験するのかと思うと切なすぎます。
ノヴェくんはそんなに取り乱してないのでホッとしましたが、ハーツちゃんに怒られてますます悲しいフラッシュくんにヨシヨシしてあげたいです。

栗オルくんの動揺ぶりは想像以上でした。普段は別々に行動していたけど、まさかこんなことが起きるとは思ってなかったんでしょうね。1頭だけで走り回る栗オルくんの上に広がるあかね雲が悲しみを増すようです。つらいけど立派な競走馬になるための試練、頑張って乗り越えてね。
2015/10/15(木) 13:27 | URL | ラベンダー #8c6RAryI[ 編集]
離乳前はいつもハーツちゃん親仔と一緒だった栗オルくん。
でもそれは、母がいつもそばにいてくれる安心感から自由に行動できたんでしょうね。
友達の親仔では母の代わりはできないことに離れてみてやっと気づいたのかなぁ栗オルくん。
母の存在は偉大ですね(T_T)
ノヴェくんとフラッシュくんも寂しさに耐えてる姿が切ないです。
頑張れ仔馬ちゃん達!!!
この試練を乗り越えて逞しく育ってね。




2015/10/15(木) 13:35 | URL | めんめ #-[ 編集]
栗オル君はお母さんにべったりじゃなかったけれど、友達といる方が楽しそうだったけれど、それもお母さんの懐の中にいたからだったんですね。あんまり甘えてるところをブログから見る事はなかったけれど、当たり前ですが、お母さんが大好きで実は一番のお母さんっ子の甘えたさんだったんだと思いました。いつも明るい栗オル君の寂しそうな姿はぐっとくるものがありました。ノヴェ君が大丈夫かと心配しましたが意外と強い子なんですね。みんなで乗り越えてほしいです。がんばれ!
2015/10/15(木) 14:10 | URL | ココロ #-[ 編集]
もう、涙無くしては読めないです。
辛いよね、さみしいよね、、。
でも、競走馬は誰もが通らなければらない道なんですよね。
これから先、大好きなママのためにも、もちろん自分のためにも、頑張ってね‼︎
応援しかできませんが、幸せな運命でありますように応援し続けます!
2015/10/15(木) 14:52 | URL | hito #-[ 編集]
まさか、まさか、お母さんがいなくなるなんて、思いもしなかったね!
初めての試練、でもきっと乗り越えられるよね。
立派な競走馬になるんだよ!
みんなが応援しているから。
2015/10/15(木) 17:12 | URL | ノエル #R7BYTcJk[ 編集]
栗オル君、本当にあちこち探し回っていますね!雲の色が、夕焼け色に染まっても、キョロキョロ探していますね。栗オル君は外の世界に興味が向いていてお母さんを放っておきがちだったけど、こんなに結びついていたんですね!何て可愛い栗オル君・・・。フラッシュ君やノヴェ君も涙を誘いますが、この子達はもともとお母さんにべったりだったけど、栗オル君は今までの飄々とした態度とのギャップが、やはり涙を誘います・・・
乳離れは毎年、辛いですね。
全編のミケちゃんも、「・・・また今年も始まったニャ」って感じで見ていますね。
2015/10/15(木) 22:23 | URL | Hase #-[ 編集]
本当に辛い時期ですね。。
生れた時から栗オル君のファンです。
彼を見る度に顔がゆがみっぱなしになってました。
ママがいなくなってしまっても、相変わらずマイペースな栗オル君。
デビューしても、ずっとずっと応援させて頂きます!
大好きな栗オル君、寂しさを乗り越えて、父を超える立派な男になって下さい!!
2015/10/15(木) 22:36 | URL | erinem88 #-[ 編集]
離乳は、いつかはしなければならないけど
切ないですね。
栗オル君、脱走しなければいいけど。
2015/10/16(金) 00:09 | URL | けい #menjkS.I[ 編集]
栗オル君…いつもはハーツちゃんママと一緒にいたのも、お母さんが近くにいてからこそだったんですね。必死にお母さんを探している姿、お母さんには見せてあげたいです!そしたらお母さんももっと寂しくなっちゃうか…( ; ; )シルエットも寂しくてしょうがないでしょうね…子どもも大人も仲間の力で寂しさを早く乗り越えてほしいです!
2015/10/16(金) 10:50 | URL | みかん #-[ 編集]
そうですね。
マイペースに暮らしているように見えても、母との絆は強いということを感じました。
今年、栗オルくんのお母さんは空胎なので、一番最後まで、泣き叫んでいました。
放任主義なように見えて、やっぱり我が仔はかわいいのですね。
応援ありがとうございます。v-22
2015/10/16(金) 11:58 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
ハーツちゃんは、とても気の強い女の子なので、フラッシュくんにも冷たくて、少々かわいそうでした。
ノヴェくんは、夕方見に行った時には、一番落ち着いていましたね。
意外と精神的に強い仔かもしれません。
栗オルくんは、騒いで騒いで、次の日に厩舎に入れた時は、疲れて寝ていました。
それで、あきらめたようです。
その後の様子は、また載せますね。v-22
2015/10/16(金) 12:02 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
栗オルくん、最初は、ハーツ母さんにべったりだったので、「このまま大丈夫かな?」と思いましたが、そうはいきませんでしたね。
やっぱり、乳が飲めないとなると、母の存在が大きくなってくるのでしょうか。
人間も、離乳の時は、なかなか大変で・・・、気持ちがよくわかります。
この時期を乗り越えれば、また新しい世界が広がる・・・、そう信じるしかありません。v-22
2015/10/16(金) 12:06 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
そうなんです。
あまり母に甘えていることはありませんでしたが、馬房の中ではいつも一緒。
毎日、乳を飲ませてもらって、ここまで大きくなったので、簡単にはあきらめることが出来ないのでしょうね。
飄々としているように見えて、実は、一番の甘えん坊だったということでしょうか。
ノヴェくんは、一度、母と別れた経験もあり、とても強かったように思います。v-22
2015/10/16(金) 12:09 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
競走馬になるために、この時期、どこでも、当歳馬は母から離されます。
月齢が進めば進むほど、わがままになり、人間との信頼関係が築きにくくなるといわれます。
どの仔にとっても、初めての試練ですね。
みんな、立派な競走馬になるために、頑張って乗り越えてほしいと思います。v-22

2015/10/16(金) 12:37 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
小さな栗オルくんたちが、必死でお母さんを捜している姿は、本当に見ていて切ないですね。
厩舎に入れるよりも、仲間たちと群れで過ごした方が良いというので、この後も外で過ごしました。
そして、何事もなく、無事に一晩を越えられました。
競走馬として、この後も一歩ずつ階段を上がってほしいと思います。v-22

2015/10/16(金) 12:48 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
好奇心旺盛な栗オルくんは、表情豊かな馬だけに、こういう時は、見ていてわかりやすいのかもしれません。
「お母さんいなくても別にいいや」なんていう仔は、絶対にいませんね。
これからは、その母に代わり、人間たちがしっかり愛情を持って、接していかなくてはなりません。
ミケは、寒い時は日なたに、暑い時は日陰に陣取り、みんなの様子を見守っていますよ。v-22
2015/10/16(金) 12:53 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
いつも話題の中心にいた栗オルくん。
離乳の時も、やはり目立ってしまいました。
母がいなくなっても、知らんぷり・・・の大物ぶり発揮も考えられましたが、やはりそうはいきませんでしたね。
順調に大きく育ってほしいものです。
応援よろしくお願いします。v-22
2015/10/16(金) 12:58 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
栗オルくんは、脱走せずに済みました。
けれども、オルフェの仔は、表情豊かな仔が多いのかもしれませんね。v-22
2015/10/16(金) 13:04 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
お母さんたちのその後の様子もまた載せたいと思っています。
みんなにとって試練の時。
私たちも、この時期は早く済んでほしいと、どうしても思ってしまいますね。v-22
2015/10/16(金) 13:06 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1135-6ca1ed36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック