夕焼け空~ディープ等、来春の顔ぶれ

ここでは、「夕焼け空~ディープ等、来春の顔ぶれ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後六時過ぎ。窓の向こうの空が、真っ赤に焼けているのを見つけ、思わずシャッターを切りました。

このところ、雨天や曇天が多く、夕焼けを見るのは久々です。

8・夕焼け 

水彩絵の具で塗って、ぼかしたような淡い色に、しばし感動して見つめながら、

昼夜放牧をしているので、”夕焼けをバックに黒いシルエットの馬たち”の写真が撮れないかと、あわてて外に飛び出しましたが・・・、

刻一刻と変わる空。

背景が良さそうな放牧地に駆けつけた時には、赤みはすっかり消え、灰色の雲が大部分を占めていました。

馬と一緒に暮らしていても、自然相手の写真は、なかなかタイミングよく撮れません。

とぼとぼと、帰る道すがら、先日離乳した”早生まれ組”の母馬集団の前を通ると、仔馬と別れたものどうし、仲良く、毛づくろいをしている姿がありました。

彼女たち、昨日の朝、獣医さんに最終の受胎確認をしてもらい、お腹の中で順調に仔馬が育っていることが判明したばかり。

「無事に良い仔を産むんだよ」と、つい声をかけると、きょとんとした顔で見つめていました。

初仔と別れた悲しみがやっと癒えたMr.Greeley牡馬の母さんは、ディープインパクトの仔を受胎。

デュランダルゴールドアリュールダイワメジャーシンボリクリスエス等、社台スタリオンステーションで種付けした馬たちは、皆、無事に確認が終わっています。

来年は、そんな種牡馬たちの仔馬の誕生をご紹介。

流産、早産、死産等、思いがけず小さな命を失うこともあり、まだまだこれから先も気が抜けませんが、どんな仔たちに会えるのか、期待もふくらみます。

「どうか皆、無事に誕生しますように」

暗くなりかけた西の空をもう一度振り返り、心の中で祈りました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/105-154557fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。