穏やかに仲間入り

ここでは、「穏やかに仲間入り」 に関する記事を紹介しています。
 昨日は、”小春日和”。

この先の寒さを思えば、「今のうちに」と鉢植えの片付けなど、やることはいっぱいです。

野生動物たちも、大忙し。

トントントンと木をたたく大きな音がして、近寄ってみると、アカゲラが脇目も振らずに虫をとっていました。

11・牡・アカゲラ
 

川には、無数のシロザケ。

11・牡・サケ
 

今年は水量が少なく、下流から上って来られなかった鮭が、ここに来て、やっと姿を見せ始めています。

川沿いの土手を歩いていると、ワスレナグサとホトケノザの花が咲いていました。

11・牡・勿忘草とホトケノザ
 

春のような陽気に、誘われたのでしょう。

ホッとする淡い色彩。

「なに?なに?」

川に面した放牧地から、真っ先に歩いてきたのは、3月生まれのヴィクトワールピサ牝馬。

11・牡・星ピサ
 

最近、私がニンジンを配ることを覚え、「まずは、自分が!」と、寄ってきます。

しつこくついてくる星ピサちゃんを背に、目的の牡馬の放牧地へ。

先日やって来た、エンパイアメーカー牡馬が、仲間と放れたのです。

その様子を確認するために、奥の放牧地まで歩きました。

「なに?」

11・牡・ディープ&エンパイア
 

と顔を上げる、ディープインパクト牡馬とエンパイアメーカー牡馬。

どちらも、新入りくん。

実は、牡馬グループを2つに分けました。

頭数が多いと、慣れないうちは事故も起こり得るため、まずは、キンシャサノキセキ牡馬と新入りディープの2頭と一緒に。

11・牡・キンシャサたち
 

すぐに馴染んだ様子です。

早生まれのキンシャサを先頭に、こちらへ。

11・牡・キンシャサくん
 

袖を噛んで引っ張るキンシャサを見ながら、歩いてくる新入りエンパイアくん。

11・牡・不安げに
 

ディープにしっかりくっついて、こちらをチラチラ。

11・牡・振り返る2
 

気のいい仲間たちに囲まれ、なんとかやっていけそうです。

11・牡・早速
 

5月生まれで、まだあどけない顔の流星エンパイアくん。

11・牡・エンパイア
 

分けられてしまった馬たちも、隣からのぞきに来ました。

ワークフォース牡馬。

11・牡・ワーク
 

柵の間の草を食べるのに夢中の、ハービンジャー牡馬。

11・牡・ハービン
 

そして、キングズベスト牡馬とディープインパクト牡馬。

11・牡・4頭
 

みんな、それぞれのグループで、楽しそうにやっています。

11・牡・キンシャサとディープ
 

もう1頭、新入りのキングズベスト牝馬は、顔に皮膚病が見つかったため、パドックで治療中。

11・牡・新入りキング
 

何度見ても、栗毛のキングちゃんとそっくり。

一緒に放れる日が、ますます待ち遠しくなりました。

といっても、明日からは、寒気の影響で、週間予報には雪のマークも見られます。

少し気を引き締めて、冬支度を急がなければなりません。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1007-871e005b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック