北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・04-21  ※春のハプニング
 ・04-20  ※新たに外へ
 ・04-19  ※雨上がりの朝
 ・04-14  ※久々に1歳馬
 ・04-13  ※4年半の時を経て

 4月4日午後11時50分に、父キズナの牡馬が誕生しました。

4・キズナ・黒
 

予定日から3日遅れ。

母方に似たのか、真っ黒で、どこにも白いところがありませんでした。

立とうとしても、肢が長いためか、なかなか立てず、手助けして起こします。

4・キズナ・立つ
 



4・キズナ・立って
 

そして、乳の辺りをなめるものの、なかなか吸えないので、初乳を哺乳瓶に入れ、飲ませました。

立ったは良いものの、今度は座れなくなり、倒して寝かせ・・・、

起きるのを助け、なんとか乳は自力で飲めるようになります。

徐々に体力が付き、明るくなった頃、自分で寝起きも出来るようになりました。

4・キズナ・翌朝
 

少し手はかかりましたが、これで一安心。

おっとりタイプだったのでしょうか。

一晩中、馬房の隣の休憩室で一緒に過ごしたミケは、ストーブを消したため、朝日のあたる窓辺に移動しました。

4・キズナ・ミケ
 

その外には、1日前に生まれたブラックタイド牝馬。

4・キズナ・タイド
 

母と共に、新鮮な空気を吸っています。

4・キズナ・母と
 

放牧地では、3月生まれのキズナ牡馬が、栗毛のオルフェーヴル牝馬と合流しました。

4・キズナ・キズナ目線
 

するとキズナくん、大喜び。

4・キズナ・飛び出す
 

母を置いて、駆け出します。

我が仔が心配でたまらない栗オル母さん。

4・キズナ・じろり
 

サッサッサー!

4・キズナ・キキー
 

ひょい!

4・キズナ・ひょい
 

そして、恐れを知らずに、栗オル母さんの近くへ、ひょこひょこ。

4・キズナ・ひょこひょこ
 

「来るんじゃないわよ!」

4・キズナ・威嚇
 

威嚇する相手にびっくり。母に誘導され、一目散に逃げていきました。

4・キズナ・行くよ
 

見つめる親子。

4・キズナ・じー
 

「んもう!あっちへ行ったら、ダメよ!」

4・キズナ・ダメ
 

戒める母の気持ちを知ってか知らずか、再び駆け出す、キズナくん。

4・キズナ・こら
 

生後2週間を過ぎ、いたずら盛り。

4・キズナ・授乳
 

新たに生まれたキズナくんとも一緒に遊ぶ日を、楽しみに待ちたいと思います。


スポンサーサイト

関連タグ : キズナ, , ブラックタイド, オルフェーヴル,