北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3月9日午前3時過ぎ、父トーセンジョーダンの牝馬が、誕生しました。

3・ジョー・誕生
 

予定日の3月3日より6日遅れ。

特徴ある流星が、まず目を引きました。

3・ジョー・流星
 

大きめだったにもかかわらず、自分で立ち、乳を吸い始めます。

とても手がかからない仔でしたが、唯一、座るのが苦手。

寝たいんだけど、どうしたらよいかわからない、といった様子で、うろうろ。

膝を曲げかけてはやめ、曲げかけてはやめ・・・。

いつの間にか、立ったまま、うとうと。

母馬が先に座ったため、その母にあたって斜めに倒れ込むように座ると、すぐに眠ってしまいました。

3・ジョー・くたっ
 

微妙な位置関係に、困った顔のお母さん。

3・ジョー・困ったね
 

さて、この1時間後に再びのぞくと、明るくなった馬房に、きりりとした女の仔が立っていました。

3・ジョー・顔
 

でも、ちょこまかと、せわしなく動き回り、なかなか静止してくれません。

3・ジョー・忙しい
 

生後5時間半だというのに、小さな尻っ跳ね。

3・ジョー・キック
 

飲んだらすぐに寝ていたヘニーヒューズ牝馬とは対照的に、とても活発でした。

これなら、ひと月違いもなんのその。

3・ジョー・アップ
 

最初の友達として、きっと仲良くやっていくことでしょう。

ちょっとおでこが広くて、長い顔。

3・ジョー・おでこ
 

横から見ると、古馬のような貫録さえありました。


スポンサーサイト

関連タグ : ヘニーヒューズ, トーセンジョーダン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。