北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の夜のはじめ頃に降った雪で、再び冬の景色に舞い戻りました。

喜んだのは、この親子。

3・大雪・ヘニー
 

放牧と共に跳ね回り、午前8時前には、既に、この踏み跡。

柔らかいので、下の土と混ざり、ところどころマーブル模様になっていました。

3・大雪・ひょい
 

積雪15㎝といったところでしょうか。

3・大雪・ふかふか
 

出入り口から離れた場所は、まだきれいですが、

3・大雪・母仔で
 

手前は、こうして行ったり来たりしているため、荒れ放題。

3・大雪・走る
 

でも、嬉しくてたまらないという顔で、颯爽と走っています。

3・大雪・見てみて
 

ストーブの前で丸くなっているミケとは対照的で、「私は走るために生まれて来たのよ!」と言わんばかり。

3・大雪・わっほい
 

「これ、冷たいけど、気持ちいい!」

3・大雪・こわす
 

いったん雲にさえぎられた太陽が、また現れると、輝いて見えます。

3・大雪・きょろきょろ
 

スズメが仲間どうしで、ちゅんちゅん騒ぎ出すと、「何かな?」

3・大雪・スズメ
 

「行ってみよ!」

3・大雪・それ
 

乾草の上に乗っていたのに、「これ、不思議よね」と、雪かき。

3・大雪・ぺろ
 

さくさくと崩れる雪が、面白くて・・・。

3・大雪・前掻き
 

どんどん、のめり込んでいました。

3・大雪・ふがふが
 

「これ、本当に、どうなっているの?」

3・大雪・見て
 

思い切り、駆け回ります。

3・大雪・走るよ
 

バケツの中の水の感触ともまた違い・・・。

3・大雪・バケツ
 

小さなヘニーは、大忙し。

3・大雪・近くへ
 

しっぽを振り振り、ダッシュの連続。

3・大雪・そーれ
 

柵の隙間から顔を出してきたので、

3・大雪・アップ
 

手を伸ばすと、手袋を噛み始めました。

3・大雪・はぐはぐ
 

「なあに?これ」

3・大雪・何これ
 

すぐにポイッと捨てられてしまったので、踏まれる前に、急いで拾いました。

さて、この後、1歳馬の放牧地を歩き、30分後にのぞいてみると・・・・。

3・大雪・30分後
 

親子共々、休憩中。

3・大雪・遊び疲れて
 

あれだけ運動すれば、”熟睡”は間違いないでしょう。


スポンサーサイト

関連タグ : ヘニーヒューズ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。