北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして
 ・05-29  ※綿毛の朝

 昨日、夕もやが立ち込める放牧地に、エゾシカの群れが現れました。

2・大・シカ
 

少し小さいのは、昨年生まれた仔ジカでしょうか。

母にぴったりと寄り添っています。

そこでしばらく過ごした後、群れで去っていきました。

2・大・エゾシカ
 

こちらは、馬の親子。

2・大・寝る
 

生後半月になるヘニーヒューズ牝馬は、朝日が昇る頃、母と一緒にすやすや。

でも、先に目覚めると、

2・大・起きて
 

くるっと、後ろに回り込み、

2・大・回って
 

「ねえ!起きて!」と、前肢を上げ始めました。

2・大・ねえ
 

それでも起きないと、今度は、顔の近くへ移動。

「ねえねえ!」

2・大・ねええ
 

さすがの母も、根負け。ゴロを打って、起き上がると、

2・大・起きた
 

授乳の体勢をつくってくれました。

2・大・わい
 

たっぷり飲んだ後は、母と一緒に、散歩。

2・大・来る
 

ニンジンを催促するお母さんの下で、「何やってるの?」

2・大・のぞく
 

この愛らしさには、勝てません。

母のやることを真似したい盛り。

2・大・母と
 

あんなことも、

2・大・しゃがんで
 

こんなことも、挑戦してみます。

2・大・ぺろり
 

ざくざく音を立てながら、

2・大・ぴょん
 

ダーッシュ!

2・大・ささっ
 

「これは、どんな味かな?」

2・大・祖母
 

「うーん?」 そんな様子を、向かいの放牧地にいる祖母が、そっと見つめていました。

2・大・ぺろ
 

素直で、かわいらしく、みんなの注目の的。

2・大・あどけない顔
 

今度は、草をもぐもぐ。

2・大・むしゃむしゃ
 

「わぁ、とれた!」

2・大・とれた
 

「ねえねえ、見てみて!」

2・大・見て
 

口に草を挟んだまま、華麗にジャンプ。

2・大・うわい
 

小さな体をいっぱい動かし、

2・大・ぱか
 

楽しそうに、

2・大・横
 

跳ね回っていました。

2・大・くね
 

そして、母のところへ。

2・大・母と一緒に
 

一緒に走ります。

2・大・走る
 

鹿毛と栗毛の、見た目はまったく違う親子は、

2・大・親子
 

仲が良く、

2・大・また走る
 

元気いっぱい。

2・大・ぴょーん
 

ここだけ、春が来たように、キラキラ輝いています。

2・大・ハッスル
 



スポンサーサイト

関連タグ : ヘニーヒューズ,

 昨日は、春が来たような陽気でした。

ヘニーヒューズ牝馬は、顔をなでると目を細め、小さな口で、もぞもぞとなめてきます。

2・6日目・顔
 

くるっと背中を向けたので、掻いてあげると、嬉しそうにじっとしていました。

落ち着きのある、素直な女の子です。

2・6日目・正面
 

お母さんが食べている乾草が気になり始め、

2・6日目・なに?
 

一緒にもぐもぐしていました。

2・6日目・それ
 

まだ歯は生えていませんが、

2・6日目・きら
 

噛む練習を始めています。

2・6日目・くんくん
 

暖かさに誘われて、ニャーという鳴き声と共に、ミケ登場。

2・6日目・ミケ登場
 

冷たい雪の上に足を置きたくないらしく、牧柵に乗っていると、母馬がやって来ました。

2・6日目・母警戒
 

フーッと注意されたと見え、場所を変えるミケ。

「ここなら、冷たくないニャ」

2・6日目・あったかい
 

安心した親子は、また乾草のところへ。

2・6日目・かきかき
 

ヘニーは、顔を掻き掻き。

眠たくなったらしく、草の上でうろうろし始めました。

2・6日目・寝ようかな
 

「よいしょっと!」

2・6日目・うわ
 

肢を折りたたもうとしたものの、勢い余って、地面にコロン。

2・6日目・失敗
 

居心地が悪かったとみえ、すぐに起き上がりました。

2・6日目・ダメだ
 

「失敗!失敗!」また、草を食む練習を始めます。

2・6日目・起きた
 

ニンジンをもらおうと、こちらへやって来た母が、ひなたぼっこ中のミケを発見しました。

2・6日目・ぎろり
 

気になるようなので、柵の上に移動させると、我が仔のそばへ急いで戻り、

2・6日目・守る
 

警戒音を発声。

2・6日目・緊張
 

注視。

2・6日目・じろ
 

ミケは、いたってのんびり構えていましたが、母馬のストレスがたまらないよう、移動することにしました。

2・6日目・ミケ
 

こんな、風がなく穏やかな日が、毎日続いてほしいものです。


関連タグ : ヘニーヒューズ,

 2017年産馬が誕生したため、過去記事と並行しながら、最新記事もアップしていきます。
 北の大地は、ヒヨドリやツグミの鳴き声に、春の訪れを感じる頃となりました。

風のない穏やかな朝、パドックには、まどろむ親子の姿。

2・パドック・いねむり
 

雪を踏むザクザクという音にびっくりして、仔馬だけが飛び起きました。

2・パドック・ヘニー
 

生後5日目となったヘニーヒューズ牝馬。

「なんだろう?」という顔で、じっと見つめています。

2・パドック・うん?
 

そして、母乳を探して、母を突きますが・・・。

2・パドック・お母さん
 

起きてくれないので、あきらめて、またパタン。

2・パドック・あきらめた
 

すやすや。

2・パドック・むにゃ
 

母は、横たわり、ヘニーは乾草の陰に隠れて見えなくなりました。

2・パドック・どちゃ
 

静かな牧場には、梢にとまるシメの声が響くだけ。

2・パドック・シメ
 

後ろを車が通過しても起きない2頭でしたが、しばらくして、ヘニーちゃんがムクッ。

2・パドック・起きた
 

母も起きると、すぐに授乳タイムでした。

2・パドック・やった
 

飲んでいる間、我が仔を愛撫する母セレーネ。

2・パドック・授乳
 

「あー、おいしかった!」

2・パドック・くるり
 

コトン。

2・パドック・こて
 

再び休もうとしたヘニーでしたが、母がこちらに来たため、あわてて起きます。

2・パドック・あれ?
 

「何してるの?」

2・パドック・なになに?
 

手を出すと、柔らかい鼻を近付けてきました。ふにゃふにゃ!

2・パドック・ぺろ
 

性格も良さそうです。

母と一緒に散歩して、

2・パドック・すたすた
 

ちょっと、こっちに来てみたり、

2・パドック・おすまし
 

向こうをのぞいたり。

2・パドック・冒険
 

あらあら。

2・パドック・あれれ?
 

愛嬌たっぷり。

2・パドック・気になる
 

雪にも興味があって、

2・パドック・雪
 

躊躇なく座りました。

2・パドック・あらら
 

お母さんは、大あくび。

2・パドック・あくび
 

暖かい太陽の光を全身に浴び、眠たくなったのでしょう。

動き出した母に気付いて、「待って!」

2・パドック・待って!
 

ふと、隣の放牧地に祖母がいることを思い出し、その姿を捜すと・・・・。

2・パドック・祖母も
 

おばあちゃんも、寝ていました。

母娘三代、行動は似ています。

2・パドック・青空
 

空には、美しい雲がどこまでも続き、幸福な時間を演出していました。


関連タグ : ヘニーヒューズ,

 2月8日、午後10時30分過ぎに、父ヘニーヒューズの牝馬が誕生しました。

今年の第1号です。

母馬は、前日から時折そわそわ。

午後10時に、スタッフが集まり、分娩を見守ることになりました。

生まれて来たのは、父と同じ栗毛の牝馬。

2・誕生・牝
 

40分後に立ち上がる、元気な仔ながら、母乳を探すのに少し手間取ります。

2産目の母が、辛抱強く立っていてくれたため、徐々に上手に飲めるようになり、夜が明けました。

明るい陽射しが入る馬房で、乳を飲み終えたヘニーちゃん。

2・誕生・ぺロ
 

まだあどけない表情で、

2・誕生・あどけない
 

こちらに顔を向けてくれました。

2・誕生・顔
 

ふわふわの産毛。

その後、寝てしまったので、裏側の扉をそっと開けると、母の警戒音と共に、一瞬で飛び起きました。

2・誕生・びっくり
 

お腹の中にいるうちから、ちゃんと親子の絆が出来ているようです。

2・誕生・じー
 

注意深くこちらを眺める、ヘニーちゃん。

2・誕生・顔アップ
 

でも、「眠くなっちゃった」

2・誕生・眠たくなって
 

まだまだ、飲んでは寝る生活。

2・誕生・おやすみ
 

そして、2日目の今日。

2・誕生・3日目
 

日に日にしっかりしてくる、ヘニーちゃん。

2・誕生・栗毛
 

監視カメラには、跳ね回っている姿が、よく映ります。

2・誕生・元気に
 

母に似て、お転婆でしょうか。

とても柔らかく、良い動きをします。

寒い時期なので、温度に注意が必要ですが、明日以降は、外へも出られることでしょう。

2・誕生・プチ
 

栗色の天使は、早速、人気を独り占めにしています。


関連タグ : ヘニーヒューズ,

 昨年2月に生まれたゴールドアリュール牡馬は、もうすぐ1歳の誕生日。

生まれた時から大柄でしたが、さらにのびやかに成長し、

2・夕・アリュ
 

すっかり若武者らしくなりました。

2・夕・アリュ顔
 

ハービンジャー牡馬と、

2・夕・ハービン
 

ダンカーク牡馬、オルフェーヴル牡馬は、3月生まれ。

2・夕・ダン&オル
 

体型に差はあるものの、皆たくましくなり、昨年とは大違い。

スクリーンヒーロー牡馬は、4月生まれ。

2・夕・ヒーロー
 

ここにやって来て3週間が経ち、すっかり慣れた様子です。

5月生まれの栗毛のオルフェーヴル牡馬。

2・夕・栗
 

皆と比べると、まだ幼さの残る体型。

向こうを向いて、何をしているのかと思ったら、幼馴染みのオルフェーヴル牝馬がいました。

2・夕・あちゃ
 

小さかった頃のことを考えているのでしょうか。

突然、強い風が吹き出し、私の持っていたレジ袋が音を立てたので、びっくりしたみんな。

2・夕・ドド
 

一斉に駆け出します。

2・夕・みんなで
 

「何?何?今のなんだった?」

2・夕・ヒーローたち
 

栗オルも、大慌て。

2・夕・栗も
 

みんなと合流しました。

2・夕・栗毛
 

もう一度、様子を見に来るアリュール。

2・夕・様子見
 

勇気と度胸は一番。

2・夕・びっくり
 

さすがは、お兄さんです。

ヒーローは、みんなと仲間意識が芽生え、ちゃんと群れの中で行動するようになりました。

2・夕・走る
 

最初は猫をかぶっていたとみえ、だんだん積極的な面が見え始めます。

2・夕・しっぽをあげて
 

ニンジンは、放牧地で仲間が食べているのを見て、口にするようになりました。

今では、大好物。

彼のおかげで元気倍増の栗オル。

2・夕・栗オル
 

栗毛の2頭は、いいコンビです。

2・夕・2頭
 

厳しい冬を共に乗り越えた仲間たちと、

2・夕・夕焼け
 

やがて来る春を待ちます。

2・夕・オルも
 



関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ,

 昨年、一昨年と見に行けなかった社台スタリオンの種牡馬展示会。

今年は時間がとれたため、全頭見ることが出来ました。

まずは、新種牡馬のドゥラメンテ

2・社台・ドゥラメンテ
 

怪我の療養で、放牧が制限されていたせいか、力があり余っている様子でした。

こちらは、終始落ち着いていたモーリス

2・社台・モーリス
 

母方の祖母メジロモントレーは、当牧場先代の生産馬。

2・社台・祖母モントレー
 

その血が脈々と受け継がれていくことに、喜びを感じます。

急きょ、種牡馬入りとなったミッキーアイル

2・社台・ミッキーアイル
 

初年度産駒の活躍により、アロースタッドから移動してきたリーチザクラウン

2・社台・リーチザクラウン
 

初年度産駒が1歳になるジャスタウェイ。

2・社台・ジャスタウェイ
 

産駒が今年デビューを迎えるオルフェーヴル

2・社台・オルフェーヴル
 

エイシンフラッシュ。

2・社台・エイシンフラッシュ
 

ロードカナロア。

2・社台・ロードカナロア
 

ノヴェリスト。

2・社台・ノヴェリスト
 

種牡馬6年目となるドリームジャーニー。

2・社台・ドリームジャーニー
 

カジノドライヴ。

2・社台・カジノドライヴ
 

大ベテランのクロフネを挟んで、

2・社台・クロフネ
 

ヴィクトワールピサ。

2・社台・ヴィクトワールピサ
 

7年目のキンシャサノキセキ。

2・社台・キンシャサノキセキ
 

ハービンジャー。

2・社台・ハービンジャー
 

そして、初年度産駒が今年誕生の、エピファネイア。

2・社台・エピファネイア
 

フェノーメノ。

2・社台・フェノーメノ
 

スピルバーグ。

2・社台・スピルバーグ
 

リアルインパクト。

2・社台・リアルインパクト
 

キズナ

2・社台・キズナ
 

種牡馬5年目のディープブリランテ。

2・社台・ディープブリランテ
 

タートルボウル。

2・社台・タートルボウル
 

スマートファルコン。

2・社台・スマートファルコン
 

ルーラーシップ。

2・社台・ルーラーシップ
 

大ベテランのゴールドアリュール

2・社台・ゴールドアリュール
 

ダイワメジャー。

2・社台・ダイワメジャー
 

ハーツクライ

2・社台・ハーツクライ
 

キングカメハメハ

2・社台・キングカメハメハ
 

ディープインパクト

2・社台・ディープインパクト
 

今年も、産駒が活躍を続ける馬たちが、後半に登場してきました。

自らが競馬場をにぎわせただけでなく、その血をつないでいく優秀な種牡馬たち。

強い北風も、時間も忘れ、その姿に見入ってしまいました。


関連タグ : ドゥラメンテ, モーリス, ミッキーアイル, リーチザクラウン, オルフェーヴル, ディープインパクト, キズナ, ハーツクライ, キングカメハメハ, ゴールドアリュール,

 1月29日、京都3レースで、父キングズベストの3歳牡馬、ボナパルトが優勝しました。

昨年7月の新馬戦デビューから、7戦目での初勝利。

ダートに替わったここ2戦は惜しいレースが続いていたため、「ついに!」という思いがわきました。

一昨年の9月に、育成牧場へ旅立ったボナパルト。

1・祝・ボナ馬運車へ
 

大柄で、独特の風貌の馬でした。

1・祝・ボナ顔
 

長めの距離で、実力を発揮したのが、うなずけます。

これは、出発前の姿。

1・祝・ボナ横
 

今後も成長し、さらなる飛躍を遂げてほしいと願っています。

この出発の約2ヵ月前に、彼の半妹ノヴェリスト牝馬とヘニーヒューズの仔を受胎した母は、牧場を移りました。

7・ノヴェ・母も
 

「みんな元気にしているのかなぁ」と、ふと懐かしくなりました。

また、今日2月4日、東京11レースで、父メイショウサムソンの4歳牝馬、フロンテアクイーンが勝利。

彼女は、本州の育成牧場へ出発する前の約2ヵ月間預かっただけの馬ですが、とうとうオープン馬に!

10・移動・サムソン横
 

馴致を担当したスタッフ共々、喜んでいます。

それにしても、12戦2勝。

1勝馬だった3歳春、重賞2着をステップに、オークス出走。秋には、トライアル3着で秋華賞出走。

年が明けたとたん、準オープン快勝。

少ないチャンスを確実にものにして、頂点のグループに仲間入りした彼女とその陣営には、頭が下がります。

この先、どんな世界を見せてくれるのでしょうか。

応援したいと思っています。


関連タグ : キングズベスト, メイショウサムソン, ノヴェリスト, ヘニーヒューズ,