北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月末に、1歳ハービンジャー牡馬が、育成牧場へ移動しました。

8・牡・ハービン
 

小さい頃から、終始いたずらっこだった、ハービンくん。

その存在感は大きく、別れは、とても寂しい気持ちになりました。

幼馴染みのワークフォース牡馬をはじめ、昨年の秋から一緒に育ったメンバー。

8・牡・3頭
 

キングズベスト牡馬が気付いて、まず、やって来ました。

8・牡・キング来る
 

続いて、ワーク。

8・牡・ワーク来る
 

こちらが思っているより、馬たちはあっさりしていて、ハービンを捜すような様子はありません。

8・牡・2頭
 

やっと、やって来たディープインパクト牡馬。

8・牡・やっとディープ
 

ハービンが出発した日、意外にも、みんなは、いつも通り、ゆったりと過ごしていました。

そして、その日に、2頭の1歳牡馬がやって来ました。

セリで取引され、育成牧場へ移動するまでの約2ヵ月間を、こちらで過ごします。

やって来てから、ひと月。

先日、放牧地をのぞきに行くと、もう、すっかり仲の良い、ひとつの集団になっていました。

8・牡・新集団
 

キンシャサノキセキ牡馬たち、3頭グループと合流して、5頭の群れ。

新入り1頭目のダイワメジャー牡馬は、気さくな性格で、私の姿を見るなり、先頭きって歩いてきました。

8・牡・メジャー
 

続いて、流星のディープインパクト牡馬。

8・牡・流星ディープ
 

新入り2頭目のハービンジャー牡馬。

8・牡・新ハービン
 

教えられなくても、「父ハービンジャー」という顔をしています。

彼も、人懐こい性格。

キンシャサノキセキ牡馬、エンパイアメーカー牡馬。

8・牡・キンシャサ&エンパイア
 

ニンジン大好きで、ボリボリ食べているキンシャサ・ディープ・エンパイアくんの間で、不思議そうな顔をしている、メジャー・ハービンくん。

あとひと月の間に、ニンジンの味を覚えてくれるでしょうか。

8・牡・新しい群れ
 

少しずつ、秋の気配が増してきています。

スポンサーサイト

関連タグ : ハービンジャー, ワークフォース, キングズベスト, キンシャサノキセキ, ダイワメジャー, エンパイアメーカー, ディープインパクト,

 7月の終わりに、群れ遊ぶ1歳牝馬たちを見つけ、近付きました。

「ニンジンくれるの?」

8・せり・1歳牝
 

と、即座にやって来るキングズベスト牝馬とハーツクライ牝馬。

その奥で、水遊びをしていたのは、ヴィクトワールピサ牝馬2頭でした。

8・せり・仲良し2頭
 

父が同じで、気の合うふたり。

8・せり・泥遊び
 

幼馴染みは、いつでも一緒です。

8・せり・黒ピサと
 

ほかの馬たちが、きれいな姿でいるのに、泥だらけになって・・・・。

グルーミング。

8・せり・グルーミング
 

姉妹のように育った2頭は、いつの間にか同じ運命をたどることになりました。

黒鹿毛のヴィクトワールピサ牝馬は、7月のセレクションセール直前に肢が腫れ、上場を回避。

泣く泣く8月のサマーセールに回ることになりましたが、星のあるヴィクトワールピサ牝馬も、そのセールに出ることになりました。

ほかの馬たちとは、放牧などのメニューを変えて、馴致に励む星ピサ。

8・せり・馴致後
 

4日間開催されるサマーセールの、3日目に星ピサ、4日目に黒ピサが出ることに決まり、その前日。

8月25日の夕暮れ時、2頭がいななく厩舎を訪ねました。

いつもは、みんなと外へ出ている時間なのに、セリ前日のため、厩舎へ入れられ、少々、不満顔。

でも、大好きなニンジンをあげると、喜んで顔を出してきます。

「頑張れ!星ピサ」

8・せり・星ピサ顔
 

「頑張れ!黒ピサ」

8・せり・黒ピサ顔
 

幼馴染みのディープインパクト牝馬は、放牧地の出入り口へやって来ていました。

8・せり・ディープ牝
 

走り出す仲間たち。

8・せり・キングハーツ
 

CandyRide牝馬も、ディープも、

8・せり・キャンディディープ
 

キングたちも。

8・せり・キング2頭
 

みんなが、2頭を応援しているように思えました。

8月26日、3月生まれのヴィクトワールピサ牝馬。

8・せり・星ピサ展示
 

8月27日、2月生まれのヴィクトワールピサ牝馬。

8・せり・黒ピサ準備
 

8・せり・黒ピサ展示前
 

セリ会場で緊張していた2頭は、徐々に落ち着き、展示を無事に終了。

8・せり・黒ピサ展示
 

こちらも、彼女たちの今後がどうなるのか、ドキドキしながら見守っていましたが、市場にて、どちらも、新しいオーナーさんに巡り合えることが出来ました。

さあ、これからは、次のステージが待っています。

生まれ故郷を離れ、育成牧場へ。

たくさんの仲間たちと共に、競馬場デビューを目指して、切磋琢磨。

幼馴染みから、良きライバルになれることを、静かに祈っています。


関連タグ : ヴィクトワールピサ, キングズベスト, ディープインパクト, ハーツクライ, CandyRide,

 忙しさに加え、カメラの故障という不運が重なり、ひと月もの間、更新がストップしてしまいました。

日々が経過するうちに、心配して連絡をくださる方が増え、続けることの大切さを痛感。

たった一人でひっそり始めたブログですが、いつの間にかたくさんの方々に支えられていることに改めて感謝して、また始めていきたいと思います。

この一ヵ月は、とても暑い夏でした。

7月下旬、暑さと共に始めた当歳馬の昼夜放牧。

最初の頃は、夕方になると、いつものくせで、出入り口に集結していた馬たち。

8・昼夜・栗オルあくび
 

元気いっぱいだった栗毛のオルフェーヴル牡馬も、大あくび。

8・昼夜・栗オルあくび2

 「厩舎で、休みたーい・・・」

8・昼夜・休みたい
 

みんな、アブを払いながら、憂鬱そうな顔をしています。

あきらめの早い、遅生まれ組の写真を撮っていると、やっと誰かが動き出し、放牧地の奥へと戻っていった面々。

8・昼夜・遅生まれ
 

次に、早生まれの仲良しグループを写していると・・・。

8・昼夜・早生まれ
 

いつの間にか、また出入り口に集合している、中生まれ組。

8・昼夜・フラッシュ
 

「ねえねえ」と、栗オルくん。

8・昼夜・栗オル
 

気休めに水遊びを始める、エイシンフラッシュ牡馬の母。

8・昼夜・水遊び
 

しばらくすると、またあきらめたように、放牧地の奥の方へ。

8・昼夜・帰る
 

気付いた栗オルくんも、

8・昼夜・栗オル帰る
 

遅れまいと、猛ダッシュ。

8・昼夜・ダッシュ
 

今年は、本州の夏を思わせる、こうした蒸し暑い日が何日も続きましたが、ここ一週間で、急に朝晩冷え込むようになりました。

夜は、窓を閉めなければ、寒いほど。

このまま、秋が来るのでしょうか。

そして、現役の競走馬たちは、この1ヵ月、毎週、誰かが勝ち星をあげてくれました。

8月2日、小倉7レース・ダート1700mのサクセスグローリー。

シンボリクリスエスの4歳牡馬。

8・1歳・クリス
 

8月8日、小倉7レース・芝1200mのスーパールミナル。

ゼンノロブロイの3歳牝馬。

9・栗・洗い場3
 
 
8月16日、小倉6レース・芝2000mのクリスバローズ。

5ヵ月預かった、父ディープインパクトの3歳牡馬。

9・整歯・青鹿毛ディープ3
 

8月22日、札幌7レース・芝2000mのシップーコウライ。

約11ヵ月預かった、父バゴの3歳牡馬。

9・母・バゴ顔
 

携わった馬たちが、ゴール板を1着で駆け抜ける姿は、本当に嬉しいものです。

それぞれの馬たちの、あの頃の性格を振り返りながら、今、どんなふうに過ごしているのかと、思いをはせる日々。

秋の気配の牧場は、これから当歳馬の離乳や1歳馬の移動が始まっていきます。

8・昼夜・今
 

新たな思いで、彼らの記録を残していきます。

8・昼夜・シルエット






関連タグ : オルフェーヴル, バゴ, シンボリクリスエス, エイシンフラッシュ, ディープインパクト, ゼンノロブロイ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。