北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・04-21  ※春のハプニング
 ・04-20  ※新たに外へ
 ・04-19  ※雨上がりの朝
 ・04-14  ※久々に1歳馬
 ・04-13  ※4年半の時を経て

牝馬の先頭をきって、早々とハーツクライ牝馬が、育成牧場へ出発することになりました。

「もう少し一緒にいられると思ったのに、残念・・・ 」

ハーちゃんは、独特の雰囲気を持った、人間味のある馬。なんだか好きな馬でした。

いつも一緒に過ごしてきた仲間と、初めて離れることにもなります。

出発前日の日曜、その仲間との最後の姿をおさめようと、放牧地へ。

9・前日・放牧地
 

「なになに?誰か来たの?」と鶴首のハーちゃん。

夕日を浴びて、輝く5頭の牝馬たちは、颯爽と駆けてきました。

9・前日・輝く馬たち
 

いつまでも、この風景が続くと思っていましたが、そうはいきません。

9・前日・5頭
 

ゴールドアリュール牝馬と共に先頭を歩いてきたハーツ。

9・前日・アリュール&ハーツ  

お別れを言いに来た子供たちは、さすがに1歳馬に取り囲まれるのは苦手で、柵の外から最後の挨拶をします。

9・前日・挨拶
 

ディープインパクト牝馬と共に、かわるがわる首を伸ばして、「遊ぼうよ」というハーツ。

しばらく遊んだ後で、こちらに歩いてきました。

9・前日・ハーちゃん
 

いつものように、帽子をいじったり、長靴をかじったり。

相手をしながら、これまでの1年半の出来事を色々と思い出してしまいました。

人との出会いもありました。これから先も、そんなふうに人と人とをつなげる馬になってくれたら、と願います。

ハーツが大好きな親友、カンパニー牝馬と草を食べている間、

9・前日・カンちゃんと
 

まだ牧柵のところで遊んでいる栗毛の2頭は、アリュールとグラスワンダー牝馬。

9・前日・栗毛組
 

そのうち子供たちが、放牧地の隅にキタキツネが掘った巣穴を発見し、はしゃいでいると、5頭はまた集まってきます。

ディープと並ぶハーツ。

9・前日・ディープと並んで
 

一匹狼的なディープちゃんと、つかず離れずの微妙な距離感で、共に歩んできたハーちゃん。

向かう育成牧場は別。いつか、競馬場で出会う日が来るといいなと思います。

このグループに後から入ってきた、気の強いワンダーとディープはいい勝負で、

9・前日・ワンダーとディープ
 

時折こんなふうに顔を突き合わせています。

9・前日・ワンダー&ディープ
 

さて、いつまでいてもきりがないので、「帰ろうか」と歩を進めます。

「じゃあね、元気でね・・・」

9・前日・さよなら
 

無言で見つめるハーツクライ牝馬。

この後、仲間との最後の夜間放牧を、きっと、いつもと変わらず過ごしたことでしょう。




スポンサーサイト

関連タグ : ハーツクライ, カンパニー, グラスワンダー, ディープインパクト, ゴールドアリュール,