北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、ついに離乳の時となるシンボリクリスエス牡馬の放牧地へ。

牧柵の上に、2羽のアオサギがとまっていて、よく見ると、親子。

9・クリス・アオサギ
 

川を上るおびただしい数の鮭をねらっているのか、最近よく見かけます。

人の姿に、野生のアオサギは飛んでいってしまいましたが、婚姻色に染まったシロザケの動きを夢中で眺めていると・・・。

9・クリス・シロザケ・ブナ
 

背後から、のこのこと近付いてきたのは、クリスくん。

着ていたジャンバーを引っ張り始め、あんまりしつこいので、おでこをなでました。

9・クリス・のんびり
 

「こののんびり顔とも、しばらくお別れだな・・・・」

思った通りでした。

午前10時を過ぎ、母だけが放牧地から出されると、

9・クリス・母去る
 

「え?なんで?なんで僕も連れて行ってくれないの?」と、大騒ぎ。

9・クリス・叫び
 

ヒヒヒーン、ヒヒヒーンと、体も大きければ、声もでかい!

ジャンボ・クリスくんの悲鳴で、辺りは、一時、騒然としてしまいました。

9・クリス・悲鳴
 

「ねえ、お母さんは、どこ?」

9・クリス・捜す
 

こちらは、同時に離乳した、フジキセキ牡馬、グラスワンダー牝馬の組。

9・クリス・キセキたち
 

Curlin牡馬も、母を連れていかれたとたん、皆と一緒に走り回りましたが、

9・クリス・カーリン
 

守り役の母が残っているディープインパクト牝馬に、「おう、競走なら負けないぞ!」と仕掛けたり、

9・クリス・カーリン&ディープ
 

不安げなキセキくんに、「やるかぁ!」と、立ち向かったり、

9・クリス・カーリン&キセキ
 

母の不在にさほど動揺する気配もなく、

皆もCurlinの雰囲気に飲まれ、あっという間に落ち着いてしまいました。

9・クリス・4頭
 

隣の放牧地では、まだ落ち着かないクリス。

9・クリス・落ち着かないクリス
 

すでに試練を乗り越えた3頭の仲間は、そ知らぬ顔で草を食べているし、「自分だけどうして?」と。

4月生まれディープインパクト牝馬の母をはさみ、驚くほど静かな、もう一方の離乳組。

9・クリス・後方で走るクリス
 

その奥で、ひとり駆け回っているシンボリクリスエス牡馬の黒い馬体が、小さな点となって、あっちへこっちへ。

隣で、草を食む繁殖牝馬たちの姿を追い、遠くから聞こえるいななきに耳を傾け・・・・。

9・クリス・捜すクリス
 

離れた放牧地で鳴いていたのは、Curlin牡馬の母でした。

9・クリス・カーリン母
 

まだ産駒は2頭だけ。出産直後、子煩悩だったことを考えると、悲しみが痛いほどわかります。

フジキセキ牡馬の母とグラスワンダー牝馬の母は、比較的静かにしていました。

9・クリス・キセキ&ワンダー母
 

そして、シンボリクリスエス牡馬の母は、以前同じグループにいた仲間たちに加わり、淡々と草を。

9・クリス・クリス母
 

鳴くことはいっさい無し。今年で6産め。ベテランゆえ、すべてを悟っている気がしてなりません。

再び、クリスのところへ。

9・クリス・駆ける
 

駆けて、

9・クリス・捜し続ける
 

捜し続けて、彼の試練はまだ続きます。

その頃、隣の放牧地では、母が戻ってこないことに気付いたCurlin牡馬が、「あれ?」という顔をして歩き出し、母を呼んでいました。

9・クリス・カーリンも呼ぶ
 

それぞれの馬に、それぞれの背景があり、誰ひとり同じことなく、この大きな節目を迎えているところです。

スポンサーサイト

関連タグ : シンボリクリスエス, Curlin, フジキセキ, グラスワンダー, ディープインパクト,

金曜日、また2頭の1歳馬が移動しました。

小雨降る中、朝早く出発したのは、ブライアンズタイム牝馬。

9・ネオ・タイム
 

昨年の11月から預かっていた中期育成馬。

9・ネオ・タイム顔
 

クラブの馬として、展示会や写真撮影、ビデオ撮影など、多々こなしてきました。

さすがに、馬運車に乗り慣れ、すんなりと。

9・ネオ・馬運車
 

見送るのは、ネオユニヴァース牡馬。

9・ネオ・見送るネオ
 

彼は、午後からの出発に備え、皆と別れて、馬房に入っていました。

1月生まれタキオン、ネオくんが抜けた早生まれグループには、先日から新しい仲間が加わって。

9・ネオ・新顔ムーン牡
 

アドマイヤムーン牡馬です。サマーセールの後、しばらく預かることに。

黒ネオくんと早速、闘志満々。

9・ネオ・合流し
 

2月生まれの生産馬、栗毛のネオユニヴァース牡馬は、午前中に、最後の馴致が行われました。

素直な性格。

9・ネオ・調馬策
 

ローラー(えりあげ)を装着し、ランジング(1本調馬策)を左手前、右手前とこなすネオ。

次は、ドライビング。

9・ネオ・顔
 

顔に緊張感が見られながらも、彼なりに学習し、頑張っています。
 
幼な馴染みは、男の仔ばかり。強気な仲間に囲まれて、強烈なイメージはなかったけれど、対等に渡り合う存在でした。

9・ネオ・歩く
 

シャワーで汗を流してもらい、

9・ネオ・手入れ
 

すっかり体が乾いた午後に、いよいよ出発。

彼の馬房の隣にいつもぴょこんと顔を出していた、白眉毛タキオンくんの姿はなく、ふっと寂しくなります。

9・ネオ・横
 

ハートマークの星。涼しげな目元が特徴のネオくんも、新天地で頑張れ・・・。

9・ネオ・馬運車の前で
 

馬運車に乗る際、少し嫌がったので、青草を見せると、今度はためらわずに、乗っていきました。

関連タグ : ブライアンズタイム, アドマイヤムーン, ネオユニヴァース,

昨年の1月に生まれたアグネスタキオン牡馬。

昨日、ついに育成牧場へ出発の時となりました。

最後の磨きをかけてもらいます。

9・別れ・タキオン手入れ
 

約1年と8ヵ月を過ごしたこの地を離れるタキオン。

今後、どんな生活が待っていることでしょう。

9・別れ・1月タキオン
 

落ち着いた性格ですが、何かあるとものすごいパワーを発揮する、ミステリアスな馬。

馬運車へと歩いていく姿を、早生まれの仲間たちが見つめていました。

9・別れ・早生まれたち
 

私も、久々に、車で1時間弱の育成牧場へ。

到着し、馴染みのスタッフさんに託します。「目がタキオンだ!」

9・別れ・到着
 

途中、何度か立ち止まる素振りを見せたものの、比較的すんなり厩舎へ入りました。

9・別れ・育成牧場
 

「頑張れ!」馬房に入ったタキオンの柔らかい鼻面を触り、今後の成長を祈願。

この厩舎には、休養馬のサクセスオネスティの姿もありました。

こちらは、中央未勝利で南関東に移籍。そこで4勝をあげている4歳牝馬。もうすぐ戻ります。

9・別れ・アイニー
 

そして、2歳のシンボリクリスエス牝馬。

9・別れ・ベルーナ
 

あいかわらずのシャープな体つき。もう少し時間がかかりますが、トレセン入りを目指して、頑張っている最中。

1歳時に預かっていた芦毛のディープインパクト牡馬や5月生まれアグネスタキオン牡馬の姿もありました。

9・別れ・芦毛ディープ
 

さて、白眉毛タキオンくんを預け、牧場へ戻る途中に連絡が入り、午後からは、1歳ネオユニヴァース牝馬も移動することに。

昨年の3月に生まれた、栗毛のネオちゃん。

本州の育成牧場へ渡る前に、近くの育成牧場で初期馴致を行います。

まだ小雨の降る放牧地にいたネオ。

9・別れ・1歳牝馬
 

牝馬の友達と一緒に、のびのびと草を食べていました。

オレンジ色のカッパを来た人間の姿に、戸惑いながら、駆け出します。

9・別れ・プリネオバラン
 

「もう、入る時間なのかなぁ」と、隣の放牧地を見ながら、考えているネオ。

9・別れ・ネオタイムキセキ
 

彼女も、賢くプライドが高く、それでいてかわいらしい女の仔でした。

新しい場所でも、きっと元気に頑張ってくれることでしょう。

ふと、放牧地の奥の方に、真っ白のお尻が目立つ、子どものエゾシカがいることに気付きました。

9・別れ・仔ジカ
 

高台には、警戒する母ジカの姿。よく見ると、3本足です。

9・別れ・3本足の母ジカ
 

昨年も子どもを連れている姿を見ましたが、今年も仔を産み、育てている様子。

たくましく生きる野性の動物たち。

送り出す馬たちを前に、何か強いメッセージを見せられたような、そんな気分になった私でした。

関連タグ : アグネスタキオン, シンボリクリスエス, ディープインパクト, ネオユニヴァース,

気温がぐっと下がり、今年もまた、物悲しいエゾシカの鳴き声が響く頃となりました。

秋です。1歳馬たちも、ここへきて、続々と育成牧場へ出発しています。

最初の出発となったのは、栗毛のアグネスタキオン牡馬。

9・1歳・タキオン栗毛
 

今年の4月から、約5ヵ月半預かった育成馬。

9・1歳・タキオン栗毛顔
 

先週の金曜日に、同じ町内にある育成牧場へ移動しました。

1月生まれながら、うちでは遅生まれグループに入っていた栗毛のタキオンくん。

だんだんと頭角を現し、やんちゃな5月生まれタキオンと良い勝負。

9・1歳・5月生まれタキ
 

初期馴致の飲み込みも早く、将来性を感じさせてくれました。

そして、同じ日の午後から出発したのは、サウスヴィグラス牡馬。

9・1歳・ヴィグラス
 

彼も、今年の1月から約8ヵ月預かった、育成馬です。

9・1歳・ヴィグラス顔
 

先日、生産牧場にいた頃から見守っているという東京の方から、お守りが贈られてきました。

「育成牧場出発の際には、持たせてあげてほしい」という内容のお手紙。

幸せ者のヴィグくん。馬の証明手帳に、そのお守りをしっかりとつけての出発。

同じグループだったディープインパクト牡馬たちに見守られながら、歩いていきました。

9・1歳・見送られて
 

まだまだ続きます。

やはり遅生まれグループから、5月生まれのゼンノエルシド牡馬。

9・1歳・エルシド
 

昨年の10月末より、約11ヵ月預かった育成馬。

9・1歳・エルシド顔
 

最初は控えめな仔でしたが、成長と共に気が強くなり、元気いっぱいの牡馬でした。

今朝、馬運車に乗って、育成牧場へ。

9・1歳・エルシド馬運車
 

乗車もすんなり。真っ黒な馬体を次に見られる時が、とても楽しみです。

さて、生産馬では、明日出発する、1月生まれのアグネスタキオン牡馬が最初の移動になります。

今日は、かねてから時折行っていた初期馴致をカメラにおさめておきました。

堂々としていた2歳の半姉と違い、音にとても敏感。

ロンギ場に連れて行かれると、寂しがって鳴くところも少し気になりますが、覚えは早く、すぐに調馬策ができるようになりました。

9・1歳・タキオン馴致
 

「よし、よし。これからも頑張れよ!」と、首をたたかれて、終了。

9・1歳・タキオン馴致後
 

これが素顔の白眉毛タキオンくん。新しい世界に出発していきます。

9・1歳・素顔のタキ
 


関連タグ : アグネスタキオン, サウスヴィグラス, ゼンノエルシド, ディープインパクト,

「そこの川で、鮭が卵産んでる!」

学校からの帰り道、敷地内の小川で、鮭の姿を発見した子どもが駆け込んできました。

「えー?もういるの?どれ、どれ」

見に行くと、確かに、体長80センチを超えるシロザケのメスが、オスに見守られながら、川底の石を掘り返しています。

「ずいぶん、早いね」 多分、先々週からの川の増水で、海から一気に上ってきたのでしょう。

放牧地のすぐ脇を流れる川。先日離乳した3頭と、シンボリクリスエス牡馬親仔が、放れています。

皆で観察しているうちに、道をはさんで反対側の、第一離乳組まで「なに?なに?」とやって来ました。

9・鮭・離乳組
 

どこかに出かけていたミケまで現れて、橋の周りに一大集結。

9・鮭・ミケ
 

すると、もう一つの橋の下でも、しぶきが上がり、鮭は一組だけではないことが分かりました。

花の咲き終わったバイカモの間から、見え隠れするシロザケのペア。

9・鮭・2匹
 

「すごいね」 シーっと言いながら、しばし馬そっちのけで眺めていましたが、そのうちに・・・。

9・鮭・タイド&アリュール
 

すっかりおとなしくなったブラックタイド牡馬。なでていると、「僕も!」と、ゴールドアリュール牡馬。

川の中の鮭が見えない馬たちは、人間に構ってほしくて、仕方がありません。

3月生まれディープインパクト牝馬。

9・鮭・3月ディープ
 

彼女は、離乳後の馬房内で、落ち着きなく動いていたため、顔のあちこちに傷が出来てしまいました。

乳を飲む仕草をするアリュール。

9・鮭・アリュール
 

離乳の影響が垣間見られます。

こちらは、まだ母親がいて、のんびりしているシンボリクリスエス牡馬。

9・鮭・クリスのあくび
 

夕日に照らされる辺りの風景を静かに眺めていると、

9・鮭・川
 

突然、ハーツクライ牝馬が、狂ったように走り始めました。

9・鮭・ハーツ
 

「ハーちゃんか!」

時折、父譲りと思われる、突拍子もない行動をするのが、ハーちゃん。

つられてみんなも駆け出します。

9・鮭・ハーツ&アリュール&ディープ
 

ハーツとカンパニー牝馬。

9・鮭・ハーツ&カン駆ける
 

ディープインパクト牝馬とゴールドアリュール牝馬。

9・鮭・ディープ&アリュール
 

気合いを表に出す、ディープ。

9・鮭・ディープ
 

しかし、走った後は、仲良く食事タイム。牧柵の外の草をおいしそうに食べるハーツとアリュール。

9・鮭・ハーツ&アリュール
 

こちらは、クリス、ディープ、タイド、アリュールの4頭。

9・鮭・4頭
 

道端の木々も少しずつ黄葉を始め、秋の訪れをふと気付かされた、夕暮れでした。

9・鮭・少しずつ黄葉
 


関連タグ : ブラックタイド, カンパニー, ディープインパクト, ゴールドアリュール, シンボリクリスエス, ハーツクライ,

土曜日、第二グループ3頭の離乳を行いました。

人手が足りなかったので、私も、母馬の移動に参加。

ブラックタイド牡馬、3月生まれディープインパクト牝馬、ゴールドアリュール牡馬の母たち、3頭を放牧地から出しました。

私は、3月ディープちゃんの母担当。

タイドくん、アリュールくんの母馬は、初仔なので、どんなに騒ぐかと心配しましたが、意外や意外。

3頭とも、自分の子どもたちが後ろについてきていると思ったらしく、何事もなく、カッポカッポと歩いてくれました。

離れた放牧地に放したとたん、「あれ?うちの仔は?」と気付いて、大騒ぎ!

急いで、仔馬たちのいる放牧地に戻ると、こちらもまた、大変な騒ぎになっていました。

「母さんは、どこ!?」

9・離乳・クリスとアリュール
 

左は、シンボリクリスエス牡馬。今回、守り役の母は残っていますが、なぜか一緒に疾走!

群れ社会で生きる馬の本能でしょうか。

9・離乳・4頭後ろ姿
 

隣の放牧地の、離乳組、牝馬4頭も、騒ぎに同調して疾走!

9・離乳・早生まれも駆ける
 

しばらくして立ち止まった3月生まれディープの顔。

9・離乳・3月ディープ
 

普段は、放任主義の母から、平気で離れて暮らしていたくせに・・・・、やはり絆は強かった。

悲鳴のようないななきをあげるタイドに、猛然とからむクリス。

9・離乳・クリス乱入
 

3頭は、再び母を捜しに、放牧地の奥の方まで駆けていき、戻ってきました。

9・離乳・走る
 

見守り役のシンボリクリスエス牡馬母さん。

9・離乳・残ったクリス母
 

ベテランなので、仔馬たちの騒ぎの間、出入り口付近から、微動だにしません。

柵のところで母を呼ぶ、ほかの仔馬たちを尻目に。

9・離乳・仔馬を横にして
 

やっぱり、ブラックタイド牡馬に挑戦的なクリス。

9・離乳・タイドに挑戦的なクリス
 

いつもおとなしい彼が活発に動いていることに、興奮したのでしょうか。

クリス母さんは、近くにやってきた3月ディープちゃんを、軽く威嚇しましたが、

9・離乳・威嚇
 

思い立ったように、遠くを眺めると、

9・離乳・クリス母さん
 

草のある方へと歩き出しました。4頭を引き連れて・・・・。

9・離乳・母1頭に
 

草を食べ始めたシンボリクリスエス牡馬親仔と、まだまだ母の行方が気になる3頭。

9・離乳・遠景1
 

顔をおろしたブラックタイド牡馬とディープインパクト牝馬。

それでもなお、草を食べる気にならないのは、子煩悩な母にかわいがられていたゴールドアリュール牡馬。

9・離乳・遠景2
 

「どこに行ったんだろう!?」

9・離乳・顔をあげる2頭
 

「お母さん!」

9・離乳・アリュール顔
 

我慢できずに、飛び出したアリュール。

9・離乳・跳び出したアリュール
 

ディープも続き、

9・離乳・3月ディープ駆ける
 

タイドだって、やはり駆けていきました。

9・離乳・タイド
 

その母馬たち。

ブラックタイド牡馬とゴールドアリュール牡馬を産んだ母馬2頭は初仔、ディープインパクト牝馬を産んだ母馬は2番仔とくれば、想像したとおりの動揺ぶりでした。

見に行った時は、既に汗びっしょり。

9・離乳・3月ディープ母さん
 

濡れた体がかゆくてゴロを打ったり、走ったり、鳴いたり。

9・離乳・タイド母さん
 

なんとも辛い気持ちになりましたが、競走馬の試練だと肝に銘じ、その場を離れました。

9・離乳・アリュール母さん
 

青い空だけが、心の救い。数年後に、子どもたちが活躍することが、彼女らへの恩返しでもあると思い、頑張るのみです。


関連タグ : シンボリクリスエス, ゴールドアリュール, ディープインパクト, ブラックタイド,

4月生まれディープインパクト牝馬。もうすぐ生後5ヵ月。

9・晴れ・ディープ顔
 

小さい頃はこじんまりとした馬でしたが、体に伸びが出てきました。

9・晴れ・ディープ駆ける
 

ディープファンの方が、「顔は、今年の3頭中、一番ディープに似てますね」と。

手のひらをペロペロなめるかわいい面あり、またわが道を行く我の強い面あり。

とても面白い仔です。

しかし、このグループの主役は、なんといってもCurlin牡馬。

9・晴れ・Curlin牡馬
 

完全に独走状態。

あれほど子煩悩だった母も、もうまったく構うことはありません。

それを良いことに、ひとりであちらへこちらへ。

みんな、彼が近付くと耳をしぼって逃げてしまいます。

9・晴れ・キセキに
 

「待ってよ!」

9・晴れ・待って
 

「ちょっと!」

9・晴れ・待って2
 

いえ、仲が悪いわけではないのです。威圧感があり、周りがまともに相手をする気にならないのでしょう。

9・晴れ・キセキと水たまり
 

ディープちゃんにも、後ろから近付きますが、「どいてくれない?」と、耳をしぼられ、

9・晴れ・どいて
 

「近付かないでちょうだい」とにらまれました。

9・晴れ・こらっ
 

走り出したディープは、ディープ産駒特有のポーズでピョーン!

9・晴れ・ディープのバネ
 

ここには、グラスワンダー牝馬もいますが、見ればみるほど母親そっくりになってきました。

9・晴れ・ワンダー母仔
 

フジキセキ牡馬も、なんだかお母さんによく似ていて、おっとり。いつも一緒。

9・晴れ・キセキ母仔
 

しばらくして、牧柵の近くに移動した馬たち。

ここでもCurlinくんの表情に笑わされました。

隣の離乳組の母馬たち。カンパニー牝馬の母さんが、あくびをする様子をじっと眺めていたかと思うと・・・・。

9・晴れ・あくび中を見て
 

自分も、口を半開き。

9・晴れ・あくび中を見て2
 

「何やってるのかしら?この仔」

9・晴れ・あくび中を見て3
 

つられて、また口を半開きにした、お母さん。

9・晴れ・あくび中を見て4
 

なんとも好奇心旺盛で、観察力の鋭い、男の仔です。

ディープとワンダーの牝馬2頭は、仲良くグルーミング。

9・晴れ・グルーミングアップ
 

すると、「あーあ。女の仔はいいなぁ」と、キセキくん。

9・晴れ・グルーミング
 

自分も仲間に入りたいと思ったかどうか・・・。

ガキ大将Curlinを中心とした、この不思議グループの面々。なかなか味があります。

関連タグ : ディープインパクト, Curlin, フジキセキ, グラスワンダー,

台風と前線の影響で、9月にしては湿気が多く気温の高い日が続いています。

雨も降ったりやんだり。川の増水が気になるところ。

昨夕、久々に太陽が出たので、集牧の前に、急いで放牧地へ行きました。

座り込んでカメラを構えていると、スタスタとやって来たゴールドアリュール牡馬。

そのまま動かないでいると、帽子をガブッ。

髪の毛ごとくわえて引き抜こうとするので、「これはたまらない!」と、慌てて髪を押さえて、帽子だけ渡しました。

9・夕・アリュール帽子
 

得意げな顔。

牡馬は、かじるのが大好きです。

シンボリクリスエス牡馬に、ガブッ。

9・夕・クリスに
 

3月生まれのディープインパクト牝馬も、これまで何回かじられたことか・・・。

9・夕・3月ディープ
 

乳を飲みにいったアリュールをのぞき込んで、「あら、今日はかじらないの?」と言いたげ。

9・夕・アリュールの授乳に
 

こちらは、シンボリクリスエス牡馬のお尻で顔を掻くお母さん。ちょうどいい高さ。

9・夕・クリス親仔
 

「ほんとに、大きくなったわねぇ」と、思っていることでしょう。

ブラックタイド牡馬は、授乳。

9・夕・タイド授乳中
 

この組も、次第に離乳の日が近付いています。

母のそばにはいるけれど、皆、友達と遊ぶ時間が多くなりました。

9・夕・クリス&アリュール
 

水たまりの水を飲んでいて、アリュール母さんに近付き過ぎてしまったクリスくん。

9・夕・水たまり
 

「邪魔よ!」と顔を向けられ、口をパクパク。お得意の「ごめんなさい」ポーズ。

9・夕・ごめんなさいポーズ
 

アリュールくんは、またまたこちらに接近中。

9・夕・アリュール接近
 

大人びた顔つきのシンボリクリスエス牡馬。

9・夕・クリス横顔
 

さっぱりした性格のブラックタイド牡馬。

9・夕・タイド
 

傾いた太陽に照らされ、いつもより精悍に見える仔馬たち。

またまた、クリスとアリュールが、取っ組み合いを始めました。いつもの組み合わせ。

9・夕・組み合い
 

今度は、少々、本気モード。

9・夕・顔アップ
 

クリスくん、最近、相手の肢を攻撃することを覚え、豪快な取り組みを展開します。

9・夕・アリュール&クリス
 

草を食べつつ、通りがかりのタイドにも、ちょっかいを出すクリス。

9・夕・クリス&タイド
 
この仲間たちとなら、皆、母との別れも無事に乗り越えてくれることでしょう。

関連タグ : ゴールドアリュール, シンボリクリスエス, ブラックタイド, ディープインパクト,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。