北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早生まれ4姉妹の放牧地に入ると、真っ先に気がついたのは、カンパニー牝馬とお母さんでした。

好奇心旺盛な母仔です。

続いてやって来たのは、ハーツクライ牝馬。

カンパニー母さんに威嚇されないかと警戒しつつ、登場。

すると、後方からハーちゃんの母が来て、カンパニーちゃんは、急いで逃げます。

奥の方にいたのは、2月生まれのディープインパクト牝馬。

近づいていくと、やっぱり好奇心の塊、カンパニーが横からニューっと再登場。

[広告] VPS

プライドの高いディープちゃんは、周りで小刻みに動くカンちゃんが目障りとみえ、追い払います。

後に残ったハーちゃんは、「まったくねぇ。こわいお姉さまだこと!」と、ため息まじり。

[広告] VPS

さて、いつも一番最後に現れるゴールドアリュール牝馬。

草を食べるのに夢中なので、近くまで行きました。

ハーちゃんもやって来ますが、一緒に草をハミハミ。

[広告] VPS

「じゃあね!バイバイ」と去ろうとすると、いつまでもいつまでも追いかけてくるカンちゃん。

よっぽど一緒に遊びたかったのでしょう。

[広告] VPS

スポンサーサイト

関連タグ : カンパニー, ハーツクライ, ゴールドアリュール, ディープインパクト,

こちらの放牧地では、好奇心旺盛なCurlin牡馬が、まずやって来ます。

アブを追い払いながらの登場。

続いて、フジキセキ牡馬親仔。

キセキくんは、顔を伸ばしますが、体についたアブが気になり、落ち着かない様子。

キセキくんのお母さんは、人間好きなので一緒にやって来て、私から離れません。

Curlinくんは、いたずらがしたいけれど、キセキ母に怒られるのを警戒して、周りをうろうろ。

そんな風景です。

[広告] VPS

そして、今度は、グラスワンダー牝馬と4月生まれディープインパクト牝馬のいる放牧地。

栗毛で長身のワンダーちゃんが、いつも必ず先に、人間のところへ。

遅れて気がついたディープちゃん。

以前は警戒心が強い仔でしたが、最近は、すぐに来るようになりました。

ちょっと様子をうかがいながら近づき、「なあに?」

彼女は、額の星の下、鼻梁の部分にうっすらとさし毛があり、まるで彗星のしっぽのように見えるのが、特徴です。

[広告] VPS

関連タグ : Curlin, フジキセキ, グラスワンダー, ディープインパクト,

真夏の太陽が照りつける放牧地。

暑いのが苦手な馬たちは、いつもより、だらんと過ごしています。

ちょっと格好悪いけれど、そんな馬たちの様子を動画におさめてみました。

放牧地に立ち、馬たちに囲まれている気分を味わってみてください。

~まずは、青空の下、ゴールドアリュール牡馬の登場。

横から、割り込んでくるのは、シンボリクリスエス牡馬です。

すると、3月生まれディープインパクト牝馬が、母親と共にやって来て、カメラに向かっていると、

クリスエスくんが、「遊ぼうよ!」と首を伸ばしてきたので、

「いやー!」と、逃げていくところから。

[広告] VPS

水飲み場にいたブラックタイド牡馬。

3月生まれディープちゃん親仔がやって来たので、急いで場所を空けます。

水遊びをするディープ親仔。

人間と同じで、暑い時は、水のそばにいるだけで、涼を感じるようです。

[広告] VPS

母が去り、水桶の端をかじって遊び始めたディープちゃん。

[広告] VPS

最後は、お母さんに甘えるクリスくん。

しっぽで軽くあしらわれ、がっかり。

暑いので、いつものパワーもなく、とろんと立ちつくしていました。

[広告] VPS

関連タグ : ゴールドアリュール, ディープインパクト, ブラックタイド, シンボリクリスエス,

人間の姿を見つけて、真っ直ぐに走ってきたのは、Curlin牡馬です。

7・カーリン・走ってこちらへ
 

彼も、今年生まれた馬たちの中で、1,2を争う、好奇心旺盛な腕白馬。

ちょっと距離を空けて、様子を伺った後、相棒のフジキセキ牡馬を追い回しに行きました。

7・カーリン・キセキを追う
 

うんざりキセキくんは、逃げるのが上手。

母馬をたてにすれば、それ以上追いかけてこないことが分かっていて、すぐに行ってしまいます。

7・カーリン・あっち行った
 

「あー、行っちゃったよ・・・」

それではと、今度は反対方向に駆けていく、Curlinくん。

生後しばらくは子煩悩だった母親も、もうすっかり子離れして、知らん顔。

よその仔、キセキが近付いても怒らない、優しいお母さんです。

7・カーリン・キセキとカー母
 

「ねえねえ、相手してよ!」

7・カーリン・顔
 

近付いてきたCurlin。手の平を出すと、ぺろぺろなめてくれますが、額を触ろうとすると、顔を反らせて嫌がります。

しっかりと主張を持った男の仔。

キセキくん、こちらへやって来たいのに、Curlinを見て、立ち止まってしまいました。

7・カーリン・ためらうキセキ
 

どうも苦手のようです。

私が反対側へ移動すると、安心して嬉しそうにトコトコ。

7・カーリン・キセキ来た
 

「僕も遊びたいんだよ」と、優しい目で訴えていました。

7・カーリン・追い回す
 

どこへ行っても、こんなふうに追い回されているので、少々弱気になってしまうのも無理もありません。

「遊ぼう!」

7・カーリン・こちらへ
 

とにかくやんちゃなCurlinくん。

柵のところへやって来ると、お尻がかゆくなり、木の板に一生懸命こすりつけていました。

7・カーリン・お尻がかゆい
 

さて、集牧の時間が近付き、隣の放牧地では、人の気配を察したクロちゃんが出入り口でそわそわ。

7・カーリン・クロちゃん
 

早く入れてほしくて、待っています。

それをじっと見つめるCurlinくん。「そろそろ入る時間だな?」

7・カーリン・カーリン集牧
 

キセキくんも、顔をあげて、集牧を察しています。

7・カーリン・キセキ集牧
 

ひとつひとつの表情から、馬たちの賢さを実感。

彼らもしっかり人間を観察しているんだな・・・と、思う今日この頃です。

関連タグ : Curlin, フジキセキ,

先週の土曜日、1年以上の休養を経て、生産馬トーホウプリンセスが3勝目をあげました。

休み明けとはいえ、条件が下がり、「勝負だ!」と思っていたところの、確実な勝利。

きっちりと勝てるところが馬の強みであり、たずさわってくださっている皆さんの力だと改めて思いました。

さて、彼女の妹は、父ディープインパクトのこの牝馬。

7・妹・ディープ4
 

4月生まれで、小柄、ちょっぴり警戒心が強い仔でしたが、少しずつ、大人びてきました。

「なになに?」と近付いてきたので、鼻筋をなでていると、

7・妹・接近
 

なんだかムズムズしてきたのか、大あくび。

7・妹・あくび
 

決して、熱唱しているわけではありません・・・。

とってもマイペースな女の仔。

それよりも、必ず、人間にまとわりついてくるのが、グラスワンダー牝馬。

7・妹・ワンダー
 

好奇心旺盛で、おもちゃの鉄砲を振り回す子どもが、気になって、気になって。

7・妹・好奇心旺盛
 

グイーングイーンという電子発砲音に驚いているワンダーちゃん。

彼女を尻目に、「我関せず」を続けるのは、4月生まれディープちゃん。

7・妹・綿毛
 

子どもが走っても、変な音が聞こえてきても、知らん顔。

肝が太くなりました。馬らしく、ただ草を食べ続けるところが、将来的な強みにつながるのでしょうか。

隣の放牧地から顔を出し、ディープを見つめるのは、カンパニー牝馬とハーツクライ牝馬。

7・妹・おとなり
 

それでも知らん顔、自分の世界を歩きます。

7・妹・歩く
 

ワンダーは、遊び相手がいないので、蕗の葉っぱでひと遊び。

7・妹・蕗
 

集牧の時間が近付き、走り出したのは、Curlin牡馬とフジキセキ牡馬。

7・妹・キセキたち
 

キセキくんのひとつ上の兄、アルデバランⅡ牡馬は、今年の4月23日に、コンサイナー牧場へ移動しましたが、

昨日のセレクションセールに上場され、無事に、1250万円で日本中央競馬会への売却が決まったようです。

性格の良い仔でした。来年のブリーズアップセールまで、また順調に成長を続けてほしいと思います。

7・妹・走る
 

姉や兄たちの活躍、朗報は、牧場に活気を与えてくれます。

7・妹・人間に
 

今、目の前にいるこの仔たちも、きっと競馬場を沸かせてくれると信じ、私たちも頑張っていきます。

関連タグ : ディープインパクト, グラスワンダー, カンパニー, ハーツクライ, Curlin, フジキセキ, アルデバラン,

「本州並みの暑さがやって来た!」と思ったら、またひんやり涼しい北海道に戻りました。

小雨が降る放牧地を歩いていると、いきなり目の前からヒバリが飛び立ち、びっくり!

「もしや」と思い、その辺りをのぞくと、草の合い間に小さな卵が三つ。

近くで警戒する母鳥を気遣い、そっとその場を離れた私ですが・・・。

数歩歩いて、やっぱり「珍しいから写真に撮っておこう!」と思い直し、引き返したまでは良し。

見つからないのです!

本当にうまく草の陰に隠してあり、「この辺だったはず」と何度歩いてみても、とうとう発見出来ず。

幻となってしまった卵の姿を「あー、残念」と頭に思い浮かべながら、馬たちのところにたどり着きました。

即座にやって来たのは、ハーツクライ牝馬。

7・雨・ハーちゃん
 

続いて、カンパニー牝馬も。

7・雨・カンちゃん
 

あっという間に馬たちに取り囲まれ、「よしよし」と背中をかいていると、皆、雨に濡れて、雫が落ちていることに気付きました。

汗や泥汚れが混じった、薄茶色い雫。

天然のシャワーとなる夏の雨は、ある意味、貴重です。

何を思ったか、ディープインパクト牝馬に近付いていったハーちゃん。

7・雨・ディープに
 

グルーミングを始め、「雨に濡れて、背中がかゆいんだ!」ということが分かりました。

それからのハーちゃんは、皆にグルーミング攻撃です。

ディープちゃんに「もういいわよ」と飽きられると、

7・雨・もういい
 

今度は母親に「やって!」。

7・雨・母に
 

ゴールドアリュール牝馬に。

7・雨・アリュールに
 

「ねえ!私、ここがやってほしいんだけどさぁ!」

7・雨・アリュール&ハーツ
 

やってくれないアリュールちゃんにプチ切れ。

7・雨・カン&ハー
 

その後は、仲良しのカンちゃんにも襲いかかり、「やってよ!」と、だんだんむきになっていきました。

にらみをきかす、ボス格のディープ。

7・雨・ディープちゃん
 

「自分でやるから、いいもん」

7・雨・自分で
 

静かになったハーツは、またおもむろに私のところへやって来て、髪をいじり始めたかと思ったら・・・・。

いきなり、頭に巻いていたヘアバンドを引き抜き、ブルンブルン。

7・雨・遊ぶハーちゃん
 

驚くよりおかしくてカメラを向けていたのですが、噛みながら、飲み込みそうな勢いになったため、あわてて引っ張り、没収。

逆に、片耳にかけてあげると、嫌がりもせず、すました顔で歩いていました。

7・雨・ヘアバンド
 

急に雨が強くなり、仔馬は母たちのそばへ。

7・雨・母のそばで
 

隣の放牧地の仔馬たちも、皆、集団で行動しています。

7・雨・奥の放牧地
 

ふと先ほどのヒバリの卵が気になりました。

「雨で水浸しになったらどうするのだろう?」

馬たちが遊ぶ緑の放牧地には、見えない小さな命も、母に守られ、自然と共存しながら、立派に生きています。

関連タグ : ハーツクライ, カンパニー, ディープインパクト, ゴールドアリュール,

昨日は、ムシムシと暑い日曜日でした。

昼間に一度、放牧地へ入ったのですが、みんな「暑くてたまらない!」と冴えない表情だったので、すぐに退散。

涼しい風が吹き出した2時半頃、再び出直しました。

今度はみんな生き生きしています。

近付いてきたのは、シンボリクリスエス当歳牡馬。

7・暑い・クリス顔
 

私のキャップのつばがどうしても気になるようなので、渡すと、

「なんだよ!これ!」

7・暑い・クリス帽子
 

とポイッと投げ捨て、いきなり立ち上がって前肢で踏みつけるような仕草をしていました。

あいかわらず、やることが突拍子もなく、驚くと共に笑ってしまいます。

彼は気ままに行動している、風来坊。

お母さんから離れ、気の向くまま、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。

7・暑い・クリスとみんな
 

遠くにいる黒いのがお母さんで、隣にいるのが、ブラックタイド牡馬と母。

じゃあ、もう1頭、子どものような顔をして仲間に入っているのは、誰かというと、ディープインパクト牝馬なのです。

7・暑い・ディープちゃん
 

ディープちゃんは、タイドくんと相性が合うらしく、いつもこの家族と共に行動しています。

遠くから見ると、まるで双子のよう。

でも、母親が分からないわけではなく、のどが渇くと、ちゃんと自分から歩き出し、

7・暑い・移動
 

母とゴールドアリュール牡馬親仔のいる方向へ。

7・暑い・アリュールたち
 

「お母さん!あんまり勝手に遠くへ行かないでよね」とでも言いながら、授乳を要求しているのでしょうか。

7・暑い・お母さん!
 

本当に、親仔も皆それぞれで、おかしくなってしまいます。

さて、面白クリスくん、今度は何かの匂いをかいで、フレーメン。

7・暑い・クリスフレーメン
 

すると、母が水飲み場へと移動するのを発見して、急に走り出しました。

7・暑い・走る
 

目の前を突然横切り、こちらは、またもやびっくり。

ほかのみんなも、続々とやって来て、水飲み場が交流の場所に。

やっぱり仲が良い、3月生まれディープ&タイド。

7・暑い・ディープとタイド
 

滅多に介入しないディープちゃんの母親が顔を出し、タイドくんは、移動。

7・暑い・タイド
 

今度は、アリュールくんと、遊び始めます。

7・暑い・アリュール&タイド
 

ひとしきり遊んだ後、こちらへやって来たアリュール。

7・暑い・アリュール帽子
 

やはり、キャップをかじりたくて仕方がないようなので、「はいっ」と渡すと、こちらは、面白そうにずっと噛んでいました。

「あなた、何やってるのよ?それ、捨てなさい」

7・暑い・何してるの?
 

と、心配で近付くお母さんをうまく避けながら、いつまでも。

こちらでは、クリスくんが、母親にぺったり、甘える仕草。

7・暑い・クリス母に
 

7月。夏の空の下、皆は、母親から少しずつ離れたり、くっついたりしながら、自立への道を歩んでいるようです。

関連タグ : シンボリクリスエス, ディープインパクト, ブラックタイド, ゴールドアリュール,

今年もまた、当歳馬の登録審査の日がやって来ました。

審査開始は朝の8時30分。

早朝放牧してもまたすぐに集牧しなくてはならないため、今朝は馬房に入れっぱなしでした。

「ヒヒーン(なぜ出してくれないの?」

「ヒヒヒヒーン(こんなに晴れているのに!)」

厩舎からは、馬たちのいななきが時折聞こえてきます。

「こんな時、言葉が通じたらいいのに・・・」

人や軽トラックが通るたびに訴える馬たちを見ていると、早く外へ出してあげたくなりますが、「我慢、我慢」。

時刻ピッタリに、日本軽種馬登録協会の方が2名ほど現れ、早速、書類のチェックが始まりました。

そして、実馬体審査開始。

ゴールドアリュール牝馬。

7・審査・アリュール
 

彼女は、かなりのパワー娘。勢いのある時は、男性スタッフをひきずってしまうほど、すごい力を持っていますが、今日は、おとなしく立っていました。

特徴のある大流星、そして毛色は、栃栗毛。

2月生まれのディープインパクト牝馬。

7・審査・2月生ディープ
 

人間と対する時は、いつも静か。黙って、言われた通りに何でも出来る仔です。

産毛が抜けた体と、ポーズもばっちり決まって、「はい、オッケー」

ハーツクライ牝馬。

7・審査・ハーツ
 

彼女は、朝から外に出たくて仕方がなかったので、このまどろっこしい特徴審査にイライラ。

「んもー、何やってるの!早く、放牧地行くわよ!」と、めらめら。

この後、放牧地へ出されると、先ほどのアリュールちゃんと一緒に、ドスドスとすごい勢いで駆け回る音が聞こえてきました。

生まれた時は、鹿毛だと思っていた毛色。黒鹿毛との決定がくだされ、「へえー」

カンパニー牝馬。

7・審査・カンパニ
 

こう見ると、首のラインが父親によく似ています。

ハーちゃんと気が合い、この前、彼女が軽傷でパドックに放れた時は、そちらを見て鳴いていました。

友達思いの女の仔は、今年、唯一の”左後一白”。

Curlin牡馬。

7・審査・Curlin
 

彼は、牡馬なのに、牝馬なみに神経質なところがあります。

それに加えて、力も強いので、こういう場面はちょっと大変。

時折バタバタッと逃げようとしながらも、なんとか終了。

フジキセキ牡馬。

7・審査・キセキ
 

父親は青鹿毛ですが、彼は、それより薄い黒鹿毛。

白斑がなく、特徴をとる時間も、一番短かった彼。

画像は、たてがみの毛を抜いているところ。DNA型検査のために協会の方が持ち帰られます。

3月生まれディープインパクト牝馬。

7・審査・3月生ディープ
 

まだ体半分に産毛が残っていて、ちょっと暑そうな女の仔。

毛色は、こちらも黒鹿毛ということで、父よりも母の毛色が出た様子。

ゴールドアリュール牡馬。

7・審査・アリュール牡
 

彼は、生まれた直後の美しいシルバーグレイが、すっかり消え去り、予定通り、母親と同じ青鹿毛となりました。

画像は、事前に埋め込んであるマイクロチップの読み取りをしているところ。

数年前から、こうして、全馬の体にマイクロチップが入れられ、特徴をとった後に、機械で確認が行われています。

シンボリクリスエス牡馬。

7・審査・クリス
 

ひき手綱を口にくわえたまま、じっと立っていた、ひょうきん者。

成長が早く、母の背まであと一息というところまできました。

やはり、父や母と同じ、黒鹿毛。

ブラックタイド牡馬。

7・審査・タイド
 

太陽の下で生まれた彼も、立派になってきました。

3月生まれディープちゃんと常に仲が良く、遊んでいる姿をよく見かけます。

グラスワンダー牝馬。

7・審査・ワンダー
 

今年は、ただ1頭の、明るい栗毛。

一番最後に生まれてきたのに、4月生まれディープちゃんより大柄で、お姉さん的存在。

その、4月生まれディープインパクト牝馬。

7・審査・4月生ディープ
 

小柄でかわいらしいディープちゃん。今日は落ち着いていました。

お母さんがそばにいると安心なのでしょうか。でも、母とは違う、鹿毛馬。

全馬終了までに1時間半かかりました。これで、競走馬としてひとつ歩を進めた仔馬たち。

気温がぐんぐん上がり、この夏最高の、26℃。今年初めての”夏日”となった放牧地の様子です。

7・審査・放牧地
 

青い空、白い雲、緑の木々。本格的な夏到来を、馬たちも実感したことでしょう。

関連タグ : ディープインパクト, ゴールドアリュール, シンボリクリスエス, ハーツクライ, Currin, フジキセキ, カンパニー, ブラックタイド, グラスワンダー,

昨日、函館で、ダイワメジャー2歳牝馬が、デビューを迎えました。

1年前は、まだうちにいた馬。

7・メジャー・1歳6月
 

来たるべきセレクションセールに向けて、馴致を行っている真っ最中でした。

今年のJRAのブリーズアップセールを経て、オーナーが決定。

セールでは、好仕上がりをアピールしていたので、デビュー戦に期待しましたが、及ばずの2着・・・。

とても残念でした。

2009年5月16日生まれ。

7・メジャー・当歳6月顔
 

牧場同世代の末っ子が、こんなに早くデビューを迎えるとは、最初は、誰も思っていなかったはず。

ちょっぴり臆病だった子ども時代。

華奢な体つきでも、骨格はしっかりとしたイメージでした。

7・メジャー・当歳6月跳ねる
 

まだ親仔だけで放れている時、お母さんの周りをピョンピョン跳ね回っていたのを思い出します。

7・メジャー・当歳6月駆ける
 

かわいがってくれた母馬と一緒に、馬房で過ごした時間。

7・メジャー・当歳6月馬房
 

2年前の画像をもう一度振り返っていると、先週デビューしたデュランダル2歳牡馬の画像も出てきました。

7・メジャー・当歳6月デュラン
 

2番人気でのぞんだデビュー戦は、初めての競馬場に戸惑ったのか、いいところなしで終了。

一番早くうちを出て、一番早くデビューしたけれど、結果はまだまだ。

やんちゃだけど、気のいい彼のことだから、いずれ花開く時が来ると、信じます。

彼の幼馴染みで、その年、一番先に生まれたディープインパクト牝馬。通称、ディープ姉さん。
7・メジャー・当歳6月のディープ1 

今は、栗東の厩舎に入り、頑張っているところ。

ゴールドアリュール牡馬。元気で、調教に励んでいるでしょうか。

7・メジャー・当歳6月アリュール
 

さまざまな馬たちを見てきた、猫のミケ。

今日は、午前中に雨がひどくなったため、仔馬たちを集牧しようと厩舎を歩いていると、勝手にシンボリクリスエス親仔の馬房へ入り、寝藁の中にうずくまっていました。

7・メジャー・寝藁の中でくつろぐミケ
 

メジャーちゃんの妹、ハーツクライ牝馬。

7・メジャー・ハーちゃん
 

デュランくんの弟、フジキセキ牡馬。

7・メジャー・キセキくん
 

みんな兄や姉が過ごした同じ厩舎に入り、少しずつ大きくなっています。

2年後に競馬場へ行っているのは誰でしょうか。

そして、次に競馬場へ姿を見せる2歳馬は、誰になるでしょうか。

「どの仔にも頑張ってほしい」そんな親心で、皆を見守っています。

関連タグ : ダイワメジャー, デュランダル, ディープインパクト, ゴールドアリュール, シンボリクリスエス, ハーツクライ, フジキセキ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。