北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜日、短期で預かったIndian Charlie牝馬が、育成牧場へ出発しました。

10・牝・Indian横
 

ここへやって来た直後、シンボリクリスエス牝馬によそ者扱いされて、困っていたのを思い出します。

威嚇されると、逃げながら尿を排泄。

「私は弱いんです。助けて!」というサインのように見え、あわれでしたが、数日後には仲良くなりました。

そうそう、思えば、今パドックに放れている3歳の休養馬も、昔ここへやって来た当初、同じような行動を見せたものです。

10・牝・アイニー
 

上下関係の厳しい、馬社会の掟。群れで生きる術を本能的に身につけて。

これからまた、新しい場所で、どんな風に成長してくれるでしょうか。

10・牝・Indian顔
 

彼女の出発の直前にやって来た、キングカメハメハ1歳牝馬は、そわそわと落ち着かない様子でした。

10・牝・キンカメ
 

2週間程度の短期滞在予定です。

そして、土曜日。ちょうど1年前にやって来た、ブライアンズタイム牝馬が、出発。

10・牝・タイム顔
 

2本のハイソックスが、チャーミングな女の仔。

人間好きで、性格はいたってマイペース。周りの馬にこびず、ひとりでいても平気なタイプでした。

10・牝・タイム馬運車へ
 

馬運車に乗り、彼女が去った後、同じグループの放牧地には、3頭の牝馬たち。

10・牝・仲間たち
 

ゴールドアリュール牝馬とジャングルポケット牝馬、アドマイヤムーン牝馬。

伸び辛くなった青草を食べようと必死のムーンちゃんは、いつも下ばかり向いています。

反対側では、ネオユニヴァース牝馬と放された、ディープインパクト牝馬。

10・牝・ディープ顔
 

彼女は、戻ってきたことが分かるらしく、完全にリラックスして、生活しています。

「ねえねえ、草ちょうだいよ」

10・牝・ディープ
 

休日で遊びまわる子供たちを、懐かしげに眺めながら、「かまってよ」と催促。

ネオちゃんも覚えているらしく、ゆったり、のんびりムード。

10・牝・ディープ&ネオ
 

1月生まれ、付き合いの長いディープ姉さんは、やはり存在感があります。

出たり、入ったり。牧場の忙しい秋も、いよいよ終盤。

1歳馬は、最後の1頭を送り届ける日まで、あと少し、気の抜けない日々が続きます。

スポンサーサイト

関連タグ : Indian, Charlie, ゴールドアリュール, ジャングルポケット, アドマイヤムーン, ブライアンズタイム, キングカメハメハ, ディープインパクト, ネオユニヴァース, シンボリクリスエス,


昨日は初雪が降り、今朝は水たまりの表面がうっすらと凍るまで、冷え込みました。

やっと色付いてきた木々も、この寒さでは、あっという間に葉を落としてしまうかもしれません。

10・黄葉・白樺
 

そんな中、昨日、育成牧場へ出発したのは、芦毛のディープインパクト牡馬と栗毛のアグネスタキオン牡馬。

ひと月前に育成入りし、リフレッシュに戻ってくるディープインパクト牝馬と入れ替えということで、到着する馬運車を待っていたら・・・・、急な用事があれこれ入り、バタバタ。

ひと段落したところで、耳を澄ますと、遠くから馬運車の音。

中からけたたましい馬のいななきが響いたかと思うと、なんと芦毛のディープくんの顔がぴょこんと飛び出し、そのまま目の前を通り過ぎていってしまいました。

唖然・・・。先方の馬運車は、いつもとは別の道からやって来て、ディープ牝馬を下ろし、そのまますぐに芦毛くんを運んでいったとのこと。

記念撮影が出来ず、「頑張れ」も言えずにお別れとなりましたが、よく訪れる牧場なので、「またすぐに会えるから」と気を取り直しました。

そして、その2時間後、折り返しやって来た馬運車は、今度はタキオンくんを連れて行きます。

牡馬最後の出発となり、寂しそうにパドックで待つタキオン。

10・黄葉・パドックタキオン
 

入れ替えで先に降りてきたのは、中央で3歳未勝利、地方へ行く前に休養をとることになった現役馬。

10・黄葉・アイニー来る
 

あいにくの曇り空の中、タキオンくんの写真を撮ったところまでは良かったのですが・・・。

10・黄葉・タキオン横
 

一番優しくておとなしい性格だった彼が、最後に反抗しました。

「乗らない!」がんとして動こうとしないのです。

10・黄葉・反抗
 

育成のスタッフさんと合わせて、総勢5人の男たちが、知恵と力で、なんとかしようと色々試み・・・。

10・黄葉・タキ反抗
 

冷たい風が吹く中、時間をかけ、なんとか入れることに成功。

すき間から、顔を出す、タキオンの顔は、どうしても忘れられません。

10・黄葉・馬運車から
 

見送る、ディープ姉さん。

10・黄葉・ディープ姉さん
 

ひと月の乗り運動を終え、リフレッシュにやって来た、1月生まれのディープインパクト牝馬。

彼女は、晴天に恵まれた今朝、元気な姿を見せてくれました。

10・黄葉・ディープ
 

たったの1ヵ月ですが、再会は、どんな時も嬉しいものです。

青草がほしくて、付いてまわるディープ。

私が駆けると、ディープも駆ける。まだまだお転婆娘。

現役の3歳牝馬は、馬服を着て、ひなたぼっこ。かわいい瞳が何とも言えません。

10・黄葉・アイニーパドック
 

彼女は、1歳の頃、数ヵ月ここで過ごしました。覚えているでしょうか。2年ぶりの再会。

10・黄葉・ディープ青空
 

今日の空は、ちょっとばかりここへ戻ってきた2頭を歓迎するような、素晴らしい青空でした。

関連タグ : ディープインパクト, アグネスタキオン,


昨日から今日まで、3頭の牡馬が育成牧場へ出発しました。

特徴のある流星のディープインパクト牡馬。

10・3頭・流星手入れ
 

彼は、今年の4月から約半年の間、預かりました。

すぐ耳を絞るのがクセ。怖がりな性格なのです。

10・3頭・流星顔
 

肢に巻かれたものを見て、「なんだ!これは」

10・3頭・なんだ?
 

どうしても気になるようで、左の後ろだけ、何度も振り落とそうとしていました。

10・3頭・気になる
 

初期馴致はすでに終わり、これから乗り運動に入ります。

10・3頭・流星横
 

覚えが良いので、今後も順調に調教が進むことでしょう。

パドックで、彼の出発を見送ったのは、シンボリクリスエス1歳牡馬。

10・3頭・クリスエス
 

1歳にして、なんと体重500キログラム超え。

ワンクッション置くために、短期で、やって来たばかり。

ブロッケンやその全妹によく似ていて、「やっぱりクリスエスだなぁ!」と感じます。

そして、その日の夕方、旅立ったのは、アドマイヤジャパン牡馬。

10・3頭・ジャパン
 

彼も、1ヵ月少々の短期預託でしたが、すっかりこの牧場の馬の顔をして、堂々と出て行きました。

10・3頭・ジャパン横
 

西日を浴びて、星のある顔が輝いています。

10・3頭・ジャパン顔
 

仲間たちが順次旅立ち、最後に一緒に放牧されていた、芦毛のディープくん、鹿毛のディープくん。

10・3頭・見送り
 

裏では、アグネスタキオン牡馬が、馬房から見送ってくれました。

ゆったりと草を食む1歳牝馬たちの横を、馬運車が通ります。彼女たちも、もう出発しなければなりません。

10・3頭・放牧地では
 

そして今朝、今度は鹿毛のディープインパクト牡馬。
10・3頭・鹿毛手入れ 

彼が来たのは、昨年の8月。1年以上いたせいか、生産馬のようで、「寂しくなるなあ」とリーダー。

本当の生産牧場のスタッフさんも、何度かたずねて来られていました。

10・3頭・鹿毛顔
 

おでこが広く、のんびりした顔に似合わず、行動派。

もう遊び仲間は、みんな旅立ってしまったけれど、またいつか競馬場で会える日が来るでしょう。

10・3頭・馬運車
 

馬運車の中にその姿が消えると、先に去っていった馬たちの顔まで、ふっとよみがえってきました。

関連タグ : ディープインパクト, アドマイヤジャパン, シンボリクリスエス, アグネスタキオン,


今朝は一段と冷え込みました。

緑色の放牧地は、いつの間にか模様替え。秋の色へと変わってきています。

土手を歩いていると、奥の方で、小さな頭がもぞもぞしているのが見えました。

10・タキ・いたずら
 

5月生まれのアグネスタキオン牡馬。

牧柵の間から、枯れ草をいたずら。チョロチョロとねずみのように、動くのが大好きな馬。

3月生まれのディープインパクト牡馬&ネオユニヴァース牝馬は、どっしりタイプ。

10・タキ・ディープ&ネオ
 

エノコログサ、食べてみる?

10・タキ・エノコログサ
 

曇ったり、照ったり。ころころ変わる秋の空と同様に、忙しいタキオンくん。

いきなりディープくんにちょっかいをかけに行き、追われて母のところへ行ったかと思うと、

10・タキ・走る
 

今度は、しずしずと歩いてこちらに。

10・タキ・歩いて
 

額をなで、「バイバイ」と言うと、また母のところへ疾走。

10・タキ・逃げる
 

母から軽くあしらわれると、怒って、ピョンピョン。

10・タキ・母と
 

なんだか、近頃、持て余し気味の母さんは、もうそろそろ子離れしたい気分でしょうか。

末っ子タキオンも、もうすぐ生後5ヵ月。

足元に目を見張るほど、色鮮やかになったアキアカネがいました。

10・タキ・アキアカネ
 

秋深し。授乳してもらえないディープとネオは、自ら水飲み場に歩いていって、水をゴクゴク。

10・タキ・水飲み場
 

精神的にも、しっかり成長したものです。

一生懸命背伸びして、彼らを追いかけてきたタキオンも、やがて離乳の時を迎えます。

10・タキ・競走
 

集牧後、馬房からちょこんと顔を出すタキ。

10・タキ・馬房
 

実はずっと前から、仔馬専用の入り口を抜け、母の隣の部屋で夜を過ごしています。

10・タキ・準備馬房
 

母馬だけは、離乳が近いことを感じ取っているでしょう。

10・タキ・母と仔
 

無邪気な仔馬の姿が見られるのも、あとわずか。

みんなの成長が、嬉しくもあり、寂しくもあり。人の心も、秋の空と同じです。

関連タグ : アグネスタキオン, ディープインパクト, ネオユニヴァース,

今週は、水曜日にサウスヴィグラス牡馬が、そして木曜日にタニノギムレット牡馬が、出発しました。

ヴィグくんがここへやって来たのは、昨年の12月。

最初は少々わがままなところもありましたが、堂々と落ち着いた馬になりました。

10・1歳・ヴィグパドック
 

青草がほしくて、首を伸ばす食いしん坊。

最後に記念撮影をして、

10・1歳・ヴィグ横
 

肢巻をつけて、出発です。馬運車も怖がらずに、のんびりと乗っていきました。

10・1歳・ヴィグ肢
 

ギムくんがここへ来たのは、今年の7月。セレクションセールの後、2ヵ月半というわずかな期間、預託。

10・1歳・ギム廊下
 

せりを経験しているためか、いつもデーンとしています。

体重計に乗った後、


10・1歳・ギム体重計 

記念撮影。

10・1歳・ギム横
 

前日にサウスヴィグラス牡馬が行った育成牧場に、出発していきました。

さて、送り出した後、牧場内を見回っていると、昼間だというのに、短い角の生えた牡ジカを発見。

10・1歳・牡ジカ
 

馬たちにも、人間にも気付かれないように、キョロキョロしながら、そーっと移動していました。

秋の風景。今年は、牧柵の外にある栗の実も、まるまると太って、弾けんばかり。

10・1歳・栗
 

そして、馬運車が帰って来た後、2時半頃から、残っている1歳馬たちの馴致を行いました。

少し早い集牧に、のそりのそりと歩く馬たち。芦毛のディープインパクト牡馬も。

10・1歳・芦毛
 

鹿毛ディープくんから、ロンギ場へ。

10・1歳・鹿毛ディープ
 

始めてからしばらく経つので、真面目に運動をこなします。

10・1歳・運動
 

流星ディープくんは、鞍下パッドを乗せ、腹帯を締めて練習。

10・1歳・流星ディープ
 

ちょっぴりビクちゃん(驚きやすい性格)ですが、頑張っています。

アドマイヤジャパン牡馬。

10・1歳・ジャパン
 

どの馬も、覚えが良く、順調。

前日移動したサウスヴィグラス牡馬は、早速乗り運動に入ったとかで、馴致効果が現れ、好評判。

10・1歳・キタキツネ
 

秋の夕日に照らされて、空になった放牧地では、のんびりとキツネが遊んでいました。

関連タグ : サウスヴィグラス, タニノギムレット, アドマイヤジャパン, ディープインパクト,


「とねっこ」と呼ぶには、程遠くなってきました。

成長著しい当歳馬たち。

秋の陽を受けて、皆、順調に育っています。

早生まれ牡馬グループ。

離乳してからしばらく経ったので、すっかり落ち着き、体もゴツゴツ。まるで男子校の雰囲気。

10・当歳・バラン
 

素直な性格のアルデバランⅡ牡馬。

10・当歳・タキ
 

白い眉毛がポイントのアグネスタキオン牡馬。

10・当歳・ネオ
 

すっきりボディのネオユニヴァース牡馬。

10・当歳・リン
 

人間大好きリンカーン牡馬。

”最高の友達”とばかり、いつも一緒に行動しています。

10・当歳・みんな
 

どんな競走馬へと成長してくれるのか、楽しみだらけ。

遅生まれグループは、ただ1頭、まだ離乳をしていない5月生まれアグネスタキオン牡馬が、大威張り。

10・当歳・タキ5月生まれ
 

お母さんは今年種付けを休んだので来春の出産がなく、離乳はゆっくり。

3月生まれのネオユニヴァース牝馬とディープインパクト牡馬は、母と別れた後は、よく一緒に行動しています。

10・当歳・ネオ&ディープ
 

おっとりタイプのディープくん。オナモミをかじって遊んでいると、

10・当歳・オナモミとディープ
 

「すきありっ!」と攻撃してくるタキオンくんにたじたじ。

10・当歳・やんちゃタキオン
 

もちろん、いつもやられてばかりではありませんが、母がそばにいるタキオンの強いこと、強いこと!

10・当歳・タキちゃん
 

月齢の低い時は、手を出したくても出せない感じだったのに、今では我が物顔。

ただ気の強いネオちゃんには、あまり手が出せません。

10・当歳・強気ネオ
 

かわいい女の仔だったネオも、だんだんとあねごタイプに変わってきて。

10・当歳・しっぽ
 

後ろにいたディープ。たまたまとはいえ、情けない格好になってしまいました・・・。

先に、1歳育成厩舎へ移動したプリサイスエンド牝馬も、新しく来たフジキセキ牝馬と仲良くなり、指導教官役の乗馬(せん馬)の近くで、いつも草を食べています。

10・当歳・プリ&キセキと乗馬
 

青空の下で見る当歳馬は、夢と希望のかたまり。一緒にいるだけで、気分まで明るくなってきます。

関連タグ : アルデバランⅡ, アグネスタキオン, ネオユニヴァース, リンカーン, プリサイスエンド, フジキセキ, ディープインパクト,


気持ちの良い晴天が続いています。

火曜日の朝、ゴールドアリュール1歳牡馬が、育成牧場に出発しました。

生まれた時も、ゴツゴツして大きな馬でしたが、今年の1歳馬の中では、一番の体重。

何しろ、放牧地でもよく食べる、食いしん坊でした。

出発前の手入れでも、スタッフの手やひき手綱をかじかじ。

10・去る・アリュール手入れ
 

朝日を浴びて、尻尾を動かしながら、記念撮影。

10・去る・アリュール横
 

安定感のある馬体。ダートで活躍してくれるのでしょうか。

顔は、もっぱら母親似。芯のしっかりした気性。負けない根性を、競馬場でも見たいものです。

10・去る・アリュール顔
 

近くの育成牧場で初期馴致を行った後、本州へ運ばれるとのこと。

また一頭、生産馬が移動し、寂しくなりました。


10・去る・馬運車 

そして、今日、大物がとうとう出発。

2ヵ月少々休養していた、現役馬サクセスブロッケン

10・去る・ブロッケン洗い場
 

本格的な乗り運動に入るため、育成牧場へ移動していきました。

とにかく、”血液サラサラ”を目標に頑張った2ヵ月。

小さくて硬かったボロは、大きく柔らかくなり、皮膚は丈夫に。

リラックスした効果が、徐々に現れてきました。

馬体を磨いていると、出発を悟ったのか、じっと静かに空を見つめます。

10・去る・ブロッケン目
 

この瞳の奥に、これまで戦った多くのレースの思い出がしまわれているのでしょうか。

外に出て、最後の撮影をしていると、頼んであった業者の馬運車がやって来る音がしました。

どんな遠くの物音にも、かすかな動きにも反応し、首を向けるブロッケン。

10・去る・馬運車到着に
 

本当に繊細な馬。

競馬場の喧騒が、この馬にとってどんなものなのか、少しわかったような気がしました。

廊下に戻り、打ち合わせをしている最中も、人間の話を黙って聞いています。

10・去る・シルエット
 

さあ、馬運車へ。

10・去る・馬運車へ
 

この時、一瞬、私の顔を見てくれたような気がしました。

昨日まで、青草をせっせと運んでくれた人間に、「ありがとう」と言ってくれたのでしょうか。

放牧地では、牧柵越しに、ひたすら歩いて付いてきてくれた、かわいいブロッケン。

これからまた、険しい競走馬の世界へ戻っていく彼のことを思うと、先程までは、無事に送り出せる喜びでいっぱいだったというのに、急に別れが辛くなりました。

関連タグ : ゴールドアリュール, サクセスブロッケン,


牧場は、木々が黄葉し始めました。

10・新顔・タイムちゃん
 

向こうからやって来たのは、ブライアンズタイム1歳牝馬。

今日、半兄のジャングルポケット2歳牡馬が、2歳(生産・育成馬)のトップを切って勝ち上がりました。

1年前の9月に、当牧場を巣立ったジャンポケくん。(過去記事・2009.9.17

さすが重賞勝ち馬の半弟。放牧仲間だったネオくん、ハーツくん、クロフネくんも、続いてくれるといいいなと思います。

さて、今日は、新しい顔ぶれの写真を撮ろうと奥の放牧地へ行くと、

何やら、馬ばかりでなくシカの姿もありました。

10・新顔・シカと1
 

アグネスタキオン1歳牡馬を追いかけて、飽きると今度は、シカの方へずんずん。

10・新顔・シカと2
 

恐れをなしたシカくん。母親と一緒に大急ぎで逃げていきました。若干小柄なので、今年生まれた仔ジカでしょう。

10・新顔・シカと3
 

追いかけていた馬は、最初は遠目でよく分からなかったのですが、彼こそ、短期で預かっている新顔のアドマイヤジャパン牡馬。

10・新顔・ジャパン
 

少し警戒するところがあり、触ろうとすると、下がってしまいます。

性格の良いアグネスタキオン牡馬は、こちらに気がつくと、まっすぐ歩いてきました。

10・新顔・タキオン
 

牧柵のところまで来て、気になっているのは、隣の当歳牝馬たち。

10・新顔・タキオン顔
 

先日やって来たフジキセキ牝馬と生産馬のプリサイスエンド牝馬。

10・新顔・プリ&キセキ
 

実は、新顔フジキセキちゃん、母馬と共にやって来て、母馬だけ帰るという離乳方式でした。

いきなり、知らない牧場へやって来て、取り残されてしまったので、大泣き(大鳴き)。

かわいそうなので、まだ離乳していなかったプリサイスエンド牝馬を相棒として、加えました。

ところが、プリちゃんも大鳴き。

10・新顔・プリサイス母を捜す
 

馴染んでいた遅生まれグループから離されてしまったので、強気な性格とはいえ、やはり悲しみのどん底に。

それでも、やはりお互いに相手を意識して、寄り添っています。

10・新顔・プリ&キセキ顔
 

どちらも4月生まれ。

10・新顔・プリ&キセキ横
 

鳴きすぎて、声が枯れてしまったプリちゃんとキセキちゃん。

10・新顔・不安げなキセキ
 

不安げな表情が、早く消えてくれますように。

5月生まれタキオンくんの離乳が終われば、幼馴染みネオユニヴァース牝馬も牝馬仲間として戻ってきます。

冒頭のタイムちゃんの半妹もやって来る予定。

新しい顔ぶれでの放牧。当歳馬たちも、ひとつ大人になる準備が進んでいます。


関連タグ : ブライアンズタイム, ジャングルポケット, アドマイヤジャパン, フジキセキ, プリサイスエンド, アグネスタキオン, ネオユニヴァース,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。