北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に暖かい朝となった今日、静内地区の種牡馬展示会が行われました。

JBBA(日本軽種馬協会)スタリオン。

マイネルキッツやビービーガルダンの父、チーフベアハート

2・展示・チーフベアハート 

牧場にも、彼を父に持つ繁殖牝馬がいるのですが、顔や体型がよく似ていて、ついつい見入ってしまいました。

先日生まれた仔馬の父、アルデバラン

2・展示・アルデバラン 

似ているでしょうか。

そして、新種牡馬は、イギリス・アイルランド・フランス・アメリカのGⅠを勝った、ヨハネスブルグ

2・展示・ヨハネスブルグ顔 

海外で、種牡馬として、すでに成績を残しており、期待されての導入。注目です。

2・展示・ヨハネスブルグ 

アロースタッドでは、新種牡馬、アジュディミツオーの展示から。

2・展示・アジュディミツオー 

オーナーの方が、「ミツオーは・・・、ミツオーは・・・」と、我が子のように、熱心に説明されていたのが、印象的でした。

2・展示・アジュディミツオー顔 

ダート馬ながら、「少しでも多くの配合相手に恵まれますように」と、心から応援したい気持ちになります。

そして、ラブミーチャンらの活躍で、俄然人気の出てきた、サウスヴィグラス

2・展示・サウスヴィグラス 

近くで見ると、むちむちの体型で驚きましたが、これが強さの秘密なのかもしれません。

最後に出てきた、ロイヤルタッチ

2・展示・ロイヤルタッチ 

17歳になる懐かしい馬。種付け頭数は少なくとも、末永く頑張ってほしいと思います。

レックススタッドには、ついこの間まで、競馬場を沸かせていたヒーローたちが勢ぞろい。

2008年の宝塚記念を勝った、エイシンデピュティ

2・展示・エイシンデピュティ 

2009年の菊花賞馬、スリーロールス

2・展示・スリーロールス 

2008年のジャパンカップ勝ち馬、スクリーンヒーロー

2・展示・スクリーンヒーロー 

2007年の有馬記念を制したマツリダゴッホ

2・展示・マツリダゴッホ 

いずれも、TVの画面や雑誌の紙面を通してしか見たことのなかった馬たち。

目の前で見ると、「こんな馬だったのか」とよく分かり、急に身近に感じました。

終始、元気が良かった、マツリダゴッホ

2・展示・ゴッホ立ち上がる 

この後は、これから産駒がデビューする馬や、活躍し始めている種牡馬たちの展示が続き、終了。

”リーズナブル”がキーワードの3会場の展示会は、派手さはないものの、馬を愛し、その血を残そうと頑張る関係者の方々の気持ちが通じる、心温まる会でした。

スポンサーサイト

関連タグ : チーフベアハート, アルデバラン, ヨハネスブルグ, アジュディミツオー, サウスヴィグラス, ロイヤルタッチ, エイシンデピュティ, スリーロールス, スクリーンヒーロー, マツリダゴッホ,

厳しい寒さが続く中、生まれた仔馬たちは、元気に成長しています。

もうすぐ生後10日になる、アルデバランⅡ牡馬。

2・仔馬・バラン全身 

雪をかいた小さなパドックで、立ち姿も勇ましく。

細面の彼は、ちょっぴり慎重派。

2・仔馬・バラン顔 

母親の陰から顔をのぞかせますが、触ろうとすると、必ず下がってしまいます。

「ちょっと怖がりだね」

「いやぁ、普通はこんなものでしょう」

となると、普通じゃないのは、この馬。

2・仔馬・タキオン顔 

生後まもなくから、人間に寄って来ていましたが、今でも、人間大好き。

というより、動くものに興味津々で、車で通過しても、「うわっ」と、追いかけてくるのです。

パドックに入ると、挑戦的な目をして、立ち上がってくる始末。

「なんだか姉とそっくりだなぁ」

先日、早速見に来られた調教師さんに、「わぁ、面白い顔してるな」と笑われました。

「やっぱりかぁ・・・」

まゆげ犬ならぬ、白まゆげ馬?いえいえ、失礼。立つと、繋の部分が長く、柔らか。

2・仔馬・タキオン全身 

瞬発力もあって、将来性十分なんですよ。

2・仔馬・タキオン跳ねる 

先日、手元に届いた資料を見ると、同じアグネスタキオン産駒は、今年、200頭近く生まれる予定。

さあ、ライバルたちを相手に、どこまで頑張れるでしょうか。

「まず、最初の相手は、僕だから・・・」と、言わんばかりに、隣で、走り出したのは、アルデバランくん。

2・仔馬・バラン走る 

負けてはいられません。

しばらく走って冒険した後に、すやすやと寝息をたてるあたりは、やっぱり小さな仔馬。

2・仔馬・寝顔 

反対側のパドックでも、うとうとし始めたタキオンが。

2・仔馬・うつらうつら 

柔らかい陽射しのふりそそぐパドックは、まだまだ勝負とは無縁の世界です。

2・仔馬・ハシブトガラ 

関連タグ : アルデバランⅡ, アグネスタキオン,

馬産地では、今年の種付けシーズンを前に、いよいよ種牡馬展示会が始まりました。

昨日は、ビッグレッドファームで、新種牡馬コンデュイット等が、そしてダーレー・ジャパンでは、ディープスカイ等が展示されたとのこと。

あいにく見に行けませんでしたが、それぞれ盛況だった模様です。

今日は、社台スタリオンの展示会。

身も凍る寒さだったものの、青空に恵まれ、馬を見るには良い条件でした。

新種牡馬、カンパニー

2・種・カンパニー 

つい先日まで走っていた、というのに、立派な馬体。種付け申し込みも、集まるつつあるとか。

こちらも、新種牡馬、ヴィクトリー

2・種・ヴィクトリー 

試験交配を済ませたとのことで、早くもやる気満々で、歩いていました。

そして、注目は、この夏、ファーストクロップがデビューする3頭。

ディープインパクト

2・種・ディープインパクト 

今年は、昨年と違い、元気いっぱいの姿で登場。

2・種・ディープ顔 

今にも走りたそうに、歩いているな・・・と思ったら、

立ち上がってくれました。

2・種・ディープ立ち上がる 

牧場にいる、ディープの娘や息子たちの姿と重なり、思わず、ニッ。

ハーツクライ

2・種・ハーツクライ 

元気が良いらしく、二人曳き。口に当たる鎖が気になるのか、終始、上唇を上げて、歩いていました。

リンカーン。

2・種・リンカーン 

ヴィクトリーの半兄。今年は、牧場でも、この産駒が生まれてくる予定。

今年、初産駒が生まれる2頭は、チチカステナンゴと、メイショウサムソン

2・種・チチカステナンゴ 

目が愛らしい、チチカステナンゴが、顔に似合わず、立ち上がったと思ったら、

メイショウサムソンも、この勢い。

2・種・メイショウサムソン 

この後は、当牧場ではお馴染みの種牡馬たちが続きました。

ネオユニヴァース。

2・種・ネオユニヴァース 

2歳になったネオくんにそっくり。今年は、生まれる予定もあり、またまた期待大。

ダイワメジャー。

2・種・ダイワメジャー 

1歳のメジャー牝馬は、父親似。体型が似ていて、思わず声が出そうになりました。

シンボリクリスエス。

2・種・シンボリクリスエス 

サクセスブロッケンそっくり。でも、それより似ているのが、全妹のクリスちゃん。

シャープな体のラインが、切れ者のイメージをつくります。

フジキセキ。

2・種・フジキセキ 

10年連続で、サイアーランキングトップ10入りのつわものは、バトルアステアに顔が似ていました。

ジャングルポケット。

2・種・ジャングルポケット 

ゴールドアリュール。

2・種・ゴールドアリュール 

真っ白くなった、クロフネ。

2・種・クロフネ 

息の長い、サクラバクシンオー。

2・種・サクラバクシンオー 

デュランダル。

2・種・デュランダル 

次々と出てくる、父馬たちの姿に、釘付け。

やはり、目の前で見る馬たちは、紙面で見るのとまた違います。

ウォッカの父、厳しい顔をした、タニノギムレットが登場した後に、時間が気になり、帰ることにしました。

2・種・タニノギムレット 

さて、今年は、どの馬たちと再び種付けで会うことになるでしょうか。

”走る馬”を求めて、馬産地では、皆が、頭をひねっています。

関連タグ : コンデュイット, ディープスカイ, カンパニー, ヴィクトリー, サクセスブロッケン, ウォッカ, チチカステナンゴ, メイショウサムソン, ディープインパクト, ハーツクライ,

4年に1度の、冬のオリンピックが開幕しました。

真っ白い雪の中で繰り広げられる競技を見ていると、こちらも負けてはいられません。

1歳牡馬軍団。雪を掻き分け、疾走!

2・牡・柵越しに併走 

よく見ると、間に柵があります。

1月末より、ふたつのグループに分けて、放牧中。

2・牡・2グループ 

デュランダルディープインパクトゴールドアリュールらの早生まれ組と、芦毛ディープ、サウスヴィグラスアグネスタキオンらの後から来た組。

それぞれの性格を考えた、ゆとり放牧です。

体は小さいくせに、早生まれ組に混じっているのが、5月生まれの黒鹿毛くん。父は、ディープインパクト

2・牡・強気 

このところ元気いっぱいで、体格の大きい早生まれ組なんて、なんのその。

そして、こちら芦毛のディープくんも、調子が良く、ヴィグくんを抑えて、第二グループのリーダー格に躍り出ました。

2・牡・芦毛ディープ&ヴィグ 

マイペースなアリュールは、小さい子どもを観察中。

2・牡・アリュール 

「枯れた木の枝なんか、そんなところに刺して、面白いのかなぁ?」

タキオンは、「なんだ、これ?おいしそうだな・・・。食べちゃえ!」

2・牡・タキオン 

この2頭は、ちょっと風来坊的な存在。

相撲をとっている、鹿毛ディープとデュランを見つめていた、黒ディープくん。

2・牡・相撲 

「すきあり!」と、参戦。

2・牡・参戦 

小柄な体を生かし、ステップも軽やかに、走り回ります。

2・牡・黒ディープ 

350kg前後の早生まれ3頭との体重差は、2月現在、なんと60kg余り。

それでも、一生懸命背伸びをして、

2・牡・負けない 

「待てぇ!」

2・牡・待て 

「あいつは、最近すばしっこいね」と、語っていそうなディープ&デュラン。

2・牡・ディープ対デュラン 

近くに来たものが誰でも遊び相手。

2・牡・アリュールに 

「もう遅生まれなんて言わせないぞ!」と、みんなに戦いを挑む、若き狼。

2・牡・遅生まれが何だ 

雪面を駆け抜ける、チャレンジャーです。

関連タグ : ディープインパクト, デュランダル, ゴールドアリュール, サウスヴィグラス, アグネスタキオン,

昨日、午後6時45分に、アルデバランⅡの鹿毛の牡馬が、誕生しました。

アルデバランⅡとは、アメリカ生まれの種牡馬。昨年から日本で種牡馬生活を送っています。

朝、乳ヤニが付着した母馬。

予定日より4日早いこともあり、「まだかな」と思っていましたが、夕方、静かに動き出し、45分後には出産。

またまた短時間でのお産となりました。

なかなか起きない母馬に気をもむこと、数十分。

あっという間の出来事とはいえ、大変な力をかけて、新しい命を生み出していることを感じずにはいられません。

立ち上がった仔馬が、座り込んでいる母馬の体をぺろぺろなめながら、乳を探します。

「早く起きないかなぁ・・・」

その晩は、疲れきった様子で、寝てばかりいる母でしたが、翌朝からは、シャキッと立ち上がり、こちらの不安を払拭してくれました。

十分乳を飲み、安心して寝ている仔馬。

2・誕生・座 

母は、舌で仔馬の尻をなめながら、便が出やすくなるように、刺激を与えています。

2・誕生・母と仔 

三産目だというのに、すでにベテラン。子育て上手な母。

その母のそばから、ぴったり離れない仔。

2・誕生・母のそば 

くっきり二重が印象的な、男の仔です。

2・誕生・顔 

「おいしいなぁ」乳に満足して、舌なめずり。

2・誕生・舌 

額には、輝く1等星を思わせる、星がありました。

2・誕生・目 

アルデバラン。おうし座の赤い星。冬の夜空、牧場の上空でも、今まさに輝いているところです。

関連タグ : アルデバラン,

装蹄師さんによる肢チェックも済ませた、アグネスタキオン当歳牡馬。

もう雪の上になんか、寝ませんよ。

2・タ・藁の上で 

パドックに入ると、気配を察し、起き上がりました。

「なになに?」

2・タ・こちらへ 

怖いもの知らず。

2・タ・アップ 

近付いてきたかと思ったら、また、母親のそばへ戻り、じっと観察。

2・タ・正面 

なかなか賢そうな男の仔です。

お母さんにならって、草を食む練習も始めています。最初は、遊びがてら。

2・タ・干し草 

好奇心旺盛なので、さっさと母のもとから離れ、冒険開始。

2・タ・のぞく 

「この向こうには、何があるのかなぁ・・」

「これは、食べられるのかな?」

2・タ・雪 

たてがみは、軽くウェーブがかかり、今話題の龍馬を思わせる風貌。

2・タ・顔 

いたずら盛りのおちびさんは、乾草の上に飛び込んだと思うと、

2・タ・飛び込んで 

いきなり猛ダッシュ!

2・タ・ダッシュ 

素晴らしいばねを持ち、

2・タ・ばね 

所狭しとパドック中を駆け回ります。

2・タ・のび 

「走るために生まれてきたんだよ!」夢は、世界を見据え・・・。

2・タ・走るために 

真っ白い画用紙が、これからどう彩られていくのでしょうか。

2・タ・雪まみれ 

まだ小さな歯で、手袋を噛んできたので、はずしてやると、大喜び。

2・タ・手袋 

ブンブン。

2・タ・ぶんぶん 

振り回して、肢も出てきて、興奮状態。

「これは、なかなかの逸材になるぞ!」と、将来が楽しみな、やんちゃぶりを発揮してくれています。

関連タグ : アグネスタキオン,

先週、当牧場出身の2歳馬が数多く在籍する、育成牧場へ行ってきました。

着いた時、パッと目に入ったのが、サンシャインパドックに放された、Mr.Greeley牡馬。

1・育成・Mr. 

我々の姿を見るなり、「おっ!」という顔をして、こちらを凝視。

近付くと、嬉しそうに顔を出したり、帽子をかじったり。

「まだ、覚えてくれているんだ・・・」と、やけに嬉しくなりました。

そして、こちらは、ネオくんといつも一緒のグループだった、ハーツクライ牡馬。

1・育成・ハーツ 

なんだかとても大人びた顔に変身。

すでに運動を終えた後で、落ち着いた歩きを見せてくれました。

1・育成・ハーツ歩様 

彼の大親友、ジャングルポケット牡馬も、同じ厩舎。

1・育成・ジャンポケくん 

1歳ブライアンズタイム牝馬の半兄ですが、見ない間にずいぶんたくましくなったようです。

そして、牝馬は、ファーストクロップのディープインパクト牝馬。

出てきた瞬間から、この目線。

1・育成・ディープ目線 

この目線。

1・育成・ディープ 

この目線。

1・育成・ディープ顔 

立っていても、こちらが気になるようで、「絶対に覚えている!」と、確信しました。

1・育成・ディープ立つ 

あいかわらず、丈夫そうな、しっかりした体型で、調教も順調にこなしているそうです。

1・育成・ディープ横 

そして、こちらは、栗毛のアグネスタキオン牝馬。

1・育成・タキオン 

すらっとした伸びやかな肢が特徴の馬。

1・育成・タキオン立つ 

そうこうしているうちに、次の調教に入る、3歳以上・休養馬が厩舎から出され、そちらへ歩いていくと・・・・。

生産馬の4歳牝馬、ダンシングクイーンが準備に入っていました。

1・育成・クイーン 

昨年の1月に、新馬を勝った後、なかなか勝ち上がれずに、休養が続いていた馬。

先々週、500万下を勝った、トーホウアレスの幼馴染みで、1/25の記事中の写真に、2度も出てきている馬がそうです。

一段一段、階段を上がっていく相棒に、遅れずについていってほしい・・・。

そう思いながら、見守っていると、乗り運動が始まりました。

彼女は、少々気難しいところがある馬。

仲間が興奮して跳ねると、一緒に興奮してキーッとなってしまうので、乗り役さんが、静止してなだめていました。

1・育成・運動 

行きたがるクイーン。闘志にあふれた鋭い顔。

1・育成・クイーン顔 

屋内馬場に入っても、前の2頭とは少し距離を置き、落ち着かせたところで、ダクとキャンター。

1・育成・キャンター 

1・育成・厩舎 

厩舎に戻った後、馬具を外した乗り役さんにバッタリ会ったので、「大変そうでしたね」と、生産者として申し訳なく思いながら声をかけると、「いや、走りたくてうずうずしているんですよ」と、前向きな答が。

馬思いのその言葉に、ホッと気が楽になり、「まだまだ、いける!」という思いが沸いてきた私。

再びたくさんの人たちの前で、そのシャープな走りを見せてほしい。

競走馬として生まれてきた彼女が一番輝けるのは、やはり競馬場だ・・・。

雪の下で、芽吹きの時を待つ草花のように、ここに一頭の馬が、春を待ち、調教に励んでいます。

関連タグ : Mr.Greeley, ハーツクライ, ジャングルポケット, アグネスタキオン, ディープインパクト, ダンシングクイーン, トーホウアレス,

生後3日目の朝、パドックに出たアグネスタキオン牡馬をパチリ。

前日にも、短時間外に出ていたので、すっかり慣れて、お母さんと散歩。

2・パドック・母と歩く 

「えー、そこでない方がいいんじゃない?」と、思わずつぶやきましたが、パタンと座り込んだのは、雪の上。

コロコロして、顔に雪をつけた姿は、何とも言いようがありませんでした。

2・パドック・雪の上 

目の上の小星が、まるで雪のかけらのよう。

雪の布団を何ら苦にせず、気持ち良さそうにすやすやと寝てしまいました。

2・パドック・雪の布団 

「おっと、またそこに寝るの?」

2・パドック・よっこいしょ 

正午過ぎに、再びのぞきに来た時は、体の動きも一段とシャキッとして。

乳を探しながら、「どこだ?どこだ?」

2・パドック・どこだ? 

「あー、おいしかった!」と、舌なめずり。

2・パドック・舌なめずり 

産毛もこもこ、ぬいぐるみのような愛くるしさに、釘付けです。

2・パドック・口 

30分ほど前から、そこにいた長女に、「呼ぶと来るんだよ」と言われ、チャレンジ。

「ほんとだ!」

2・パドック・触ってもいいよ 

触っても、ぐいぐい押してきたり、匂いをかいだり。警戒心がなく、性格も良さそう。

ピョーン。

2・パドック・ジャンプ 

サササッ。

2・パドック・駆ける 

走っても良し。

2・パドック・走れ 

冬の太陽に優しく照らされ、元気いっぱいの天使。

2・パドック・優しい母と 

いとしくてたまらないのは、やっぱり、お腹を痛めて産んだお母さんでした。

関連タグ : アグネスタキオン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。