北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年を超える、長い付き合いでした。

1歳牝馬の最後の出発は、栗毛のゴールドアリュール産駒です。

11・ラスト・アリュール牝馬 

育成牧場から、「馬房が空いた」という知らせが入り、ようやく入厩。

でも、5月末生まれで、他馬より成長が遅かったので、グッドタイミングでした。

いつも、みんなより小さく見えていたアリュールちゃん。

このところ、急にグググッと体が大きくなり、見違える程に。

11・ラスト・アリュール1歳 

甘えん坊の性格も、すっかり抜けて、大人の雰囲気です。

昨日は、出発前に、汚れていた半身をシャワーで丸洗い。

11・ラスト・洗い場 

風邪をひかないように、強力なストーブで乾燥させながらの、大仕事でした。

半姉は、先日のエリザベス女王杯に出走。彼女も、そんな姉に続いてくれることを期待します。

見送ってくれたのは、短期で預かっている、1歳の休養馬たち。

11・ラスト・休養 

体の成長に合わせ、無理をしないで、放牧調整中。

実は、先に出発していた、この馬も、ひと通りの運動を終え、戻ってきていました。

11・ラスト・タキオン牝1歳 

栗毛のアグネスタキオン牝馬。

出発の日に、写真が撮れなかった、唯一の馬。

幸か不幸か、再び戻ってきてくれ、ひと月ほど過ごした後、先日、再度出発。

その再出発の日、トコトコと歩いてやって来た三毛猫が、バタンと横になり、ゴロゴロ。

「遊ぼう」ポーズに、「何やっているの?」

11・ラスト・ミケ&タキオン牝 

これが、彼女の牧場最後の写真です。

紆余曲折。早くも、それぞれの道を歩んでいる1歳馬たち。全馬にエールを送りたい気持ちです。

スポンサーサイト

関連タグ : ゴールドアリュール, アグネスタキオン,

土曜の朝、今シーズン初めてのまとまった雪が降りました。

うっすらと積もった雪をかき分け、草を食べる馬たち。

当歳ブライアンズタイム牝馬は、すぐにやって来て、「ねぇ、ねぇ、かまってよ!」

11・雪・タイム 

まだ、これといった友達がいないので、人間が大好き。

優しい性格のアドマイヤムーン牝馬や2月生まれディープインパクト牝馬とは、軽く挨拶が出来る仲になりました。

11・雪・ディープ2ほか 

ダイワメジャー牝馬も、ディープ2ちゃんと、食事をしながら挨拶。

11・雪・ディープ2とメジャー 

まだまだ、気を許せないのが、ボス格の1月生まれディープちゃん。

彼女は、幼馴染みの2頭以外には、まだ怖い顔をしています。

でも、こんな一面も・・・・。

11・雪・ディープ 

体の大きな2月生まれディープの腹の下を探り、母の乳を求める仕草。

11・雪・ディープ乳を探す 

そういえば、1月生まれのディープちゃんは、真冬に生まれたので、雪は母と過ごした思い出をつなぐものでもあります。

雪の下の草を食みながら、

11・雪・ディープ横顔 

遠くを見つめる顔は、まるで思い出の中の母を捜しているようにも、見えました。

11・雪・ディープ遠くを見る 

その後、にわかに降り出した、大きなぼたん雪に、みんな困惑気味。

11・大雪・大粒の雪 

列になって移動した後は、

11・大雪・一列に 

雪が流れてくる方向にお尻を向けて、耐えます。

11・大雪・お尻を向け 

群れで生きる動物。教えられなくても、自然とスクラムを組んで。

ブライアンズタイムちゃんとダイワメジャーちゃん。

11・大雪・タイム&メジャー 

1月生まれディープ姉さんには、やっぱり「あっちに行きなさい!」と言われてしまいましたが・・・。

11・大雪・タイム&ディープ 

くるっと回って、みんなの後ろへ逃げるタイムちゃん。

11・大雪・メジャー&クリス 

そういえば、5月生まれの2頭には、初めての雪です。

シンボリクリスエス牝馬。

11・大雪・クリス 

ダイワメジャー牝馬。

11・大雪・メジャー 

どちらも、「雨とは違うし、この白いもの、なあに?」と、不思議顔。

この日は、午後から太陽が出たとたん、あっという間にとけてなくなりましたが、雪はこれからが本番。

仲間と共に、いよいよ迫る寒い季節を乗り切らなければなりません。

関連タグ : ディープインパクト, ダイワメジャー, ブライアンズタイム, シンボリクリスエス, アドマイヤムーン,

当歳牡馬グループに、新しい仲間2頭が合流して3日目。

昨日までは、拍子抜けするくらい、静かに草を食む馬たちでしたが・・・・。

次第に互いの性格が分かってきたようで、今日は少し、動きが出てきました。

小さい子どもが珍しいのか、一緒に歩いてきたのは、新入りのタキオンと芦毛ディープ。

11・力・2頭一緒に 

「ねえねえ、その棒を使って、何してるの?」と、不思議そうに顔を近付けるのは、タキオンくん。

11・力・タキオン 

顔を触っても嫌がらず、本当に優しい性格のよう。

芦毛のディープくんも、「なあに?それ」と、興味津々。

11・力・芦毛ディープ 

愛嬌のある馬たちです。

ゴールドアリュール牡馬もやって来て、「よしよし」なんてやっていると、

11・力・アリュール 

反対側から、また芦毛くん。子どもをはさんで、2頭であいさつ。無事に、終了。

11・力・はさんで 

新入りどうしであることに気が付いたのか、なんとなく近くにいる、この2頭。

11・力・こちらを向いて 

5月生まれで、大きさもほぼ一緒。

「僕だって、5月生まれ!」と、振り返っているのは、体格の大きな早生まれグループに混じって劣勢だった遅生まれくん。俄然、元気になって、ガブリ。

11・力・オセロコンビ 

黒と白のオセロコンビです。

早生まれのみんなと混じって、「僕は、こっちのグループだい!」

11・力・仲間 

再び、後ろから近付いていって、

11・力・3頭 

前にくるっと回ったかと思うと、ひるんだタキオンくんに、

11・力・ひるんだタキオン 

「ガブー」

11・力・ガブリ 

勢いづいて、アリュールくんにも、「ガブー」

 11・力・アリュールに

新入りがやって来ると、ついつい先輩面したくなるのでしょうか。

関連タグ : ゴールドアリュール,

先週の金曜日、芦毛のディープインパクト牡馬がやって来ました。 

11・芦毛・顔 

今年の5月に生まれた、男の仔です。

久しぶりにやって来た、芦毛くん。しかも、ディープの仔には珍しい気がして、会うのを楽しみにしていました。 

11・芦毛・パドック 

生後半年だというのに、「もう、こんなに白いんだ!」

生まれた時は、真っ黒だったそうです。

今日は、数日降ったりやんだりした雨が上がり、朝から青空。

ぬかるんだ足下が気の毒でしたが、ぽかぽか太陽にうっとり、のんびり。

隣のパドックにいる、アグネスタキオン牡馬と、新入りどうしのご対面。

11・芦毛・タキオン見る 

そして、今度は、反対側を向いて、「ブブブブブ・・・」

11・芦毛・ブブブブブ 

もう一方のパドックにいる、芦毛の乗用馬を呼ぶ仕草。

「あ、そうかぁ!」白い馬を見て、とっさに、お母さんを思い出したのでしょう。

柵から懸命に顔を出して、青草を食べようとする乗馬くんに、「ねえ、ねえ」

11・芦毛・あれれ? 

「でも、なんだか、お母さんとは違うなぁ?」

11・芦毛・横顔 

「うーん、やっぱり、変だなぁ・・・」

11・芦毛・隣のパドック 

明日から、当歳牡馬グループと合流する予定の、芦毛ディープくん。

どんな性格の馬なのか、またまた楽しみです。

関連タグ : ディープインパクト,

1歳牡馬、最後の出発は、青鹿毛のディープインパクト産駒でした。

11・タキオン・ディープ1歳牡 

昨年の10月からお預かりしたディープくん。

1年以上にわたり、当牧場で過ごしたことになります。

11・タキオン・ディープ全身 

小柄で、成長はゆっくりでしたが、漆黒の体からは、凛とした雰囲気が伝わっていました。

お別れにいった時、このパドックから見える、川縁の大木に、大きなオオワシが飛来!

11・タキオン・オオワシ 

霧雨の中、一羽でとまっている、この孤高のオオワシが、最後は、一頭で過ごした、目の前のディープ牡馬と重なり、感慨無量・・・。

「鳥の王者、オオワシのように、強く強く、生きてほしい」そう思いながら、離れました。

さて、彼がいなくなった放牧地には、当歳の牡馬たちが移動してきて・・・。

11・タキオン・みんな 

この通り、みんな仲良くやっています。

遅生まれくんが、早生まれくんの首根っこをかじって、追いかけるシーンも見られ、「元気!元気!」

新入りディープくんにだって、逃げずに、自分から挑戦。体高差もなんのその!

11・タキオン・仲良し 

そして、嬉しいことに、また新しい仲間が到着しました。

アグネスタキオンの牡馬です。

11・タキオン・新入りタキオン 

くりっとした目がかわいい、男の仔。

まだ、パドックにて、馴らしの最中ですが、実は、この新入りくんが気になって仕方がない馬が一頭。

先ほどの写真の後方にも写っている、この馬は・・・・。(望遠にしてみると)

11・タキオン・気になるディープ 

新入りディープくん!!

牧柵から顔を出し、一生懸命のぞいたり、柵沿いを行ったり来たりしたり。

とにかく、新しい仲間の気配を感じ、ただ一頭、そわそわしているのです。

デュランダル牡馬に、「ねぇねぇ、あいつ誰だろう?」と、視線は、タキオンくん一直線!

11・タキオン・気になる 

ディープくんの目からは、こんなふうに、パドックのタキオンが見えています。

11・タキオン・パドックのタキオン 

好奇心旺盛な、育成ディープくん。合流したら、また、追いかけまわすのでしょうか・・・。

11・タキオン・顔 

今日は、昼間もとても寒い日でしたが、このほのぼの系タキオンくんの顔を見たら、ちょっとだけ、温かい気分になりました。

関連タグ : ディープインパクト, デュランダル, アグネスタキオン,

当歳牝馬グループは、1歳馬の多くが移動したことにより、育成厩舎へ移りました。

新しい放牧地では、

11・新・3頭 

ディープインパクト牝馬2頭と、シンボリクリスエス牝馬が並んで。慣れてきた様子。

ダイワメジャー牝馬の横を、ディープが通ったり、落ち着いてきました。

11・新・ディープ&メジャー 

今月の初めに到着した、ブライアンズタイム牝馬も、仲間入り。

11・新・タイム 

この顔に、見覚えありませんか?

栗毛の流星、ハイソックスときたら、思い出すのは、ジャングルポケット1歳牡馬。

そう、彼女は、ジャンポケくんの半妹なのです。

やって来た瞬間、「そっくり!」と思いましたが、彼女のお母さんは、父サンデーサイレンスの鹿毛馬。

「どうして、栗毛が出るかなあ・・・」と、生産者の方も苦笑いの、兄妹そっくりさんでした。

水を飲むふりをしながら、偵察しているのは、クリスちゃん。

11・新・クリスと水桶で 

「顔もお兄ちゃんとそっくりでしょ?」と、なかなか人懐こい女の仔。

11・新・タイム顔 

「なんだか、あの仔だけ、違う色してるわね・・・・」と、思っているかどうか、自分も栗毛のメジャーちゃん。

11・新・メジャー 

ここ数日、小春日和が続いたので、のんびり気分のディープは、うとうと。

11・新・ディープ寝顔 

そばにいたクリスに、自分からグルーミングなんかし始めたので、「えっ?ほんと?」

11・新・ディープとクリス掻き掻き 

ディープ2ちゃんもびっくり。「いつの間に、こんなに仲良くなったんだろう!」と思っていたら、

11・新・ディープ2 

「グワーッ!!」

11・新・威嚇 

どうも、おかしいと思ったら・・・。

毛色が似ているアドマイヤムーン牝馬と間違えて、グルーミングをしてしまったようでした。

メジャーにまで、八つ当たりして、やっぱり強気だったディープちゃん。

11・新・威嚇2 

「怖いわねぇ」と、振り返るメジャー。なかなか、友達になるには、ハードルが高そう。

11・新・怖いわ 

そして、ブライアンズタイムちゃんは、少し離れたところで、マイペースにお食事中。

11・新・マイペース 

一頭でもあまり苦にならない性格のようで、きっと少しずつ、みんなと距離を縮めていくのでしょう。

川辺からは、シロザケを狙う、オジロワシの声。

収穫を終えた田んぼからは、仲間と鳴き交わす、オオハクチョウの声。

いつの間にか、牧場も、冬の装いへと変わってきています。

関連タグ : ディープインパクト, ジャングルポケット, ダイワメジャー, シンボリクリスエス, アドマイヤムーン, ブライアンズタイム, サンデーサイレンス,

1歳の生産馬3頭が、相次いで、牧場を巣立っていきました。

4日の午後移動した、ジャングルポケット牝馬。

11・見送り・ジャンポケ 

昨日、出発したのは、Mr.Greeley牡馬と、

11・見送り・Mr 

Orientate牝馬。

11・見送り・Ori 

これで、1歳の生産馬の移動は、すべて終了です。

「あの馬たちは、どうしているだろう・・・」気になるのは、その後の各馬の状況。

Mr.Greeley牡馬の移動先には、ディープインパクト牝馬が先に入厩しているので、ふと思い立ち、馬運車で育成牧場まで同行することにしました。

片道1時間の道のり。出る前は、晴れ間もさしていたのに、徐々に雲行きが怪しくなり、到着地は小雨。

朝は、どしゃ降りと聞いていたので、「それよりは、いいか」と、気を取り直し、外へ。

新しいスタッフの方にひかれていく、Mr.Greeley

11・見送り・到着 

それを見守る、新しい仲間たち。

11・見送り・厩舎の馬たち 

近付くと、どの馬も澄んだ瞳をして、1頭1頭、いい顔をしていました。

本来なら、サンシャインパドックに放れている時間ですが、雨なので、運動していない馬は、みな厩舎に入っていた模様。

そして、「あっ!!」

11・見送り・ジャンポケ姉 

「そうか、まだ、いたんだね」忘れられない強烈な顔の持ち主。2歳のジャンポケちゃん。

1歳ジャンポケ牝馬の全姉は、まだここに残っていました。

もう1頭。

11・見送り・フジキセキ 

ジャイアントとあだ名を付けたくなるような、この顔。2歳フジキセキ牡馬。

この2頭のほかは、すべて、トレセンやその近辺の牧場へ移動した様子。

会えない寂しさよりも、デビューへの期待の方が、ふくらみます。

そして、離れの厩舎には・・・、1歳ディープインパクト牝馬!いました!

扉の網越しに声をかけると、すぐに分かったよう。

廊下に出していただくと、きちんと手入れされた、つやつやのディープがいました。

11・見送り・ディープ 

訪ねてきた私より、担当の厩務員さんに、甘える仕草。

相当、念入りに手をかけてくださっている様子で、嫉妬する反面、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

「愛される馬に育ってくれて、良かった・・・」

持参したニンジンを、最初はけげんそうに。そして、段々と喜んで。最後は、前掻きしながら、ペロリ。

いつまでも去りがたい、ディープとの再会。

外では、雨の中、2歳馬の調教準備が始まっていました。

ジャンポケ姉ちゃん。

11・見送り・ジャンポケ2歳 

霧でけむる育成牧場の、屋内走路へ。

11・見送り・調教 

彼女の背中には、オーナーや調教師さんの夢と共に、私たち生産者の思いも、いっぱい詰まっています。

焦らず、ゆっくり・・・。「頑張れ!」そう声をかけ、静かに見送りました。

関連タグ : ジャングルポケット, Mr.Greeley, Orientate, フジキセキ, ディープインパクト,

こちらは、早生まれグループに入れられ、ひとりぼっちになってしまった、遅生まれの牡馬。

11・牡馬・ひとりぼっち 

別の牧場からやって来た、新入りディープくんに、やたら後を追い回され、

懸命に挨拶するものの・・・。

11・牡馬・負けないぞ 

3頭の、自分より大きな牡馬たちに囲まれると、「逃げるっきゃない!」

11・牡馬・追われて 

新入りディープくん、「自分より新入りが来たぞ!」と、すっかり態度が大きくなりました。

放牧地の隅で、ひとり鳴いている末っ子くんの視線の先には、いました!いました!

幼なじみの遅生まれ牝馬たち。

11・牡馬・牝馬友達 

「なんで僕だけ、こっちなんだよぉ!」と、悲鳴にも似た叫び。

でも、そんな甘えたことは、言っていられません。

こうなったら、駆けてくる兄貴たちに、負けじと走るしかない!

11・牡馬・夕日に向かって 

2月生まれと5月生まれ。

11・牡馬・2頭 

「”小さいやつ”なんて言わせないぞ」と、輝く瞳に闘志が感じられ、頼もしくなりました。

11・牡馬・瞳 

牡馬グループの今後の成長も、楽しみです。

さて、ここ数日の間に、1歳馬の旅立ちが続きました。

父・アドマイヤドンくん。

11・牡馬・ドン 

アグネスタキオンの鹿毛の牝馬。

11・牡馬・鹿毛タキオン 

マンハッタンカフェの牝馬。

11・牡馬・カフェ 

いつの間にか、仲間が減り、寂しさの増す、1歳厩舎。

皆、それぞれの育成牧場で、無事に成長してくれることを祈り、送り出しました。

関連タグ : ディープインパクト, アグネスタキオン, マンハッタンカフェ, アドマイヤドン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。