ゴールドアリュール’16♂

ここでは、「ゴールドアリュール’16♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・02-14  ※お知らせ
 ・02-13  ※穏やかな日の幸福
 ・02-10  ※父ヘニーヒューズの牝馬、誕生
 ・02-07  ※久々の展示会
 ・02-04  ※嬉しい勝利

 生後10日目のゴールドアリュール牡馬。

草を探しながら歩いている母馬の近くで、ひとり遊び。

積もった雪を掘ってみたり、

2・10日目・ほりほり
 

草を口にしてみたり。

2・10日目・遠くから
 

ちょろちょろと動く小さな塊に、橋の向こうの放牧地の馬たちが気付きました。

みんな、微笑みながら見ているような気がします。

好奇心旺盛なアリュールくんは、母から離れて、散歩。

2・10日目・いそいそ
 

目をくりくりさせて、周りの状況を観察しています。

2・10日目・ポーズ
 

「うわっ!逃げろ!」

2・10日目・いそげ
 

不安になったら、すぐ母の元へ。

2・10日目・ささっ
 

ここなら安心・・・というふうに、

2・10日目・らんらん
 

生き生きと跳ね回っていました。

2・10日目・びよーん
 

さすが男の仔と思わせる、ごつごつした顔つき。

2・10日目・かぷ
 

パドックに入ってみると、

最初のうちは、母にぴったりと寄り添っていましたが、

2・10日目・ぴた
 

すぐにこちらに顔を向け、

2・10日目・そろり
 

そろっと接近。

2・10日目・ちょっとずつ
 

なかなかの”いたずらっ子”になりそうな予感がしました。

向かいのパドックからは、ロードカナロア牝馬が、「よいしょっ!」と顔を出して、遊びたそう。

2・10日目・カナ
 

こちらは、本当に愛くるしく、すでにみんなの人気者。

そんなカナちゃんとやりとりしていると、背後から、ガタンという音。

また、ひとりで遊び始めたアリュールくん。

2・10日目・バケツいじり
 

遊び方も男の子。

この先、どんどんパワーアップしてくれることでしょう。


スポンサーサイト

関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア,

 16日生まれのゴールドアリュール牡馬は、生後2日目にして、パドックに出ました。

2・2日目・初めて
 

心配そうな母をよそに、とことこ歩き回るアリュールくん。

2・2日目・積極的
 

かなり積極的なタイプのようです。

周囲に目を光らせる母。

2・2日目・目を光らせる母
 

積もった雪で、パドックはきらきら輝いています。

2・2日目・アリュール
 

一日、馬房で過ごした仔馬にとっては、まぶしいかもしれません。

2・2日目・まばたき
 

それでも、今度は、駆足になって、嬉しそうに飛び出していくアリュール。

2・2日目・冒険
 

川の向こうの放牧地から、空胎馬が、のぞき込んでいました。

2・2日目・栗オル母
 

隣のパドックのセレーネも、ブブブブブと呼んでいます。

2・2日目・セレーネたち
 

先日まで、一緒に放れていた仲間。

互いにこどもを連れた姿を、どんな気持ちで眺めているのでしょうか。

元気いっぱいアリュールは、だんだんエキサイトしてきて、

2・2日目・楽しい
 

楽しげに、遠くの方まで、

2・2日目・びゅーん
 

行動範囲を広げます。

2・2日目・わい
 

ドサッと音がして、転倒。

2・2日目・転んだ
 

あわてて、母が駆けつけますが、下が凍っているのか、うまく立てないアリュールくん。

2・2日目・ずるずる
 

とてっ。

2・2日目・とて
 

「もうだめだぁ!」

2・2日目・くた
 

雪まみれになって、沈黙。

「さあ、さあ!」

2・2日目・大丈夫?
 

母の励ましに、気を取り直して、再挑戦。

なんとか自力で立ち上がると、母の後を慌ててついていきました。

2・2日目・しおしお
 

「もう懲りたでしょ?勝手に遠くに行くんじゃないよ」

2・2日目・母と
 

そう、さとされたように見えましたが・・・。

しばらくすると、また、駆け出して行くアリュールくん。

2・2日目・懲りもせず
 

「懲りてないみたいね」

2・2日目・セレーネ
 

隣のセレーネが、やんちゃな男の仔を、優しいまなざしで見守っていました。

「あー、おいしい!」

2・2日目・あーおいし
 

青空の下で飲む、ミルク。

短時間で大冒険をした男の仔は、立ったまま、うとうと。

2・2日目・カナちゃん
 

ロードカナロア牝馬は、ちょっとだけ先輩らしく、乾草の上で、ちゃんと寝ていました。


関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア,

 16日の午後4時20分、父ゴールドアリュールの牡馬が誕生しました。

予定日を1週間過ぎた母馬は、体から湯気を出し、汗びっしょりになりながら、分娩。

胎児があお向けのまま出そうになったため、一度押し戻し、回転させてから、正常出産。

思った通りの、大きな男の仔でした。

2・アリュ・5分後
 

長い肢には、白いソックス。

2・アリュ・長い肢
 

隣の馬房から、母馬の妹シルエットが、雰囲気を感じて、顔を出していました。

2・アリュ・おばさん
 

さて、このお母さんは、これまでの2産で、少々問題行動あり。

初乳を与える際に動いてしまうため、人間の監視が必要な馬でしたが、3産目となった今回は、今までよりも、ずっと母親らしくしていました。

2・アリュ・母として
 

「今年は、良さそうだね」

しかし、今度は、仔馬がなかなか立てません。

肢が長いため、リーダーの予想通り、2時間半経過しても、自力ではどうしても立ち上がれず、タイムリミットと判断して、人間が補助。

起立後、初乳をお腹いっぱい飲んだ仔馬は、先ほどまで、もぞもぞ這っていたのが嘘のように、いきなり駆け出しました。

家族一同、苦笑い。

そして、夜が明け、朝となり・・・。

2年ぶりの出産に疲れたのか、座っている母と、アリュールくん。

2・アリュ・翌朝
 

先に立ったのは、アリュールくんでした。

2・アリュ・先に
 

こんなに大きな仔が、よくお腹の中に入っていたものだ、と思います。

2・アリュ・立って
 

「おかあさーん!」

2・アリュ・おかあさん
 

「起きてくれないよ」

2・アリュ・起きないよ
 

額の”く”の字が何とも言えなく、つい笑ってしまいます。

「この辺かな?」

2・アリュ・この辺かな
 

あちこち突かれて、やっと起きる気になった母。

2・アリュ・仕方ないな
 

「よいしょっと」

2・アリュ・よいしょ
 

授乳しながら、優しく仔馬のお尻をなめる母。

2・アリュ・優しく
 

もう安心です。

眼光鋭い、凛々しい顔。

2・アリュ・しゃきっと
 

目指すは、やはりダート王でしょうか。

関連タグ : ゴールドアリュール,