2016年産馬

ここでは、「2016年産馬」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・04-10  ※ブリーズアップセールに向けて
 ・03-19  ※誕生から今日で10年
 ・03-08  ※思わぬ深さにびっくり!
 ・02-27  ※生後8日目、のびのびと
 ・02-22  ※広い世界へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、JRA日高育成牧場にて、育成馬の展示会がありました。

昨年の7月に、セレクションセールで落札された父オルフェーヴルの牝馬(現2歳)。

いよいよ今月24日、中山競馬場で開催されるブリーズアップセールに上場されます。

輸送を前に、馬産地での最後のお披露目。

会場に着いた時には、冷たい北風と雪に見舞われ、どうなることかと思いましたが、比較展示は覆馬場で行われ、その間に天気は無事、回復してきました。

受付で配布された資料に目を通すと、思わず釘付けになったのが、オルフェの体重!

牝馬では一番重い、528㎏。

体高にいたっては、牡馬牝馬合わせた中でも一番大きい、168.5㎝でした。

どんな姿で登場するのかと、期待と不安の入り混じった気持ちで待つこと30分。

牡馬の展示後、他の牝馬たちと入場してきたオルフェは、メリハリのある良い馬体に見え、ホッとしました。

4・展示・比較
 

ここまで、すこぶる順調に来ている様子。

4・展示・横顔
 

担当職員の方々に感謝しなければなりません。

会場を行きかう人々に、少々テンションが上がった場面もありましたが、この日騎乗予定の女性研修生さんに聞くと、普段はとてもおとなしく、乗りやすいとか。

4・展示・歩く
 

安心しました。

4・展示・顔
 

覆馬場で、ウォーミングアップの後、

4・展示・ウォーミングアップ
 

騎乗供覧の会場へ。

4・展示・走路へ
 

第3班の1組目。

4・展示・来る
 

父マンハッタンカフェの牝馬と共に、最初の1ハロンを14秒2。

4・展示・走る
 

ゴール前の1ハロンを12秒8というタイムで、勢いよく駆け抜けていきました。

4・展示・アップ
 

昨年の今頃、のんびり昼夜放牧をしていた馬が、こうしてデビューに向けての最終調整を行っていることは、生産者として嬉しい限りです。

4・展示・ゴール過ぎ
 

半月後のセールまで、まだ気が抜けないところですが、無事に乗り越え、さらにデビュー、勝利と嬉しい知らせが届くよう祈っています。


スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル,

 7月17日、”海の日”の朝、1歳オルフェーヴル牝馬が、セレクションセールの前日展示に出発。

12時から、比較展示が始まりました。

7・セール・前日
 

上場馬234頭のうち、最初の40頭が、ずらりと並びます。

7・セール・顔
 

オルフェは、比較的、堂々として、来場者のチェックを受けていました。

7・セール・立つ
 

これまで、仲間と同じく昼夜放牧をしながら、運動や手入れを行ってきたオルフェ。

会場の馬房では落ち着かない素振りを見せていたので心配しましたが、外では穏やか。

約30分の比較展示の最後には、常歩で会場を1周しました。

7・セール・歩く
 

そして、割り当てられた厩舎へ。

7・セール・厩舎へ
 

その後も、購買を検討中の方が来れば、馬房の外へ出て、展示。

7・セール・にわか雨
 

通り雨が過ぎ、晴れやかな太陽がのぞく頃も、外へ。

7・セール・何度か
 

こんな様子で、1日目が終了しました。

「どうかな・・・。売れるかな・・・」

丹念に馬体を見ていく方、設定価格を聞く方がいる一方で、素通りする方ももちろんいます。

期待半分、不安半分。

そして、いよいよセリ当日の朝。

番号は、10番。

1番の馬が、セールリンクに入った頃には、もうすでに待機所で周回を重ねていました。

7・セール・朝
 

慣れない馬房で、一晩過ごした分、若干、やつれたようにも見えます。

7・セール・間近
 

「早過ぎる番号は、お客さんが様子見するからなぁ」

売るために、決して良いとは言えない条件でしたが、あっという間に順番が回って来るのは、気分的に少し楽でした。

セリ会場の上段から、入場してきたオルフェを見つめます。

7・セール・開始
 

ほどなく「800万!」の声。

肩の力が抜けました。

少しずつ競り上がり、最終的には、1400万円で、ハンマーの音。

7・セール・ハンマー
 

セリ人の「番号は、1番のお客様」と聞いたとたん、購買者は「中央競馬会だ!」とわかりました。

”日本中央競馬会”購入の馬たちは、JRAで育成され、来春のブリーズアップセール(2歳調教セール)で、新たにオーナーを探すことになります。

それでも、毎年の高い売却率とその後の活躍を考えれば、大船に乗った気分でいても良いでしょうか。

ひとまず、安心。

これからが、勝負です。

7・セール・退場
 

今回は、今月の新馬戦で早くも初年度産駒の勝利をあげた、父オルフェーヴルの力があったことは言うまでもありません。

7・セール・オル顔
 

父の名に恥じない活躍が出来るよう、彼女にも、しっかり頑張ってほしいと思います。


関連タグ : オルフェーヴル,

 ゴールデンウィークに入った晴天の夕方、1歳の放牧地を訪ねました。

北への渡りの途中に、立ち寄ったツグミ。

5・1歳・ツグミ
 

この春は、もう見納めでしょう。無事に海を渡ってほしいと思います。

昼夜放牧中の1歳馬たちは、思い思いに過ごしていました。

まずやって来るのは、ゴールドアリュール牡馬。

5・1歳・アリュ
 

そして、オルフェーヴル牡馬。

5・1歳・オル
 

牝馬のグループからは、ディープインパクト牝馬。

5・1歳・ディープ
 

どの仔も、ニンジン大好きメンバー。

オルフェーヴル牝馬とロードカナロア牝馬は、夢中で草を食べていました。

5・1歳・オル&カナ
 

これは、ダンカーク牡馬。

5・1歳・ダン
 

遠くの方には、栗毛のオルフェーヴル牡馬とスクリーンヒーロー牡馬。

5・1歳・栗2頭
 

気が付いていません。

アリュールとオルフェは、相撲を始めました。

5・1歳・アリュ&オル
 

格闘技が大好きな2頭。

いつの間にか、ダンカークの方へ移動し、3頭でごちゃごちゃ。

5・1歳・ごちゃごちゃ
 

そしてオルフェは、ダンカークに狙いを定め、追いかけ始めます。

5・1歳・オル&ダン
 

疾走し、

5・1歳・オル&ダンに栗
 

絡み合う2頭を、傍観していた栗オルでしたが・・・・。

5・1歳・走る
 

今度は、自分たちのもとへ。

「うわー」とそっぽを向く栗オルと、オルフェに対抗するヒーロー。

5・1歳・オルとヒーロー
 

みんなのやり取りを見ていると、グループ内の力関係がよくわかります。

ハービンジャー牡馬は、ニンジンを食べたくて、行ったり来たり。

5・1歳・ハービン
 

栗オルも、やっと、こちらに気付きました。

5・1歳・栗
 

静かな夕暮れ時、キタキツネも、のんびり餌さがし。

5・1歳・キタキツネ
 

やって来てひと月のエイシンフラッシュ牡馬とハーツクライ牡馬。

5・1歳・2頭
 

この2頭も、元気に駆け回っています。

5・1歳・夕日
 

細く切ったニンジンの味を覚え、人懐こく、やって来るようになりました。

5・1歳・ハーツ&フラッシュ
 

夕日をバックに、たてがみをなびかせて駆ける姿は、「美しい」の一言。

5・1歳・駆ける
 

戻る途中、再び栗毛の2頭が並んでいるのを見つけました。

5・1歳・栗毛の2頭
 

いつ見ても、この2頭は一緒。

仲が良く、まるで兄弟のよう。

心が和みました。

関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア, スクリーンヒーロー, ダンカーク, ハービンジャー, オルフェーヴル, ディープインパクト, ハーツクライ, エイシンフラッシュ,

 2日間、雪がちらつく寒い日が続きましたが、今日から、また春らしい気温になるようです。

朝方冷えていたので、馬服を着た当歳馬たちも、のんびり。

4・1歳・当歳
 

1歳牝馬3頭は、寝ていました。

4・1歳・3頭
 

雨のおかげで、急に草が青々してきた気がします。

気持ち良さそうに目をつぶっているのは、ロードカナロア牝馬。

4・1歳・ん?
 

ぐるっと回ってみても、起きる気配はありません。

4・1歳・すやすや
 

ビロードのような深い光沢の毛皮に、ついつい手を伸ばしたくなります。

隣の放牧地では、ニンジンに目がないゴールドアリュール牡馬が、早速動き出しました。

4・1歳・アリュ
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬も。

4・1歳・栗
 

2頭なら、争うことなく、仲良く食べることが出来ます。

4・1歳・アリュ&栗
 

そこへ、スクリーンヒーロー牡馬。

4・1歳・ヒーロー
 

3頭でも、なんとか。

4・1歳・みんなで
 

後ろで、牝馬たちが起き上がったので、みんなにあげようとすると、こちらはオルフェーヴル牝馬が強気。

4・1歳・牝馬たち
 

逃げるディープインパクト牝馬に、急いで渡しました。

4・1歳・ディープ
 

ここで後ろを振り返ると、食いしん坊のハービンジャー牡馬がとうとう気付いて、こちらへ。

4・1歳・ハービン
 

母親のシルエットにも、父親のハービンジャーにも似ています。

4・1歳・ハービン顔
 

彼が来ると、周りの馬たちは、戦々恐々。

4・1歳・ねえ
 

ギロッとにらまれて、いつもヒーローの陰に隠れる栗オル。

4・1歳・ヒーローの陰に
 

そして、やっと、ダンカーク牡馬。

4・1歳・ダン
 

「なんだぁ、みんな来てたの?」と、急いでニンジンをかじります。

4・1歳・ちょうだい
 

最後に、オルフェーヴル牡馬。

4・1歳・やっとオル
 

これで、共に冬を越した5頭が揃いました。

4月から、この5頭に加えて、新たなメンバーを迎えています。

青毛のエイシンフラッシュ牡馬と、栗毛のハーツクライ牡馬。

4・1歳・フラとハーツ
 

それぞれ別の牧場から移って来ましたが、2頭で放牧しているため、2週間で、すっかり仲良くなりました。

4・1歳・顔
 

ニンジンを少しかじってみたり、匂いをかいだりと、人や環境にも慣れて来ています。

4・1歳・フラッシュ
 

1歳メンバーたちは、これから秋まで、のびのびと過ごしてくれることでしょう。

4・1歳・すっかり仲良し


関連タグ : オルフェーヴル, ロードカナロア, ディープインパクト, ハービンジャー, ゴールドアリュール, ダンカーク, スクリーンヒーロー, エイシンフラッシュ, ハーツクライ,

 1歳馬の放牧地も、深い雪で覆われました。

6頭の牡馬グループを見に行くと、

3・雪・牡馬
 

早速、ゴールドアリュール牡馬が気付いて、一直線。

3・雪・アリュ
 

オルフェーヴル牡馬も、負けじと走って来ます。

3・雪・オル
 

あとは、ゆっくりと・・・。

3・雪・3頭
 

「じゃあ、行くかぁ」

3・雪・栗オル
 

ハービンジャー牡馬の後から、

3・雪・しずしず
 

ダンカーク牡馬、

3・雪・ダン
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬、

3・雪・栗
 

スクリーンヒーロー牡馬という順で、到着。

3・雪・ヒーロー
 

きっと皆、朝から動き回っていたのでしょう。

牝馬グループ3頭は、

3・雪・牝馬
 

ロードカナロア牝馬が、ディープインパクト牝馬とじゃれ合いながら、やって来ました。

3・雪・来つつ
 

牡馬の方をよそ見しながら、ゆっくり歩いてくるカナロア。

3・雪・よそ見しつつ
 

そんなカナロアを抜かして、一番乗りのディープ。

3・雪・ディープ
 

最後に、オルフェーヴル牝馬。

3・雪・オルフェ
 

牡馬にあげたため、すぐになくなってしまったニンジンを取りに、厩舎へ。

そこから、放牧地の方を見ると、オルフェがヒーローを追いかけているところでした。

3・雪・オルのいたずら
 

最近、元気いっぱいのオルフェ。

夕方厩舎へ戻る時に、ひと暴れするようになったため、前日、調馬策をかけたばかり。

雪で足もとの感触が良いので、大喜びなのでしょう。

「待てー!」と、今度は栗毛のオルフェーヴル牡馬へ。

3・雪・うわっ来るな
 

迷惑そうに逃げる栗オルの横顔が、おかしくてたまりません。

代わりにつかまったダンカーク牡馬。

3・雪・オルと
 

とりゃー!

3・雪・立ち上がり
 

ガブー。

3・雪・ヒーローに
 

ヒーローの首根っこをつかまえて、離さないオルフェ。

今度は、アリュール。

3・雪・元気
 

抜群の存在感を示している彼とは対照的に、のほほんと幼馴染みの牝馬に油を売っているのが、栗オル。

3・雪・のんきな栗
 

これはこれで、一つの存在感。

「ん?また、ニンジン持って来てくれたの?」

3・雪・誰?
 

小さい時から、栗オルに追いかけ回されていたオルフェちゃんは、今や悠々自適。

3・雪・4月生まれ
 

立派な体つきになりました。


関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア, スクリーンヒーロー, ダンカーク, ハービンジャー, オルフェーヴル, ディープインパクト,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。