ヴィクトワールピサ’15♀

ここでは、「ヴィクトワールピサ’15♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、突然連絡が入り、当歳のヴィクトワールピサ牝馬が、移動することになりました。

あわてて、ピサちゃんの放牧地へ。

流星ハーツクライ牝馬と共に、草を食べていたピサ。

11・ピサ・前日
 

「なに?」という顔。

新しい仲間たちとの放牧に慣れてきたところだったので、なんだか残念でした。

もっと近くで写真を撮ろうと近付いていたところ、隣の放牧地で派手に動くモノを発見。

11・ピサ・クロ&オル
 

クロフネ牡馬とオルフェーヴル牡馬です。

逃げ出したクロフネを猛追するオルフェ。その後を追って、ノヴェリスト牡馬たちも続きます。

11・ピサ・追いかける
 

本気勝負。

11・ピサ・走る
 

クロフネくんの逃げに、オルフェくんが食らいつく直線の攻防は、圧巻でした。

柵のところで追いついたノヴェくん2頭に、それぞれかじりつく2頭。

11・ピサ・あっちとこっちで
 

元気いっぱい。

11・ピサ・元気な牡馬たち
 

今度は、4頭で一団となり、競走。

11・ピサ・また走る
 

騎手のいない草競馬に見とれていると、ふと、ここにも見学している馬がいることに気付きました。

11・ピサ・のぞく
 

ピサちゃんです。

末っ子ピサは、小さい頃から好奇心旺盛な不思議娘でした。

移動のことなど知らず、無邪気に顔を出してきます。

11・ピサ・アップ
 

仲良くなったみんなと並んで。

11・ピサ・並んで
 

ダイワメジャー牝馬が、隣に釘付けなので、

11・ピサ・メジャ
 

振り返ると、今度はオルフェくんとノヴェくんの姿。

11・ピサ・オルフェとノヴェ
 

活気ムンムンの隣の放牧地をよそに、ピサは、幼馴染みのハーツクライ牝馬と。

11・ピサ・ハーちゃんと
 

秋空の下、水を飲んでいる2頭の姿は、なんとも平和でした。

そして、今朝。

いよいよ出発の時間となります。

11・ピサ・出発の朝
 

私の姿を見て、いったん歩き出したピサでしたが、横を通った馬運車にびっくりして、そのまま出入り口の方へ、駆けていきました。

そして、スタッフに連れられ、ひとり、外へ。

11・ピサ・出る
 

やはり、一番気にしていたのが、幼馴染みのハーツ。

「あれ?どこに行くの?私は?」

11・ピサ・去る
 

こちらは、私の持っているニンジンに夢中で、気付いていないメジャーとオルフェ。

11・ピサ・こちらの2頭
 

心配しているハーツ2頭。

11・ピサ・ハーツ2頭
 

急いで、ピサちゃんの後を追いかけます。

さっと手入れがほどこされ、すぐに馬運車へ。

11・ピサ・馬運車へ
 

いったんは嫌がりましたが、なんとか乗車。

あっという間に、その姿は白い箱の中に消えていきました。

ほどなく中から聞こえてきたいななきに、寂しさとむなしさを感じます。

仲間のいる放牧地へ先回り。

11・ピサ・ハーツ
 

幼馴染みのハーツは、新しい友だちと行動を共にしながらも・・・・。

11・ピサ・去っていく馬運車
 

去っていく馬運車から聞こえてきたピサの甲高いいななきに、ただ1頭、反応して動きました。

11・ピサ・どこ?
 

「私は、ここよー!」

と、返しているようないななき。

けれども、車が完全にいなくなると、捜すことをやめました。

新しく出来た友だちがいるのです。

別の牧場へ移っていったピサも、ここへ最近やって来た栗ノヴェ・青ノヴェくんたちのように、また新しい仲間を作って、元気に成長していってくれることでしょう。

誕生から離乳までを過ごしたピサ。

その成長した姿を、いつか目にすることを、楽しみにしています。

スポンサーサイト

関連タグ : ヴィクトワールピサ, オルフェーヴル, クロフネ, ノヴェリスト, ダイワメジャー, ハーツクライ,

 いよいよ、今年最後の離乳を迎えた朝。

ヴィクトワールピサ牝馬の母娘の姿も、見納め。

9・ピサ・母仔
 

個性派ピサちゃんは、みんなの先頭を切って、走ります。

9・ピサ・遊ぶ1
 

朝日を浴びて、嬉しそうに跳ねるピサ。

9・ピサ・遊ぶ2
 

仲間たちも、その勢いに誘われて、一緒に走り始めました。

9・ピサ・みんなで
 

ピサ母さんが来ると、なんとなくみんなが続きます。

9・ピサ・まとまり
 

4頭の仔馬たちをまとめるという大役も、今日で終わり。

5ヵ月半の間、しっかり子育てをしてくれました。

9・ピサ・授乳
 

太陽が高く上った頃、スタッフがやって来て、ピサ母さんをひいていきます。

9・ピサ・外へ
 

母の後ろから三番目を歩いていたピサちゃんでしたが、急に前へ飛び出していきました。

9・ピサ・前へ
 

「私の母さんでしょ!」と、みんなに言いたげ。

ところが、母だけ外に出しても、あまり大きな反応はなく・・・・。

9・ピサ・別れ
 

それよりも、ハーツクライ牝馬の方が動揺。

9・ピサ・ハーツ見送り
 

「また、お母さんが行っちゃった!」

9・ピサ・また消えた
 

真っ青のハーツの横で、水を飲んでいるピサ。

9・ピサ・ねえ
 

並んでいるエンパイアメーカー牡馬とキングヘイロー牡馬に、ちょっかいをかけたり・・・。

9・ピサ・牡馬と
 

向こうから歩いてきたミケをみつけて、興味津々に近付いたり・・・。

9・ピサ・あら?
 

いつも通りでした。

目が合って、危険を察知したミケは、柵の外へ移動。

9・ピサ・ミケ
 

「こっちにも、いる!」

9・ピサ・こっちにも
 

「やれやれ・・・」

9・ピサ・やれやれ
 

脇役登場で逸れたカメラの被写体を、今日の主人公に戻します。

ピサ母さんがいなくなり、うろうろするみんなに頼られ、ピサは、いつの間にか先頭を歩いていました。

9・ピサ・みんなに頼られ
 

「ねえねえ、ニンジン持ってる?」

9・ピサ・先頭で
 

何本かかじった後、突然、走り出したピサ。

9・ピサ・走る
 

鳴きもせず、ただ放牧地の奥の方へ向かうと、ついてきたハーツと一緒にまた戻ってきました。

9・ピサ・ハーツと
 

ピサが走っていったのは、その1回きり。

戻ってきたピサは、ニンジンを食べると、

9・ピサ・ニンジン
 

また、元のように静かに、みんなと草を食べ始めます。

9・ピサ・静かに
 

ヒーンと鳴きながら、ピサ母さんを捜すのは、ハーツちゃん。

9・ピサ・ハーツが
 

「戻って来ないの?」

9・ピサ・ハーツだけ
 

一生懸命駆けるハーツ。

9・ピサ・駆けるハーツ
 

「どうして?どうして?」

9・ピサ・荒れるハーツ
 

「どこに行っちゃったのかな?」

9・ピサ・見つめる
 

「そこのふたり、何やってるの!また、いなくなっちゃったでしょ!」

9・ピサ・あんたたち!
 

イライラするハーツちゃんの横で、淡々としているピサちゃんは、やはり”不思議少女”でした。

9・ピサ・いそいそ
 

そして、いつものような静けさが戻った放牧地。

9・ピサ・そして
 

(その2に続く)

関連タグ : ヴィクトワールピサ, ハーツクライ, キングヘイロー, エンパイアメーカー,

 こちらは、ヴィクトワールピサ牝馬。

6・ピサ・ちらり
 

ハーツクライ牝馬やエンパイアメーカー牡馬に続いて、人のところへやって来ました。

ピサちゃんも、人間好き。

6・ピサ・べったり
 

顔を出して、匂いをかいで・・・。

でも、やっぱりハーツちゃんが、苦手。

6・ピサ・逃げた
 

ちょっとでも近付かれると、サッと逃げてしまいます。

6・ピサ・追いかけられて
 

以前、おどかされたことがあるのでしょうか。

小さい頃は好奇心旺盛で、何にでも近付いていたピサちゃん。

逃げ足も速そうです。

6・ピサ・やっぱり逃げる
 

気になるんだけど、

6・ピサ・近付いては
 

怖い!

6・ピサ・のけぞり
 

挑戦的な態度でジャンプしながら、さっといなくなります。

6・ピサ・挑戦的
 

エンパイアくんの向こうで、じっとハーツを観察しているピサ。

6・ピサ・エンパイアは
 

性格のいいエンパイアくんのことは、大好き。

6・ピサ・大好き
 

そのくせ、何度もハーツちゃんにアタック。

6・ピサ・そのくせ
 

どちらも、気になるようです。

6・ピサ・気になる
 

「んもー!」

6・ピサ・ねえねえ
 

もやっとする気持ちを爆発させるように、大騒ぎ。

冷静なエンパイアに、ぺたっとくっついて・・・。

6・ピサ・エンパイアに
 

「一緒に遊ぼう!」と、走り回ります。

6・ピサ・あそぼうよ
 

「ねえねえ!」

6・ピサ・ねえねえ2
 

「一緒に走ろう!」

6・ピサ・走ろう
 

競走が大好きなピサちゃん。

6・ピサ・駆ける
 

遠くにいたハーツちゃんのところへ、再び走っていき、アピール。

6・ピサ・またハーツの前に
 

不思議なようで、とてもわかりやすい、末っ子ピサちゃんでした。


関連タグ : ヴィクトワールピサ, ハーツクライ, エンパイアメーカー,

 桜は、あっという間に満開になりました。

5・藁・桜
 

今年、桜の前の放牧地に放れていたのは、末っ子のヴィクトワールピサ牝馬。

5・藁・ピサ
 

ハーツクライ牝馬との同居が始まり、興味津々です。

5・藁・ハーツ親子
 

寝ているハーツちゃんに近付きたくて、自然と足が向きます。

5・藁・歩き出す
 

大慌てで駆けてくるお母さん。

5・藁・待ちなさい
 

「危ないから、行ったらダメ」と言われ、しぶしぶ引き上げていました。

どちらも、初めての子育て。

5・藁・あれ
 

母のそばにいるハーツちゃんに対して、行動力があるピサちゃんは、つい笑ってしまう存在です。

放牧地の隅に連れて行かれ、そこでまたシルエット親子と柵越しの対面。

5・藁・再びシル
 

「背中がかゆいんだよね・・・」と、ゴリゴリ。

5・藁・ゴリゴリ
 

面白いので、近くまで行ってみました。

早速、やって来たシルエットとノヴェリスト牡馬に、にんじんをあげていると、

5・藁・ノヴェ
 

「それ、なあに?」と、ピサちゃん。

5・藁・ピサちゃん
 

お母さんもやって来て、仲の良い母娘。

5・藁・ピサ親子
 

そこへ、遠くから、シルエットのお母さんに連れられて、流星ハーツクライ牝馬と栗毛のオルフェーヴル牡馬、登場。

5・藁・栗オル登場
 

「あら、新しい顔ね!」

5・藁・隣をのぞく
 

「うわっ、あの仔、見たことない!」

5・藁・栗オルのぞく
 

栗オルくんは、例によって、釘付けでした。

黒い母馬と栗色の仔馬。

5・藁・見られている
 

新しいモノ好きの栗オルくんの観察が始まります。

5・藁・釘付け
 

しばらくすると、流星ハーツちゃんと一緒に、牧草の山に移動。

5・藁・移動
 

片付けるために、山にしてあったのですが、こういう小山こそ、仔馬たちの遊園地。

早速、前肢でかき分け、上り始めます。

5・藁・藁遊び
 

それを、ノヴェくんが、仲間に入りたそうにじっと見つめていました。

5・藁・遊びたそうなノヴェ
 

近くまで行って、ぴゅーんと戻ってきます。

5・藁・遊びたい
 

夢中で遊ぶ2頭のうち、とうとう小山を制覇した栗オルくんは、ご満悦。

5・藁・ご満悦
 

おおはしゃぎでした。

5・藁・おおはしゃぎ
 

こちらは、再び、ハーツちゃんに近付こうと試みているピサちゃん。

5・藁・こちらはピサ
 

ノヴェくんは、私が持っていたタオルをぶんぶん振り回しています。

5・藁・ノヴェくん
 

大騒ぎした後に、走り去っていった栗オルくんと流星ハーツちゃん。

5・藁・はしゃいで
 

彼らがいなくなったとたん、牧草の小山に突進していったのは、ノヴェくんでした。

「わーい!わーい!」

5・藁・いなくなったら
 

ひとり遊び。

5・藁・はしゃぐノヴェ
 

みんなと遊ぶ勇気はないけれど、順番待ちなら、得意。

その頃、好奇心旺盛ピサちゃんは、奥の放牧地の繁殖牝馬をじっと観察中でした。

5・藁・好奇心旺盛
 

仔馬たちの楽しい冒険は、まだまだ続きます。


関連タグ : ヴィクトワールピサ, ハーツクライ, ノヴェリスト, オルフェーヴル,

 桜の咲いた日、生後2週間となったヴィクトワールピサ牝馬が、放牧地に放れました。

4・外・母仔
 

緑のじゅうたんに大喜びの2頭。

ピサちゃんは、お母さんより先に駆け回ります。

4・外・走る横から
 

「あら?新顔ね」 とのぞき込む、空胎馬のグループ。

4・外・ギャラリー
 

ミケも、どこからともなく現れました。

4・外・ミケ
 

ひとっ走りして、落ち着いた親仔は、走るのをやめ、

4・外・歩き出した
 

母が夢中になって草を食べている間、ピサちゃんは、ひとり冒険中。

4・外・のぞく
 

隣の放牧地のシルエットとノヴェリスト牡馬に気付きます。

4・外・向こうにノヴェ
 

「あら、元気?」

4・外・あら
 

母親どうしは、顔見知り。

楽しそうに動き回るピサちゃんに、

4・外・ピサちゃん
 

ノヴェくんは釘付けでした。

4・外・だれ?
 

そして、彼女の行動力に刺激を受けたのか、私の帽子をかじりとると、ブルンブルン。

4・外・ノヴェ
 

振り回して、派手に遊び始めます。

4・外・楽しい
 

「たっのしーい!」

4・外・面白い
 

勢いよく立ち上がる姿は、小さい頃の母・シルエットそっくり。

4・外・立ち上がる
 

安心して草を食べている母の横で大騒ぎした後、

4・外・いえい
 

ポトンと帽子を落とし、

4・外・落として
 

今度は、かけっこの誘い。

4・外・駆ける
 

「あそぼ!あそぼ!」と、駆け回った後、

4・外・あそぼ
 

再び、落とした帽子を拾って、振り回していました。

4・外・ノヴェ再び帽子
 

そんなノヴェくんをじっと観察しているピサちゃん。

4・外・観察
 

刺激を受けて、こちらもまた、ルンルン気分で、走り回ります。

4・外・るんるん
 

柵越しながら、なんだか、とても気が合いそうな2頭でした。





関連タグ : ヴィクトワールピサ, ノヴェリスト,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。