ハーツクライ’15♀2

ここでは、「ハーツクライ’15♀2」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

 1歳牝馬の中で、最初に移動することになったのは、ハーツクライ牝馬。

その出発の朝、放牧地へ行くと・・・。

10・ハー・遠景
 

奥の方にいた5頭のうち、ダイワメジャー牝馬らが顔を上げ、動き始めました。

こちらに向かって来るメジャーとElusiveQuality牝馬。

10・ハー・メジャ来る
 

残りの3頭は、まだ食事中。

10・ハー・3頭
 

早々と、メジャーがやって来て、

10・ハー・めじゃ
 

イルーシヴが来た頃、後ろの3頭も動き出し、

10・ハー・イルーシヴ
 

まずオルフェーヴル牝馬。

10・ハー・オル
 

そして、ハーツクライ牝馬の2頭と続きました。

10・ハー・ハーツ2頭
 

みんなが揃ったところで、厩舎へ。

10・ハー・集合
 

ハーツにとっては、これが仲間との最後の放牧となりました。

10・ハー・厩舎へ
 

蹄の手入れをして、馬房へ。

10・ハー・手入れ
 

飼い葉を食べ終わった頃、再び、1歳厩舎へ行くと、窓から顔を出して来ます。

10・ハー・窓から
 

遠くから聞こえてきた馬のいななきに反応して、耳をピン!

10・ハー・声に反応
 

きりっとした顔は、賢そう。

10・ハー・きりっと
 

朝日が照り始め、ますます美しく輝く、その姿。

10・ハー・太陽
 

イチョウの葉は、まだ青々と茂っていました。

10・ハー・まだ青い銀杏
 

この時間に、2月生まれオルフェーヴル牡馬の馴致が始まったので、ロンギ場へ。

10・ハー・オルフェ
 

もう何度か練習しているので、落ち着いています。

10・ハー・隙間から
 

大きな体を生かし、のびのびと周回していました。

10・ハー・ロンギ
 

今度は、ロングレーンを取り付けて。

10・ハー・緊張しつつ
 

常歩から速歩、駈歩。

10・ハー・ロープ
 

物覚えが良く、無駄な動きがありません。

10・ハー・出る
 

シャワーで汗を流し、また馬房に戻りました。

10・ハー・シャワー
 

そして、午前11時前。

仲間たちが、再び放牧に出る前に、ハーツの出発準備が始まります。

10・ハー・出発前
 

とても静か。

10・ハー・最後の
 

体重は、440㎏前後。

10・ハー・横から
 

馬運車には、勢いよく向かっていくと、スッと乗り込んでくれました。

10・ハー・勢いよく
 

いななきの聞こえる馬運車の後を追い、

10・ハー・出発
 

母や半弟のいる放牧地へ。

10・ハー・弟
 

マイペースな弟は、放牧地のど真ん中で、食事中。

彼が牧場にいるうちに、姉の活躍の知らせが届くことを祈っています。

スポンサーサイト

関連タグ : ダイワメジャー, ElusiveQuality, ハーツクライ, オルフェーヴル,

 日曜日の午後、一瞬、目が点になりました。

仲良し親子のグルーミング風景・・・・。

6・ハー・グルーミング1
 

「え?親子じゃないよー!」

仔馬は、ハーツクライ牝馬で、母馬は、エンパイアメーカー牡馬のお母さん。

「どうして?間違ってるのかな?」

遠くに見えるのが、本当のお母さん。

6・ハー・グルーミング2
 

ぐるっと反対側に回っても、まだ続けています。

6・ハー・グルーミング3
 

最近、この放牧地をのぞいていなかったので、何が何だかわかりません。

以前から、こんなことをしていたのでしょうか。

ハーツ母さんは、知らんぷり。

6・ハー・ハーツ母
 

親子のグルーミングは、よくあることですが、他のお母さんとのグルーミングは、当歳馬ではなかなか見られません。

どちらも、牝馬。「女どうしの友情?」

しばらくすると、いったん止まりました。

6・ハー・休止
 

後方にいるのが、エンパイアメーカー牡馬。彼は、まったく気にする様子はありません。

すると、ハーツ母さんが、こちらに気付き、やって来ました。

6・ハー・母こちらへ
 

「けんかにならないかな?」と心配する私をよそに、再びグルーミングを始めるハーツちゃんたち。

6・ハー・再び
 

すぐ近くに来ましたが、ハーツ母が怒る様子はありませんでした。

6・ハー・なに?
 

新米ママさんも、すっかり慣れたようです。

気付いたハーツちゃん。

慌てる様子もなく、ゆっくりと、こちらへ。

6・ハー・こちらへ
 

そして、本当の母娘で、水飲み場の方へ移動していきました。

6・ハー・ほんとの親子
 

不思議な時間でした。

こちらは、ヴィクトワールピサ牝馬親子。

6・ハー・ピサ親子
 

みんなが、水飲み場の方へ移動すると、とにかく仲の良い群れの様子が伝わってきます。

6・ハー・仲良し
 

集団で子育てしているような感覚でしょうか。

エンパイアメーカー牡馬とヴィクトワールピサ牝馬が、勢いよく走っていき・・・・。

6・ハー・エンパイアたち走る
 

戻ってきたエンパイアくん。

6・ハー・エンパイア来る
 

そして、ピサちゃん。

6・ハー・ピサ来る
 

どちらも換毛中で、もこもこしています。

ハーツちゃんも、遊びに来ました。

6・ハー・ハーちゃん
 

エンパイアくんの相手をしていると、

6・ハー・エンパイア
 

横から近付いて、くんくん。

6・ハー・接近
 

目を見開いて、威嚇します。

6・ハー・威嚇
 

立ち上がって、「私の方が強いわよー!」

6・ハー・立ち上がって
 

肝心の顔は、牧柵で隠れてしまいましたが、ハーツクライ産駒らしく、とても強気な女の子。

よそのおばさんとグルーミングしてみたり、友達を威嚇してみたり、かなり個性的な、不思議少女ハーツちゃん。

この先も、注目の存在となることでしょう。

関連タグ : ハーツクライ, エンパイアメーカー, ヴィクトワールピサ,

 3月末から4月にかけて生まれた5頭の仔馬たち。

初産の母が2頭もいるため、今は、3組・2組に分かれて放れています。

その3組のグループ。

生まれて1ヵ月が過ぎたエンパイアメーカー牡馬は、穏やかな性格で、人にはよく馴れましたが・・・。

5・末・エンパイア来る
 

ハーツクライ牝馬が近付いてくると、

5・末・ハーツ来る
 

さっと移動してしまいました。

5・末・エンパイア警戒
 

小さい時に、ハーツ母さんから威嚇されたことがあるせいか、とても用心深いのです。

それぞれの親は、もうあまり仔馬に構わなくなりました。

それでも、なんだか怖いのでしょう。

ハーツちゃんも、同じように、慎重派。

無理に追いかけることはせず、人間に、「遊ぼう!」とやって来ます。

ハーツ産駒らしく、お転婆。

力を持て余しているらしく、ぴょんぴょん尻っ跳ねして、行ってしまいました。

5・末・ハーツ戻る
 

末っ子のヴィクトワールピサ牝馬は、昼寝中。

5・末・ピサ昼寝
 

また、ハーツちゃんが戻ってきました。

5・末・またハーツ
 

私と遊びたくて、服の袖を思い切り引っ張った後、すっ飛んでいきます。

5・末・遊びたくて
 

顔をぶんぶん振りながら、駆けていき、

5・末・ぶんぶん
 

すぐに、こちらへ。

5・末・戻ってくる
 

「みんなで遊んだら?」

そう思っても、なかなか簡単にはいきません。

色々な性格の仔がいるのです。

寝ていたピサちゃんが起きてきました。

5・末・ピサ起きた
 

こちらは、かなり好奇心旺盛な方ですが、接近する勇気がありません。

5・末・遠巻きに
 

再び、エンジン全開のハーツちゃん。

5・末・活発ハーツ
 

仲間になるには、もう少し時間が必要でしょうか。

5・末・ハーちゃん
 

先ほどから、遠くに行っていたエンパイアメーカー牡馬が、何かにびっくりして駆けてきました。

5・末・駆けてくる
 

まだ、少し微妙な距離感のある、母馬たち。

5・末・微妙な関係
 

ピサちゃん。

5・末・ピサ
 

エンパイアくん。

5・末・タンポポエンパイア
 

ここはまだ、のんびりとした時間が流れています。


関連タグ : エンパイアメーカー, ハーツクライ, ヴィクトワールピサ,

 今年、初めてハーツクライ牝馬を産んだお母さん。

4・ハー・来ようとして
 

私の姿を見て、「ニンジン!」と歩き出していたのに、ハッと思い直して、踏みとどまりました。

4・ハー・思いとどまる
 

寝ている我が仔を置いてはいけません。

さすが、新米ママ。

「ん?」と、顔を上げたハーツちゃんは、また気持ち良さそうに昼寝。

4・ハー・ん?
 

再び起きた時に、「はいはい!」と、母はすぐ顔を寄せてくれました。

4・ハー・はいはい
 

面倒見の良いお母さんです。

4・ハー・授乳
 

そのくせ、子どもは、マイペース。

母が「行くわよ」というふうに声をかけて歩き出しても、知らん顔。

いつも、自分のしたいように、行動しています。

4・ハー・マイペース
 

「だって、お父さんの仔だもん!」

4・ハー・顔
 

バケツの中の水遊びが好き。

4・ハー・バケツ
 

気が付けば、いつも、こんなに母との距離があり、やることもバラバラ。

4・ハー・我が道を行く
 

グループ放牧が始まった時のことが、思いやられます。

さすがに、ハーツちゃんが駆け出した時は、お母さんも心配そうにあとをついていっていました。

4・ハー・走る
 

久々に走るので、「なんだか、気持ちいい!」

4・ハー・久々に
 

ヤッホー。

4・ハー・親子で
 

我が仔のおかげで、気分もリフレッシュ。

4・ハー・一緒に
 

初めての子育てを頑張っています。

こちらは、パドックで眠そうなお母さんと一緒の、ノヴェリスト牝馬。

4・ハー・ノヴェ牝
 

青草の生えていないパドックでは、とても暇でしょう。

誕生日が1日違いのエンパイアメーカー牡馬は、乾草をもぐもぐ。

4・ハー・エンパイア
 

時折、スッと駆け出します。

4・ハー・エンパイア牡
 

徐々にヒートアップしてきて、パドック中を走り始めたものだから、お母さんもびっくり。

4・ハー・母もびっくり
 

「落ち着きなさい!」と横で怒っていました。

母の種付けに出発する直前の流星ハーツクライ牝馬も見守ります。

4・ハー・種付け前
 

ノヴェちゃんは、バケツ遊び。

4・ハー・ノヴェちゃん
 

生後1週間に満たない仔馬たちは、かわいい盛りです。


関連タグ : ハーツクライ, エンパイアメーカー, ノヴェリスト,

 3月27日の午前10時に、父ハーツクライの牝馬が、誕生しました。

出産予定日からは、8日遅れ。

母馬が、放牧地をせわしなく歩いていたため、馬房に入れたところ、間もなく破水したそうです。

私は外出中だったので、その場に立ち会うことが出来ませんでした。

メールを受け取り、「あー、残念!」

母馬は、初めての出産。

繁殖牝馬としては、なかなか難しいタイプで、牧場にやって来てから3シーズン目で、やっと出産にこぎつけました。

ここまでの長い道のりを思うと、喜びもひとしお。

初仔なので心配した最初の育児もしっかりこなし、すっかり母の顔になった生後3日目の今朝。

暖かいので、裸ん坊でパドックに出たハーツちゃんです。

3・ハー2・いきなり
 

とにかく元気いっぱい。

3・ハー2・顔
 

顔に目立った特徴はありませんが、12日早く生まれた、同じハーツクライ産駒の牝馬によく似ています。

立ち上がったり、

3・ハー2・元気いっぱい
 

走り回ったり。

3・ハー2・走る
 

お母さんにニンジンをあげていると、近くまでやって来て、鼻をくんくんさせていました。

3・ハー2・親子
 

「ちょっとぉ!こっちにも、ちょうだいよ」と、隣のパドックで前掻きをするシルエット。

3・ハー2・シルエット
 

シルエットにニンジンをあげ、再び後ろを振り返ると、早くもバケツの水に興味を示しているハーツちゃん。

3・ハー2・バケツ
 

ハーツ産駒らしく、好奇心旺盛で、しっかり者のようです。

3・ハー2・バケツの横で
 

こちらは、母と一緒にくつろぐ、大きな流星のハーツちゃん。

3・ハー2・ハーツ牝
 

さて、放牧地では、新たなグループ放牧が始まりました。

栗毛のオルフェーヴル牡馬とエイシンフラッシュ牡馬。

3・ハー2・栗オルとフラッシュ
 

まだ互いに距離をとっているので、これからの進展が興味深いところ。

パドックに戻ると、馬服を脱いで、嬉しそうなノヴェリスト牡馬が、生き生きと動いていました。

3・ハー2・ノヴェ
 

3・ハー2・ノヴェ2
 

母がしたばかりの新鮮な糞を食べるノヴェくん。

3・ハー2・ボロ
 

これは珍しいことではなく、仔馬はこのようにして、牧草を消化するために必要な微生物を、体内に取り込んでいるといいます。

3・ハー2・食べる
 

どの仔もみな、少しずつ成長を続けています。

3・ハー2・ひょいひょい
 



関連タグ : ハーツクライ, エイシンフラッシュ, オルフェーヴル, ノヴェリスト,