オルフェーヴル’15♀

ここでは、「オルフェーヴル’15♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・05-21  ※自然にもぐもぐ
 ・05-20  ※眠気に誘われ
 ・05-18  ※タンポポの季節
 ・05-17  ※栗毛のオルフェーヴル牡馬が誕生
 ・05-04  ※今年の桜

 8日に、1歳ハーツクライ牝馬が、育成牧場へ向けて出発。

9・ハーツ・馬運車へ
 

癖のない扱いやすい馬でしたが、馬運車乗車に関しては、”断固拒否”。

みんなが見守る中、かなりの時間をかけて、やっと乗っていきました。

9・ハーツ・見送る友達
 

馬体重470㎏台まで大きく成長したハーツちゃん。

調教を積み、1年後には、競馬場に姿を見せてくれることを願っています。

そして、離乳から3日が経過したオルフェーヴル牝馬は、まだ時折、母を思い出しているようでした。

9・ハーツ・オルフェちゃん
 

みんなから離れ、てくてく歩き出したと思ったら、

9・ハーツ・てくてく
 

向かうのは、やはり、母が去っていった出口。

9・ハーツ・出口へ
 

ここから、母が戻ってくるのではないかと、何度ものぞきに行きます。

しばらくすると、あきらめたように、みんなの中に戻るオルフェちゃん。

4頭で草を食べていると、突然草むらから物音がして、ビクッ。

9・ハーツ・物音がして
 

移動を始めました。

9・ハーツ・みんなで
 

リーダーとなる母馬がいなくなった後、仔馬たちは、自分の力で、我が身を守っていかなくてはなりません。

群れとして、小さな力を結束する、仔馬たち。

9・ハーツ・群れとして
 

そんな中、また、ふと立ち止まり、母を捜そうとするオルフェ。

9・ハーツ・ふと
 

「どこに行っちゃったのかなぁ・・・」

9・ハーツ・どこ?
 

オルフェくんは、また、一緒に捜してくれます。

9・ハーツ・オルフェと
 

残されたクロフネ牡馬とダイワメジャー牝馬は、なんとなく寄り添い歩くようになりました。

9・ハーツ・クロフネ&メジャ
 

それでも、草を食べるうちに、だんだんとバラバラになり、静かな朝が戻ってきます。

9・ハーツ・やがて
 

空には、秋らしい、うろこ雲が広がっていました。

9・ハーツ・朝の鱗雲
 

ゴロゴロ背中をこするのは、メジャーちゃん。

9・ハーツ・メジャ
 

こちらに気が付いたオルフェちゃんは、

9・ハーツ・オルフェ
 

オルフェくんと共に、細切りニンジンをおいしそうにガリガリ食べてくれました。

9・ハーツ・ニンジンちょうだい
 

少しずつ、いつもの平穏が戻りつつあります。

スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル, ハーツクライ, クロフネ, ダイワメジャー,

 最初の離乳から1週間後、オルフェーヴル牝馬の母と4頭の仔馬たちは、静かな日々を過ごしていました。

9・ロリー・5頭
 

クロフネ牡馬は、ちゃっかりオルフェ母さんのそばに行き、

9・ロリー・クロフネくん
 

「飲ませてくれないかなあ・・・」

9・ロリー・接近
 

大らかな性格のオルフェ母さんは、怒りもせず、みんなを優しく受け入れています。

ニンジンが大好きで、私の姿を見ると、すぐにやって来るお母さん。

9・ロリー・こちらへ
 

続く、4頭の仔馬たち。

そして、これが、最後のツーショットとなりました。

9・ロリー・ツーショット
 

馬見知りだったダイワメジャー牝馬も、オルフェ母さんは嫌いではありません。

9・ロリー・メジャーも
 

みんなが彼女のそばに集まってきます。

9・ロリー・オルフェも
 

何も知らないオルフェちゃんでしたが・・・。

9・ロリー・オルフェちゃん
 

別れの直前に、最後の乳をもらっていました。

9・ロリー・最後の授乳
 

秋の良く晴れた日、きっと何もかもわかっているオルフェ母さんと、仔馬たちとの最後の行進。

9・ロリー・別れ
 

ひかれるままに放牧地を出たお母さんに、

9・ロリー・行く
 

戸惑う仔馬たちの姿がありました。

9・ロリー・捜すオルフェ2頭
 

オルフェーヴル牡馬と牝馬の2頭です。

駆け出すオルフェちゃん。

9・ロリー・駆け出す
 

そして、それを追いかけるようにオルフェくんも続き、2頭で、大騒ぎ。

9・ロリー・走る
 

ダイワメジャー牝馬とクロフネ牡馬は、落ち着いていました。

9・ロリー・メジャクロ
 

出入り口付近で、母を捜す2頭をよそに、

9・ロリー・捜す2頭
 

静かに草を食べ始めます。

9・ロリー・落ち着いている2頭
 

やはり、実の母と1週間お世話になった友達の母とでは、存在感が違うようです。

それにしても、不思議なのは、オルフェくん。

まるで自分のことのように、オルフェちゃんと一緒に母を捜して、うろうろ。

9・ロリー・キョロキョロ
 

キョロキョロ。

9・ロリー・うろうろ
 

キーッとオルフェちゃんが走り出せば、

9・ロリー・キーッ
 

あとを追いかけ、

9・ロリー・走る2頭
 

必死で母を捜す友達のそばに、

9・ロリー・どこ?
 

立っていました。

9・ロリー・どこなの?
 

やがて草を食べ始めたオルフェくんを置いて、

9・ロリー・オルちゃん
 

ひとりでも母を捜しに行くオルフェちゃん。

9・ロリー・捜す
 

それでも、みんなが動き出すと、「待って」と仲間に入る、

9・ロリー・メジャー先頭で
 

健気なオルフェ。

9・ロリー・後ろ姿
 

こらえきれずに、飛び出していきました。

9・ロリー・飛び出す
 

向かったのは、やはり、母が消えた出入り口。

9・ロリー・出口へ
 

オルフェくんもまた、寄り添います。

9・ロリー・オルフェもまた
 

「どこに行ったんだろうね・・・・」

9・ロリー・ふたりで
 

どうしようもない思い。

9・ロリー・一心不乱
 

悲しい横顔。

9・ロリー・遠くを見つめ
 

その頃母は、思った通り、静かに、元の仲間たちと合流していました。

9・ロリー・母
 

彼女は、先に離乳した母たちを見て、次は自分の番が来ることを悟っていました。

それでも、その後ふとのぞくと・・・・。

9・ロリー・捜す母
 

ひとりで寂しそうに、出入り口に立っている姿も。

そして、また、隣の放牧地の遅生まれの仔馬・ハーツクライ牝馬に、

9・ロリー・よその仔を見て
 

何かを話しかけている姿も、目撃してしまいました。

9・ロリー・寂しさ
 

母にとっても、仔にとっても、辛い離乳に変わりはありません。



関連タグ : オルフェーヴル, クロフネ, ダイワメジャー, ハーツクライ,

 早い生まれの当歳4頭グループは、みんな生後1ヵ月を過ぎました。

放牧地を歩いていると、クロフネ牡馬が、お母さんと共にやって来て、いたずら開始。

4・早・クロフネ
 

かなりのやんちゃ坊主です。

そこへ、やはりお母さんと共に現れたのは、オルフェーヴル牝馬。

私と遊んでいると、徐々にクロフネくんが近寄ってきたので、「なに?」

4・早・オルフェ牝のところへ
 

不満そうに耳をしぼると、

4・早・オルフェちゃん
 

「こらっ!あっちに行ってー!」

4・早・怒る
 

と、飛び出していきました。

男の仔には、かなり強気な女の仔です。

それでも、あまり逃げないクロフネくんに、イラッと来たようで・・・・。

4・早・逃げない相手に
 

「あっち行ってって言ったでしょ!」

4・早・こら
 

相手をしてくれるのが嬉しくて、クロフネくんが立ち上がると、

4・早・クロフネ逆襲
 

「やったわね!」と、応戦。

4・早・やったわね
 

ふん!と、怒ったように向こうを向いてしまいました。

4・早・ふん
 

そこへ、今度は生後2ヵ月となったオルフェーヴル牡馬、登場。

「何か、やってる!楽しそう」と、やる気満々で歩いてくると、

4・早・オルフェ参入
 

オルフェちゃんも寄ってきました。

仲良しオルフェ兄妹。

4・早・オルフェ&オルフェ
 

けれども、「ねえねえ」と、オルフェくんが活発に動き出すと、「うわっ、やだやだ」

4・早・ねえねえ
 

大きくてやんちゃなオルフェくんは、最近ますますパワーアップしているので、まともに相手をしたくはありません。

走ると、なぜか遠巻きに見ていたクロフネくんも割り込んできて、

4・早・3頭
 

オルフェくんは、私のところへ戻ってきました。

4・早・ごちゃごちゃ
 

「ちょっと!女だからって馬鹿にしないでよ!」 とばかりに、空中で飛び回ってみせるオルフェちゃん。

4・早・オルフェちゃん空中
 

得意の尻っ跳ねで、クロフネくんを蹴散らします。

4・早・しっぽが
 

この間、一度も登場しないダイワメジャー牝馬はといえば、放牧地のすみっこで寝ていました。

4・早・メジャ昼寝
 

再び、オルフェくんのところに戻った、オルフェちゃん。

ずっと、私の服の袖を引っ張って遊んでいたオルフェくんに、近付きます。

4・早・再びオルフェ
 

試合、開始。

4・早・やるぞ
 

「今度は、負けないぞ!」

4・早・負けられない
 

またふたりで遊び、散り散りに分かれていきました。

オルフェくんが、お母さんのところへ戻ったのに対し、オルフェちゃんは・・・・。

遠くの方でひとりで寝ていたクロフネくんに、静かに近付いていきます。

4・早・寝ているクロフネに
 

「起きないかなぁ。起こしちゃおうかな?」

4・早・寝ているクロフネに2
 

周りでうろうろ。

お母さんがおいしい草を求めて動き出したので、一緒に飛び出していったオルフェくん。

4・早・オルフェ飛び出す
 

早速、この愉快な2頭に気が付き、目をつけます。

4・早・参加
 

参加しようと近付くうちに、気配に気づいたクロフネくんが、飛び起きて、

4・早・おっと
 

さっと逃げてしまいました。

実はこれまでも何度か一緒に遊んだことがあり、大きいオルフェくんにはかなわないことを知っているのです。

「あれー」

4・早・あら?
 

しばらくすると、クロフネくんから再びちょっかいを出されたオルフェちゃんが、「あなたってさぁ、生意気よ!」

4・早・生意気だわ
 

広い放牧地に移り、自由に動き出した仔馬たちの会話が、どんどん聞こえてくるようになりました。


関連タグ : オルフェーヴル, クロフネ, ダイワメジャー,

 生後13日目のオルフェーヴル牝馬が、グループ放牧に入りました。

もちろん、子煩悩なダイワメジャー牝馬母さんがいる、放牧地。

3・試練・メジャー親仔
 

天真爛漫で無邪気なオルフェちゃんは、早速、身近にいたオルフェーヴル牡馬に、興味津々。

3・試練・オルフェちゃん1
 

ちょっとずつ接近します。

3・試練・接近
 

相手になんの反応もないので、「やーめた」と、引き返すオルフェちゃん。

3・試練・やーめた
 

オルフェくんは、どうやら眠いようで、その場にちょこんと座ってしまいました。

お母さんは、彼を気にする様子もなく、オルフェちゃんのお母さんのところへ。

3・試練・オルフェ母向こうへ
 

実は、出産前から、仲が良かった2頭。

「あれー?」

3・試練・あれ
 

母が遠くに行ったことに気付いたオルフェくん。

「置いていかないでよ!」と立ち上がり、

3・試練・置いてかないで
 

母の元へ。

3・試練・母の元へ
 

「あ、さっきの仔、来た!」と、振り返るオルフェちゃん。

3・試練・あ、来た
 

仲良くできるかな・・・と思って見ていたら、オルフェくんのお母さんに、「ちょっと、どきなさい!」と、突かれてしまいました。

3・試練・ちょっとどきなさい
 

賢明なオルフェちゃん母は、さっと移動。

3・試練・一応移動
 

私の姿に気付き、「ニンジン、ニンジン」と、歩いてきました。

3・試練・いたいた
 

「あそぼ!」

3・試練・あそぼ
 

明るい顔が、柵の間から出て来ます。

しばらく、一緒に遊び、その後、シルエットやクロフネくんの放牧地を見て回り、再び、ここへ戻ってきた時のことでした。

3・試練・シルエット
 

お母さんのそばを離れて、ひとりで遊んでいたオルフェちゃんを、メジャー母さんが発見。

3・試練・オルフェちゃん2
 

「こらっ!うちの仔の前で、何してるの!」

3・試練・こら
 

究極の怒り顔。

大急ぎで、逃げるオルフェちゃん。

「あっ!!」

3・試練・助けて
 

大声で、自分のお母さんを呼びました。

聞こえているはずなのに、オルフェちゃんのお母さんは、無反応。

振り向きもしません。

自力で逃げるしかないオルフェちゃん。

とにかく走りました。

走って、走って、やっと、お母さんを見つけ・・・・。

3・試練・お母さん見つけた
 

一件落着。

「うわー、なんだか大変そうね」

3・試練・ギャラリー
 

隣で、これから出産を控えた牝馬が、一部始終を見学していました。

母と共に、こちらへ移動してくるオルフェちゃん。

3・試練・しょんぼり
 

なんだか、しょんぼり。

グループ放牧初日で、早速、馬社会の厳しさを学んだのでした。


関連タグ : オルフェーヴル, ダイワメジャー, クロフネ,

 3月4日午後6時25分、父オルフェーヴルの牝馬が誕生しました。

外出していた私が、「肢が出ている(母馬の陰部から仔馬の前肢が出ている)」と電話をもらって、戻ってきた時にはすでに生まれていただけでなく、着替えをしている最中に、もう立ち上がっていたという、元気な仔。

誕生から起立まで、わずか30分でした。

2日前に生まれたダイワメジャー牝馬の起立が遅かっただけに、みんな「楽だー!」と、ニコニコ笑顔。

15分くらい馬房内を歩き回った後、再び、コロンと座ったので、撮影。

3・オル・誕生
 

毛色は、どうやら、またしても鹿毛。

母馬は、その仔馬の濡れた体を優しくなめてあげていました。

3・オル・母なめる
 

自然に乳も吸い始め、一晩が明けます。

生後1日目。

厩舎の外側から、そっとのぞくと、オルフェちゃんも、興味津々。

3・オル・1日目
 

フレーメン。

3・オル・フレーメン
 

先月生まれたオルフェくんも、よくする仕草。

何か理由があるのでしょうか。

まだ小さいのに顔を出し、手をなめるなど、やはり彼女もフレンドリーな性格でした。

3・オル・外からのぞくと
 

廊下側に回って、様子を観察します。

3・オル・廊下から
 

生まれて1時間半後くらいには、ひょいひょい跳ねていた彼女。

この日も、活発に動いては、コロンと眠っていました。

3・オル・すやすや
 

生後2日目。

母馬が、狭いところが苦手な性格のため、ストレスをためないように、早めにパドックに出されました。

見に行くと、乾草をくわえたまま、早速、フレーメン。

3・オル・今日もフレーメン
 

「なあに」と、見つめてきます。

3・オル・なあに
 

大きくて、きれいな扇形の星。

母馬が歩いてくると、一緒に来て、柵の間から顔をのぞかせてきました。

3・オル・柵から
 

またもや、フレーメン。

3・オル・またフレーメン
 

ふわふわの産毛を触ると、嫌がりもせず、逆にぐいぐい顔を出してきます。

まだ歯が生えていないので、噛まれても痛くありません。

ふにゃふにゃの鼻先は、温かくて、なんともいえない感触。

3・オル・横顔
 

「今日は、おとなしいかな」と、思っていたら、次第にエンジンがかかってきました。

エイッ!

3・オル・えい
 

ポーズ。

3・オル・きりり
 

ハッ!

3・オル・ハッ
 

何かしたくて、自然に体が動いてしまう、といったところ。

初めて牝馬を産んだお母さん。

3・オル・母と
 

「今年は、少し、楽できるかな」と期待していますが、お父さんがお父さんだけに、どうなることでしょう。

上空高く、北帰行の近付いたオオハクチョウが、声をかわしながら、飛んでいきました。

3・オル・白鳥
 




関連タグ : オルフェーヴル, ダイワメジャー,