オルフェーヴル’15♂

ここでは、「オルフェーヴル’15♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

 ハーツクライ牝馬が移動した翌日、4頭となった1歳牝馬たちを訪ねました。

10・イル・遠景
 

気の合う友達がいなくなり、少し寂しげな流星ハーツクライ牝馬。

グルーミングしているのは、ElusiveQuality牝馬とオルフェーヴル牝馬。

真ん中には、ダイワメジャー牝馬。

夕日が雲に隠された時、勢いよく走り出しました。

10・イル・走る
 

元気のいい面々。

10・イル・3頭
 

水たまりもなんのその。バシャバシャと音を立て、前進して来ます。

10・イル・水しぶきを上げ
 

くるっと向きを変えると、こちらへ、まっしぐら。

10・イル・メジャ
 

突進されるのではないかと一瞬身構えますが、上手にくるりと回っていきました。

10・イル・イルーシヴ
 

尻っ跳ねをして、絶好調なのは、イルーシヴ。

10・イル・しっぽ
 

みんなは、少し起伏のある放牧地を、思い思いに駆け回り、

10・イル・奥
 

先頭に躍り出たり、抜かれたり。

10・イル・4頭
 

ターフを走る馬たちのように、時折、本気の勝負を見せてくれました。

10・イル・オル
 

ようやく、集合。

10・イル・元気
 

大好きなニンジンに、舌鼓。

10・イル・ニンジン
 

雲に隠れていた夕日がまた顔を出すと、今度は静かに遊び始めました。

10・イル・夕暮れに
 

4月から、まる半年間預かったイルーシヴは、その次の日に、出発。

10・イル・顔
 

この窓から顔を出し、「ニンジンちょうだい!」と、しつこく前掻きする、小悪魔的な女の仔でした。

馬体重は、450㎏前後。乗り慣れた馬運車には、躊躇なく乗車。

10・イル・馬運車へ
 

そして、4日後の今日は、2月生まれのオルフェーヴル牡馬。

10・イル・オル牡
 

初期馴致を頼まれていたため、スタッフを乗せて、運動することまでを覚えました。

10・イル・乗せ
 

体型的にも、動き的にも、とても乗りやすいそうです。

10・イル・前
 

母と父の良いところを、バランスよく引き継ぎ、新たな一歩を踏み出すオルフェ。

10・イル・颯爽と
 

ウィナーズサークルで、再会できることを祈っています。

10・イル・出発
 



スポンサーサイト

関連タグ : ElusiveQuality, ダイワメジャー, ハーツクライ, オルフェーヴル,

 離乳組は、オルフェ事件の後も、夜間にかけて放牧が続けられました。

狭い馬房に入れておくより、放牧地で仲間と共に過ごした方が良いという判断。

寂しそうな鳴き声が、時折、暗闇から響いてきていました。

次の朝、天気予報では午後から雨とのこと。

馬たちは、雨が降り出してから厩舎に入れることとなり、そのまま放牧地に。

母馬は、乳が張って気になるのか、我が仔を捜すように歩いていました。

9・2日目・母たち
 

「ん?誰だろう?」

9・2日目・ん?
 

歩いてくるオルフェーヴル牡馬の母。

9・2日目・オルフェ母さん
 

ニンジンをあげれば、嬉しそうにボリボリ。

それでも、すぐ我に返り、またいそいそと歩いていきます。

まだ、あきらめきれません。

こちらは、オルフェーヴル牝馬の母と、4頭の仔馬たち。

9・2日目・仔馬たち
 

寂しそうに寄り添っている3頭の中から、ダイワメジャー牝馬が、まず動き出しました。

9・2日目・メジャーちゃん
 

クロフネ牡馬や、オルフェくんも続きます。

9・2日目・オルフェ&クロフネ
 

「あれ?誰か来た!」

9・2日目・オルフェくん
 

もしや母が・・・とでも思ったのでしょうか。

9・2日目・気付く
 

私の姿に気付いたオルフェくんは、速歩でやって来ました。

9・2日目・来る
 

続いて、メジャーちゃんも。

クロフネくんは、オルフェちゃんと一緒に、じっと立っています。

9・2日目・オル&クロ
 

「なんだ。お母さんじゃないの?」

9・2日目・メジャ
 

様子を伺っているクロフネくん。

9・2日目・クロくん
 

オルフェとメジャーは、悲しそうに帰っていきます。

9・2日目・後ろ姿
 

「どこにいったのかなぁ・・・・」

9・2日目・遠く
 

休んでいるオルフェちゃんの前を通過するオルフェくん。

9・2日目・オルフェ&オルフェ
 

やっぱりあきらめきれず、

9・2日目・あきらめきれず
 

また、こちらへ。

9・2日目・再び
 

今度は、メジャーちゃん、クロフネくんも。

9・2日目・再び2
 

「ねえ、ねえ。母さんは?」

9・2日目・ねえ
 

「戻って来ないの?」

9・2日目・クーちゃん
 

そして3頭で、また静かに歩いていきました。

9・2日目・戻っていく
 

誰もいない静かな朝の厩舎。

9・2日目・ミケ
 

猫のミケの小さなシルエットが、寂しさを誘いました。


関連タグ : オルフェーヴル, ダイワメジャー, クロフネ,

 9月1日、いよいよ今年の”離乳”開始。

当歳馬たちは、この日も夜間放牧をしていたため、朝のうちは厩舎で休み、午前10時半頃から、再び外に出ました。

最初に放れたキングヘイロー牡馬とその母が、遠くで走る1歳馬たちを見て、駆け回ります。

9・走る・ヘイロー
 

母とそっくりなヘイローくん。

その後放れた仲間たちと共に、元気よく走っていました。

9・走る・遅生まれ
 

さて、こちらが、今回”離乳”する早生まれグループ。

9・走る・放牧
 

遅生まれたちとは違い、静かに草を食べ始めます。

ダイワメジャー牝馬と母。

9・走る・メジャ親子
 

とにかく仲の良い親子でした。

オルフェーヴル牡馬と母。

9・走る・オルフェ親子
 

自由なオルフェくんと気ままなお母さん。

クロフネ牡馬と母。

9・走る・クロフネ親子
 

離乳に備えて、久々に無口がつけられた、クロフネ母さん。

30分程後に親子の別れがやって来るため、最後の姿をおさめておこうと、意気込んでいたところ・・・・。

クロフネくんが、いきなりゴロン。

9・走る・クロフネくん
 

「何してるの?」と寄ってくる、オルフェくんにもかまわず、

9・走る・何してる
 

気持ち良さそうに、ひとりでゴロゴロ背中を掻いていました。

9・走る・ごろごろ
 

数分経った後、「よっこらしょ!」と、立ち上がると、

9・走る・よっこら
 

みんなのところへ、猛ダッシュ。

9・走る・しょ
 

元気で、いつも面白い行動をとってくれます。

穏やかなメジャーちゃん。

9・走る・メジャ
 

そっと私に近付き、じっとしている甘え上手。

でも、ふと、母を見失うと、「あれ?どこ行った!」

9・走る・あれ?
 

「いた!いた!」

9・走る・いたいた
 

体は人一倍大きいのに、グループ一番のママっこです。

こちらは、クロフネとオルフェ2頭の仲良し3頭グループ。

9・走る・仲良し
 

青空の放牧地には、普段と変わりない空気が流れていました。

9・走る・みんなで
 

そこへ、「あれ?」

9・走る・あれ
 

突然現れたリーダーとスタッフの姿を最初に見つけたのは、クロフネ母さん。

私は、出入り口の開け閉め役だったため、この後、移動して、みんなが来るのを待ちます。

9・走る・いよいよ
 

しっかりと母のそばを歩くメジャーちゃんを止め、なんとか3頭の母馬のみを外へ出しました。

去っていく母3頭。

9・走る・去っていく3頭
 

「え?どうしたの?」

9・走る・え?
 

やはり、一番びっくり顔だったのは、メジャーでした。

「私を置いていかないでー!」

続いて、クロフネくんも、母の姿を追います。

9・走る・うそ
 

「うわー!何があったの?」

9・走る・なぜ?
 

駆け出し始める2頭。

こちらは、オルフェ2頭。

9・走る・オルフェ組
 

オルフェちゃんのお母さんだけが、彼らが落ち着くまでの子守り役として残されたため、ポカンとしています。

必死のメジャーちゃんに対し、

9・走る・メジャー顔
 

「何やってるの?」と、少し間のあったオルフェくんでしたが・・・・。

9・走る・オルフェぽかん
 

クロフネくんの形相を見て、とうとう事の次第に気付いたらしく、

9・走る・クーちゃん
 

走り出します。

9・走る・騒がしい3頭
 

たった1頭、母のいるオルフェちゃんが、「ねえねえ」と近付いても・・・・。

9・走る・オルフェねえねえ
 

まったく目に入らなくなってしまいました。

9・走る・オルフェ気付く
 

土煙を上げ、疾走。

9・走る・土煙をあげ
 

オルフェちゃん母が動き出すと、その周りを、四方八方、やみくもに動く3頭。

9・走る・オル牝母の周りで
 

「お母さん、いない!」

9・走る・オル
 

「どこだよ!」

9・走る・クロ
 

心配そうに見守るのは、オルフェちゃん。

9・走る・オルちゃん
 

再び出入り口の方へ戻ってきた面々を、

9・走る・来る
 

見守るオルフェちゃん。

9・走る・見守るオルフェ
 

3頭のけたたましい声が、響き渡ります。

9・走る・クロフネ顔
 

どれくらい時間が経ったでしょうか。

オルフェちゃんのお母さんが歩き出したのに合わせ、みんながそれについていきました。

9・走る・みんなで移動
 

ぺったり。そして、ひと段落。

9・走る・オルフェちゃんぺったり
 

子守り役も2年目となり、何もかもわかっているかのようなオルフェちゃん母さんに後を任せ、今度は、母馬たちの放牧地を訪ねます。

意外と静かでした。

9・走る・ゆったり
 

どの馬も、子育てベテラン域に入ってきて、自分の置かれた状況について、わかってきているようです。

それでも、納得しきれずに、時折、鳴く姿も。

9・走る・いななく
 

「今年も、始まってしまったなぁ・・・」

そんなふうに、ため息をつきながら、家に戻って数分が経った頃・・・・、牧場史上初、思いもよらない事件が起こりました!

隣から何かを叫ぶ声にハッとして、急いで玄関を開けると、目の前に、走ってくるオルフェくんの姿!

「えー?ど、どうした?」

突然の事態に、どぎまぎ。

オルフェくんが放牧地を飛び出し、母を捜して、家の前まで走って来たことだけは、見てわかりました。

「どうやって、出たの?」と考えるよりも、彼を無事に保護することが先決。

町道に飛び出して行ったら・・・と身震いしながら、昼休み中のスタッフみんなに電話をかけようと、ポケットを探っているうち・・・、騒ぎに気付いた母馬たちが、オルフェくんの声に反応して、一斉に鳴き出しました。

大喜びのオルフェくん。

別れたばかりの母を見つけて、一心不乱に、駆け寄っていきます。

ブブブブブブ!

あの姿は、決して忘れません。

母のいる放牧地の柵越しを、行ったり来たり。

母も、仲間の母たちも、本当に嬉しそうでした。

こうして、電話を受けて急いで駆け付けたスタッフが、無事オルフェくんを確保。事なきを得たのです。

すり傷一つなし。どうやって脱走したのかが、最大の疑問でしたが、この後、彼をどうするかという問題があり、用事で街に出ていたリーダーに連絡。

「みんなのところに、戻して」

「え?大丈夫?また出るんじゃないの!」

様々な意見が飛び交いましたが、結局、元いた放牧地に戻すことになり・・・・。

力いっぱい母のところへ帰りたがるオルフェをなんとか放牧地の出入り口まで連れて行くと、そこには、残された友達3頭とオルフェちゃん母さんの姿。

みんな、出口で首を揃えて、オルフェくんの帰りを待っていたのでした。

その姿に、また感動・・・・。

元の場所へ戻ったオルフェくん。

その後は、心配したほど走り回ることもなく、みんなと一緒に行動。

帰って来たリーダーの、「やっぱり、オルフェだね・・・」の一言に、妙に納得してしまいました。

予想だにしないことをやってのける・・・・それが、オルフェの仔なのかもしれません。

今さらながら、そんなことに気付き、この後に続く、ほかのオルフェ産駒に対しても、より注意を払わねば・・・と、身の引き締まる思い。

結局、牧柵等に壊れた所は見つからず、彼がどうやって放牧地を出たかについては、はっきりとわかりません。

考えられるのは、出入り口の棒の間を、うまくくぐりぬけたということ。

急ぎ、分厚いシートを用意して、出入り口部分にかけました。

わんぱくで、明るい性格のオルフェが見せた、母に対する強い愛情は、これからも心の中にしっかり刻んでおこうと思います。

考えてみれば、彼だけ、もう生後6ヵ月半。

「ちょっと、離乳のタイミングが遅かったんじゃない?」

そんな反省もしながら、ちょっとした笑い話で済んだことに、とりあえずホッと胸をなで下ろしたのでした。


関連タグ : オルフェーヴル, ダイワメジャー, クロフネ, キングヘイロー,

 生後3ヵ月を過ぎたオルフェーヴル牡馬が、元気です。

5・オル・オル&クロフネ1
 

やんちゃなクロフネ牡馬がかかってきたので、すかさず対抗。

5・オル・オル&クロフネ2
 

体をくねらせて、猛反撃に出ました。

5・オル・噛みつく
 

クロフネくんも負けてはいません。

5・オル・噛みつく2
 

2頭で、駆け回り、

5・オル・駆ける
 

エイッ!ヤー!

5・オル・駆ける2
 

放牧地の中を自由自在に、駆けていきます。

草を食むオルフェーヴル牝馬を見つけた、オルフェくん。

5・オル・オルフェみっけ
 

後ろから襲いかかり、

5・オル・後ろから
 

今度は、ダイワメジャー牝馬のところへ。

5・オル・メジャ
 

再びオルフェちゃんの横を通ると、「あっちへ行って!」と、怒られていました。

5・オル・オルフェ怒る
 

でも、それくらいで気落ちするオルフェくんではありません。

人間に気付いて、さっと駆けてくると、帽子をとって、得意顔。

5・オル・帽子
 

そのまま一回りすると、遠くへ駆けて行きました。

5・オル・走る
 

母馬たちが、草を食べているところまで行くと、

5・オル・遠くで
 

柵のところで、ごりごりと首を掻いているのが見えます。

5・オル・ごりごり
 

近寄ってみると、

5・オル・なずな
 

にょきっと伸びた、雑草のナズナを引っこ抜いて、嬉しそう。

みんなも周りに集まってきて、

5・オル・みんな集合
 

悪友クロフネくんが、「何それ?」と、顔を出してきます。

5・オル・何それ
 

横から奪い取られたオルフェくんですが、

5・オル・ちょうだい
 

オルフェちゃんがやって来たので、ニコニコ。

5・オル・オル牝来る
 

「なーんだ。おいしくないや」

5・オル・落としたの
 

クロフネくんが落とした巨大ナズナを、「なんだよ。落とすなよ!」と、もう一度拾って、かじっていました。


関連タグ : オルフェーヴル, ダイワメジャー, クロフネ,

 函館や札幌で、平年より大幅に早く、桜の開花が宣言されました。

ここ日高も、大型連休前半のうちに、開花・満開を迎えることでしょう。

空にはツバメが舞い始め、いよいよ待ちに待った爽やかな季節の到来です。

さて、2月から3月前半に生まれた、今年の早生まれ組。

奥の広い放牧地へ移ってから、しばらく経つ間に、皆、すっかり大きくなりました。

オルフェーヴル牝馬。

4・活・オルフェちゃん
 

あくまでも”ニンジン命”の母馬が、私の姿を見るなりやって来ます。

明るい性格のオルフェちゃんも、大喜び。

男たちは、ずっと向こうで、相撲。

4・活・オル&クロ
 

オルフェーヴル牡馬とクロフネ牡馬。

4・活・クロかじる
 

いつも元気いっぱい!

「あれ?来てたの?」と、向かってくるオルフェくん。

4・活・来たの?
 

さっぱりスポーツ刈り風のお兄さんとなって、登場。

力が強くなり、まともに相手をしてはいられません。

ここには、彼らの秘密の遊び場があり、いつの間にか、皆そこへ集まっています。

4・活・大好きな場所
 

以前、砂利を採取した場所。

小さな小山が、オルフェくんのお気に入り。

登って、

4・活・山登り
 

勢いよく下りて。

4・活・着地
 

枯草がぼうぼうに生えているところが、また良くて、「ここ、いいよね」と、オルフェちゃん。

4・活・いいよね
 

クロフネくんが「入れて!」と近付いてきたので、顔を上げるオルフェくん。

4・活・入れて
 

もう一度山に登って、

4・活・いいよ
 

下りると、「いいよ!入れてあげるよ」と、完全に上から目線。

4・活・仲間に入れてやるよ
 

楽しく遊び始めました。

4・活・2頭で
 

その隙に、山に登頂したオルフェちゃん。「キャハッ!」

4・活・キャハッ
 

穴を掘ったり、草をかじったり。

クロフネくんには強気なオルフェくん。

4・活・本気
 

「待てぇ!」

4・活・追いかける
 

最後は、いつも本気モードで追いかけ回します。

逃げてきたクロフネくんが、私に気付き、「あれ?」

4・活・あれ
 

引き続き、オルフェペアは、気分上々で跳ね回り・・・。

4・活・オルフェペア
 

得意のジャンプは、オルフェちゃん。

4・活・オルフェちゃんとぶ
 

仔馬たちは、誰にも邪魔されることなく、好きなように遊べるようになりました。

4・活・オルフェ&クロフネ
 

さっきまで、緑の大地でゴロンと寝ていたダイワメジャー牝馬も起きてきて、オルフェくんにあいさつ。

4・活・オル&メジャ
 

寄って来られると、まだ少し不安げなメジャーちゃん。

4・活・なあに
 

このグループの中では、唯一、人見知りな性格です。

たまには、こうして全頭が集結する時もあり、群れとして、まとまってきた早生まれグループ。

4・活・全頭一団
 

メジャーちゃんに、

4・活・メジャー
 

オルフェくん、クロフネくん、

4・活・牡馬2頭
 

オルフェちゃん。

4・活・オルフェ寝る
 

これから、どんな展開が待っていることでしょう。


関連タグ : オルフェーヴル, ダイワメジャー, クロフネ,