ハービンジャー’14♂

ここでは、「ハービンジャー’14♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日は、とても暖かい一日でした。

放牧地では、気持ち良さそうに、地面に横たわる馬が続出。

見ている方も、ほっこり気分に。

一番奥の当歳牡馬4頭グループは、ゆったりと食事中。

11・牡馬・4頭グループ
 

人の姿を見て、まず、ニンジンが大好きなディープインパクト牡馬が動き出しました。

11・牡馬・まずディープ
 

続いてやって来るワークフォース牡馬と、ハービンジャー牡馬。

11・牡馬・ワークハービン
 

ニンジンに夢中のディープとワークの後ろから、ひょっこりのぞくハービン。

11・牡馬・ハービン
 

突然現れた体に、思わず仰天!

11・牡馬・泥パック
 

「どこで、こんなガビガビつけたのー!」

やっぱりというか、さすがというか、やんちゃなハービンのやりそうなこと。

思わず吹き出してしまいました。

みんなより少し遅れて、キングズベスト牡馬も、到着。

11・牡馬・キングも
 

今まで興味を示さなかったニンジン。

千切りスライサーで細くしたものを飼い葉桶に混ぜたことで、彼もパクパク食べるようになりました。

11・牡馬・ニンジン食べられるように
 

食わず嫌い克服!

それにしても、見事に体半分だけ、まだら模様に変身したハービン。

11・牡馬・自力で
 

その姿は、どこへ行っても目立ちます。

11・牡馬・模様
 

再び、放牧地に入った私を見て、向かってくるディープ。

11・牡馬・またこちらへ
 

彼の目当ては、ニンジン。

でも、ポケットが空になってしまったので、走って逃げると、一緒に併走してきました。

11・牡馬・走っていく
 

みんなも走ってついていき、戻って来ないので、あとを追ってみると・・・・。

11・牡馬・ついていく
 

水たまりで、水を飲んでいる4頭の姿を発見。

11・牡馬・水たまりで
 

一瞬で、ハービンの泥パックの謎が解けました。

「ここで、つけたに違いない!」

案の定、その場を脱出するキング以外の3頭が、泥遊びを始めます。

11・牡馬・水遊び始まる
 

中心は、ディープとハービン。

「ちょっと、邪魔だよ!」

11・牡馬・邪魔だよ
 

と、互いに文句を言い合いながら、泥掻き合戦。

「僕は、もういいや」と、出ていくワーク。

11・牡馬・僕はいいや
 

残った2頭は、さらにパワーアップして。

11・牡馬・ふたりで
 

延々と泥遊び。

11・牡馬・泥水は楽しい
 

いたずら大好き。

11・牡馬・いたずら好き
 

似た者同士のふたりは、しばらくして、やっと、泥から上がってきました。


11・牡馬・似た者どうし
 

「あー、楽しかった!」 と満足して、駆け出した4頭。

11・牡馬・ディープ先頭へ
 

ハッスルして、友達をガブリ。

11・牡馬・キングディープ
 

活発に動き出します。

11・牡馬・4頭
 

一見、おとなしそうなワークも、実は、エンジンがかかると、とまりません。

11・牡馬・キングワーク
 

キングにも、ハービンにも、「ガブッ」

11・牡馬・ハービンワーク
 

颯爽と駆け巡る姿は、やはり「かっこいい!」

11・牡馬・キングとディープ
 

こうして見ていると、3月生まれ・4月生まれの差は、あまり感じられません。

11・牡馬・こちらへ
 

目の前を通過していったと思ったら、

11・牡馬・通過
 

また戻ってきて。

11・牡馬・元気いっぱい
 

場所を替え、相手を替え、楽しそうに、体をぶつけ合う4頭。

11・牡馬・あっちでもこっちでも
 

元気が一番です。


スポンサーサイト

関連タグ : キングズベスト, , ディープインパクト, ワークフォース, ハービンジャー,

 (前編より続く)

繁殖牝馬たちを厩舎に入れていると、当歳牡馬たちが騒がしくなりました。

「お母さんでは?」と、その姿を追い、柵越しに歩き始めたのです。

10・新・牡馬たち
 

離乳したてのハービンジャー牡馬をはじめ、まだまだ母が恋しい馬たちばかり。

姿が見えなくなると、あきらめて、こちらへ。

気持ちを紛らわすためか、ハービンは、新入りディープインパクト牡馬に噛みついていました。

10・新・ハービン、新入りディープを
 

自分より小さく、おとなしいので、優位に立てると思ったのでしょう。

闘争心むき出しの目。

10・新・ハービンの目
 

この3頭は、4月生まれで、体重も250㎏前後と、ほぼ一緒。

10・新・4月生まれ3頭
 

今後、良いライバルとなりそうです。

後ろから、3月生まれのキングズベスト牡馬が抜かしてきました。

10・新・キング来る
 

ハービンより1ヵ月早く生まれた彼は、体重にして40㎏重く、体格の差は歴然。

それでも、「負けるもんか!」と、また抜き返すハービン。

10・新・負けじと
 

親友のワークフォース牡馬も、遅れまいとついていきます。

10・新・ワーク追いつく
 

ディープ2頭は、マイペース。

10・新・ディープたち
 

そして、次の瞬間、ハービンは、放牧地に飛来していたカモメに突進していました。

10・新・カモメに向かって1
 

まるで、小さな子供がハトの群れを追い回しているかのようで、笑ってしまいましたが、

10・新・カモメに向かって2
 

あるいは、母に会えない思いを、やみくもにカモメにぶつけていたのかもしれません。

10・新・カモメに向かって3
 

みんなも追いついて、合流。

10・新・みんな合流
 

雨で田んぼのようになった出入り口に、集合です。

10・新・集合
 

結束の固いハービンとワーク。

10・新・ハービンワーク
 

新入りディープくんは、早速、もくしを、うちのディープくんにかじられていました。

10・新・ディープディープ
 

キングも、ディープにいたずら。

10・新・ディープキング
 

しかし、ディープ2頭にはさまれて、「うわっ!」

10・新・キングディープに
 

さて、そろそろ入れてもらえるかと牝馬たちも集まってきます。

10・新・こちらも
 

厩舎の廊下で、手入れを受ける、キングちゃん。

10・新・厩舎へ
 

馬房に入ると、飼い葉をムシャムシャ。

10・新・ムシャムシャ
 

呼んでも、ちらっと振り向いただけ。

育成厩舎に移って来たばかりだというのに、落ち着いています。

反対に、ピーピーうるさいハービンくん。

10・新・ハービン
 

離乳したばかりなので、無理もありません。

ワークは、ハービンが目の前にいれば、怖いものなし。

10・新・ワーク
 

こうして、4月生まれ3頭にとって、試練の一日が終わりました。


関連タグ : キングズベスト, , ディープインパクト, ワークフォース, ハービンジャー,

 今年の末っ子、ハービンジャー牡馬も、いよいよ”離乳”です。

放牧地に入ると、やって来たのは、キングズベスト牝馬とワークフォース牡馬。

10・離乳・キングワーク
 

いつものように「掻いて」と背中を向けてくるキングに、顔を近付けるワーク。

すでに母がいない2頭は、人との触れ合いを好みます。

一方、唯一母がいるハービンジャー牡馬は、遠くの方で、知らん顔。

10・離乳・ハービン
 

離れた場所で、自由に草を食べていましたが、スタッフが来たことに気付き、歩いてきました。

10・離乳・気付く
 

その様子を、私のそばでじっと見ているキングちゃん。

10・離乳・キング目線
 

男の仔2頭は、ハービン母さんのあとを、ぴったりついて歩いていきます。

10・離乳・ついていく男たち
 

そして、「このまま離乳かぁ・・・」と、思った瞬間、ハービンがいきなり急ぎ足で、母の前に躍り出ました。

10・離乳・ちょっと待った
 

「ちょっと、待ったー!」

10・離乳・静止させ
 

なんと、離乳直前に、自分から授乳を求めてきたのです。

偶然とはいえ、こんな馬は初めて!

スタッフも苦笑いしながら、末っ子ハービンのために、時間をとってあげました。

10・離乳・最後の
 

十分ミルクを飲んで、満足のハービンくん。

10・離乳・終了
 

出口へ向かう母のあとを、急いで追います。

10・離乳・出口へ
 

しかし・・・。

次の瞬間、ワークとハービンの前から、母は引き離されました。

10・離乳・キング目線2
 

「ん?」

じっと、私のそばで、一部始終を眺めていたキングが、大慌て。

ハービン母さんだけが行ってしまったことに驚いて、飛び出していったものの、時すでに遅し。

10・離乳・あわてて
 

子守りをしてくれた友達のお母さんは、もう柵の外を歩いていました。

10・離乳・追いつく
 

「どうして?」

鳴きながら、見守る仔馬たちに・・・・。

10・離乳・振り返っていた母
 

後で画像を拡大してから気付いたのですが、ハービン母は、スタッフのひき手を引っ張り、しっかりと振り向いていました。

いつも淡々とした、ベテラン母さんも、別れは辛いのです。

母の姿が見えなくなると、仔馬たちは、揃って、大暴れ。

10・離乳・わーん
 

「わーん。いなくなっちゃったぁ!」

10・離乳・そわそわ
 

隣の繁殖牝馬たちが、「なんの騒ぎ?」と駆けつけてきて、シルエットは、しばし興奮状態。

10・離乳・シルエット
 

数分後に、キングとワークの2頭が、落ち着きました。

「ねえねえ、どこに行ったの?」

10・離乳・母を捜す
 

あてもなく、ひとりで駆け出す、ハービン。

10・離乳・飛び出す
 

「どこだろう?」

10・離乳・ひとり走る
 

狐につままれたような顔をして、そろりそろり。

10・離乳・あっちでもない
 

隣で、心配そうに寄り添ってあげているワークの姿が、けなげでした。

10・離乳・寄り添うワーク
 

やがて、2頭で、草を食み始めます。

10・離乳・やがて
 

「おとなしい。意外と、静かだった・・・」

と思っていたら、ハービンは、再び母を捜し始めます。

10・離乳・やっぱり
 

これは、ワークくん。

10・離乳・ワーク
 

そぞろ歩きする友達を気遣い、一緒に捜してあげているように見えました。

「あー。やっぱり、お母さん、いないなぁ」

10・離乳・さがす
 

戻ってくるハービン。

10・離乳・戻ってくる
 

おでこをなでても平気。比較的、落ち着いていて、余裕はあります。

そのうち、みんなで一緒に草を食べ始めました。

10・離乳・みんなで
 

母は、今年の種付けを休んだため、空胎馬たちの放牧地へ。

見に行った時、ちょうど我が仔を捜して、出口の前で鳴いていました。

10・離乳・母は
 

しかし、それも「無理だ」と悟ると、何事もなかったかのように、奥の方へと消えていきます。

時折、鳴くハービンの声に、トラクターに乗ったミケが、不思議顔。

10・離乳・タイヤの上で
 

こうして、今年の”離乳”が、すべて終了しました。




関連タグ : キングズベスト, ワークフォース, ハービンジャー,

 日曜日の小倉7レースで、生産馬サクセスグローリーが、2勝目をあげました。

これは、2年前の9月、育成牧場へ出発する直前の、グローリーの姿です。

9・クリス・穏やかな横顔
 

ここを巣立って、ちょうど2年。

遠い九州の地を駆けていると思うと、感慨深いものがあります。

先日、1歳のエンパイアメーカー牡馬が巣立っていった折、送り出す母の姿を撮りました。

左から2頭目が、エンパイアの母。

9・朝・シルエットたち
 

今は、サクセスシルエットやその母たちと一緒に放牧されています。

母は、離乳する時が、我が仔との別れ。

育成牧場へ行こうが、トレセンへ行こうが、いつも淡々として。

我が仔のその後など、知る由もありませんが・・・。

仔が走れば、命を長らえることが出来、弟や妹たちの将来も明るくなるというもの。

離れても、切っては切れない縁でつながっているのが、競走馬なのです。

エンパイアの母たちをのぞいていると、突然、大地を駆けまわる音がしてきました。

隣の放牧地の、ハービンジャー牡馬と、キングズベスト牝馬。

9・朝・ハービン&キング
 

放牧地を替えたため、興奮して、走り回っているようでした。

9・朝・みんなで
 

ハービンくんこそ、グローリーの半弟。

好奇心旺盛で、いたずら好きなところが、グローリーによく似ています。

9・朝・ドキドキ
 

走るのがひと段落したら、今度は、隣が気になり始めます。

9・朝・隣をのぞく
 

ちっちゃなハービンが柵から顔を出すのを見て、シルエットやその友達が、面白そうに見つめます。

9・朝・シルエットとハービン
 

友達のワークフォース牡馬。

9・朝・ワーくん
 

キングズベスト牝馬。

9・朝・キング
 

そして、ハービン。

9・朝・ハービン
 

動き出した3頭を、また隣から眺めているシルエット。

9・朝・シルエット
 

仔馬たちを見ていると、飽きることがないでしょう。

9・朝・かじり合い
 

この日も、キングは、ワークが乳をもらう姿を、羨ましそうにじっと見つめていました。

9・朝・寂しい風景
 

母がいなくなった仔も、みんな仲間。

9・朝・みんな一緒
 

そうやって、この群れを束ねているのが、ベテランであるハービン母さん、グローリーのお母さんです。

9・朝・ハービン母が動けば
 

走り回ってひと段落した仔馬たちを連れ、また放牧地の奥の方へと、移動していきました。

競走生活を終え、今度は我が仔を競走馬として送り出している繁殖牝馬たちは、こんなふうに毎日を送っています。


関連タグ : キングズベスト, ワークフォース, ハービンジャー,

4月生まれグループのワークフォース牡馬。

8・わんぱく・ワーク
 

母馬が大好きな、お人好し。

どちらかというと、おっとりしたタイプながら、わんぱくハービンジャー牡馬を相手にいつも奮闘する男の仔です。

そのハービンジャー牝馬と、キングズベスト牝馬。 

8・わんぱく・ハービン&キング
 

キングちゃんは、すぐに人間の姿を見つけ、ブブブブと歩いてくる愛嬌者。

8・わんぱく・キングちゃん
 

温厚なハービン母の近くにいることが多く、ハービンとは、双子のように生活しています。

牡馬2頭が、水飲み場に移動しました。

8・わんぱく・水を飲む牡馬2頭
 

母の乳だけでなく、水を飲む時間も、次第に増えてきています。

いたずらっこハービン。

8・わんぱく・ハービン
 

キングちゃんは、まだバケツでミルクをもらっています。

すっかり換毛が進み、見違えるようになってきました。

8・わんぱく・キング
 

ハービンの授乳風景を、ちょっとうらやましそうにのぞいていることはあるけれど・・・。

8・わんぱく・授乳
 

元気に、大きくなっています。

やんちゃ男に囲まれながらも、しっかりと。

8・わんぱく・遊び好き
 

ますます豪快になっていくハービンには、毎日、本当に笑顔にさせられます。

あまりにおかしくて、窓から撮った、こんな写真。

8・わんぱく・先日の風景
 

あんな写真。

8・わんぱく・追いかける
 

「もう!」と、言わんばかり。振り払おうと逃げるお母さんにしがみつき、いつの間にか、2足歩行の達人に。

夏空の下、母馬2頭と仔馬3頭のグループは、こんなふうに毎日、暮らしています。

8・わんぱく・みんなで




関連タグ : ワークフォース, ハービンジャー, キングズベスト,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。