キングズベスト’14♀

ここでは、「キングズベスト’14♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

 7月16日、函館2レースで、父キングズベストの3歳牝馬、トーホウレジーナが優勝しました。

待ちに待った、彼女の初勝利!

私は、室蘭で、その朗報を知ることとなります。

実は、前日の土曜日、函館にいました。

高2の長女の陸上競技会の応援で、早朝から片道5時間半の道のりを函館へ。

長女の優勝を見届けた後、後ろ髪をひかれる思いで、翌日小4の長男の出場する大会の会場、室蘭へ入りました。

函館の街を運転しながら、すぐ近くの競馬場にいるはずのレジーナに、「明日は頑張れ!」と念じまくったことだけは確かです。

7月に入り、彼女が16日の函館のレースに出走予定だということを聞いて、嬉しいやら、歯がゆいやら・・・。

「あー!15日だったら、函館で会えるのに!16日なら、無理だ・・・」

牧場は、1歳オルフェーヴル牝馬の上場するセレクションセールに向けて、気忙しい時期。

リーダーもスタッフも、誰も競馬場には行けず、「せっかく北海道で走ってくれるのに!」と、もどかしくてたまりませんでした。

函館から室蘭までは、3時間以上かかります。

長男の出場種目が午後からとはいえ、レジーナのレースを観てからでは、どう考えても、無理。

思案に暮れた末、「観戦はあきらめるしかない」と自分に言い聞かせ、この日を迎えました。

そして、どんよりとした曇り空から、細かい雨が降り出した頃、携帯に、彼女の勝利を伝えるメールが!

「えー?勝ったの?うわー!!」

私と長男は、室蘭の空の下で、興奮状態。

長女は、レジーナと同じ函館の空の下。

そして、中2の次女は、浦河の空の下、テレビの前で、涙したそうです。

セリの準備で忙しい父がいないので、1人でテレビをつけ、観戦していたということ。

「すごかったよ!キングちゃん、ポーンと飛び出して!それを岩田ジョッキーがうまくおさえてくれて!最後まで、スピードが落ちなかった!嬉しくて、涙出た!」

電話越しに、その気持ちが伝わってきました。

1頭の馬の勝利に、家族みんなが喜び合えるというのは、本当に素敵です。

誕生から1年半を見守って来た、生産馬。

特に、トーホウレジーナことキングちゃんは、生後2ヵ月で母を亡くし、人間が親代わりとなって、離乳までを過ごしました。

思い入れは、特別。

同じ函館で優勝した長女とレジーナ。かかと痛で不調だったにも関わらず、全道入賞出来た長男。

すべて、遠い空の上の、亡き母、トーホウアスカが、アスリートの先輩として、導いてくれたような気さえしながら、私は帰途につきました。

レジーナの母、アスカは、函館2歳ステークス2着。4歳時には、七重浜特別で2着の実績があります。

その頃のアスカを支えてくださった厩舎の皆さんが、娘のレジーナを函館の勝利に導いてくださったのも、特筆すべきこと。

やはり、私たちと同様、母娘2代にわたり、面倒をみるということは、特別な思いがわかないわけがない・・・と勝手に思っています。

人間ですから・・・。

お世話になった育成牧場の方々にも、やっとお礼が出来ました。

さて、このレースでは、一緒に1歳時を過ごした父Candy Rideのサンシャワーが、隣の枠で出走。

USBを探すと、その頃の画像が出て来ました。

7・祝・サンシャワーとレジーナ
 

左から3頭目がサンシャワーで、一番右がトーホウレジーナです。

この3歳世代の生産馬10頭中、これまで勝ち上がった2頭は、共にキングズベスト産駒。

レジーナが、母と過ごした頃の画像・・・

7・祝・レジーナ母と生後1ヵ月
 

とか、母アスカが小さい頃の写真・・・

7・祝・母トーホウアスカと祖母カガミアスカ
 

とか。色々引っ張り出しているうちに、祖母カガミアスカは、函館のUHB杯2着で、現役引退・・・

など、血統に関することも、次から次へと「なるほど」と思うことを再発見。

このところ、仕事より、小中高3人の子に関わる家事に追われ、日々を費やしていた私。

ブログまで手が回らず、先延ばしになっている記事の更新状況に対して、空の上のアスカが一喝してくれたような気がしてきました。

ということで、空白の6月の記事については、追い追い更新することを誓い、レジーナの今後の活躍と、仲間たちの勝利をさらに願います。

ブログを通じて、応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

関連タグ : キングズベスト, オルフェーヴル,

 今年の1歳馬最後の移動は、2頭のキングズベスト牝馬。

朝5時過ぎ、牧場は、真っ白な霧に包まれていました。

昼夜放牧をしている放牧地。

呼んでも来ない2頭を、スタッフが捜しに行きます。

出口で待っていると、山の方から、牡鹿の声が響いてきました。

野生のシカたちは繁殖シーズンの真っ最中。

でも、その声は物悲しく、霧の中、ひとりで立っていると、自然への畏敬の念を感じずにはいられません。

キングたちは、ずっと奥の方にいたとみえ、それから、しばらくしてから、馬と人の姿が浮かび上がってきました。

10・霧・奥から
 

いよいよ、お別れ。

10・霧・厩舎へ
 

厩舎の中へ戻った2頭のうち、すぐに出発する鹿毛キングの手入れが行われます。

10・霧・入る
 

昨年の11月にやって来たので、ほぼ1年の間、ここで過ごしました。

5月生まれの小柄な体型でしたが、寂しがり屋な一面と、気が強く負けず嫌いな一面がある個性派。

仲間が去り、栗キングと2頭になってからは、本当にのびのび過ごしていました。

一度立ち止まり、慎重に馬運車に乗り込みます。

10・霧・鹿毛キング
 

まだ薄暗い中を、出発する馬運車。

10・霧・馬運車
 

馬房で飼料を食べていた栗キングの顔が出てきます。

「何してるの?」

10・霧・キング窓
 

馬運車から聞こえてきた鹿毛キングの鳴き声に反応して、鳴き返す栗キング。

10・霧・鳴く
 

友だちとの別れ。

5頭の当歳馬たちも、車を見送っていました。

10・霧・5頭
 

ノヴェリスト牡馬とエイシンフラッシュ牡馬は、仲良くグルーミングをした後、ダッシュ。

10・霧・ノヴェ&フラッシュ
 

ハーツクライ牝馬、そして栗毛のノヴェリスト牡馬がここに入り、栗毛のオルフェーヴル牡馬と共に。

10・霧・ハーツノヴェオル
 

みんなで駆けてきました。

10・霧・駆ける
 

栗オルくんの鼻筋には、新しく出来た模様・・・・ならぬ、すりむいたあと。

10・霧・栗オルたち
 

この話は・・・・・、またの機会にとっておきたいと思います。

繁殖牝馬たちの寝藁上げを終えた頃、霧はすっかり晴れ、すがすがしい秋の空が広がっていました。

家に戻ると、次女のパジャマが無造作に床に脱ぎ捨てられていて、ハッとします。

そういえば、昨晩、栗キングの移動の話をした時、何か言っていた!

「まさか!」と思い、もう一度、外に出ると、やっぱりいました。

10・霧・栗キングと
 

栗キングのところです。

いつも朝ごはん前のギリギリまで寝ている彼女が、目覚まし時計をかけて、栗キングに最後のお別れをしていました。

私は、なんともいえない気分で、遠くで見ていました。

母馬が亡くなった直後、幼い栗キングが寂しがらないよう、ずっと付き添っていたのが、この次女。

やはり、特別な思いで、この馬の成長を見守ってきたのでしょう。

そっと立っている私の姿を見つけた当歳馬早生まれグループが、駆けてきました。

「そこで、何してるんだよう!」

10・霧・メジャ&オルフェ組
 

そして、午前9時過ぎ、いよいよ栗毛のキングちゃんの出発。

10・霧・栗キング
 

手入れをしている間、さまざまな事を思い出していました。

届いた手紙やニンジン・会いに来てくださった方の顔。

この先、デビューして、どんな競馬成績になろうと、出会った方々の心に残る一頭になってくれたら・・・・と、そう思います。

10・霧・馬運車へ
 

秋の色に変わった山の向こうへ、彼女の道は、まだまだ続いています。

10・霧・秋の山





関連タグ : キングズベスト, ノヴェリスト, ハーツクライ, オルフェーヴル, エイシンフラッシュ,

 昨年生まれた栗毛のキングズベスト牝馬が、満1歳の誕生日を迎えました。

ファンの方からプレゼントとしていただいたニンジンを持って、朝の厩舎へ。

夜間放牧から戻り、飼い桶の飼料を食べ終えた頃で、まったりとしていたキングちゃん。

大喜びで、ボリボリと音を立てながら、食べていました。

4・人参・キング1
 

ここなら、誰にも邪魔されることはありません。

4・人参・キング2
 

控えめな性格のキングちゃん。

約2ヵ月で母を失ったことも、関係しているのでしょうか。

もともと人懐こく、明るい性格の仔でした。

母が結腸捻転で亡くなった後、ミルクをもらいながら、ほかの親仔馬たちと一緒に集団生活。

今では、みんなと変わらずに、群れでの生活を続けています。

「誕生日、おめでとう!」

4・人参・キング3
 

元気だった1年前の母の姿も、懐かしくよみがえってきました。

ボリボリというニンジンをかじる音に、即座に反応して、顔を出し始めた仲間たち。

4・人参・みんな
 

隣のハーツクライ牝馬は、「私にもちょうだい!」と、身を乗り出してきます。

4・人参・ハーツ
 

みんなニンジンが大好き。

黒鹿毛のヴィクトワールピサ牝馬は、得意の舌出しで、アピール。

4・人参・黒ピサ
 

Frankel牝馬は、ニンジンをあげ始めてわずか数日で、大好物となりました。

4・人参・フラン
 

その好奇心と、臆せぬ態度に感心します。

ディープインパクト牡馬も、

4・人参・ディープ牡
 

キングズベスト牡馬も、ニンジンに目がありません。

4・人参・キング牡
 

「ちょうだい!」という視線が強くて、後ろ髪をひかれます。

ハービンジャー牡馬は、小さい頃、キングちゃんにいたずらばかりしていました。

4・人参・ハービン
 

今ではすっかり落ち着いたお兄さん。

子煩悩な母のおかげで、一匹狼のくせがついたキンシャサノキセキ牡馬。

4・人参・キンシャサ
 

やって来たばかりのエンパイアメーカー牡馬。

4・人参・エンパイア
 

最近元気な流星ディープインパクト牡馬。

4・人参・流星ディープ
 

甘えん坊のエンパイアメーカー牡馬。

4・人参・流星エンパイア
 

キングちゃんの幼馴染み、ワークフォース牡馬は、大型馬になりました。

4・人参・ワーク
 

額に星のあるヴィクトワールピサ牝馬。

4・人参・星ピサ
 

環境の変化に敏感なディープインパクト牝馬。

4・人参・ディープ牝
 

キングちゃんによく似た、鹿毛のキングズベスト牝馬。

4・人参・鹿毛キング
 

そして、パドックには、最近移動してきた、父Candy Rideの牝馬。

4・人参・Candy Ride
 

慣れた頃、生産牝馬の早生まれグループに入る予定。

あれから、1年。

大きく成長した1歳馬は、まだ成長途上。

秋に、胸を張って送り出せるように、もうひと踏ん張りします。


関連タグ : キングズベスト, ハーツクライ, ヴィクトワールピサ, Frankel, ディープインパクト, ハービンジャー, , キンシャサノキセキ, エンパイアメーカー, ワークフォース,

 オルフェーヴル牡馬が誕生して、あっという間に半月が経ちました。

パドックの出入り口にかけてあるシートから、顔が出せるようになり・・・・。

2・休日・顔
 

いつも、こんな顔でのぞいてきます。

今日は、土曜日。

毎週末、どこかのスケート大会に出ていて不在だった子どもたちが、シーズンオフと共に、スケートから解放され、早速、牧場探検。

「パドックの仔馬と遊ぶ」と言っていたので、しばらくしてから見に行くと、ここにはもういませんでした。

2・休日・母と仔
 

北風に乗って、かすかな声が聞こえてきたので、捜すと・・・・。

1歳牝馬たちの放牧地で発見。

2・休日・1歳牝馬
 

興味津々で集まっている6頭でしたが、よく見ると、キングズベスト牝馬だけは、ターゲットが違いました。

2・休日・キング1
 

大きい方には目もくれず、

2・休日・キング2
 

小さい方へ、まっしぐら。

2・休日・キング3
 

それに気付いて、笑顔で、なでなで。

2・休日・キング4
 

そして、キングは、ほかの馬たちが来ると、争いを避けるように、そっとその場を離れていました。

2・休日・キング5
 

小さい時に、よく一緒に遊んだことを覚えているのでしょう。

目で追っている、栗毛のキングちゃん。

2・休日・キング6
 

ディープインパクト牝馬を中心にした、幼馴染み3頭は、

2・休日・見つけた
 

私の姿を見つけると、まっしぐら。

2・休日・まっしぐら
 

「ニンジン!」

2・休日・ちょうだい
 

放牧地の雪は、ずいぶんとけてきています。

バリッバリッと、日陰の氷割りを楽しんでいる子どもたちに反応して、馬たちも嬉しそう。

2・休日・元気いっぱい
 

額に星のあるヴィクトワールピサ牝馬と、キングズベスト牝馬2頭。

2・休日・星ピーキング
 

マイペースなハーツクライ牝馬。

2・休日・ハーツ
 

いつまでも追ってくる1歳牝馬たちと別れ、再び、パドックへ。

人間と馬の小さい者どうしで、手袋の引っ張り合いが始まります。

2・休日・手袋オルフェ
 

「今日は、にぎやかだなぁ」

2・休日・見つめる
 

いつものように、尻っ跳ねを繰り返すオルフェくん。

2・休日・跳ね
 

明るい陽射しを浴びて、今日も元気いっぱいでした。


関連タグ : キングズベスト, ハーツクライ, ディープインパクト, ヴィクトワールピサ, オルフェーヴル,

 4月生まれグループの仔馬たちは、ハービンジャー牡馬が離乳した昨日のうちに、1歳育成厩舎へ移動。

今朝から、牡馬と牝馬に分かれての放牧が、早速始まりました。

ところが、とたんに雨が降り出し、激しさを増したり小降りになったり。

午後になっても、なかなか止まないので、傘をさして様子を見に行くことに・・・・。

まずは、牡馬グループ。

思った通り、ハービンジャー牡馬とワークフォース牡馬は、しっかりとくっついていました。

10・新・ワークとハービン
 

3月生まれのディープインパクト牡馬とキングズベスト牡馬。

少し間を置いて、新入りディープインパクト牡馬。

10・新・ディープキングディープ
 

キンシャサノキセキ牡馬は、外傷のため、舎飼い中。

「案の定、幼馴染みどうしで、くっついてるなぁ」と思ったら、つかつかと新入りディープくんのところへ向かったハービンくん。

「ねえねえ!」

10・新・ねえねえ
 

さすが、社交性に富んだ馬。

少し控えめなワークも、そんなハービンのおかげか、みんなの中にスッと入り、新しい群れがちゃんと出来上がっていました。

10・新・みんなで一緒に
 

そして、牝馬グループは・・・。

たった1頭で、生まれの早いお姉さん方の中に入れられたキングズベスト牝馬。

10・新・遠くで
 

さっくりと、みんなの輪の中に入っています。

「偉い!!」

ただ者ではありません。生後2ヵ月で母を亡くし、これまで、ひとりで他の親子と暮らしてきた馬。

その精神力の強さ、そして、世渡りのうまさ。

あまりに嬉しくて、「キング!」と、思わず大声で叫びましたが・・・・。

10・新・キング
 

「何?」と顔を上げただけで、こちらへ駆けてくるようなことは、ありませんでした。

人間が思うより、ずっと強くて、たくましいようです。

「ハハハ・・・・」

寂しくて、一目散で駆けて来るかな・・・と思っていた私は、苦笑い。

また、雨が強くなり、みんなで一列になって、移動し始めた牝馬グループ。

10・新・みんなで
 

出入り口の方へ近付き、集牧を待っている気持ちが伝わってきます。

先頭で引っ張っているのは、ディープインパクト牝馬。

10・新・再びどしゃぶり
 

これ以上ないと思うような雨が、また降ってきて、馬たちも自然とスクラムを組んでいる様子。

10・新・これ以上ない雨
 

ハーツクライ牝馬。

10・新・ハーツ
 

3月生まれヴィクトワールピサ牝馬。

10・新・星ピー
 

2月生まれヴィクトワールピサ牝馬。

10・新・黒ピー
 

キングズベスト牝馬。

10・新・キング雨
 

みんな、「早く厩舎に入りたい・・・」という目で、こちらを見つめます。

さっと雨が止んだので、傘を置いて、パドックにいた乗用馬を先に入れていると、ディープが、顔を出していました。

10・新・ディープ
 

傘に興味があったのでしょうか。

ほかの仲間たちは、いつの間にか、放牧地の真ん中へと戻っていました。

10・新・草を食べ始めた仲間たち
 

(後編に続く)


関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, ハーツクライ, キングズベスト, キンシャサノキセキ, ワークフォース, ハービンジャー,