ワークフォース’14♂

ここでは、「ワークフォース’14♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・02-14  ※お知らせ
 ・02-13  ※穏やかな日の幸福
 ・02-10  ※父ヘニーヒューズの牝馬、誕生
 ・02-07  ※久々の展示会
 ・02-04  ※嬉しい勝利

 放牧地が、セイヨウタンポポの花で、いっぱいになりました。

雑草とはいえ、咲き揃うと、それは見事です。

自転車で通過する人間の姿を見て、駆けてきたのは、キングズベスト牝馬の親仔と、ワークフォース牡馬の親仔。

5・たん・2組
 

それを、隣の放牧地のキンシャサノキセキ牡馬が、不思議そうに見つめていました。

5・たん・キンシャサ
 

2月生まれのキンシャサくんは、顔から体半分にかけて、すっかり換毛を終えています。

勇ましく見える早生まれグループ。

それに対して、4月生まれの仔馬たちは、まだまだ”ひよっこ”。

5・たん・キング
 

ふわふわの産毛に覆われたキングちゃん。

あどけない顔。

好奇心が強いワークフォース牡馬は、今日も、キングちゃんに「あーそーぼ!」と、近付いていました。

5・たん・あそぼ
 

キングも慣れてきたのか、すぐに逃げなくなり、大接近。

5・たん・大接近
 

ところが、突然キング母が迫ってきたので、ビックリ仰天!

5・たん・びっくり
 

お母さんは、大事そうに、キングちゃんを守ります。

5・たん・かわいい我が仔
 

それでも、以前よりは、ガードが緩くなりました。

くるりと向きを変え、再びキングに近付くワーク。

5・たん・あきらめず
 

「ねえねえ!」

5・たん・ねえねえ
 

女の仔は、しつこい男の仔が苦手。

「やーだよっ!」

5・たん・やーだよっ
 

と、しっぽを跳ね上げて、ひょいと逃げましたが、あまり遠くへは行きませんでした。

まんざらでもない様子。

5・たん・まんざらでもない
 

もう一度、近付くワークくん。

5・たん・もう一度
 

「遊んであげても、いいかなぁ・・・」

5・たん・2頭
 

徐々に距離が縮まっている2頭。

「ねえねえ!」

5・たん・もう一度2
 

栗毛のキングと明るい鹿毛のワーク。やっと、仔馬どうしで、会話が出来るようになったようです。

隣の放牧地では、4頭の早生まれたちが、大騒ぎ。

5・たん・隣では
 

みんなで、駆けっこをしたり、飛び跳ねたり、楽しそうに過ごしています。

そして、5歳ディープインパクト牝馬のサクセスセレーネが、2度目の種付けに出発していきました。

遅咲きの桜をバックに、放牧地から出され、馬運車へと向かいます。

5・たん・セレーネ
 

暖かくなり、毛艶も少しずつ良化。

今年の1月に牧場に戻ってから、早4ヵ月。

シーズン終了までに、無理せず、受胎できることを祈っています。


スポンサーサイト

関連タグ : キングズベスト, ワークフォース, キンシャサノキセキ, ディープインパクト,

 満開のエゾヤマザクラをバックに、ワークフォース牡馬とその母。

5・ワー・桜とワーク
 

母馬は、水を飲んだ後、さっさと草の茂る方へと歩いていきました。

置いていかれたことに気付き、「待ってよ!」とあとを追いかけるワークくん。

5・ワー・待って
 

けれども、その先に、キングズベスト牝馬の親仔がいたものだから・・・・。

5・ワー・キングのところへ
 

ついつい気になって、そちらへ。

「ん?」と振り返る相手のお母さんに威嚇されても、ひるむ様子はなく、

5・ワー・こらっ
 

逃げるキングちゃんたちを目で追います。

5・ワー・逃げる
 

「待って!遊ぼうよ!」

5・ワー・追いかける
 

そんなワークの声が聞こえてきそうな放牧地。

5・ワー・追いかける2
 

遠くに逃げられ、あきらめたワークくんは、棒立ち。

「あー、行っちゃった・・・」

5・ワー・行っちゃった
 

そして、「つまんないな」というように、ひとりで跳ねながら牧柵の方へ。

5・ワー・つまんないの
 

そこで、近付いてきた人間に気付いて、「あれ?」

5・ワー・あれ?
 

「なんだろう、この人」と、眺めた後に、とことこと近付いてきました。

5・ワー・近付く
 

蹄が大きく、肢が長く、丈夫そうな体つきのワークくん。

性格は、いたって明るく、4月生まれの3頭の中では、一番前向きだといえます。

飽きっぽいので、すぐに目の前からいなくなってしまいますが・・・・。

桜越しに見える小さな放牧地で、眠くなったら昼寝の自由人。

5・ワー・寝る
 

起きたら、懲りもせず、キングズベスト牝馬のところへ出張。

5・ワー・再び
 

積極的な男の仔に、そのうちキング母娘も慣れることでしょう。

山には、点々と野生のエゾヤマザクラが咲き乱れています。

5・ワー・山の桜
 

今年はここ数年で一番の美しさです。


関連タグ : キングズベスト, ワークフォース,

 生後1週間を過ぎたワークフォース牡馬が、昨日初めて放牧地へ出ました。

4・外へ・ワーク親子
 

パッとのぞくと、たいてい1頭で歩いていて、新しい世界を大いに楽しんでいる様子。

4・外へ・顔
 

水が入っている桶の方へ行ってみたり。

4・外へ・冒険
 

あわてて、母の方へ戻ってみたり。

4・外へ・きゃっほ
 

気が向くままに、ふらりふらり。

肢がすらりと長く、モデル体型の美男子。

4・外へ・再び母と
 

甘えたい時は、ちゃっかり母のそばに来て、べたべた。

4・外へ・いたずら
 

子どもには甘いお母さん。

邪魔をされても怒らず、のんびりと親子水入らずを楽しんでいます。

4・外へ・いたずら2
 

そんなワークくん。

明るい太陽に刺激を受けてか、いきなりスイッチが入ったかのように、駆け出しました。

4・外へ・駆け出した
 

まるで、グレイハウンド。

4・外へ・グレイハウンド
 

長い肢を存分に生かした走法で、いきなりトップスピードに。

4・外へ・正面から
 

何度も、何度も、広い放牧地を周回しながら。

4・外へ・ピョーン
 

あらゆる動きを試し、まるで自分の能力を確かめているかのようでした。

4・外へ・飛び込み
 

ストーップ!

4・外へ・ストップ
 

改めて、しゅっぱーつ!

4・外へ・再び
 

4・外へ・戻ってくる
 

小さな体をめいっぱい動かしたワークは、母の元へ戻ると、乳を求めます。

4・外へ・授乳
 

そして、いつの間にか、すやすや。

4・外へ・すやすや
 

冒険の一日は、あっという間に過ぎていきそうです。

前の日までここに放れていたキングズベスト牡馬は、ディープインパクト牡馬と合流しました。

4・外へ・ディープとキング
 

熱が出て放牧を休んだハーツクライ牝馬も、元気なので、すぐにここに加わる予定です。

これから、3頭のどんな生活が始まるのでしょうか。

こちらもまた、楽しみです。


関連タグ : ワークフォース, キングズベスト, ディープインパクト, ハーツクライ,

 ワークフォース牡馬は、昨日で生後3日目。

4・ワー・ワーク牡
 

パドックでは、親仔で気持ち良さそうに寝ているため、そっと通過しようとしましたが・・・。

手に持っていたニンジンに気付いた母が、むっくり起き上がりました。

寝ている我が仔を置いて、こちらへつかつか。

4・ワー・ワーク牡母来る
 

それでも、1本を食べ終えると、そそくさと仔馬の元へ戻ります。

4・ワー・母戻る
 

優しいお母さん。

次に見た時には、隅で寝てしまった我が仔の横で、牧草もないのに、じっと立っていました。

4・ワー・ワーク親子
 

その30分後、今度は、元気に歩き回っているワークくんを発見。

4・ワー・正面から
 

母から離れ、ずいぶん活発な様子です。

明るい鹿毛で、肢は4本とも白。

4・ワー・横から
 

丸い星が目立つ、凛々しい顔立ち。

4・ワー・顔
 

手を出すと、少し近付き、ふにゃふにゃとまだ生えたての歯で、噛んできました。

そして、華麗ににジャンプ。

4・ワー・元気に駆ける
 

水を足しにきたスタッフが、柵越しに背中を掻くと、気持ち良さそうにじっとしています。

4・ワー・背中を
 

人見知りではない様子。

授乳タイムが終わると、また颯爽と走り出しました。

4・ワー・うっきうき
 

広いパドックに出たのは、この日が初めてなので、嬉しそう。

4・ワー・曲がって
 

明るい陽射しを浴びて、すがすがしい動きをする、ワークくん。

4・ワー・のびのび
 

母は、静かに見守っています。

4・ワー・ひょい
 

と、そんな母に、勢い余って体当たり。

4・ワー・転びそうになって
 

バランスを崩したワークは、一瞬倒れ込みましたが、あわてて立ち上がると、また元気に動き回っていました。

4・ワー・復活
 

このところの晴天続きで、カラカラのパドック。

辺りには、土ぼこりが舞っていました。


関連タグ : ワークフォース,

 4月18日の午後9時30分、父ワークフォースの牡馬が誕生しました。

4・ワーク・誕生
 

母馬は、予定日を5日過ぎての出産。

ここ半月、牝馬を産んだ昨年と比べると、お腹が大きく、そして、歩く姿や放牧地での様子が、とても辛そうだったので、「牡馬では?」と予想していました。

その通り、出てきたのは、長い肢の男の仔。

4・ワーク・親子
 

無事に出産でき、まずは、ホッと一安心でした。

4・ワーク・横顔
 

座ったまま、すぐに我が仔をなめ始める、優しいお母さん。

と思いきや、我が仔が立ち、乳を探して歩くようになると、ヒーッと鳴いて、回し蹴りを始めます。

あわてて、昨年の記録を見ると、昨年も同じことをしていました。

若くて、普段からピリッとした気性の馬。

やはり、まだ子育てには、余裕がありません。

結局、それから夜が更けるまで、リーダーのお世話になることとなりました。

深夜1時頃まで、授乳時は人間が前に立ち、馬を注意しながら監督。

やっと、回し蹴りをしなくなり、ごく普通の親子となったのです。

生後2日目の今日は、天気が良く暖かいので、午前中だけパドックに出ました。

外出中だった私が午後からのぞくと、母のそばで、元気に歩く仔馬の姿。

4・ワーク・2日目
 

突然、唇がむずむず動き出したかと思うと、ちっちゃなフレーメン。

4・ワーク・フレーメン
 

まるで、アルパカのようなかわいさでした。

眠たくなると、コロンと藁の上へ。

4・ワーク・お座り
 

足を上手に折りたたみ、顔をぺっちゃんこに伸ばしながら、すやすや。

4・ワーク・お休み
 

額に、まるで太陽のような、まん丸い星のある、かっこいいワークくん。

いつも明るく輝く存在になってほしいと思います。


関連タグ : ワークフォース,