ハーツクライ’14♀

ここでは、「ハーツクライ’14♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月生まれグループに入れられ、困っていたハーツクライ牝馬は・・・。

だんだんと落ち着きを取り戻し、無事に、群れの一員となることが出来ました。

穏やかな秋空の下、一緒にいるのは、当初ハーツを追いかけ回していたディープインパクト牝馬。

9・ハーツ・穏やかな空
 

ヴィクトワールピサ牝馬2頭は、少し離れたところにいます。

9・ハーツ・ピサ2頭
 

この2頭は、同じ父親だからか、最近、とても仲良し。

いつの間にか、ディープとハーツの間に割り込んできて、「ねえねえ、どいてよ!」

9・ハーツ・ピサ2頭に追われながら
 

威嚇とまではいかないけれど、まだ少し”よそ者”扱い。

それでも、「はいはい」と、さらっと逃げて、やり過ごせるようになりました。

そして、いつに間にか、ディープに近付いているハーツちゃん。

9・ハーツ・ディープのところへ
 

こんな調子で、2対2のペアが出来上がっているようです。

9・ハーツ・2対2
 

ひとつ壁を乗り越えたハーツに、「えらい!」

9・ハーツ・ディープ&ハーツ
 

いつの間にか横に入ってきた、ヴィクトワールピサ牝馬。

9・ハーツ・星ピサ
 

こうして、かわるがわるみんなにチェックされながら、仲間だと認められるようになっていったのでしょう。

人の姿を見て、まっすぐやって来たハーツちゃん。

9・ハーツ・ハーツ来る
 

いつものように、おでこをなでます。

星ピサや黒ピサもやって来て、押しのけられるように、ハーツは行ってしまいました。

9・ハーツ・星ピサたちも来る
 

ここでは、まだまだ新参者。仕方がありません。

牧柵まで行くと、たてがみをゴリゴリ掻いていました。

9・ハーツ・かゆくてゴリゴリ
 

お尻の方から、ディープにからまれて、「はいはい」とまた、移動。

9・ハーツ・ハーツにからむ
 

追いながら、大あくびのディープちゃん。

9・ハーツ・大あくび
 

眠たくなったようで、ハーツの横で、バタン。

9・ハーツ・バタン
 

そーっと移動するハーツに、「あら、行っちゃうの?」と、顔を上げるディープ。

9・ハーツ・そーっと
 

添い寝はしてもらえないようです。

星ピサにお尻をつつかれて、

9・ハーツ・星ピサに
 

再びディープも合流して、

9・ハーツ・ディープも来る
 

黒ピサも混じって、4頭で、食事。

9・ハーツ・みんなで
 

女の仔たちも、やっと穏やかな雰囲気になりました。


スポンサーサイト

関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, ハーツクライ, ,

 ディープインパクト牡馬を離乳した翌日、2月生まれグループと3月生まれグループを牡馬と牝馬に分けて、放すことになりました。

2月生まれグループ唯一の男の仔、キンシャサノキセキ牡馬は、3月生まれの2頭と。

9・牡牝・キンシャサと
 

鳴き出したのは、離乳したばかりのディープではなく、幼馴染みと離された、キンシャサくんでした。

「うわー、みんながいなくなった!」と、大騒ぎ。

9・牡牝・キンシャサ飛び出す
 

ポカンと見つめる、ディープインパクト牡馬とキングズベスト牡馬。

9・牡牝・見つめる
 

「いない!いない!どこにもいない!」と、真っ青のキンシャサ。

9・牡牝・戻ってくる
 

今度は、3頭で走り出します。

9・牡牝・みんなで
 

初めて放れる放牧地に、興奮気味の3頭。

9・牡牝・ぐるっと
 

こちらは、3月生まれ唯一の女の仔、ハーツクライ牝馬。

9・牡牝・ハーツ
 

2月生まれグループの3頭と放されたものの、結束力の強い女の仔たちに追いかけられて、「キャー!」

9・牡牝・追いかけられる
 

特に、ディープインパクト牝馬に、思いっきり威嚇され、ほうほうのていで逃げ回っていました。

9・牡牝・特にディープに
 

私のところへやって来たディープちゃん。「誰なの?あれは?」

9・牡牝・誰?
 

そして、仲間と一緒に、「誰だよ!」

9・牡牝・誰あれ?
 

”よそ者がやってきた”とばかり、ハーツのことをじろじろにらんでいます。

9・牡牝・にらまれて
 

3頭に厳しい目で見られ、あんなにマイペースだったハーツが、ボロボロ。

「ここから、出してよぅ!」

9・牡牝・ここから出して
 

「あっ、また来た!助けてー!」

9・牡牝・助けて
 

と、とにかく心乱れるばかり。

9・牡牝・逃げろ
 

「みんな、どこに行ったの?」

9・牡牝・みんなどこに行った?
 

「なんで私だけ、こんなところに入れられてるの?」

9・牡牝・みんなどこ?
 

興奮がおさまりません。

変わって、牡馬グループ。

キンシャサは、相変わらず、幼馴染みたちを捜していましたが・・・・。

9・牡牝・こちらはキンシャサ
 

ディープとキングの2頭が、そっと歩いてくると、

9・牡牝・2頭が接近
 

自分から近寄っていって、あいさつ。

9・牡牝・あいさつ
 

その瞬間、すっかり打ち解けたようです。

9・牡牝・打ち解ける
 

牝馬たちも、2月生まれグループの3頭は、落ち着いて、草を食べ始めました。

9・牡牝・落ち着いた3頭
 

落ち着かないのは、ハーツちゃん。

9・牡牝・落ち着かないハーちゃん
 

そばに行くと、「出して!ここから早く出して!」と、頭を何度もこすりつけてきます。

「意外と気が小さいなぁ・・・」

変化がないので、再び、牡馬の放牧地に戻ると、単純な男の仔たちは、もうすっかり仲良くなっていました。

ディープくんとキンシャサくん。

9・牡牝・ディープとキンシャサ
 

その後、離乳したばかりのディープは、キンシャサの体に口を近付け、乳を探してみたり・・・。

9・牡牝・乳を探す
 

キングとキンシャサも、この通り。

9・牡牝・キンシャサとキング
 

「男の仔は、素直で単純でいいなぁ・・・」

9・牡牝・新しい仲間
 

こうはいかないのが、女の仔。

何度のぞいてみても、ハーツは逃げ腰。

9・牡牝・牝馬は
 

「ここから、出たーい!」

9・牡牝・出たい
 

今後どうなることやら・・・。

牡馬と牝馬の、微妙な心の違いを感じた、この日の出来事でした。


関連タグ : キングズベスト, ハーツクライ, ディープインパクト, キンシャサノキセキ,

 晴れた朝、離乳直前の3月生まれグループの放牧地に入りました。

ハーツクライ牝馬。

9・りにゅう・ハーツ親子
 

親子一緒の写真を撮ろうと思ったら、人間の姿に気付いて、歩き出すハーツちゃん。

「そこにいれば、いいのに!」と話す私にお構いなしのハーツは、帽子を口でかじりとると、楽しそうに、ぶんぶん振り回していました。

9・りにゅう・ハーちゃん
 

母との別れが近付いていることなど、まったく知りません。

今日、離乳する、もうひと組は、キングズベスト牡馬。

9・りにゅう・キング親子
 

キングくんは、このところ、人見知りの印象がすっかり抜けました。

9・りにゅう・キング牡
 

遊び相手のディープインパクト牡馬がやって来ます。

9・りにゅう・ディープ来る
 

ちょっと遊んだ後、今度は、お母さんのしっぽをかじかじ。

9・りにゅう・かじかじ
 

最後まで、母から離れない、ママっ仔キングでした。

9・りにゅう・母にいたずら
 

リーダーやスタッフの人影に気付いて、顔を上げるハーツたち。

9・りにゅう・時間
 

いよいよ、その時。

母に遅れまいと一緒についていくキング。

9・りにゅう・キング
 

後から追いかけるハーツ。

9・りにゅう・ついて
 

2頭の母馬が柵の外に出され、その仔とディープインパクト牡馬親子だけが残されます。

9・りにゅう・さらば
 

「え?なんで?」

9・りにゅう・え?
 

柵沿いを右往左往する2頭。

「うそでしょう?」

9・りにゅう・うそー
 

初っ端から、大騒ぎ。

お母さんが歩いていった方向に目を向ける、仔馬たち。

9・りにゅう・捜して
 

「なんで、いなくなるの?」

9・りにゅう・マジ?
 

母は、別の放牧地に放されたため、向こうは向こうで、ひと騒ぎ起きていました。

その様子を、背伸びしながらのぞいているのは、4月生まれグループの幼い3頭。

9・りにゅう・ハービンたち
 

そして、あんなに穏やかだったハーツが、ひとり狂ったように走り出します。

9・りにゅう・ひとりで突っ走る
 

放牧地の端まで、全力で突っ走ると、またすごい勢いで、こちらへ。

9・りにゅう・ひとりで2
 

ポカンとするディープたちの前で、大暴れ。

次の瞬間には、仔馬3頭と、子守り役のディープ牡馬の母まで、一緒に走っていきました。

9・りにゅう・みんなで
 

全力疾走!

9・りにゅう・みんなで2
 

ディープのお母さんは、2産目ながら、周りの仔に優しい性格がかわれて、今回、子守りに残りました。

でも、まだ7歳。やはり、ベテランには及びません。

「子守り役は、失敗だったかな・・・」と思い始めた頃、やっと落ち着いて、歩き始めました。

9・りにゅう・団子
 

自分だけ取り残された感覚があるのは、若さゆえでしょう。

9・りにゅう・どこに行ったの
 

離乳が朝だったため、その日一日、暴れていた、ハーツ。

9・りにゅう・ハーツ
 

キングは、相棒のディープにからまれて、最初は、時折遊ぶ余裕があったものの・・・。

9・りにゅう・キング&ディープ
 

夕方、ひとり駆け回る姿は、必死に見えました。

母2頭は、ほかのグループに入れられ、こちらも、試練の時。

9・りにゅう・母2頭
 

とても長く感じた一日でした。



関連タグ : キングズベスト, ハーツクライ, ディープインパクト,

 3月生まれのハーツクライ牝馬は、ひとり歩きの達人。

人間の姿を見ると、ブブブブと鳴きながら歩いてきます。

6・母仔・ハーツ来る
 

この時期の北海道は、紫外線が強く、人間には帽子が欠かせません。

座っていると、必ずその帽子をかじろうとするので、とってかぶせてみました。

6・母仔・ハーツ帽子
 

「あまり似合ってないね・・・」

6・母仔・横から
 

振り払いもせず、ご満悦でしたが、私が”帽子なし”では厳しいため、すぐに取り戻しました。

そこへ歩いてきたディープインパクト牡馬。とにかくかじるのが大好き。

気を紛らわすために与えたニンジンの味を覚え、小さいかけらなら、上手に噛み砕いて食べます。

6・母仔・ニンジン
 

「あっ!落とした!」

6・母仔・落とした
 

拾って食べようとしていたところ、

6・母仔・拾う
 

背後から、母馬が近付き、

6・母仔・横から母
 

食べられてしまいました。

6・母仔・とられちゃった
 

「ねえねえ、僕のニンジン、まだある?」

6・母仔・ねえねえ
 

ハーツも、ニンジンが大好き。

6・母仔・ハーツ
 

細く切ったニンジンを、2頭は、いつまでも噛んで、味わっていました。

ふと気配を感じ、後ろを振り返ると、2月生まれのキンシャサノキセキ牡馬。

6・母仔・隣のキンシャサ
 

彼も同じように、ニンジンをかじります。

遠くでひとりたたずむヴィクトワールピサ牝馬。

6・母仔・ピサ
 

歩いてきたディープインパクト牝馬。

6・母仔・ディープ牝
 

結局、どの仔も、ニンジンを食べることがわかりました。

再び、ディープくん。

6・母仔・ディープ牡
 

牧柵のそばで遊んでいると、ハーツもやって来ます。

6・母仔・ディープ牡と
 

ぐいっと割り込んできて、飄々としている肝の太い女の仔。

6・母仔・ハーツちゃん登場
 

いつも授乳の際にしか近寄らないお母さんと、珍しくグルーミングをし始め、こちらがビックリ。

6・母仔・珍しく
 

元々子煩悩な母馬。たまには、娘と親子らしいことをしたくなったのでしょうか。



関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, ハーツクライ, キンシャサノキセキ,

 ふと見ると、いつもこんなふうに寄り添って寝ているディープインパクト牡馬とハーツクライ牝馬。

5・ディープ・いつ見ても
 

微笑ましい光景です。

「どうして、いつも一緒なんだろう?」と気になっていたところ、たまたまこんな場面に出会いました。

爆睡中のディープくんの元へやって来たのは、ハーツちゃん。

5・ディープ・ハーツが
 

「ん?」と気付いたディープが顔を上げると、

5・ディープ・ん?
 

気持ち良さそうに、ゴロゴロ。

5・ディープ・ゴロン
 

「なんだよぅ。邪魔しないでくれよ」と言いたげなディープくんに、

5・ディープ・なんだよ
 

「何かしら?」と、すまし顔のハーツ。

5・ディープ・何か?
 

結局、そのまま2頭とも、夢の中・・・。

5・ディープ・夢の中
 

翌日、同じ場所で、同じように寝そうになっているディープのもとへ、再びハーツが!

5・ディープ・翌日
 

こう見ると、まるで、おしどり夫婦。

5・ディープ・おしどり
 

今度は、ハーツが先に寝てしまいました。

5・ディープ・ハーツが先に
 

いったん横になりかけたディープくん。ハーツちゃんの頭が邪魔で、ぶつかってしまいます。

「仕方ないなぁ・・・」と、もそっと立ち上がったディープ。

5・ディープ・邪魔なんだな
 

「あれ?どこか行っちゃうの?」

5・ディープ・あれ?
 

でも彼は、少し離れたところに、「ここなら、いいや」と、また腰を下ろしました。

5・ディープ・ここならいいか
 

やっぱり、2頭で、夢の中・・・。

5・ディープ・ゴロ寝
 

添い寝が大好きなのは、ハーツクライ牝馬。

そして、お人好しのディープくんが、付き合ってあげているといったところでしょうか。

いつまで添い寝が続くのか、楽しく見守っていきます。


関連タグ : ディープインパクト, ハーツクライ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。