キンシャサノキセキ’14♂

ここでは、「キンシャサノキセキ’14♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・05-21  ※自然にもぐもぐ
 ・05-20  ※眠気に誘われ
 ・05-18  ※タンポポの季節
 ・05-17  ※栗毛のオルフェーヴル牡馬が誕生
 ・05-04  ※今年の桜

 早生まれグループの牝馬たちも、実は、個性派ぞろい。

これまで、キンシャサノキセキ牡馬の母の存在に隠れていましたが・・・・。

じっと観察していると、なかなか面白いメンバーです。

特に、母から離れ、フラッとどこへでも出かけてしまうのが、ディープインパクト牝馬と3月生まれヴィクトワールピサ牝馬。

ディープちゃんが、いつものように、のらりくらりと歩いていると、後ろから星ピサちゃんが、「うわぁ!」

4・ピー・いきなり背後から
 

「ちょっと!おどかさないでくれる?」

4・ピー・ちょっと!
 

耳をしぼるディープは、後ろへ回り、

4・ピー・後ろへ
 

2頭で、こちらへ歩いてきました。

4・ピー・こちらへ
 

どちらも人間はちょっと苦手。最近やっと慣れ、遠慮がちに手をかじるようになったところ。

そして、また方向を変えたディープちゃんは、2月生まれヴィクトワールピサ牝馬のところへ。

4・ピー・黒ピサ&ディープ
 

残された星ピサちゃんには、いつの間にか、キンシャサくんが近付いていました。

4・ピー・キンシャサ&星ピー
 

バシッ!

4・ピー・バシッ
 

「しつこいのは嫌いよ!」とばかり、後ろ蹴り。

「ねえねえ、遊ぼうよー!」

4・ピー・キンシャサ&星ピー2
 

しばらくはめげずにうろうろしていたキンシャサくんでしたが、あきらめて母の元へ。

そこへ、今度は先ほどのディープちゃんが接近。

4・ピー・今度はディープが
 

「なあに?遊びたいの?」

4・ピー・キンシャサ&ディープ
 

バシッ!

4・ピー・ふられても
 

ふられても、

4・ピー・追いかける
 

追いかけるキンシャサくん。

ふられても、

4・ピー・ふられても2
 

鬼の形相で追いかけられても、

4・ピー・追いかけられても
 

「ねえねえ、遊ぼうよー!」

4・ピー・ねえねえ
 

「しつこいわよ!」

4・ピー・しつこいわよ
 

ディープの勢いに負け、走って逃げたキンシャサくんの前には、

4・ピー・その先には
 

星ピサちゃんがいました。

4・ピー・星ピー
 

「なあに?」

4・ピー・なあに
 

ひとり遊びが得意な星ピサは、柵から顔を出し、木の切り株をいたずら。

4・ピー・いたずら
 

なんだか自分の世界を持っている、不思議な牝馬2頭に振り回され、結局母の元へ戻る、甘えん坊キンシャサ。

4・ピー・おかあさん
 

いえいえ、何度ふられてもアタックするのが、真の男の仔です。

再び、星ピサちゃんのところへ。

4・ピー・再び
 

なんだか、この仔たちは、みんな毛色が似ていて、判別しづらいのが、難点。

でも、よく見ればちゃんと微妙な違いがあります。

この頃、ディープちゃんは、珍しく母のところで、グルーミングをしていました。

4・ピー・ディープは母と
 

まだまだ、キンシャサくんの挑戦は続きます。


スポンサーサイト

関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, キンシャサノキセキ,

 早生まれ4頭グループに、大きな変化が現れました。

キンシャサノキセキ牡馬の母馬が、やっと周囲の馬たちを威嚇しなくなったのです。

この日は、母馬から離れ自由奔放に歩いているディープインパクト牝馬を、キンシャサくんが見つけました。

4・やっと・ディープにキンシャサ
 

後を追いかけるキンシャサ。

4・やっと・追いかけるうちに
 

以前なら、制止に入っていた母が、まったく来ません。

そのまま3月生まれヴィクトワールピサ牝馬のところまで行っても、変化なし。

4・やっと・星ピサのところへ
 

キンシャサ母さん、どうやら、やっと我が仔のことが気にならなくなったようです。

「何してるの?」なんて、星ピサちゃんも入ってきて、3頭で追いかけっこ。

4・やっと・楽しそう
 

気付けば、キンシャサも、もう生後2ヵ月。

産毛も抜け始め、少しずつ大人っぽくなってきています。

自分から、母のところへ駆け寄った後、

4・やっと・母のところへ
 

再び、ディープちゃんのところへ。

4・やっと・ディープちゃんへ
 

けれども、気位の高い彼女に、「あっちへ行ってよ!」なんて、蹴られそうになり、退散。

4・やっと・あっちへいって
 

いえいえ、そんなことでひるまないのがキンシャサくん。

「なんだよう!」と、逆に嬉しそうに、その辺りを駆け始め、スイッチオン。

4・やっと・駆け出す
 

ここは、奥の広い放牧地へとつながる、小さな放牧地。

このところの乾燥した天気で、パサパサになった地面を、力強く蹴って進みます。

4・やっと・駆ける
 

と、そこへ、母馬がゴロを打ち始めました。

4・やっと・母のゴロに
 

おおはしゃぎ!

4・やっと・おおはしゃぎ
 

「何やってるの?」と、興奮気味にピョンピョン跳ねると、

4・やっと・はしゃぐ
 

ブルブルブルッと体を震わす母に、土ぼこりを立てられ、「うわぁ!」

4・やっと・土煙
 

そして、ますます喜んで、母の周りをうろちょろ。

4・やっと・最高
 

「たっのしいなぁ!」

4・やっと・嬉しいね
 

本当に無邪気で明るい性格のキンシャサくん。

4・やっと・ひょい
 

嬉しくて仕方がないのです。

「んもう、うるさいわね!」

4・やっと・うるさいわね
 

いきなり母の小言をくらい、一瞬目をつむりましたが・・・。

また何事もなかったかのように、飛び跳ねていきました。

4・やっと・気にしない
 

「あれ?そういえば、みんなどこへ行った?」

4・やっと・顔
 

母の監視から解き放たれた、わんぱくキンシャサくんの挑戦は、まだまだ続きます。

4・やっと・まだまだ
 



関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, キンシャサノキセキ,

 早生まれ組の放牧地は、朝の食事が終わり、ひと段落。

4・キン・のどかな風景
 

寝ているのはディープインパクト牝馬、立っているのは3月生まれヴィクトワールピサ牝馬。

そこへキンシャサノキセキ牡馬がやって来ました。

4・キン・キンシャサ現る
 

みんなのところへ遊びに行きたいけれど、母が立ちはだかり、通してくれません。

4・キン・母に阻まれる
 

ディープちゃんは、横になりました。

4・キン・ディープ寝る
 

ぐるりと回り込んで、星ピサちゃんのところへ近付くキンシャサくん。

4・キン・星ピサのところへ
 

母にガードされているので、今度は、寝ているディープちゃんのところへ。

4・キン・ディープのところへ
 

やはり、母のガードが堅いため、触れることすら出来ません。

「ちょっと!そんなところに寝ていたら、蹴るわよ!」

キンシャサ母の威嚇で、ディープちゃんは、びっくりして飛び起きました。

4・キン・びっくりして起きる
 

産まれてから、もうすぐ2ヵ月になるというのに、キンシャサ母さんの子煩悩ぶりは、まったく変わっていません。

4・キン・母のガード
 

仕方がないので、牧柵から顔を出す、キンシャサくん。

4・キン・キンシャサくん
 

母は、人間には気を許していて、人と遊ぶキンシャサくんには、おかまいなし。

星ピサちゃんとディープちゃんは、また仲良く、寝る体勢に入ります。

4・キン・星ピサ&ディープ
 

そんな2頭を羨ましそうに眺めているキンシャサは・・・。

4・キン・興味津々
 

やっぱり、体が動いてしまいます。

4・キン・またキンシャサ
 

「ダメよ!」と、お母さん。

4・キン・また母が
 

それでも、近付こうとするキンシャサ。

4・キン・それでも
 

母の威嚇の声と、後ろ蹴りのポーズに、たまらず逃げ出すディープちゃん。

4・キン・逃げる
 

堅い守りに、隙はありませんでした・・・。

4・キン・厚いガード
 

どうしても眠たい星ピサちゃん親子は、立ったまま、うとうと。

4・キン・立ったまま
 

こちらのディープ親子も立ったまま。

4・キン・こちらも
 

2月生まれヴィクトワールピサ牝馬は、少し離れたところで、草を食べていました。

4・キン・黒ピサ
 

やっぱり、みんなと遊びたいキンシャサくんと母との戦いは、続きます。

4・キン・再び
 

とにかく、我が仔がかわいく、守りたい一心。

4・キン・母威嚇
 

どうしたって、こうしたって、我が仔が自分の前から離れてしまうのが、嫌なのです。

4・キン・ガード
 

まだまだ時間はかかりそうですが、わんぱくキンシャサくんとお母さんとのやりとりを、気長に見守っていこうと思います。

4・キン・極め付け
 



関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, キンシャサノキセキ,

 放牧地を歩いていると、キンシャサノキセキ牡馬が、自分の服で遊んでいるのを見つけました。

3・土・キンシャサ
 

あっちに引っ張ったり、こっちに引っ張ったり、楽しそう。

すかさず近寄ると、今度は、人間の服を引っ張り始めました。

3・土・かじり魔
 

大満足!

3・土・得意げ
 

やんちゃで人懐こく、明るい男の仔。

目に入れても痛くないほど、かわいがっているお母さんの顔は、よく見ると、泥だらけ。

地面が緩んできて、久々に泥の上でゴロを打ったようです。

同居中の3月生まれヴィクトワールピサ牝馬のお母さんも、泥んこでした。

3・土・どろどろ
 

この2組の親仔。

実はまだ、打ち解けてはいません。

無鉄砲な星ピサちゃんが近付くたびに、キンシャサくんの母が、怖い顔でにらみつけ、威嚇。

3・土・まだ警戒
 

あわてて、星ピサ母さんが間に入るというパターンが、今も続いています。

「早く仲良くなればいいのにね・・・」

3・土・それにしても
 

それにしても、両者汚れてすごい顔。

ほかの放牧地にも、似たような面々がいました。

3・土・あっちにも
 

馬たちは、近付く春を、踏みしめる大地から感じ取っているのでしょう。

ここには、一番先に生まれた、ヴィクトワールピサ牝馬とその母の姿。

3・土・親仔
 

まだ解け残っている雪山の向こうで、いねむりしています。

気忙しい3月の牧場で、時折目にする、ホッとする風景です。


関連タグ : ヴィクトワールピサ, キンシャサノキセキ,

 キンシャサノキセキ牡馬が、生後半月になりました。

3・わんぱく・手袋を1
 

今、一番のやんちゃ坊主です。

人間と遊ぶのが大好きになり、服の袖を引っ張るのが得意。

手袋を渡すと、最初は静かに遊んでいましたが、

3・わんぱく・手袋を2
 

そのうち立ち上がって振り回したり、投げ上げたりしていました。

3・わんぱく・手袋を3
 

捨てられた手袋と、雪を食べ始めたキンシャサくん。

3・わんぱく・放り出して
 

立ち上がるのが大好き。

3・わんぱく・立ち上がる
 

だんだん調子に乗ってくると、人間にまで飛びついてくる勢いです。

3・わんぱく・立ち上がる2
 

この先、”取扱い注意”となること、間違いなし。

生まれた直後は、立ち上がるのも大変だったのに、今は元気過ぎて、この大騒ぎ。

3・わんぱく・大接近
 

母も、「この息子、どう思います?」と、問いかけるように、私を見つめます。

3・わんぱく・母
 

言っている矢先から、またピョンピョン跳ね始めると・・・。

3・わんぱく・矢先に
 

パドックを猛ダッシュ。

3・わんぱく・走る
 

いつものように、母に突進していき、母も「やれやれ」という表情でした。

3・わんぱく・のぼる
 

今朝は、久しぶりに雪が積もり、風がおさまって、のどかな放牧地でした。

シルエットも、母や仲間と共に、元気な姿を見せています。

3・わんぱく・シルエットたち
 

2月生まれヴィクトワールピサ牝馬は、あいかわらず性格が良く、人懐こい人気者。

3・わんぱく・2月ピサ
 

明日からのディープインパクト牝馬との合流に備えて、放牧地を交換しました。

そのディープちゃんは、ちょっとはにかみ屋。

3・わんぱく・ディープ
 

上唇が白いのが、特徴です。

3月生まれヴィクトワールピサの母は、ニンジンをあげると、このポーズ。

3・わんぱく・3月ピサ母
 

いつも、リンゴやニンジンなど、好物を食べた後に、舌を出すくせがあります。

最近、星ピサちゃんに、額の星以外に、小さな白い点があることに気付きました。

3・わんぱく・小さな白い点
 

右の鼻の上に、米粒くらいの大きさの白い点。

今日は、たてがみの辺りがかゆかったようで、

3・わんぱく・星ピサ1
 

何度も、

3・わんぱく・星ピサ2
 

何度も、

3・わんぱく・星ピサ3
 

馬栓棒に、首をこすりつけていました。

そんな様子を見ているうちに、急に雪が降ってきたり、なんだか不安定な昼前。

午後1時からの種付けに、2月生まれのヴィクトワールピサ牝馬の母娘が出発していきました。

3・わんぱく・種付けへ
 

ピサちゃんの初めての遠出。

どんな様子で、帰ってくるでしょうか・・・。


関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, キンシャサノキセキ,