ヴィクトワールピサ’14♀

ここでは、「ヴィクトワールピサ’14♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・02-14  ※お知らせ
 ・02-13  ※穏やかな日の幸福
 ・02-10  ※父ヘニーヒューズの牝馬、誕生
 ・02-07  ※久々の展示会
 ・02-04  ※嬉しい勝利

 5日の朝、また1頭の1歳馬が牧場を巣立っていきました。

黒鹿毛のヴィクトワールピサ牝馬。

9・黒・黒ピサ顔
 

ニンジンが大好きで、いつもこの窓から顔を出し、舌をペロッと出しながら、「ちょうだい!」とアピールしていました。

夜間、厩舎に入っていたので、最後のロンジングを行います。

9・黒・ロンギ
 

セリに出すために、5月から馴致を始めていたおかげで、すっかりお手の物。

指示をよく理解し、この日も素早く行動できました。

こうして見ると、立派な競走馬の卵です。

9・黒・終了
 

放牧中のキンシャサノキセキ牡馬が、じっと見つめていました。

9・黒・キンシャサ
 

小さい頃、一緒に育った仲間。

黒ピサは、シャワーで汗を流してもらい、馬房で待機。

9・黒・シャワー
 

その間、牝馬仲間たちの放牧地をのぞいてみました。

朝日を浴びて、皆、悠々と食事中。

9・黒・仲間たち
 

向かいの放牧地から、キングズベスト牡馬が歩いてきたので、そちらへ移動すると・・・。

9・黒・キング
 

ワークフォース牡馬とディープインパクト牡馬の2頭も、ニンジンをくれるのかと、歩いてきました。

9・黒・ワーク&ディープ
 

3頭仲良く、顔を並べて、記念撮影。

9・黒・3頭
 

彼らも、近いうちに育成牧場へ移動する予定です。

気配を感じ、牝馬の放牧地へ戻ると、黒ピサの幼馴染みであるディープインパクト牝馬とハーツクライ牝馬が、やって来ていました。

9・黒・ディープハーツ
 

キングズベスト牝馬の2頭は、まだ遠くで仲良く食事中。

9・黒・キング2頭
 

何も知らない馬たちに、「黒ピサちゃんが、行くからね!」と声をかけ、再び、厩舎へ戻ります。

いよいよ準備が整いました。

9・黒・準備
 

馬運車へ。

9・黒・馬運車へ
 

先に出発した星ピサちゃん同様、すっと乗り込んでいきました。

9・黒・去る
 

競馬場で再会できる日を楽しみにしています。

スポンサーサイト

関連タグ : ヴィクトワールピサ, ワークフォース, ディープインパクト, ハーツクライ, キンシャサノキセキ, キングズベスト,

 7月の終わりに、群れ遊ぶ1歳牝馬たちを見つけ、近付きました。

「ニンジンくれるの?」

8・せり・1歳牝
 

と、即座にやって来るキングズベスト牝馬とハーツクライ牝馬。

その奥で、水遊びをしていたのは、ヴィクトワールピサ牝馬2頭でした。

8・せり・仲良し2頭
 

父が同じで、気の合うふたり。

8・せり・泥遊び
 

幼馴染みは、いつでも一緒です。

8・せり・黒ピサと
 

ほかの馬たちが、きれいな姿でいるのに、泥だらけになって・・・・。

グルーミング。

8・せり・グルーミング
 

姉妹のように育った2頭は、いつの間にか同じ運命をたどることになりました。

黒鹿毛のヴィクトワールピサ牝馬は、7月のセレクションセール直前に肢が腫れ、上場を回避。

泣く泣く8月のサマーセールに回ることになりましたが、星のあるヴィクトワールピサ牝馬も、そのセールに出ることになりました。

ほかの馬たちとは、放牧などのメニューを変えて、馴致に励む星ピサ。

8・せり・馴致後
 

4日間開催されるサマーセールの、3日目に星ピサ、4日目に黒ピサが出ることに決まり、その前日。

8月25日の夕暮れ時、2頭がいななく厩舎を訪ねました。

いつもは、みんなと外へ出ている時間なのに、セリ前日のため、厩舎へ入れられ、少々、不満顔。

でも、大好きなニンジンをあげると、喜んで顔を出してきます。

「頑張れ!星ピサ」

8・せり・星ピサ顔
 

「頑張れ!黒ピサ」

8・せり・黒ピサ顔
 

幼馴染みのディープインパクト牝馬は、放牧地の出入り口へやって来ていました。

8・せり・ディープ牝
 

走り出す仲間たち。

8・せり・キングハーツ
 

CandyRide牝馬も、ディープも、

8・せり・キャンディディープ
 

キングたちも。

8・せり・キング2頭
 

みんなが、2頭を応援しているように思えました。

8月26日、3月生まれのヴィクトワールピサ牝馬。

8・せり・星ピサ展示
 

8月27日、2月生まれのヴィクトワールピサ牝馬。

8・せり・黒ピサ準備
 

8・せり・黒ピサ展示前
 

セリ会場で緊張していた2頭は、徐々に落ち着き、展示を無事に終了。

8・せり・黒ピサ展示
 

こちらも、彼女たちの今後がどうなるのか、ドキドキしながら見守っていましたが、市場にて、どちらも、新しいオーナーさんに巡り合えることが出来ました。

さあ、これからは、次のステージが待っています。

生まれ故郷を離れ、育成牧場へ。

たくさんの仲間たちと共に、競馬場デビューを目指して、切磋琢磨。

幼馴染みから、良きライバルになれることを、静かに祈っています。


関連タグ : ヴィクトワールピサ, キングズベスト, ディープインパクト, ハーツクライ, CandyRide,

 1歳ヴィクトワールピサ牝馬が、7月21日開催のセレクションセールに上場されることになりました。

昨年2月に生まれた黒ピサ。

祖母がフィリーズレビュー(GⅡ)勝ちのサクセスビューティ、伯父がフェブラリーステークス(GⅠ)勝ちのサクセスブロッケンという血統。

せり本番に向けての馴致を開始しています。

そっとのぞくと、緊張した顔で、人間の指示に従っていました。

5・馴致・黒ピサ
 

物覚えが良く、右回り・左回りのどちらも、すんなり。

初日は、かなりテンションが上がっていましたが、徐々に慣れてきたようです。

朝日を浴びながら、外へ。

5・馴致・外へ
 

芝の上を歩く練習もします。

5・馴致・芝上
 

せりの前日展示では、240頭の馬たちが集結し、にぎわう会場の中で、歩かなければなりません。

5・馴致・芝上2
 

母馬の種付けに付き添った1年前以来、ずっとここを出たことがない黒ピサ。

市場はどんなふうに見えるでしょうか。

黙々と練習を続ける黒ピサを、仲間たちが見守ります。

5・馴致・見守る顔
 

すでに、オーナーが決まっている馬と、決まっていない馬。

5・馴致・顔
 

これだけで、過ごす時間がわずかずつ違ってきます。

5・馴致・牡馬たち
 

汗をかいたので、洗い場でシャワー。

5・馴致・洗い場にて
 

真っ黒に濡れた馬体は、祖母や伯父によく似ています。

馬房に戻って、すっきりしたところで、ニンジン。

5・馴致・すっきり
 

甘えて舌を出していた頃とは違い、ずいぶんと凛々しくなりました。

良い出会いがあるように、祈っています。


関連タグ : ヴィクトワールピサ,

 ふと窓からのぞいた早生まれグループの放牧地。

手前の狭い放牧地に、仔馬だけが集まっていました。

4・仔馬・4頭だけで
 

母馬たちは、奥の広い放牧地で草を食べているのでしょう。

寝ているのは、ディープインパクト牝馬。

一番黒い、2月生まれヴィクトワールピサ牝馬が、先頭に立って、歩き出します。

4・仔馬・行くわよ
 

「行くわよ!」

4・仔馬・行くよ
 

ディープちゃんにも声をかけますが、起きない様子。

「行こう!行こう!」

4・仔馬・行こう行こう
 

2月生まれヴィクトワールピサ牝馬も、キンシャサノキセキ牡馬も、一緒に移動。

4・仔馬・移動
 

それでも、奥の放牧地へつながる通路まで来ると、一度立ち止まって考えていました。

「あのこ、ほんとに来ないのかしら?置いてっちゃうわよ!」

4・仔馬・待つ
 

みんながいなくなった後、しばらくして、顔を上げたディープちゃん。

4・仔馬・あらら
 

彼女は、我が道を行く性格。

それでも、「あーあ、つまんないから、行くかぁ・・・」と、奥の方へ歩き出しました。

4・仔馬・待って
 

入れ替わりに走ってきたのは、キンシャサノキセキ牡馬の親仔。

4・仔馬・戻る
 

そろそろ集牧の時間なので、手前で待つつもりなのでしょう。

次に、今行ったばかりのディープインパクト牝馬親仔。

4・仔馬・ディープ
 

そして、3月生まれヴィクトワールピサ牝馬の親仔が続いた・・・

4・仔馬・星ピサ
 

と思ったら、黒ピサちゃんも混じっていました。

4・仔馬・黒ピサ
 

母より先に飛び込んできた黒ピサちゃん。

4・仔馬・勢いよく
 

そのまま勢いよく走ります。

4・仔馬・黒ピサ元気に
 

元気いっぱい。

4・仔馬・黒ピサぶんぶん
 

首をぶんぶん振りながら、1周した後、母の元へ。

4・仔馬・母の元へ
 

普段はおとなしい黒ピサちゃんですが、やはり一番お姉さん。

仔馬たちのリーダーであり、頼れる存在なのかもしれません。

窓から見た、黒ピサの意外な一面。

仔馬だけで遊び始めた早生まれグループは、ますます楽しくなりそうです。



関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, キンシャサノキセキ,

生後1ヵ月を過ぎた2頭が、放牧地で共に生活を始めています。

様子をのぞきに行くと、まずは、ヴィクトワールピサ牝馬が、背伸びをして、迎えてくれました。

3・合流・ピサ顔
 

真っ黒くろすけのピサちゃん、性格は、あいかわらず友好的。

昨日から、共に放れている2組の親子。

ディープインパクト牝馬の母が発情期にあり、とても穏やかなので、良い関係が保たれている模様。

3・合流・2組
 

それぞれの仔馬たちは、母にぴったり寄り添って、相手の様子を伺っています。

ディープちゃんの後ろに回り、彼女の目線で、とらえてみました。

3・合流・ディープ目線
 

どちらの仔も、小さい者どうし、互いに興味があることは、間違いありません。

母たちは、さらに近寄り、匂いをかぎ合います。

3・合流・対面
 

「そんなに近寄って、大丈夫?」と心配になりますが、発情期は、魔法がかかっているかのように、相手に対して優しくなります。

グルーミングを始める母馬たち。

3・合流・グルーミング
 

そして、その横で、どうしたらよいのかわからないというふうに、たたずむ仔馬たち。

私が、少し離れたところから、ピサちゃんに声をかけると、歩いてきました。

少し遊んだ後、ぴょんぴょん跳ねていったピサ。

3・合流・ピサ
 

触発されて、ディープちゃんも、跳ね回ります。

3・合流・ディープ
 

本当は、こんなふうに2頭で遊びたいはず。

今はまだ勇気がなくて、母のそばから離れられませんが、そのうちすぐに交わるようになるでしょう。

3・合流・ディープ母仔
 

また、母親たちは近寄り、仲良く、食事。

3・合流・近付く
 

仔馬たちも、乳を飲んだり、雪山で遊び始めたり・・・。

3・合流・静かに
 

まずは、無事に合流できた2頭が、これから仲の良い友達になってくれることを願います。

3・合流・雪山
 

集牧後の厩舎では、初めての蹄のチェックが行われました。

3・合流・削蹄
 

装蹄師さんの視点で、色々なアドバイスをいただきます。

3・合流・削蹄2
 

兄弟と比べたり、母馬と比べたり。長年みていただいているからこそ聞ける話も。

早速、競走馬としての将来の姿が見えてきて、頼もしくなりました。


関連タグ : ヴィクトワールピサ, ディープインパクト,