ダノンシャンティ’13♂

ここでは、「ダノンシャンティ’13♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 傾いた夕日に照らされる、4頭の当歳馬たち。

9・シャン・2月生まれ組
 

1歳育成厩舎へ移動した、2月生まれグループです。

その向かいには、1歳牡馬グループで、まだ残っていたSeaTheStars牡馬(育成)と、

9・シャン・シーザ
 

ダノンシャンティ牡馬(生産)。

9・シャン・シャンティ
 

どちらも、「明日と明後日には移動」ということで、最後の放牧の様子を撮りに行きました。

とても仲が良かった、この2頭。

9・シャン・シーザシャンティ
 

”馬が合う”のか、一緒に遊んでいる姿をよく見たものです。

この日は、隣の小さな当歳馬たちが、気になる様子。

顔を出しているのは、キンシャサノキセキ牡馬。

9・シャン・キンシャサ
 

柵の間の草を「ちょうだい!」と、アピールしています。

その間、後ろでは、ちょっかいをかけたシャンティにシーザが反撃。

9・シャン・木陰で
 

いつも、ちょろちょろと動いているネズミのようなシャンティですが、目の前の当歳馬たちには、目を細めていました。

9・シャン・眺めるシャンティ
 

自分のことを思い出しているのでしょうか。

草の把をプレゼントしてもらい、ムシャムシャ。

9・シャン・プレゼント
 

1年前は小さかったシャンティも、こんなに大きくなりました。

育成シーザくんは、私の前で、「草をちょうだい!」と、離れません。

9・シャン・シーザ顔
 

しばらくして、当歳馬は、厩舎へ。

9・シャン・当歳馬厩舎へ
 

昼夜放牧のシーザとシャンティは、再び放牧地の真ん中まで走り、派手に相撲をとっていました。

9・シャン・たわむれ
 

追いかけ、また追いかけられながら、

9・シャン・走って
 

友達と最後の放牧のひと時。

9・シャン・向こうで
 

そして、昨日、シャンティが育成牧場へ。

9・シャン・出発
 

馬体重は、430㎏台。とにかく丈夫な馬でした。

9・シャン・横
 

相棒がいないためパドックに入れられたシーザは、シャンティの姿を見て、落ち着きません。

9・シャン・すれ違う
 

「どこに行くんだよ!置いていくなよー」

9・シャン・見送るシーザ
 

そして、今日は、あいにくの小雨降る中、シーザスターズ牡馬が、育成牧場へと出発していきました。

9・シャン・シーザ横
 

馬体重490㎏台の大柄なシーザ。

いつか友達と再会することは出来るでしょうか。

そんなシーザを見送ってくれたのは、2月生まれの当歳馬たちでした。

9・シャン・とねっこの見送り
 

牧柵の間から、のぞきこむ星ピサ。

降りしきる雨にぬれながら、いつまでも、馬運車を見つめます。

9・シャン・降りしきる雨の中
 

彼・彼女らも、1年後には、この牧場を巣立っていくことになります。

9・シャン・とねっこたち
 



スポンサーサイト

関連タグ : ダノンシャンティ, SeaTheStars, , キンシャサノキセキ,

 久しぶりに、放牧地を交換した1歳牡馬グループ。

放牧直後、フレッシュな気分で、のびのびと走り回っていました。

しばらく駆け回った後、隣の放牧地の育成馬グループ3頭と柵越しに併走する、SeaTheStars牡馬。

5・1歳牡・併走
 

そして、みんな集合!

5・1歳牡・みんな集合
 

栗毛のダノンシャンティ牡馬が、仲良しの”育成SeaTheStars牡馬”に、アタック。

5・1歳牡・シャンティ
 

昼夜放牧の疲れで、数日間、放牧を休んでいた”育成シーザ”くん。

その彼が戻ってきたので、大喜びなのです。

シャンティに、生産シーザに、エンパイアメーカー牡馬。

5・1歳牡・シャン&シーザ&エン
 

走り終わると、そこらじゅうの匂いをかいで回っていました。

ダイワメジャー牡馬は、シャンティにちょっかい。

5・1歳牡・メジャー
 

シャンティは、育成シーザにちょっかい。

5・1歳牡・シーザとシャンティ
 

元気に絡み合いながら、放牧地を行ったり来たり。

5・1歳牡・シーザに挑むシャンティ
 

特別な匂いを感じたのか、立ち止まってフレーメンをするのは、真っ黒なエンパイアメーカー牡馬。

5・1歳牡・エンフレーメン
 

その後ろで、また育成シーザに向かっていく、わんぱくシャンティ。

5・1歳牡・わんぱく1
 

執拗に追いかける姿に、だんだん仲が良いのか悪いのか、わからなくなってきますが・・・・。

5・1歳牡・わんぱく2
 

たぶん、自分に一番合う相手だと思っているのでしょう。

5・1歳牡・シーザシャンティ
 

これは、ダブルSeaTheStars牡馬。

5・1歳牡・シーザシーザ
 

生産シーザは、ニンジンが大好物。

5・1歳牡・シーザアップ
 

いつも、私を見ると、嬉しそうに駆け寄ってきます。

フレーメンをするメジャー。

5・1歳牡・メジャフレーメン
 

舌に食べたばかりの草をくっつけて、思わず笑ってしまう姿。

メジャーも、シャンティも「ニンジンないの?」と、やって来て、思わずごっつん。

5・1歳牡・メジャー&シャンティ
 

シャンティまで、フレーメン。

5・1歳牡・シャンティフレーメン
 

移ったばかりの放牧地には、ほかの馬たちの匂いが残っているため、小一時間は大騒ぎの面々でした。



関連タグ : SeaTheStars, エンパイアメーカー, ダイワメジャー, ダノンシャンティ,

 1歳のディープインパクト牡馬が、育成牧場へ出発しました。

10・牡・ディープ牡
 

セリの関係で7月末に移動してきたので、預かったのは約3ヵ月という短い間でした。

先に調教を始めている仲間と共に、立派な競走馬に成長してほしいと思います。

さて、彼を送り出した後、当歳牡馬グループの放牧地を訪ねました。

実は、先日から、ダノンシャンティ牡馬が、ほかのわんぱく牡馬たちと交わっているようなのです。

家の窓からは、こんな風景が・・・。

10・牡・遠景1
 

10・牡・遠景2
 

10・牡・遠景3
 

10・牡・遠景4
 

10・牡・遠景5
 

「うん。なかなか頑張っているね!」

仲間と交流し始めたシャンティの姿に、なんだか元気をもらいます。

「近くへ行ってみよう」と、放牧地へ。

場所替えで、一番奥の放牧地に放されたばかり。

初めて放れる場所なので、色々探検中と見え、出入り口から遠い、隅の方に、みんながいました。

「シャンティくん!」

10・牡・3頭
 

あの時の姿はどこへやら。笑ってしまうほど、群れにとけ込んでいます。

「偉い・・・」 逃げることをやめ、本気でぶつかっていったからこそ、真の仲間になることが出来たのでしょう。

秋の色に染まった木々のそばで、列になって草を食む、当歳牡馬たち。

10・牡・5頭並んで
 

静かな時が流れます。

木の葉散る牧柵沿いの場所へ移動した面々。

SeaTheStars牡馬2頭。

10・牡・シーザ
 

体格と肢の白斑が違えど、不思議なほどよく似ていて、互いに意識し合うライバル同士。

ちょっと大きいのが新入りシーザで、白斑があるのが生産馬のシーザ。

慣れてくると、新入りシーザの方が周りにちょっかいをかけるタイプということがわかってきました。

10・牡・シーザ2頭
 

どちらも負けません。

10・牡・シーザシーザ
 

今度は、ダイワメジャー牡馬とシャンティが接近。

10・牡・今度は
 

先日からよくこの組み合わせを見ます。馬が合うのか、手頃な相手なのか・・・。

10・牡・メジャ&シャン
 

また、みんなで移動。

10・牡・移動
 

こういうことをするのは、やっぱりメジャー。

10・牡・いたずらメジャ
 

ふと気が付くと、隣の放牧地から、シーザの母馬がのぞいていました。

10・牡・母と仔
 

我が仔だとわかっているのでしょうか。

忘れてしまったのか、わかっていてももう未練がないのか、ただじっと若駒たちを見つめているだけでした。

もうとにかく遊び好きな牡馬たち。

5頭でおしくらまんじゅう状態。

10・牡・しっぽ
 

よく見ると、シャンティは、シーザのしっぽをくわえています。

10・牡・しっぽをかんで
 

案外、ひょうきん者でした。

だから、メジャーと気が合うのでしょうか。

10・牡・メジャーとシャン
 

今日は、雪虫がいっぱい飛翔。

とまったところを撮ろうとすると、新入りシーザのつむじの横に発見!

10・牡・雪虫
 

10・牡・雪虫拡大
 

そうこうしている間も、ひとりみんなの間を駆け回っているシャンティ。

10・牡・シーザ対シャンティ
 

生き生きとして、本当に楽しそうで、このグループにいられる幸せを噛みしめているようにも見えます。

10・牡・シャンティ&シーザ
 

「楽しい仲間たちと出会えて良かったね!」

10・牡・競走
 

はしゃぎまわるシャンティを、いつまでも見続けていたい気分でした。



関連タグ : SeaTheStars, ダイワメジャー, ダノンシャンティ, ディープインパクト,

金曜日、 ダノンシャンティ牡馬が、牡馬のグループに入りました。

時折のぞく放牧地には、元からいる4頭から少し距離を空け、ひとりで草を食べるシャンティの姿が。

「やっぱり、馴染めないんだ・・・」

生まれた時からなんとなくシャイな男の仔でした。

見ていてもあまり変化がないので去ろうとすると、SeaTheStars牡馬がシャンティのところへ。

匂いをかぎ合う2頭。

10・入れ替え・シャンティ1
 

しかし、次の瞬間、ヒーッという鳴き声と共に、シャンティがシーザにお尻を向けました。

10・入れ替え・シャンティ2
 

威嚇です。

10・入れ替え・シャンティ3
 

仲間になろうとしたのに、突然攻撃され、びっくりしたシーザ。

すんなりとはいきませんでした。

プライドが高く、そのくせ怖がりでもあるシャンティ。

”弱い犬ほどよく吠える” そんな言葉が頭に浮かびます。

早生まれ組とは体格も違い、初めて接する牡馬に臆するところもあるのでしょう。

先日、別の牧場からSeaTheStars牡馬がやって来た時は、すぐに皆と馴染んでいました。

馬も、性格によって、さまざま。

このわんぱく4頭と馴染むには、もうしばらく時間がかかりそうです。

10・入れ替え・4頭
 

午後2時頃、再び放牧地。

やはりほかの馬とは距離を空けて、草を食むシャンティ。

10・入れ替え・距離
 

私のところへ近付いてくると、少し匂いをかいで、遠い空を見つめていました。

10・入れ替え・シャンティ顔
 

人間の存在に気付き、やって来たのは、SeaTheStars牡馬。

10・入れ替え・新入りシーザ
 

シーザでも、肢に白斑のない、新入りシーザです。

私と遊んだあとに、シャンティの方へも近付いていきました。

「今度は、どうする?」

大柄な新入りシーザくんが寄ってきただけで、逃げていくシャンティ。

10・入れ替え・逃げるシャンティ
 

「あらら・・・」

10・入れ替え・シーザ顔
 

駆け出すエンパイアメーカー牡馬。

10・入れ替え・エンパイア
 

たわむれるSeaTheStars牡馬とダイワメジャー牡馬。

10・入れ替え・シーザ&メジャ
 

早生まれの牡馬たちは、みんな元気いっぱい。

10・入れ替え・シーザ&メジャ2
 

牧柵のところまで来たシャンティは、一度だけ外に顔を出し、幼馴染みを呼ぶように、ブヒヒンと短く鳴きました。

そして、柵沿いを歩きます。

10・入れ替え・シャンティ歩く
 

ひとり静かに、歩きます。

10・入れ替え・シャンティ歩く2
 

今は孤独なシャンティ。

10・入れ替え・夕日
 

それでも、きっと時間をかけ、自分が納得すれば、群れの一員におさまることでしょう。

そして、仲間と共に、強く大きく成長してくれるでしょう。



関連タグ : ダノンシャンティ, SeaTheStars, エンパイアメーカー, ダイワメジャー,

 雨上がりの放牧地。

こちらでは、遅生まれグループが大はしゃぎ。

おなじみキングカメハメハ牝馬に、栗毛のダノンシャンティ牡馬。

8・雨2・キンカメ&シャンティ
 

バゴ牝馬の母さんは、おとなのくせに、仔馬と一緒になって走る、ヤングママ。

8・雨2・バゴ親仔
 

キンカメちゃんは、大親友の末っ子ハービンジャー牝馬を引き連れて、近くまでやって来ました。

8・雨2・キンカメ&ハービン
 

みんな雨のシャワーを浴びて、元気いっぱいです。

ますます大きくなった水たまりの場所へ、バゴ母さんが移動。

8・雨2・水たまりへ
 

大喜びでついていくのは、バゴちゃんに、キンカメちゃんに、ハービンちゃん。

珍しくベテランのキンカメ母さんまでやって来て、勢ぞろいです。

8・雨2・水遊び始まる
 

前掻きでは飽き足らず、ドボンと入ってしまうのは、やはりシャンティ母さん。

8・雨2・シャンティ母
 

本当に、泥水遊び大好き。

その周りでは、バゴちゃんにからむキンカメちゃんの姿がありました。

8・雨2・バゴ&キンカメ
 

「何よー!」

8・雨2・バゴ&キンカメ2
 

ぐいぐい押してくるキンカメに、とうとうプチぎれ。

8・雨2・怒ったバゴちゃん
 

普段はおとなしいバゴちゃんも、やる時はやります。

母馬たちが去った水たまりでは、仔馬たちの遊びが始まり、

8・雨2・水たまりへ行く
 

先ほどケンカしていた2頭も、すんなり仲間に戻って、ひと遊び。

8・雨2・牝馬3頭
 

最後は結局、遊びの天才、キンカメちゃんだけになりますが、

8・雨2・キンカメちゃん
 

その楽しみ方といったら、半端ではありません。

8・雨2・キンカメ後ろ姿
 

あっちへ向いたり、こっちへ向いたり、真剣そのもの。

そこへ、どこからかダノンシャンティ牡馬が現れました。

8・雨2・シャンティ登場
 

普段は物静か。つかみどころのないキャラのシャンティくんが、キンカメちゃんと一緒に遊び始め、「へぇ!」と思っていると、

8・雨2・2頭で
 

ボチャン!

8・雨2・ボチャン
 

初めて見ました。

いったん起き上がりますが、

8・雨2・起き上がる
 

しばらくすると、また泥水の中へ、目をつぶりながら、ボチャン!

8・雨2・再び
 

「ふー、気持ちいい!」

8・雨2・気持ちいい
 

いつの間にかいなくなっていたキンカメにもかまわず、我が道を行くシャンティ。

半身泥だらけになって、颯爽と歩いていきました。

8・雨2・颯爽と
 

なんともいえない、そっくり親仔。

8・雨2・泥浴び名人
 

”子どもは親の姿を見て育つ”といいますが、まさに彼は、母親を見て育っているようです。

関連タグ : ダノンシャンティ, キングカメハメハ, ハービンジャー, バゴ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。