ハービンジャー’13♀

ここでは、「ハービンジャー’13♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・03-30  ※健康そのもの
 ・03-29  ※母の愛
 ・03-27  ※帰郷
 ・03-26  ※朝日にきらきら
 ・03-24  ※オルフェーヴルの栗毛の牝馬、誕生

 牧場にいる1歳牝馬4頭のうち、2頭の出発が決まりました。

先に育成牧場へ行くのは、3月生まれハービンジャー牝馬。

10・1歳・ハービン
 

なぜか、父が同じ5月生まれハービンジャー牝馬が、大嫌い。

合流してから、目の敵にしていて、この日も目を三角にして、追い払おうとしていました。

10・1歳・仲悪い
 

強気な5月生まれハービンは、後ろ蹴りで応戦。

似た者どうし、気が合わないのかもしれません。

3頭が仲良く並んでいると、

10・1歳・ハービンステイディープ
 

またまた5月生まれハービンだけを、威嚇。

10・1歳・なぜか嫌い
 

けれども、牧柵の向こうで、ショベルカーが動き出したのにびっくりして、一緒に走り出しました。

10・1歳・ハービン2頭
 

体格や顔つきは、よく似ています。

みんなで、ショベルカーを「なに?なに?」と見学していると、隣の放牧地の繁殖牝馬たちも、駆け寄ってきました。

10・1歳・みんなで
 

そこには、1年前に別れたお母さんの姿も!

10・1歳・久しぶりのお母さん
 

出発する前日に、なんとなく会えました。

さて、黄葉した木をバックに、3月生まれハービン。

10・1歳・黄葉をバックに
 

久しぶりに、4頭が駆け出します。

10・1歳・駆け出す
 

ディープインパクト牝馬を先頭に、

10・1歳・こちらへ
 

闘志みなぎる、4月生まれステイゴールド牝馬。

10・1歳・黒ステイ
 

そして、ハービン2頭。

10・1歳・ハービン2頭こちらへ
 

なんだかんだいって、似た者どうしのふたり。

仲が良いほど、ケンカする、ということでしょうか。

牧場周辺の紅葉は、最盛期に達しました。

4頭が並んで・・・。

10・1歳・紅葉と4頭
 

秋ののどかなひと時。

10・1歳・秋ののどかなひと時
 

ディープと黒ステイは、最近とても仲良し。

10・1歳・ディープとステイ
 

昨年の10月にやって来たディープは、ハービンジャー牝馬の大親友でもあります。

10・1歳・ディープとハービン
 

5月生まれハービンとも、もう少し早く会っていれば、友達になれたでしょうか。

10・1歳・5月生まれハービン
 

「あー、ムズムズする!」

10・1歳・かゆいよ
 

錦織りなす山々をバックに、仲間たちと最後の放牧。

10・1歳・錦の放牧地
 

そして、今朝、いよいよ、ハービンジャー牝馬の出発。

10・1歳・ハービン横
 

馬体重は、410㎏台。

リーダーが行ったロンジング(調馬策)では、とても素直に動いたとのこと。

移動先でも、調教がどんどん進むことでしょう。

親友ディープに見送られ、

10・1歳・ディープ見送る
 

馬運車へ。

10・1歳・馬運車へ
 

反抗することなく、スッと乗っていきました。

10・1歳・スムーズに乗車
 

是非とも、故郷に錦を飾ってくれますように・・・。

さあ、明日は、ハービンのかつての幼友達で、誕生日は3日違い~黒鹿毛ステイゴールド牝馬の出発です。



スポンサーサイト

関連タグ : ハービンジャー, ステイゴールド, ディープインパクト,

火曜日に離乳した、3月末生まれグループ。

2日目の水曜日も騒いでいたのが、ハービンジャー牝馬でした。

9・2日目・遠くにハービン
 

子守り役の馬からも離れて、ひとり遠くに母を捜しにいきます。

「いないかなぁ・・・」

9・2日目・ハービン1
 

「あそこに見えるのは、母さんでは?」

9・2日目・ハービン2
 

「やっぱり違うかぁ・・・」

9・2日目・ハービン3
 

歩いて、鳴いて、走って。

昨日まで、そこにいた母の姿を追い求め、放牧地の隅から、隅まで。

そんなハービンを気にすることなく、ひとり淡々と草を食べているのが、黒鹿毛のステイゴールド牝馬でした。

9・2日目・黒ステイ
 

彼女は、マイペース。

いつも、周りに左右されることなく、自分の世界を貫いています。

ハービンジャー牝馬と同じく離乳した、鹿毛のステイゴールド牝馬とファルブラヴ牝馬。

9・2日目・ステイ&ファル
 

朝方は、ハービンと一緒に歩いていましたが、時間と共に落ち着いてきて、ふたりで草を食べ始めました。

どうしてもあきらめきれないのは、ハービンだけ。

9・2日目・走るハービン
 

「どこからそんなパワーがわいてくるの?」と思うほど、タフに一日中動き回っていました。

そして、こちらはお母さんたち。

夜間放牧の疲れも見せず、まだ仔馬たちを捜しています。

9・2日目・母3頭
 

前々日に出来た大きな水たまりを掻き出したのは、ステイゴールド牝馬の母。

9・2日目・水をかく母
 

なんだか、自分のおさえきれない思いをぶちまけているように見えます。

それほど力のこもった、前掻き。

また歩き出す3頭の母。

9・2日目・捜し歩く
 

彼女たちのあきらめきれない思いとは対照的に、明るい秋空が広がっていました。


関連タグ : ハービンジャー, ステイゴールド, ファルブラヴ,

 昨夕は、台風から変わった温帯低気圧の影響で、どしゃぶり。

川が増水し、やきもきしましたが、今朝はすっきり晴れ渡りました。

これから、3月末生まれ3頭の離乳です。

彼女たちの姿をとらえようと放牧地へ行くと、草の下は、ぴちゃぴちゃと音が立つほど水がたまっていました。

授乳中だったハービンジャー牝馬。

9・離乳・ハービン授乳
 

これがきっと最後の姿。

ほかの3頭の牝馬は、母から離れ、友達と一緒。

9・離乳・3頭
 

心の中で「今のうちに、お母さんのところへ行っておかないと・・・」と、つぶやきましたが、何も知らない仔馬たちは、私のところへやってきました。

9・離乳・来る
 

ハービンジャー牝馬も、乳を飲み終え、こちらをじっと見ています。

9・離乳・ハービン授乳後
 

お母さんは行ってしまいました。

それから少し粘って見守っていると、ファルブラヴ牝馬も乳を飲みに行き、

9・離乳・親子ショット
 

ステイゴールド牝馬も母のもとへ。

9・離乳・親子ショット2
 

やっと撮れた、親仔のツーショット。

今回は、4月生まれの黒鹿毛ステイゴールド牝馬の母だけが、残る予定でした。

9・離乳・親子ショット3
 

またみんなが程よくばらけた頃、いよいよ離乳。

スタッフが、近くにいたステイゴールド牝馬とファルブラヴ牝馬の母を連れていこうとすると・・・・。

「待って!待って!」と、あわてて走り出す仔馬たち。

9・離乳・駆け足
 

母たちに追いつくと、ぴったり横にくっつきます。

9・離乳・母に追いつく
 

このグループは結束力が強く、ひとまとまりになって歩いていきました。

9・離乳・出入り口へ
 

「もう別れ別れになるのに・・・」と思うと、見るにしのびない風景。

出入り口は、私も加わり、スタッフ総出でなんとか母3頭だけを外に出しました。

遠くに消えていく母馬の姿。

9・離乳・母去る
 

見送るハービンジャー牝馬。

9・離乳・ハービン
 

茫然。

9・離乳・茫然
 

ハービンは、自分だけ置いていかれ、納得できない気持ちをファルにぶつけます。

9・離乳・ハービン1
 

9・離乳・ハービン2
 

9・離乳・ハービン3
 

そんな騒ぎを聞きつけ、隣の放牧地にいたシルエットが、怒涛のごとく駆けてきて、

9・離乳・シル
 

心配そうに、仔馬たちを見つめていました。

9・離乳・シル顔
 

母1頭に仔馬が4頭。

9・離乳・母1仔3
 

最初は、戸惑いながら歩いていた彼女たち。

9・離乳・4頭
 

何かがプチンと弾けると、ハービンジャー牝馬を中心に、すごい勢いで暴れ始めました。

9・離乳・母の遺伝子
 

ステイとファルも、続きます。

9・離乳・ステイ&ファル
 

子守り役の黒ステイ母の周りを、勢いよく駆ける仔馬たち。

9・離乳・母の周りで
 

得意の尻っ跳ね!

9・離乳・ハービン尻っぱね
 

長年の経験からすべてわかっているベテラン母さんは、じっと見つめています。

9・離乳・見守る
 

無我夢中のハービンは、

9・離乳・勢い余って1
 

勢い余って、横すべり。

9・離乳・勢い余って2
 

それでも、すぐに立て直し、再び母を捜します。

9・離乳・勢い余って3
 

こちらは、ステイゴールド牝馬。

9・離乳・ステイ
 

彼女も、平静を失っていました。

9・離乳・ステイ2
 

やがて、ちょこんと出入り口に顔を並べ、鳴き始めます。

9・離乳・捜す2
 

母たちも遠く離れた放牧地で、騒然としていました。

9・離乳・母たち
 

特に、まだ2産目の2頭の母馬は、必死。

鳴き続ける馬たちの声に、「早く落ち着いて」と励ますばかりでした。



関連タグ : ハービンジャー, ステイゴールド, ファルブラヴ,

登録審査は、続いて3月生まれハービンジャー牝馬。

7・審査2・ハービン
 

顔の産毛はすっかりとれて、精悍な顔つきになりました。

右目は、白目の部分が多く、鋭い顔に見えます。

こちらの左目は、真っ黒。


7・審査2・ハービン横顔
 

母と一緒に、放牧地に放たれると・・・。

7・審査2・放牧地へ
 

先に放れていた、隣の馬たちが、駆け寄ってきました。

7・審査2・隣の仲間
 

「あれ?こっちのみんなは、まだ来ないのかしら?」

7・審査2・みんなは
 

キングカメハメハ牝馬に比べると、冷静なハービンちゃん。

厩舎の方へ戻ると、黒鹿毛のステイゴールド牝馬は、もう審査が終了していました。

7・審査2・黒ステイ
 

わかりやすい顔というか、体の特徴も少なく、早く終わったようです。

黒ステイとハービンの仲良しコンビは、すぐに遊び始めます。

7・審査2・黒ステイとハービン
 

そして、今度は、鹿毛のステイゴールド牝馬。

7・審査2・ステイ顔
 

同じ父ステイゴールドでも、こちらは、脚長タイプ。

7・審査2・ステイ
 

すらっとした体型をしています。

旋毛の記録をとり始めたジャパン・スタッドブック・インターナショナルの方が、立ち止まって悩み始めたので聞くと、腹の旋毛、いわゆる”芝引(しばひき)”が、左ははっきりとわかるのに、右がわかりづらいということでした。

プロを悩ませた鹿毛ステイちゃん。

次は、その鹿毛ステイと仲良しのファルブラヴ牝馬。

7・審査2・ファル
 

耳をすまして聞いていると、彼女の頭部の白斑は、「大流星鼻梁白鼻梁鼻大白上唇白下唇大白」。

旋毛は、「髪中(かみなか)」「芭蕉上(ばしょうのぼり)」「左骨正(こっせい)」。

肢部の白斑は、「左前半白・左後一白・右後細長白」。

まるで暗号のように聞こえてくるこれらを、約3分から5分のうちにパッと記録されるのですから、これぞ職人の技!

ファルちゃん親仔も、放牧地へ。

7・審査2・ファルみんなのところへ
 

仲間たちは、奥の放牧地に移動してしまっていたので、土煙をあげ、走ってそちらに向かう2頭でした。



関連タグ : ステイゴールド, ファルブラヴ, ハービンジャー, キングカメハメハ,

 先週、熱が出たステイゴールド産駒の2頭。

厩舎やパドックで休養している間、それぞれの相棒であったファルブラヴ牝馬とハービンジャー牝馬を一緒にしてみました。

放牧初日ですぐに仲良くなった、ファルちゃんとハービンちゃん。

5・友・ハービン&ファル
 

互いにグルーミングするまでに。

5・友・グルーミング
 

そして、金曜日。

回復したステイゴールド産駒2頭が、放牧地に復帰。

5・友・ステイたち
 

ファルブラヴ牝馬、鹿毛のステイゴールド牝馬、ハービンジャー牝馬、黒鹿毛のステイゴールド牝馬。

女の仔、4頭での新しい生活が始まりました。

そこでもう、落ち着かないのが、ハービンちゃんです。

好奇心旺盛、友達大好きの明るい性格。

5・友・ハービン
 

「あの新しい仔が気になる!」のですが、真っ黒いお母さんが目を光らせていて怖そうだし、なかなか近付けません。

それなら・・・と、黒鹿毛のステイちゃんに近付きます。

5・友・久しぶり
 

「どこに行ってたの!探してたんだよ!」

元気になった黒ステイと挨拶していると、背後に黒い影。

仲間が増えて、神経をとがらせている鹿毛ステイの母さんに追われてしまいました。

5・友・追われる
 

「わーい!怖いおばさんだぁ!」

5・友・ハービン走る
 

走って逃げた先には、自分のお母さん。

「何してるの?」

5・友・母1
 

背中がかゆくて、ゴロゴロし始めた母馬に、興味津々。

5・友・母2
 

それでも、大好きなのは、自分の友達。

すぐにまた、黒ステイちゃんを追いかけ、「あそぼ!あそぼ!」と、始まります。

5・友・黒ステイに
 

そして、遠く離れたところにいた、ファルブラヴ牝馬にも、歩いて近付き、

5・友・ファル
 

「ねえねえ、あなたのことも、もちろん忘れてないわよ!遊ぼうよ!」

5・友・近付く
 

友達みんなが気になって仕方がないハービンちゃん。

5・友・ファルとハービン
 

みんなのところへ挨拶してまわり、大忙し。

彼女のおかげで、ここは明るく楽しいグループになりそうな予感がします。


関連タグ : ファルブラヴ, ステイゴールド, ハービンジャー,