ステイゴールド’13♀

ここでは、「ステイゴールド’13♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1歳ステイゴールド牝馬が、育成牧場へ出発する朝。

厩舎に向かうと、初期馴致中のメイショウサムソン牝馬が、戻ってきました。

9・ステイ・サムソン
 

汗をかいたので、シャワーで丸洗い。

9・ステイ・シャワー
 

その後、ステイの手入れが始まります。

9・ステイ・手入れ
 

親友のワークフォース牝馬が移動してからも、元気いっぱいでした。

馬体重は430㎏台。

9・ステイ・横
 

離乳してから約1年を、共に過ごした仲間たちに見送られ、

9・ステイ・仲間たち
 

馬運車へ。

9・ステイ・馬運車
 

育成厩舎へ移って来た、当歳離乳組たちも、見守ります。

9・ステイ・見つめる当歳馬
 

左から、3月生まれヴィクトワールピサ牝馬、キンシャサノキセキ牡馬、2月生まれヴィクトワールピサ牝馬、ディープインパクト牝馬。

初めて放れる放牧地なので、みんなで固まって。

ステイは、慎重派と見え、人間にお尻を押されながら、少しずつ、前進。

9・ステイ・押して乗車
 

ようやく、出発となりました。

最後まで見守っていたのは、ディープインパクト牝馬。

9・ステイ・見るディープ
 

いつも鶴首で、周りに注意を払う、神経質な女の仔。

離乳してからは、甘えん坊にもなり、以前より人間のところへすり寄ってきます。

こちらは、ヴィクトワールピサ牝馬2頭。

9・ステイ・ピサ2頭
 

離乳2日目に母を捜していた星ピサちゃんも、すぐに元の姿に。

昨晩は、厩舎が変わり、落ち着かなかったのか、あくびばかりしているディープ。

9・ステイ・あくび
 

あいかわらず、かじり魔のキンシャサと、甘えん坊の黒ピサ。

9・ステイ・キンシャサ&ピサ
 

青空の下、続々と出発していく1歳馬たちの裏で、また新しい生活が始まっています。

9・ステイ・新しい生活





スポンサーサイト

関連タグ : ステイゴールド, メイショウサムソン, ワークフォース, , ヴィクトワールピサ, ディープインパクト, キンシャサノキセキ,

 再び、ひんやりと寒くなってきた北海道。

ゴールデンウィークには間に合いそうもない桜は、まだかたい蕾のままです。

それでも、今年初めて、ツバメの姿を確認することが出来ました。

少しずつ前進する春を感じます。

さて、放牧地の仔馬たちはといえば、その日の気温によって馬服を着用することもありますが、皆、元気。

これは、先日、服を着ていなかった時に撮った、鹿毛のステイゴールド牝馬です。

4・牝・ステイ牝
 

もうすぐ生後1ヵ月。

そして、こちらは、今日でちょうど生後1ヵ月になるファルブラヴ牝馬。

4・牝・ファル牝
 

彼女たちは、共に広い放牧地に移り、のびのびと草を食むようになりました。

ちょっぴり恥ずかしがり屋のファルちゃん。

4・牝・ちょっぴり
 

母と一緒なら、人間に近付けます。

手を伸ばして顔をなでようとすると、一生懸命口をパクパク動かしていました。

”降参”のサイン。

「そんなに怖がらなくてもいいのになぁ・・・」

それでも、こちらがじっとしていると、気になって寄ってきます。

4・牝・近くに
 

ぱっちりした目がかわいい女の仔。

ステイゴールド牝馬も、こちらを観察していました。

4・牝・ステイ顔
 

放牧地が広いので、なかなか近付く機会に恵まれない2頭でしたが・・・。

その後、ふと見ると、寝ているファルブラヴ牝馬に近付いているステイちゃんを発見!

4・牝・接近
 

互いの母親は、遠くで草を食べていて、まったく気付いていません。

気になっていたファルちゃんに接近を試みるステイちゃん。

起きました。まんざらでもない様子。

4・牝・起きた
 

のぞき込んだり、

4・牝・のぞき込むステイ
 

匂いをかいだり。

4・牝・匂いをかぐステイ
 

誰にも邪魔されず、ゆっくりと仔馬だけで挨拶をしています。

4・牝・かぐ
 

「友達になろうよ!」 そう言っているのでしょうか。

そのうちに、ステイも座り込みました。

4・牝・友達の近くで
 

「お母さんがいなくても平気。だって、友達がいるもん」

そんなふうに、仔馬どうしで仲間意識が出てきたようです。

幼稚園に通う、人間の子どもたちのように、これからは友達との遊びが断然楽しくなることでしょう。


関連タグ : ステイゴールドファルブラヴ,

 今朝は、穏やかな南風が吹く、過ごしやすい朝でした。

寝ているステイゴールド牝馬を見ている、ファルブラヴ牝馬。

4・となり・ステイ見るファル
 

初めての友達がちょっと気になる様子。

しばらくすると、自分も寝てしまいます。

4・となり・ファル寝相
 

すやすやと、気持ち良さそうな寝顔。

こちらにもいました。

4・となり・メジャ寝相2
 

ダイワメジャー牡馬。

夢の中で走っているのか、肢を盛んに動かしながら、目だけはつぶっています。

土手には、今年もホトケノザが咲き出しました。

4・となり・ホトケノザ
 

寒風に耐えた小さな背丈の花。濃いピンク色は、気持ちまで華やかにしてくれます。

しばらくして起き上がったメジャーくんは、となりで動き回っているお転婆娘を見つけました。

隣り合わせの放牧地のステイゴールド牝馬。

4・となり・ステイとメジャ
 

互いに見つけて、観察中。

好奇心旺盛メジャーくんは、同じ放牧地のワークフォース牝馬を追いかけますが、

4・となり・追いかけるメジャ
 

いつも逃げられてしまいます。

4・となり・あきらめるメジャ
 

「つまんないな・・・」と戻ってきて、顔を出すメジャー。

4・となり・顔出すメジャ
 

先ほどのステイちゃんが、今度は真正面から顔を出してきて、「あなた、だあれ?」

4・となり・のぞき込むステ
 

柵越しに見つめ合う2頭は、なかなかナイスなコンビでしょうか。

私に気付いて遊びに来ようとしたワーちゃん。

4・となり・ワーちゃん来る
 

メジャーくんが近付くのを見て、

4・となり・近付くメジャー
 

キャッと引き返してしまいました。

4・となり・気付いて引き返す
 

どうもわんぱくな男の仔は、苦手なようです。

男みたいな女の仔は、ステイゴールド牝馬。

彼女は、お母さんのお尻にまとわりつき、牡馬のように、立ち上がります。

4・となり・お転婆ステイ
 

とてっ。

4・となり・とてっ
 

「わー、私にはあんなこと出来ないわ」 なんて見ているのは、ファルちゃん。

4・となり・ステイを見るファル
 

彼女もひとりの時は十分お転婆でしたが、目の前にステイちゃんが現れると、急におとなしくなりました。

慣れるまで相手を観察する、慎重な性格なのでしょう。

みんなが仲良く遊ぶ日が、今から楽しみです。


関連タグ : ワークフォース, ダイワメジャー, ファルブラヴ, ステイゴールド,

 数日前から、ファルブラヴ牝馬と鹿毛のステイゴールド牝馬が、一緒に放れています。

母親は2頭とも初産ではなく、顔なじみ。

まだ生まれてから日が浅いため、距離をとっていますが、比較的おだやかに合流できました。

こちらは、ファルちゃん。

4・放・ファル
 

今朝は、夜間に降った雪が残る寒い朝でした。

陽射しと共に雪は解けましたが、冷たい風が吹き、まだ馬服が脱げません。

すやすやと眠っているステイちゃんの顔。

4・放・寝顔
 

長い肢を伸ばして、とても気持ち良さそうだったのに、

4・放・寝ているステイ側から
 

お母さんが起こしてしまいました。

4・放・起こされた
 

「起きようかな、どうしようかな・・・」と、肢を出したり引っ込めたりしているうちに、

4・放・起きようかな
 

後ろのファルブラヴ牝馬が、「おやすみ・・・」

4・放・やっぱり寝よう
 

ステイちゃんは、起き上がります。

4・放・起きた
 

くりっとした目でこちらを見つめ、「なになに?」

4・放・鹿毛ステイ
 

好奇心と警戒心とが入り混じった女の仔。

すぐ近くまで寄ってくると、サッと逃げていきました。

そして、今度は、ファルちゃんの方へ。

4・放・1回目
 

起きたファルちゃんについていくと、母親ににらまれて、

4・放・にらまれ
 

大急ぎで退散。

4・放・逃げる
 

「怒られちゃった!」

4・放・怒られちゃった
 

しかし、懲りずにまた寄っていきます。

4・放・懲りずに2回目
 

「遊びたいなぁ」

4・放・遊びたいな
 

今度は、後ろからやって来た母馬に「ほらほら、何やってるの!あっちに行くわよ」と連れていかれますが、

4・放・行くわよ
 

「やっぱり気になる」と、3回目の挑戦。

4・放・3回目
 

チャレンジ精神は、認めます。「早く友達になれるといいね!」

隣の放牧地では、ワークフォース牝馬とダイワメジャー牡馬がそろって朝寝中。

4・放・ワーク&メジャー
 

青い空。ヒバリの声をバックに、飛んでいくオオハクチョウのかすかな鳴き声が聞こえます。

4・放・オオハクチョウ
 

去りゆく冬に、少し寂しさも感じました。

関連タグ : ファルブラヴ, ステイゴールド, ワークフォース, ダイワメジャー,

 予定日を10日以上過ぎ、大きなお腹で歩いていた繁殖牝馬。

3・ステイ・出産前
 

乳ヤニが付き、「そろそろ生まれるかな・・・」と夜間の監視を始めた翌日。

3月30日の午後3時過ぎに、父ステイゴールドの牝馬を、無事出産しました。

実は、その場に立ち会えなかった私。

午後から所要で出かけていたため、戻ってくると、母はすでに立ち上がり、生まれたばかりの我が仔を一生懸命なめている最中でした。

3・ステイ・生まれた
 

「うわっ、また昼に生まれたんだ!」

私が牧場を出た午後0時半には、放牧地で平然と草を食べていた母馬。

午後1時頃、来客のため外に出たリーダーが、出入り口でそわそわしている彼女を発見。馬房に入れたとか。

そして、その1時間半後に破水し、安産でこの時を迎えたということでした。

それにしても、この母の、仔馬のかわいがりようといったら・・・。

3・ステイ・母と
 

2年前に初仔を産んで以来、2度目の出産。

1度目の時も、とにかく我が仔をかわいがっていたので、うなずけます。

「忘れてないんだね・・・」

安心して任せておける、そんな愛情たっぷりの空気が流れていました。

まるでそれに応えるかのように、仔馬は肢を動かし、立ち上がろうと頑張っています。

3・ステイ・立ち上がろうと
 

そして、こんな一場面も。

3・ステイ・キス
 

乳を探して一生懸命伸ばした口が母に触れ、母も一瞬びっくり。

その後も、母親からのひっきりなしの励ましを受け、立ち上がったのは、誕生から約50分後のことでした。

3・ステイ・立った
 

周りの馬房には、すでに、放牧地から帰って来たほかの仔馬たちがいます。

夕日を浴びて、輝くSeaTheStars牡馬。

3・ステイ・シーザ
 

自分専用の個室から振り返る、ダイワメジャー牡馬。

3・ステイ・メジャー
 

そして、「なに?」と個室の穴からのぞき込むメジャー母さん。

3・ステイ・メジャー母
 

母のあしもとにちょこんと座るエンパイアメーカー牡馬。

3・ステイ・エンパイア
 

大人びたワークフォース牝馬。

3・ステイ・ワーク
 

あくびをする、かわいいファルブラヴ牝馬。

3・ステイ・ファルあくび
 

まるでドールメイクな横顔。

3・ステイ・ファル
 

今年6番目となる、ステイゴールドの女の仔は、誕生から1時間半後に乳を飲み始め、順調にこの世界を歩き出しました。

3・ステイ・授乳完了
 

さあ、いよいよこれからは、折り返しの後半戦となります。

この先も、無事に新しい命を迎えられるよう、頑張っていきます。


関連タグ : ステイゴールド, SeaTheStars, ダイワメジャー, エンパイアメーカー, ワークフォース, ファルブラヴ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。