Sea The Stars’13♂

ここでは、「Sea The Stars’13♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・03-30  ※健康そのもの
 ・03-29  ※母の愛
 ・03-27  ※帰郷
 ・03-26  ※朝日にきらきら
 ・03-24  ※オルフェーヴルの栗毛の牝馬、誕生

 日曜日の東京2レースで、生産馬のエンジニアが、勝利しました。

SeaTheStarsの2歳牡馬。

2013年3月6日に生まれ、昨年の9月に育成牧場へ移動した、シーザです。

フルゲート18頭の中から抜け出し、先頭ゴールインを果たした瞬間は、なんともいえない嬉しさが込み上げてきました。

方々から「いい馬だ」と聞かされてきただけに、期待が大き過ぎ、デビューからの三戦は、なんだかもやもや。

「いい馬なのになぁ・・・」と、心沈む毎日でした。

性格の良い母馬は、子どもたちにも人気で、「ロリー(母の呼び名)のシーザでしょ?頑張れ!」といつも応援。

4戦目での勝利に、「やった!」と大喜びでした。

ちょうど3年前のこの時期に、ここへやって来たお母さん。

はるばる海を越え、お腹には評判の種牡馬の仔・・・ということで、いつも以上に気を使ったことを覚えています。

それでも、とても賢く、手をかけさせない母馬は、初めての出産を見事にこなしてくれました。

3・シー・誕生
 

ものすごく機敏だったシーザ。

3・2日目・お母さん!
 

2年半前に撮った記録を点検してみると、愛らしい画像の数々が出てきて、思わず顔がほころんでしまいました。

3・シーザ・鼻の穴
 

とにかく、長男が中央1勝を果たしたことを母馬に伝えるべく、リンゴを持って、放牧地へ。

今日は、朝起きた時、うっすらと白い雪がかかっていた地面も、暖かい日の光と共に、すぐにとけました。

気持ちの良い青空。遠くには、真っ白い日高山脈。

11・祝・シーザ母
 

今年クロフネ牡馬を産んだ母馬が、今の相棒。

11・祝・リンゴもらい
 

一緒に食べた後、リンゴの匂いに反応したのか、フレーメンをしていました。

11・祝・匂い
 

横の川から、鮭の水音が聞こえてきたため、そちらに向かうと、遠くにダイサギの姿。

11・祝・ダイサギ
 

たぶん、イクラを狙っているのでしょう。

鮭の動きに気をとられていると、「ねえねえ、もう終わり?」という顔で、のぞいている母馬の顔。

11・祝・もうないの?
 

「そうそう、そうだった!リンゴをあげに来たんだ」

と、もう一度、ポケットのリンゴを食べさせていると、相棒、登場。

気の優しい母は、避けるように移動してしまいました。

ニンジン・リンゴが大好きな甘党のお母さん。

長男からのプレゼントが、心にも届いたでしょうか。

11・祝・山と馬と鷺
 

今日は、エンジニアの勝利に加え、ホッとするような暖かさに恵まれ、本当に気持ちの良い一日となりました。


スポンサーサイト

関連タグ : SeaTheStars, クロフネ,

 1歳SeaTheStars牡馬出発の前日、放牧地に向かおうとすると、大きな虹がかかっていました。

9・シーザ・虹
 

まるで、シーザの門出を祝うかのような、美しい虹。

夕方で、もう放牧地は、陰ってきていましたが、みんな歩いてきます。

9・シーザ・シーザ2頭にメジャ
 

体重400㎏を超える牡馬軍団。

みんな愛嬌者ながら、ドドドッと寄って来られると、柵の外へ逃げ出さずにはいられません。

隣の放牧地の育成牡馬たちが、何事かと駆けてきました。

9・シーザ・隣のワークたち
 

「なに?なに?」と、こちらも顔を並べて、興味津々。

9・シーザ・4頭
 

よく似たシーザスターズ牡馬2頭と、ダイワメジャー牡馬、ダノンシャンティ牡馬の4頭。

9・シーザ・顔を並べて
 

草をむしると、喜んで顔を伸ばしてきました。

9・シーザ・草
 

あくびをする最中の変顔は、シャンティ。

9・シーザ・シャンティ
 

こちらは、メジャー。

9・シーザ・メジャ
 

しばらくすると、押し合いへし合いしながら、また放牧地の真ん中へ戻っていきました。

9・シーザ・おしくらまんじゅう
 

そして、夜が明ける頃、再び、放牧地。

今度は、西に沈む大きな月に、見守られて。

9・シーザ・夜明けの月
 

育成シーザとシャンティ。

9・シーザ・シャンティたち
 

生産シーザとメジャーの2組に分かれていました。

9・シーザ・シーザ&メジャ
 

エンパイアメーカー牡馬が、育成牧場へ行き、メジャーは幼馴染みのシーザと行動を共にしています。

しかし、それも、今日まで。

集牧が終わると、東の空から、まぶしい太陽が出て来ました。

9・シーザ・朝日
 

これから放牧に出るのは、当歳のキングズベスト牝馬とワークフォース牡馬。

9・シーザ・キングたち
 

1歳SeaTheStars牡馬のお母さんは、ディープインパクト牡馬を連れて。

9・シーザ・母
 

離乳した早生まれ組を先導するのは、3月生まれヴィクトワールピサ牝馬の母。

9・シーザ・離乳組
 

くもりの予報は外れ、素晴らしい秋の青空が広がる朝。

食事を終えたシーザに、手入れが行われます。

9・シーザ・手入れ
 

馬体重は、460㎏台。

9・シーザ・横
 

調馬策の動きは素晴らしく、活躍が期待される1頭の出発。

9・シーザ・シーザ顔
 

所用で、午前9時の馬運車乗車には立ち会えませんでしたが、立ち往生せず、スッと乗っていったとか。

母ゆずりの肝の太さは、この先、どこへ行っても、有利に働くことでしょう。


関連タグ : SeaTheStars, エンパイアメーカー, ダイワメジャー, ダノンシャンティ, キングズベスト, ワークフォース, ディープインパクト, ヴィクトワールピサ,

 例年より暖かい北海道に、雪がちらっと降りました。

空は曇ったり晴れたり。

今日も、ニンジンを持って放牧地へ行くと、気付いたSeaTheStars牡馬が、こちらへ。

12・シーザ・こちらへ
 

しかし、シャカシャカッというポリ袋の音に反応して、みんなのところへ戻っていってしまいました。

「意外と神経質なんだなぁ・・・」

それでも、パワーは全開。

もう1頭のSeaTheStars牡馬のところへ行くと、いたずらを始めます。

12・シーザ・再び
 

こう並ぶと、もうそっくりで、肢の白を見なければ、即座に判別が出来ません。

12・シーザ・ダブルシーザ
 

額の白が少し違い、全体的に大柄なのが、新入りシーザ。

12・シーザ・ダブルシーザこちらを
 

新入りといっても、もう3ヵ月以上が経つので、別の呼び方を考えなければ・・・と思いつつ、「色も同じ・3月生まれも同じ」となると、なかなか良い呼び名が浮かんできません。

この2頭は、よく一緒に遊んでいます。

12・シーザ・お尻に
 

生まれたところは違うのに、父親が同じということで、なんとなくつながるものがあるのでしょうか。

12・シーザ・2頭
 

互いに、何か雰囲気を感じながら、近付き合っているように、見えます。

12・シーザ・追いかけ
 

追いかけて、相撲をとり、

12・シーザ・相撲
 

今度は立ち上がり。

12・シーザ・立ち上がり
 

近くにいたエンパイアメーカー牡馬にも、ちょっかいを出すシーザ。

12・シーザ・エンパイアに
 

反撃を受けてしまいました。

12・シーザ・反撃
 

さて、このメンバー中、特に好奇心が旺盛なダイワメジャー牡馬が、やって来ました。

12・シーザ・メジャ
 

かじるのが大好きなメジャーは、ニンジンが大好き。

口元に出すと、すごい勢いでかじかじ。

12・シーザ・メジャニンジン
 

たちまち寄って来たほかのメンバーにも、差し出しますが、ほかに食べるのは、シーザだけ。

12・シーザ・シーザ顔
 

ダノンシャンティ牡馬とエンパイアと新入りシーザは、絶対に口にしません。

こんなところにも、ちょっとした性格の違いが現れる、当歳馬。

太陽が顔を出し、明るくなった放牧地に、カラスがやって来ます。

12・シーザ・カラスと2頭
 

空の上から馬たちが何かをもらう様子をじっと見ていて、自分の食べられるものかと舞い降りてきたものの、それが硬いニンジンだとわかり、「なんだよ!」と鳴きわめいているようでした。

また一緒に歩き出した、シーザ2頭。

12・シーザ・また
 

草を引っ張る、シャンティ。

12・シーザ・シャンティ
 

エンパイア。

12・シーザ・エンパイア
 

仲間は、それぞれまた放牧地に散っていきました。


関連タグ : SeaTheStars, エンパイアメーカー, ダイワメジャー, ダノンシャンティ,

急に寒くなりました。

何枚も重ね着をして、放牧地へ。

当歳牡馬グループの様子を、のぞきにいきます。

顔を上げた新入りSeaTheStars牡馬と、ダノンシャンティ牡馬。

11・牡・シーザ&シャンティ
 

少し離れて、エンパイアメーカー牡馬とSeaTheStars牡馬、ダイワメジャー牡馬。

11・牡・エンシーザメジャー
 

静かに草を食べていると思ったら・・・。

11・牡・メジャ
 

早速メジャーくんが、歩いてきました。

あいかわらずの”かじり魔”と、悪戦苦闘していると、いつの間にかぞろぞろ集まってきて・・・。

11・牡・シャン
 

5頭が、おしくらまんじゅう。

11・牡・集合
 

あっちでもこっちでも、かじり合い。

隣の牧場の繁殖牝馬が、「あらあら」という顔で眺めていました。

シーザ対メジャー。

11・牡・シーザ&メジャ
 

メジャー対シャンティ。

11・牡・メジャ&シャン
 

どこを見渡しても、わんぱくばかり。

11・牡・みんな
 

今年は、一歩ひく馬がおらず、みんながワイワイとぶつかり合っています。

とにかく前向きな性格の馬たち。

11・牡・シャン対メジャ
 

暖かそうな冬毛をまとい、元気に動き回る毎日。

いたずら大好きメジャー。

11・牡・メジャ顔
 

ちょろちょろ動き回る、ねずみタイプのシャンティ。

11・牡・シャンティ顔
 

皆、私のところへ顔を出しては、横から噛まれて、「なんだよぉ!」と、ひともめ。

相手は、入れかわり、立ちかわり。

これは、シーザとシャンティ。

11・牡・シーザとシャンティ
 

シャンティとメジャーと新入りシーザ。

11・牡・新入り立ち上がる
 

またまたシーザとシャンティ。

11・牡・重なる2頭
 

11・牡・シャンシーザ
 

新入りシーザとシャンティ。

11・牡・新入り
 

とにかく、仲間と絡み合うのが大好きな牡馬たちですが・・・。極めつけは、このシーザ。

11・牡・シーザフレーメン
 

エンパイアを相手に、

11・牡・シーザとエン0
 

プロレス並みの格闘。

11・牡・シーザとエン1
 

「えっ?そんな体勢、大丈夫?」

11・牡・シーザとエン
 

思わず、心配になる格好でぶつかり合い、何食わぬ顔で、また走っていきました。

いつの間にか、太陽が雲に隠され、暗くなった放牧地。

すぐ脇の木に、赤い実を見つけ、ホッとします。

11・牡・オレンジ色の実
 

少しずつ色が消えていく、初冬の北海道。

11・牡・小雪
 

集牧前には、あられが降り出し、静かに草を食んでいた牡馬たちの周りにも、白い粒がたまり始めていました。



関連タグ : Sea, The, Stars, エンパイアメーカー, ダイワメジャー, ダノンシャンティ,

 離乳翌日。朝一番は、仔馬たちの鳴き声が、時折響きました。

特に、当日は肢の痛みでそれどころでなかったSeaTheStars牡馬が、大声を張り上げます。

それでも、午後になると、声は少なくなりました。

3時頃の放牧地。

8・離乳2・メジャー
 

ダイワメジャー牡馬とワークフォース牝馬が、歩いてきました。

いつものように顔をなでても、平気。落ち着いてきたようです。

シーザもやって来ます。

8・離乳2・シーザ
 

どこか遠くを見つめ、母を捜していることがわかります。

8・離乳2・シーザの目
 

メジャーは、そのシーザのお尻に顔を近付け、乳を探していました。

8・離乳2・メジャ
 

今まで普通にもらっていた母乳が、恋しいのでしょう。

でも、元気はいっぱい。牧柵の間から顔を出し、いつものわんぱくメジャーくんに戻りつつあります。

8・離乳2・わんぱくメジャ
 

ワーちゃんは、エンパイアメーカー牡馬とグルーミング。

8・離乳2・ワークとエン
 

母が大好きだった彼女も、悲しみを乗り越え、仲間と生きていかなければなりません。

8・離乳2・ワーちゃん
 

水桶の水を飲み始めたメジャー。乳の代わりに、水でのどをうるおします。

8・離乳2・メジャ水
 

母を捜しているシーザは、放牧地の端まで行き、ある方向をじっと見つめていました。

8・離乳2・シーザの視線
 

視線の先にいるのは、サクセスシルエット。

8・離乳2・シルエット
 

実は、彼女も昨日、来春の種付けのために、育成馬の厩舎から繁殖厩舎へ移ってきました。

放牧地が変わったために、朝から落ち着かない様子で、歩き回っています。

シーザは、その姿を母かと思い、目で追っているようでした。

8・離乳2・のぞく3頭
 

近付いてきたシルエットは、体半分泥だらけ。

8・離乳2・シル顔
 

早速、ここでも水たまりを見つけて、ゴロを打ったようです。

覚えているでしょうか。ここは、彼女が誕生後に初めて放れた放牧地。(2008年4月2日)

あれから5年と5ヵ月が経ったシルエットは、じっと周りの景色を眺めていました。

8・離乳2・景色
 

前夜の雨で増水している川も、

8・離乳2・景色2
 

大きな木も、彼女の記憶にうっすらと残っているのかもしれません。

8・離乳2・景色3
 

向こうにいるのは母ではないと悟った仔馬たちは、静かに草を食べ始めていました。

8・離乳2・並んで
 

そして、本物の母馬たちは・・・・。

8・離乳2・シーザ母
 

すっかり騒ぎ疲れて、こちらもおとなしくなっていました。

乳房炎を防ぐため、前夜は放牧。

雨のシャワーを浴びたので、汗だくだった体は、すっきりきれいになっています。

8・離乳2・ワーク母
 

今は抜け殻のような3頭。

8・離乳2・メジャー母
 

仔と離された悲しみを早く乗り越えてくれるよう、願うばかりです。




関連タグ : ワークフォース, ダイワメジャー, SeaTheStars, エンパイアメーカー,