キングカメハメハ’12♀

ここでは、「キングカメハメハ’12♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・03-30  ※健康そのもの
 ・03-29  ※母の愛
 ・03-27  ※帰郷
 ・03-26  ※朝日にきらきら
 ・03-24  ※オルフェーヴルの栗毛の牝馬、誕生

 昨日、当歳馬3頭の離乳の前に、1頭の1歳馬が旅立ちました。

3月生まれのシンボリクリスエス牝馬。

9・牝・クリス
 

大柄で気が強く、ニンジンに目がない彼女。

9・牝・クリス横
 

目の前にニンジンを出されると、友達なんてなんのその。

蹴散らしたり、噛みついたり、怒りをあらわにして、独占しようとするクセがありました。

そんな個性の強いお姉さま。競走馬として、1年後にどんな姿を見せてくれるでしょうか。

9・牝・クリス馬運車へ
 

クリスを見送った後、残っている牝馬たちのところへ。

9・牝・3頭
 

2グループあった1歳牝馬は、移動と共に、ひとつのグループにまとめました。

生産馬のキングカメハメハ牝馬と、昨年10月から預かっているデュランダル牝馬、そして今年の8月から預かっているディープインパクト牝馬。

徐々に友達が減っていき、寂しいのか、ケンカをすることもなく、仲良く草を食んでいます。

こちらに気付いたデュランダル牝馬を先頭に、

9・牝・3頭こちらへ
 

キンカメちゃん。

9・牝・キンカメちゃん
 

新入りディープ。

9・牝・新入りディープ
 

みんなやって来ました。

育成牧場へ行くまで、あとわずか。今のうちに、仲間との触れ合いを、ゆったり楽しんでほしいと思います。

そして、程なく今日、生産牝馬では最後の1頭となったキングカメハメハ牝馬の移動。

9・牝・翌日キンカメ
 

手入れの少し前に彼女をたずね、思い切り遊んであげました。

コンデュイット牝馬と共に、遊びの天才だった、キンカメちゃん。

9・牝・キンカメ準備
 

暇な冬場に、放牧地の出入り口のカギを開けることを覚えたり、帽子や木の枝で際限なく遊んだり・・・。

9・牝・キンカメ横
 

最近は、私の手のひらをなめることを覚え、会えば首を伸ばしていました。

馬運車へ。

9・牝・馬運車へ
 

と、ここまでは非常に順調だったのですが、「入らない!」と決めたら、それはもう頑固でした。

草で誘ってもダメ。押してもダメ。鞭で追ってもダメ。後ずさりで入れようとしてもダメ。

次第にテンションが上がり、馬運車と馬積み場の間から転落するハプニング!

幸い怪我はなく、再びトライ。

キンカメの仔、恐るべし!

「うちでは、トーホウアラン(育成馬)以来の怪物だ!」と、こぼしながら、鼻ねじを出してきたリーダー。

根負けしたキンカメちゃんを、なんとか馬運車に入れることが出来ました。

おっかなびっくり、友達の一部始終を見守っていた、デュランの顔。

9・牝・デュラン
 

そして、超がつくほど頑固だったキンカメの、馬運車内の姿。

9・牝・馬運車内
 

「なんで私、こんなところに入らなきゃならないの?」

平然と、外の風景を見つめ、去っていきました。

きっと、また会いに行きます。


スポンサーサイト

関連タグ : キングカメハメハ, デュランダル, ディープインパクト, シンボリクリスエス,

 今朝は、気温がマイナス10℃まで下がりました。

放牧地は、週末に降った雪で、真っ白。

12・晴れ・雪の足跡
 

馬たちの足跡がくっきり残り、「何をしていたのだろう?」と、楽しくなってしまいます。

鼻に雪を付けてやって来たのは、キングカメハメハ当歳牝馬。

12・晴れ・キンカメ来る
 

雪をかき分ければ、おいしい青草が顔を出すので、乾草には目もくれず、穴掘りをしています。

12・晴れ・雪をかき分け
 

栗毛のゼンノロブロイ牝馬もやって来ました。

12・晴れ・栗ロブ
 

続いて、デュランダル牝馬。

12・晴れ・デュラン
 

コンデュイット牝馬は、遠くでうとうと立ち寝をしていましたが、こちらに気が付き、振り返りました。

12・晴れ・コンデュ
 

皆、冬毛が一層伸び、むくむくとして、とても暖かそう。

川をはさんで反対側の放牧地にいた繁殖牝馬が、当歳馬を見に歩いてきました。

12・晴れ・繁殖
 

「誰なんだろう?」

12・晴れ・誰?
 

当歳馬たちも、興味深く見つめています。

ところが、隣にデュランダル牝馬がいることに気が付いた、コンデュイット牝馬。

キーッと厳しい目つきで、威嚇。

12・晴れ・威嚇
 

「あー、またやってるな」と、デュランに同情しながら見ていると、

ちゃんと反対側へ回って、栗ロブちゃんの隣におさまっていました。

12・晴れ・4頭
 

「良かった・・・」

川のふちで、トビがサケをついばんでいると思ったら、栗の木の方から、「ピー、ヒョロロ」とトビのような鳴き声。

ものまね好きなミヤマカケスが、私に気付き、突然ジャージャーと鳴きながら出てきます。

12・晴れ・ミヤマカケス
 

今度は、オオハクチョウ。

12・晴れ・オオハクチョウ
 

青い空の下、動物たちの動きも活発になる、昼前の時。

再び、柵の中に入ると、キンカメ牝馬が、帽子をかじり始めたので、とられる前に渡すと、嬉しそうに噛み出しました。

12・晴れ・キンカメ帽子
 

いつものように、飽きることなく、延々と遊び始めるキンカメちゃん。

今度は、夜じゅう寝ているミケ登場。

12・晴れ・ミケ
 

「あれ?なあに?」

12・晴れ・あれ?
 

雪の上を歩くのが嫌いなミケを、牧柵の上にのせてあげると・・・・、やって来ました。好奇心旺盛キンカメちゃん。

12・晴れ・キンカメとミケ
 

じっと匂いをかいでいるまでは良かったのですが、猫パンチにびっくりし、一瞬たじろぎます。

12・晴れ・びっくりした
 

そこで引き下がる馬ではないのも、キンカメちゃん。

また近寄ってきて、観察中。

12・晴れ・観察
 

ミケが柵を降りると、残念そうに見送っていました。

上空を旋回する2羽の真っ白い鳥は、冬に必ずやって来る猛禽のケアシノスリ。

12・晴れ・ケアシノスリ
 

今年も冬の役者が勢ぞろい。躍動する命と共に、白い世界を満喫していきます。


関連タグ : キングカメハメハ, コンデュイット, ゼンノロブロイ, デュランダル,

冷たい空気の中、朝日の上昇と共に、次第に辺りが輝いてきます。

11・花・3頭
 

今年もあと1ヵ月となりました。

冬毛をまとった当歳馬たちは、変わらず元気に放牧地を歩いています。

風で飛んできた小菊の花を、珍しそうに触っているのは、栗毛のゼンノロブロイ牝馬。

11・花・ロブ
 

ふと目を離したすきに、それは、キングカメハメハ牝馬の口の中へと入っていました。

11・花・キンカメ1
 

みるみるうちに、赤い花の部分がなくなり、かたい枝のみになっていきます。

11・花・キンカメ2
 

なんとも楽しそうに、枝をほおばるキンカメちゃん。

今度は、角度を変えて、こちらから。

11・花・キンカメ3
 

だいたい1分もすれば、ポイッと投げ捨てて、どこかへ去っていくのが普通の馬なのですが・・・・。

彼女は、飽きることなく、いつまでも噛んでいます。

夏場のことを思い出しました。

私の頭から帽子をとると、いつまでも噛み続けていたキンカメ牝馬。

とにかく、物事に集中するタイプなのでしょう。

遠くに目をやると、コンデュイット牝馬が、何か言いたげに歩いていました。

11・花・コンデュ
 

そして、後入りのデュランダル牝馬に、耳をしぼって、威嚇。

11・花・コン威嚇
 

どうやら、まだ、デュランを仲間として認めていないよう。

11・花・コン威嚇2
 

コンデュは、次第に、強気な馬であることが、わかってきました。

11・花・コン
 

振り返って、また攻撃。

11・花・コン威嚇3
 

デュランは何気なくかわし、知らんぷりして、歩いていきます。

11・花・コン威嚇4
 

そんなこんなのやりとりが行われている最中も、まだ枝をかじり続けている女の仔がいました。

11・花・キンカメ4
 

5分以上、ずっとこの場を離れず、目の前の枝に立ち向かっているキンカメちゃん。

11・花・キンカメ5
 

なんともマイペースな娘です。

11・花・栗毛2頭
 

冬の初めの放牧地も、それぞれの個性が光っています。


関連タグ : コンデュイット, キングカメハメハ, ゼンノロブロイ, デュランダル,

もう一方の放牧地、4月生まれグループの中からは、キングカメハメハ牝馬と栗毛のゼンノロブロイ牝馬の母馬が、出されます。

ついていこうとする仔馬たちを手で制止しながら、なんとか2頭の母馬を外へ。
9・雨・分ける 

意外とあっさりと歩いていく母馬たち。

9・雨・母たち
 

残されたキンカメと栗ロブは、よくわかっていないのか焦るそぶりもありません。

子守り役となったコンデュイット牝馬の母馬。

9・雨・残ったクロ
 

通称クロちゃんだけは、ハッとした顔で、去りゆく母たちを見つめていました。

もちろん、彼女は”離乳”をわかっているはず。

一番賢く、落ち着いているため、残されましたが、案の定この後は、いつもと全く変わらず、過ごしてくれました。

歩き出したクロちゃんに、ついて歩く3頭の仔馬。

9・雨・行進
 

やはり、離乳した2頭は、母馬がいなくなったことに、まったく気付いていない様子。

9・雨・3頭
 

大騒ぎすると思われたキンカメちゃんにいたっては、出入り口の棒をかじる余裕あり。

9・雨・かじかじ
 

そして、3頭とも、雨でぬれた体がかゆいとみえ、そこらじゅうを跳ねてまわりました。

9・雨・かゆっ
 

これは、母親を捜して荒れ狂っているわけではありません。

あくまでも、体がかゆくて、むずむずしているだけなのです。

向かいで離乳したキンカメ牡馬にせよ、こちらのキンカメ牝馬にせよ、なんとも静かな離乳。

9・雨・キンカメちゃん
 

雨の日で、気がまぎれやすいためなのか、おおざっぱな性格のためなのか、・・・・とにかく静かで良かった。

跳ね回るコンデュイット

9・雨・コンちゃん
 

栗毛のロブロイ。

9・雨・栗ロブちゃん
 

母親から離れて歩くことが多かったキンカメ&ロブロイの2頭は、たぶんのどが渇くまで、母馬不在の事態に気付くことはないのでしょう。

9・雨・キンロブ
 

クロちゃんと共に草を食む3頭。

9・雨・クロと3頭
 

楽しそうに歩いていく3頭。

9・雨・クロと3頭2
 

「問題は、厩舎に戻った時だなぁ・・・」

きっと、厩舎に戻り、馬房に一頭きりになった時、今まで一緒だった母のことを思い出すのでしょう。

それでも、耐えるのは3日。

スムーズなすべり出しの3頭の離乳に、今日は少しホッとした私でした。


関連タグ : キングカメハメハ, コンデュイット, ゼンノロブロイ,

夕暮れ時、用事で外に出ると、厩舎に入っていたキングカメハメハ牝馬が顔を出してきました。

「相手をしてほしい」というように、 じっと見つめているので、たまらず寄り道をします。

手を出すとペロペロとなめ、放牧地でのお転婆な一面はどこへやら。

おっとりとした顔で、いつまでも遊んでいるので、そこを離れがたくなりました。

すると、隣の馬房から、5歳の繁殖牝馬が顔を出します。

じっと様子を眺めているので、彼女のところへも近付くと、満足そうな顔に。

「あ、そうか!」ふと、気が付くと、彼女は、キンカメちゃんの5つ年上の姉でした。

急いでカメラを取ってきます。

キンカメちゃん。

8・姉妹・キンカメ牝
 

そして、父A.P.Indyのワインレッド。

8・姉妹・ワイン
 

今年の1月に競走馬を引退し、牧場へ戻ってきた彼女は、無事に種付を終え、新しい命を授かることが出来ました。

日に日に、穏やかな母の顔へと変わってきている気がします。

8・姉妹・ワイン首をのばし
 

隣の馬房にいるのが自分の妹だなんて、思ってもいないはずですが・・・。

8・姉妹・キンカメちゃん
 

なんだかこうして並んでいると、とても神秘的で、温かい気分になれます。

8・姉妹・妹と姉
 

そうそう、この2頭が姉妹なら、お母さんも忘れてはいけません。

普段から、ちょっと愛想のない母馬。

奥の方で草を食べているようなので、ちょっと声をかけると、顔を出してきました。

8・姉妹・そして母
 

奥から、5歳のワイン、0歳のキンカメ、10歳のお母さん。

すると、馬房と馬房の間の通用口を抜け、母親の隣から出てきたキンカメちゃん。

8・姉妹・こっちに来たキンカメ
 

やっぱり人間に構ってほしくて、移動してきた様子。

こんなかわいい小さな妹を、姉はどんなふうに見ているのでしょう。

優しいまなざしと無邪気な瞳に囲まれ、のどかで素敵な時間でした。


関連タグ : キングカメハメハ,