シンボリクリスエス’12♀

ここでは、「シンボリクリスエス’12♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・03-30  ※健康そのもの
 ・03-29  ※母の愛
 ・03-27  ※帰郷
 ・03-26  ※朝日にきらきら
 ・03-24  ※オルフェーヴルの栗毛の牝馬、誕生

 落ち着きを取り戻した早生まれグループは、いよいよ最後に残ったシンボリクリスエス牝馬の”離乳”の日を迎えました。

午前11時。放牧地の中のクリス母が、外へ出されます。

とたんに、クリスの顔がくもり、母を追いかけようと必死。

9・2度目・クリス離乳
 

大ベテランの母は、すべてわかっていたのでしょう。

9・2度目・母去る
 

ひかれているので、後ろは振り向けず、声だけ張り上げて、鳴いていました。

彼女の叫びは、いつもの年より、私の心に響きます。

今年受胎しなかった彼女は、この後、もといた牧場へ帰ることになっていました。

私たちとも、永遠の別れ・・・。

その時、ひとり駆け出したクリスに、なぜかハービンジャー牝馬が駆け寄り、共に走り始めました。

9・2度目・クリス走る1
 

突拍子もない性格のハービンゆえ、最初は、駆け回る友達を見て、面白半分について行っているのかと思いましたが、あるいは、友達の動揺を落ち着けようと共に走ってあげていたのかもしれません。

9・2度目・クリス走る2
 

いずれにせよ、ディープインパクト牝馬・牡馬の2頭は、何ら動揺せず立っているのに対し、ハービンだけがクリスと駆け回っているのが、とても不思議で、仔馬なりの小さな絆を感じ取ったのでした。

9・2度目・ディープ2頭
 

「お母さーん!」

9・2度目・クリス顔
 

立ち止まっては走り、また止まっては走り。

9・2度目・また走る
 

そうこうしていた2頭は、やがてハービンだけが、ディープたちと合流します。

9・2度目・3頭とクリス
 

母を捜し続けるクリスと、すでに離乳の山を越えた3頭。

9・2度目・クリスと3頭
 

そこには、はっきりとした違いがあるのです。

すっかり落ち着いて、我が道を歩き始めたディープインパクト牡馬は、ふと、近くに水たまりが出来ているのを発見し、近付いていきました。

9・2度目・水たまりを見つけた
 

面白そうに、水遊びを始めるディープに、皆も歩み寄ります。

9・2度目・水遊び1
 

「なあに、なあに?」

9・2度目・水遊び2
 

クリスも、好奇心が先に立ち、しばし気がまぎれて、一緒に遊んでいましたが、

9・2度目・少し気がまぎれ
 

「あ、そうだった。お母さんがいないんだった・・・」

9・2度目・そうだった・・
 

我に返ると、また母を捜しに、歩き回ります。

9・2度目・捜す
 

こちらは、わずかばかり先輩のディープ産駒2頭。

9・2度目・わずかに先輩
 

本当に、今日は、完全にリラックスして、遊んでいる様子でした。

すっかり立場が逆転したクリスも、きっとこの友たちのおかげで、すぐに立ち直ってくれることでしょう。

9・2度目・やはり捜す
 

強い馬になることを目指し、頑張るしかありません。



スポンサーサイト

関連タグ : シンボリクリスエス, ディープインパクト, ハービンジャー,

木星と金星の大接近の夜に生まれた、シンボリクリスエス牝馬。

3・クリス・こちらを 

顔に3つのつむじがあり、「木星と金星と水星だ!」と思っていたら、なんの。

3・クリス・アップ 

よくよく見ると、小さなつむじがもう一つ隠れていて、なんと4つの珠目(顔のつむじ)を持つ女の仔でした。

あの晩の満天の星を思い起こすと、何かの星座の形にも見えてきます。

「すらっと長い肢でしょ?」

3・クリス・駆ける 

昨年生まれたシンボリクリスエス牡馬も、肢が長くて、走る時にとても持て余している感じがしました。

この仔は女の仔なので、まだシャキシャキしています。
 
お母さんのまねをして、牧草をかんでみるクリスちゃん。

3・クリス・草を 

「これが本当においしいの?」

3・クリス・お母さん 

今日は、とても調子が良いのか、パドックの中を何度も走り回っていました。

3・クリス・走る 

大柄なので、この馬服は小さいようで、すでにパンパンになっています。

後を追いかけるのに疲れた母は、「ちょっと少し休みましょうよ」

3・クリス・ペロリ 

「だって、走るの大好きなんだもーん」

3・クリス・走る2 

本能のままに駆け回る女の仔です。

関連タグ : シンボリクリスエス,

ディープインパクト牡馬が誕生したその日の夕方、今度はシンボリクリスエスの牝馬が誕生しました。

予定日から5日遅れて、出産のほんの数時間前に、ポッと乳ヤニの付いた母馬。

普段から、馬房の中で時折イライラするくせのある馬ですが、この日も、大騒ぎ。

寝たり起きたりするうちに、仔馬のとても太い前肢が出てきたので、「こりゃ、牡馬だ!」と信じきっていました。

張り裂けんばかりの大きなお腹。

母は早く楽になりたいとみえ、寝て踏ん張ったと思ったら、今度は顔を起こして踏ん張ったり、気忙しい性格丸出しで、奮闘。

午後6時41分、やっと仔馬が誕生しました。

3・夕・クリス誕生 

予想に反して女の仔ではありましたが、白斑のない父親そっくりの姿に笑みがこぼれます。

「1歳のクリスにも、似てる!」

3・夕・クリスらしく 

夕飯を食べにいったん厩舎を出ると、西の空に2つの惑星がとびきり輝いていて、思わずカメラを向けました。
3・夕・木星と金星 

-2.1等星の木星と-4.3等星の金星。後で調べたところ、ちょうど両者が大接近して並ぶ夜だったことがわかりました。

美しい天体ショーの夜に生まれた女の仔、親の欲目で見ると、なんだかそれだけでスターになれそうな予感がします。

母馬は、2004年から9年連続で毎年仔馬を育てている、大ベテラン。

3・夕・顔 

後陣痛を痛がりゴロゴロする以外は、授乳も心配なく、安心の一晩が明けていきました。

さて、昨日生まれた2頭はといえば・・・・。

まずは、ディープくん。
3・夕・ディープくん翌朝 

ぬれていた毛が乾くと、額の星が意外に大きく、細い白線まであることに気付きます。

早速、馬房を小走りする姿も見られ、頼もしい限り。

3・夕・馬房のディープくん 

初仔にしては大きく、肢も長く感じます。

便を出そうと、立ち止まって踏ん張る仕草は、まだあどけなく笑いを誘いました。

3・夕・踏ん張るディープくん 

こちらは、クリスちゃん。

3・夕・クリスちゃん翌朝 

シンボリクリスエス産駒らしく、大柄。

顔には、なんとわかるだけで4個のつむじがあり、まるで、宇宙・惑星を表現しているような不思議フェイスです。

3・夕・クリス顔 

同日に生まれた2頭で、一気に活気づいてきた牧場。嬉しい忙しさといったところでしょうか。

関連タグ : ディープインパクト, シンボリクリスエス,