シンボリクリスエス’11♂

ここでは、「シンボリクリスエス’11♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

 土曜日の中京メインレースで、父シンボリクリスエスの4歳牡馬、サクセスグローリーが勝利しました。

 「調子が良い」と聞いていましたが、最後の直線、数馬身差を保って突き進んでいく姿を見るまでは、ドキドキ。

終わってみれば、「やっぱり強かった!」と、誇らしい気持ちでいっぱいになりました。

あっという間にオープン馬へと駆け上がった全兄に比べれば、地道にこつこつ勝ち上がっている印象のグローリー。

息の長い活躍を、期待しています。

1歳時を振り返ると、みんなより一回り大きい体で、先頭を走るのが大好きでした。

12・優勝・グローリー1歳9月
 

前向きな性格と、恵まれた体格。

12・優勝・先頭
 

彼が競馬場をわかせる姿を、何度もイメージしたものです。

12・優勝・立ち止まる
 

人懐こい性格で、どこへ行っても、人気者。

12・優勝・グローリー
 

ちょっと”天然”な雰囲気が、競走成績にも表れているような気がして、憎めません。

12・優勝・グローリー横顔
 

準オープン馬となり、これからが正念場。

12・優勝・出発前
 

5歳となる来年が、充実の年となるよう、願っています。

年が明ければ17歳になる母は、晴天に恵まれた昨日、放牧地で、気持ち良さそうに、昼寝をしていました。

12・優勝・母寝る
 

真っ白な日高山脈と青い空。

12・優勝・あれ?
 

暖冬といわれる今年は、まだ、暖かい草の上での昼寝が可能です。

お祝いのニンジンも、座ったまま、ボリボリ。

12・優勝・ニンジン
 

穏やかな冬の日。

繁殖牝馬として、昨年、第8子となるハービンジャー牡馬を出産し、無事に育て上げたお母さん。

高齢になるにつれて、後肢球節の沈下が進み、歩行が少しずつ困難になってきました。

今は、空胎馬のグループで、過ごしています。

立ち上がって、「まだ、ニンジンあるんじゃないの?」と、見つめる母。

12・優勝・母
 

体は衰えても、目には威厳があります。

12・優勝・目
 

そばを流れる川から、バシャッという音がしました。

傷ついてボロボロになりながらも泳ぐ、シロザケの姿。

12・優勝・鮭
 

12月も半ばとなり、もういないと思っていた鮭が、まだ生きていました。

故郷の川に戻り、子孫を残す鮭の姿は、馬たちと重なります。

大海原へと飛び出していった子どもたちが、大きくなって、また戻ってくる。

どちらも、それは、ほんの一握り。

さあ、準オープンです。

スポンサーサイト

関連タグ : シンボリクリスエス, ハービンジャー,

 2月15日、京都2レース新馬戦に、父シンボリクリスエスの3歳牡馬、サクセスグローリーが、出走。

2着馬に大差(2秒1)をつける圧勝で、鮮烈デビューを果たしました。

GⅠ馬サクセスブロッケンの全弟ということで、注目を集めたグローリー。

以前から「兄よりも上」という情報を耳にしていたのですが、走ってみるまではわからないのが、この世界。

朝からドキドキで出走を待っていたところ、積雪がさらに時間を遅らせ、ヤキモキ。

”不良馬場”という言い訳を頭の隅に用意しながら、テレビにかじりつきます。

ちょうど、夜明け前に五輪のフィギア男子・羽生選手が金メダルをとったばかり。

フリーの得点が発表される前に、彼が両手を合わせていた姿が頭に残り、スタート前の緊張の一瞬は、とにかく同じように、祈りをささげていました。

「どうか、お願い!勝たせてください!」

結果は・・・・・、案じた自分が恥ずかしくなるような、圧勝劇。

「強い!やっぱり強かった!」

彼は、生まれた時から、とても目立った大型馬でした。

2・祝・生まれた直後
 

普通なら誕生後1時間以内で立つはずなのに、あまりに大き過ぎ、自力ではなかなか体を持ち上げられません。

人間の介助でようやく起立した後も、なんだかスローモー。

生後3日目。

2・祝・グローリー生後3日半身
 

まだまだ大きな体を持て余し気味。

生後1週間。

少しずつ速く走れるようになり、パワー全開。

2・祝・生後1週間
 

そして、子育てはベテランの母と共に、マイペースに暮らす日々。

2・祝・生後1週間母仔
 

5・中生まれ・クリス牡
 

常々、大きな体から繰り出される、ものすごい力に、驚かされました。

「これが競馬にいったら、どんな走りになるんだろう?」

そう感じたことを思い出します。

1歳の秋に育成牧場へ移動し、そこで最後に会ったのは、昨年の9月。

2・祝・昨年9月
 

やんちゃで憎めない性格は、どこへ行っても変わらず、誰からも好かれると、よく聞きます。

鮮烈デビューの後は、どのようなレースが待っているのか、またまた緊張の日々が続くことになりそうですが・・・・。

牧場では、母が、

2・祝・母
 

1歳の妹が、

2・祝・妹顔
 

7歳の姉が、

2・祝・半妹
 

そして、生まれたばかりの姪っ子が、彼を応援しています。

2・祝・めいっこ


関連タグ : サクセスブロッケン, サクセスグローリー, シンボリクリスエス,

朝霧のかかった大地に、明るい太陽の光。今朝は、美しい朝でした。

晴れていく霧の中で、合流3日目の繁殖牝馬のグループも、揃って食事中。こちらまですがすがしい気分になります。

10・育成・霧の朝
 

さて、今朝は、ディープスカイ牡馬の出発。

10・育成・スカイ手入れ
 

4月から、6ヵ月半を過ごしました。

10・育成・スカイ
 

残っている友達2頭は、放牧地の奥で遊んでいたため気付かず、見送ってくれたのは、来たばかりのディープインパクト当歳牡馬。

10・育成・ディープ牡
 

2日目からパドック放牧を始め、6日目となる今日は、もう慣れたもの。

とても人懐こく、べたべた触っても動じない、愛嬌者のディープくんです。

いつまでも遊んでいたいところですが、今日は、育成牧場にいる1歳馬の撮影を頼まれていたため、スカイの馬運車に飛び乗ります。

動き出した馬運車の窓から、当歳3月生まれグループの4頭が、楽しそうに遊んでいるのが見えました。

10・育成・馬運車から
 

遊ぶのを中断し、走り去る馬運車を振り返るディープたち。

10・育成・馬運車を見送る当歳たち
 

成長を続ける当歳馬は、どの仔もとても楽しみな存在です。

片道1時間半の道のりを経て、到着した育成牧場には、これまでに何頭もの馬たちが運ばれてきました。

全部の馬たちをのぞいてみたいところながら、昼休み前でもあり、忙しそうなので、我慢。

今日は、1歳シンボリクリスエス牡馬の撮影が目的だったため、それをまず果たそうとしますが、あいにく太陽が雲に隠され、それも出来ずにいると・・・・。

4歳ディープインパクト牝馬、サクセスシルエットに会うことが出来ました。

10・育成・シルエット
 

競馬場では、どうしても入れ込み、体を細くしてしまいます。到着時は390㎏。

あの小さい頃の快活な少女時代を知っているだけに、憂いをおびた今の顔が寂しげに映ります。

10・育成・シルエット顔
 

「もうひと花」という願いは、私も一緒。弾ける姿を頭に描き、勝利の夢を再び追いかけます。

2歳アグネスタキオン牡馬にも会えました。シルエットの半弟は、来月の移動を目指し、調整中。

10・育成・カッシーナ
 

そして、やっと大きな雲が動き、太陽がまぶしく光り出したので、クリスくんの撮影準備開始。

10・育成・クリス撮影準備
 

運動を始め、体が締まってきたクリス。乗り出してからの評判は良く、楽しみな馬。

10・育成・クリス
 

大らかで、いたずらもする性格がまた、スタッフさんにも人気とか。

10・育成・クリス顔
 

兄を超える活躍を期待し、これからも見守っていきます。

雲が出てきて、撮影終了。

10・育成・帰るクリス
 

最後に、3頭の1歳ディープインパクト牝馬に会ってきました。

食事を中断され、怒り気味の2月生まれディープは、早くも上々の評判。

10・育成・ディープ牝
 

3月生まれディープは、さく癖バンドをつけていたので撮影しませんでしたが、覚えてくれているようでした。

4月生まれディープ。彼女も、一瞬「あれ?」という顔をして、嬉しそうに身を乗り出します。

10・育成・ディープ4月生
 

新しい場所で頑張っている生産馬たちの姿に、元気をもらった牧場訪問でした。


関連タグ : ディープスカイ, ディープインパクト, アグネスタキオン, シンボリクリスエス,

 ハーツクライ牝馬に続き、存在感のある1歳馬2頭が、出発の日を迎えました。

シンボリクリスエス牡馬とゴールドアリュール牡馬です。

どちらも、昨年の4月に生まれた幼馴染み。

迫力のあるクリスと均整のとれたアリュールは、いつも共に行動する仲間で、”両雄”と呼びたくなるような存在でした。

一日早く、水曜日に出発したのが、クリス。

偶然、装蹄師さんの削蹄が入ったため、午後からの出発となりました。

最後の削蹄風景をおさめるために、午前8時に厩舎へ向かうと、いつものように顔を出すクリス。

額をなでながら、「あー、明日からもう君に会えないのかぁ」と、寂しい気持ちがわいてきます。

さて、始まった1歳馬16頭の削蹄。

ゴールドアリュール牡馬が出てくると、思わずうなる装蹄師さん。

9・クリス・アリュール削蹄
 

やはりバランスのとれた美しい体は、際立っているよう。

しかし、シンボリクリスエス牡馬が出され、廊下を闊歩すると、これまた彼の迫力に思わず笑顔がこぼれます。

「こっちもすごいっすね!」

「いやぁ、何やるのも、アクションが大きくてね!向こうはちょっと動いたつもりなんだろうけど、力があるから大変なんですよ」

と、リーダーが話している先から、ひいている綱で遊び始め、バランスを崩して、「おっとっと」

9・クリス・削蹄
 

とにかく巨体なので、扱う方も大仕事。

どんな競走馬になるのでしょうか。

調馬策をかけた時の様子としては、素直で、見た目より軽い動きだったようです。

馬房に戻され、窓から顔を出すクリスを、そっとのぞきました。

毎日、こんな景色を眺めながら、

9・クリス・今まで見てきた眺め
 

何を思っていたことでしょう。

9・クリス・穏やかな横顔
 

実は、前日の火曜日に、3歳の全姉が戻ってきました。

9・クリス・姉
 

札幌でのラストランは、どう見ても「走りたくない」と、完全に気持ちがどこかへ行っていて、是非その心境を馬に聞いてみたいと思った私ですが・・・。

イライラ、カリカリしていた到着時と違い、穏やかな顔を見せてくれました。

9・クリス・姉翌日
 

この後、全弟が、競走馬になるために育成牧場へ旅立つとも知らず・・・。

彼女も、母や兄のおかげで、「繁殖に」との声がかかり、準備が整い次第、第二の道を歩きにいきます。

続いていく削蹄。

ディープインパクト牝馬。たてがみをかいてくれるスタッフに、器用にお返しをする、お茶目な一面もあり。

9・クリス・ディープ削蹄中
 

カンパニー牝馬。

9・クリス・カンパニ削蹄
 

3月生まれディープインパクト牝馬。彼女は、クリスやアリュールの唯一の牝馬の幼馴染み。

9・クリス・ディープ3削蹄
 

今年は、蹄が傷んでいる馬がほとんどおらず、皆良い状態で夏を越せました。

午後2時。

いよいよ、クリスの出発。

9・クリス・横写真
 

馬体重は、500㎏ちょうど。

9・クリス・馬運車へ
 

皆の見送りを受けながら、馬運車へドドーンと乗っていきました。

9・クリス・馬運車
 

到着先の育成牧場での第一声が、「でっかいですね!」

そして、くりっとして気の良さそうな目に注目が集まり、「顔でっかいけど、かわいい」と笑われたとか。

それらをl聞いて、とても安心しました。

人から愛され、頑張るクリスの姿が目に浮かんできます。

次に会える日が、楽しみです。


関連タグ : シンボリクリスエス, ゴールドアリュール, カンパニー, ディープインパクト,

週末の曇天とは打って変わり、今日は洗濯日和でした。

物干し場から見えた風景。

6・1歳・ごろ寝 

今朝は、昼夜放牧の1歳馬の一部を集牧しなかったため、放牧地で朝寝。

皆で寄り添うように集まり、1頭をのぞく3頭が、首を投げ出して爆睡中でした。

立っているのは誰なのか、顔が見たくなり、静かに近付きます。

すると、脇の道路を郵便配達の車が通り、顔を上げた2頭。

6・1歳・4頭 

立っていたのは、ゴールドアリュール牡馬で、まだ寝ているのはサウスヴィグラス牡馬だと判明しました。

いつも元気に動き回っている4頭だからこそ、「寝るときは寝る!」のでしょう。

前の日の夕方、放牧地を見回った時は、のっしのっしと近付いてきた4頭。

6・1歳・クリスとアリュール 

シンボリクリスエス牡馬は、あいかわらず、仲間より体も顔も一回り大きいビッグサイズ。

性格も変わらず、好奇心旺盛で、何にでも顔を伸ばしてきます。

6・1歳・クリスかじる 

牧柵に顔を連ね、人間を見ていた4頭は、いつの間にかガブッと互いをかじり始め、相撲や競走の”始まり始まり”。

6・1歳・活発4頭 

アリュールとヴィグは、ひざを落として、取っ組み合い。

6・1歳・アリュールとヴィグ 

体が小さく小回りの利くヴィグは、とにかくすばしこく、皆を突いて回るのが大好きなのです。
6・1歳・ヴィグ 

駆けていったヴィグとアリュールに、合流するのはブラックタイド牡馬。

6・1歳・タイド 

彼も負けじと追いかける積極派。

6・1歳・クリス目 

どちらかというと、このクリスが、威張った性格とは裏腹に、一番もっさりと動き、みんなの後からついていくタイプに見えますが・・・。
 
6・1歳・みんなの後ろから 

「なんか文句あるか!」
6・1歳・クリスとヴィグ 

ドドーンと立ち上がると、その威圧感は強烈で、ヴィグくんは、すぐに劣勢に。

6・1歳・クリス本気 

やはり、大きさにはかないません。

競走馬としてデビューする頃には、いったい何kgになっているのか、まだまだ予想のつかない1歳クリスくんでした。

関連タグ : シンボリクリスエス, ゴールドアリュール, サウスヴィグラス, ブラックタイド,