ディープインパクト’11♀3

ここでは、「ディープインパクト’11♀3」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 輝く朝の光の中、歩いてくるのは、ディープインパクト牝馬。

9・ディープ3・朝
 

昨年の3月に生まれたディープは、木曜日に、出発の日を迎えました。

後方にいるのは、ステイゴールド牝馬。

彗星のような星が特徴の、4月生まれディープインパクト牝馬と、

9・ディープ3・彗星ディープ
 

キングカメハメハ牝馬も、このグループの一員です。

9・ディープ3・キンカメ
 

ステイとキンカメは、今年の4月から仲間に加わった育成馬。

3月生まれディープとは、たった5ヵ月という短い放牧生活でしたが、今では仲良くを通り越し・・・。

9・ディープ3・気の強いステイに
 

ディープが、ステイに時々いじめられるようになってしまいました。

優しいディープちゃん。

9・ディープ3・優しい顔
 

臆病なところはまったくなく、いつもマイペースに生活。

いじめられても、すっと逃げるだけで、穏やかに生きているのです。

「うちの仔(生産馬)に何するのよぉ!」と、ステイを怒りたくなるのは、私だけ。

静かに草を食むディープに頭が下がります。

彼女の良いところは、初期馴致を始めてから、際立ってきました。

9・ディープ3・調馬策
 

素直で、人間の指示をよく理解し、なんなくこなすのです。

鞍を置く辺りに、綱をのせても平気。

9・ディープ3・初期馴致
 

緊張はしていますが、驚いて逃げたり、動かなくなったりすることはありません。

「偉いね・・・」 

ほめられて、厩舎へ戻っていきました。

9・ディープ3・厩舎へ
 

それから2時間後の午前9時、いよいよ育成牧場に向けて、出発です。

9・ディープ3・横
 

小柄なので、馬体重は、400㎏。

9・ディープ3・見送る
 

友達の4月生まれディープちゃんが見守る中、馬運車へ向かいます。

9・ディープ3・馬運車へ
 

練習したわけでもないのに、すっと乗る辺りは、さすが。

素直さを武器に、どんな競走馬になってくれるのか、注目です。

スポンサーサイト

関連タグ : ディープインパクト, キングカメハメハ, ステイゴールド,

月曜日に、最後に残っていた2頭の1歳馬が出発しました。

11・移動・ムーン顔
 

こちらは、短期で1ヵ月少々預かったアドマイヤムーン牡馬。

11・移動・ムーン
 

栗毛のムーンくんは、手間取りながらも無事に初期馴致を受けて、育成牧場へと旅立っていきました。

相棒のダイワメジャー牡馬は、この日の午後、出発。

11・移動・メジャーパドック
 

ムーンが行ってしまっても鳴く様子もなく、こうして青草をおねだり。

とにかく人懐こく、かわいく、デンとした性格が良いところ。

逆にいえば落ち着き過ぎていて、「大丈夫?」と心配にもなりますが、やる気を出してくれることを願います。

11・移動・メジャー
 

4月から7ヵ月間預かった、中期育成馬でした。

こうして、1歳馬がすべて移動したことにより、念入りな馬房掃除も終了。

当歳馬の最後に残っていた組を、1歳厩舎に移動することになりました。

明日からは、牡牝のグループ分けを行うため、今日が、幼馴染みとの最後の放牧。

11・移動・4頭後ろ
 

こちらの牝馬2頭牡馬2頭のグループも、明日からは離れ離れです。

Curlin牡馬の襲撃に、ほとほと参っていたフジキセキ牡馬。

11・移動・カーリン&キセキ
 

明日以降は、元気なホワイトマズルデュランダル牡馬組と一緒になるため、少し気楽になるでしょう。

グラスワンダー牝馬、4月生まれディープインパクト牝馬とは、これでお別れです。

11・移動・ワンダーキセキディープ
 

そして、3月生まれディープちゃんは、生まれて少ししてからずっと一緒だったブラックタイドゴールドアリュール&シンボリクリスエス牡馬とお別れ。

11・移動・4頭走る
 

実をいうと、最近、元気な男の子たちにかじられることが多く、かわいそうに思っていました。

みんな悪気はないのですが、牡馬は相撲が大好き。

急所である首根っこを押さえて、ドスンドスンとやり合います。

11・移動・アリュール
 

男勝りとはいえ、さすがに紅一点のディープちゃんには、次第に厳しくなってきました。

クリスくんの攻撃に、「助けて」の口パクパクポーズ。

11・移動・ディープ3顔
 

明日から、ワンダー&4月生まれディープと放れ、その後、別の牧場生まれの仲間も加わる予定。

牝馬グループとなり、どんな行動を見せるのか、楽しみです。

夕日を浴びて、集牧の時間。

11・移動・集牧
 

新しい厩舎に入った馬たちは、少し緊張気味。

11・移動・1歳厩舎へ
 

「秋は今日まで」と天気予報から流れ、身震いした夕暮れ。

明日からは、季節もがらっと変わり、メンバーも変わり、新しい生活が始まります。


関連タグ : Curlin, フジキセキ, アドマイヤムーン, ダイワメジャー, グラスワンダー, ブラックタイド, ホワイトマズル, デュランダル, ディープインパクト, ゴールドアリュール,

春らしい陽気になってきました。

放牧地の脇を流れる小川には、鮭の稚魚の姿が見えます。

4・忍・鮭稚魚
 

水底の色と同化して、見えにくいのですが、いったん動き出すと、それは目にもとまらぬ速さで、シュッシュッと移動。

どこへ行ったか見失うほどの早業です。

さて、その鮭稚魚にそっくりな馬がこちら。

4・忍・親仔で居眠り
 

暖かいので母と一緒に眠りについている、3月30日生まれのディープインパクト牝馬。

鮭の赤ちゃんと同様、薄っぺらい体つきをしていて、

くりくりの丸い目玉も、そっくりですが、

4・忍・素顔
 

いざ動き出すと、その速さといったらありません。

4・忍・ピーン
 

跳ねたり、蹴ったり、走ったり。

「あれ?どこに行った?」と探すほど、あっという間にいなくなってしまいます。

「まるで、忍者だね・・・」

おっとっと。転びそうになっても、倒れることなく、起き上がり、とにかく機敏。

4・忍・転びそうになっても
 

重さというものをまったく感じません。

4・忍・土煙を上げ 

愛嬌もたっぷり。

4・忍・フレーメン
 

ふた産めで余裕の出てきた母馬が、あまり介入してこないので、自由気ままに歩き回り、

勢いづくと人間にも突進!

4・忍・突進
 

「背中をかいてよぉ」と、体を押し付けてくると、喜んで「キーッ」と奇声をあげていました。

4・忍・シャーッ
 

このところ、雨が少なく、乾燥して砂漠のようになってしまったパドックの土煙をあげながら・・・。

4・忍・雲隠れ
 

清流のように澄んだ瞳の女の仔。

4・忍・瞳
 

思い切り運動した後は、コロンと藁の上に横たわり、すやすやと眠りについていました。

4・忍・眠り
 


関連タグ : ディープインパクト,

3月も今日で終わり。北海道は少しずつ春めき、明るい太陽がますますまぶしく感じられるようになってきました。

牧場は、出産のピーク。次々と生まれてくる仔馬たちの相手をするのも、忙しい毎日です。

「私たちも元気よ!」と、走っているのは、1歳の牝馬たち。

3・ディー・1歳牝馬 

「去年は、小さな仔馬だったのにね・・・」

生まれた時のことを懐かしく思い出します。

皆、誕生時のイメージそのままに大きくなり、変わらない性格があの頃をよみがえらせてくれます。

さて、昨晩も1頭の馬が生まれました。

早生まれグループに入っていたため、周りの仲間たちが次々と出産していき、最後は1頭で放れていた母馬。

朝から放牧地でよく歩いているな・・・と思ったら、早朝にはなかった乳ヤニが付着していました。

夜の8時半過ぎ。馬房の中をぐるぐると回り始め、いよいよお産が近いことを示しています。

横になったのは9時半過ぎ。

うつらうつらしながらモニターを見ていた私も、白い袋の中から1本の肢が伸びていることを確認すると、大慌てで厩舎へ向かいました。

その後、数回、立ったり座ったりを繰り返したでしょうか。

白い袋に包まれて、「頭が見えてきたな・・・」

ディープインパクトに似た小さな星が、額に見えます。

「うわっ、父親にそっくり。この仔が牡馬だったらなぁ・・・」

祈る思いで見つめていましたが、リーダーが助産したとたん、するするっと体が出てきて、苦笑い。

「これは牝馬だよね」の確信どおり、やっぱりかわいらしい女の仔の誕生でした。

3・ディー・誕生
 

それにしても、肢も左前をのぞく3本に白があり、父と同じ。

3・ディー・星と3白
 

「よく似たものだ」と感心しながら見つめます。

前肢を出し、1時間後に一瞬立ち上がったものの、その後は何度も転び、なかなか立ち上がれません。

3・ディー・肢を出し
 

再び気をもみながら、待つこと数時間。

自力で立ったのは、深夜の1時をまわっていましたが、授乳は即座に完了。

ここでやっと安心して家に戻ることが出来ました。

半日が過ぎた今日の馬房。

長い肢に柔らかいつなぎ。昨晩、なかなか立てなかった理由がわかります。

3・ディー・馬房で
 

たくさん乳が出る母のおかげで、授乳後はぐっすり。

3・ディー・すやすや
 

きっと日に日に活発な女の仔に成長してくれることでしょう。

関連タグ : ディープインパクト,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。