フジキセキ’11♂

ここでは、「フジキセキ’11♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・02-15  ※こんな日は
 ・02-14  ※お知らせ
 ・02-13  ※穏やかな日の幸福
 ・02-10  ※父ヘニーヒューズの牝馬、誕生
 ・02-07  ※久々の展示会

日曜日に、厩舎のツバメが戻ってきました。

はるばる南国から、長い旅の末、いつもの古巣へ。

懐かしいさえずりに、「いよいよ春だ!」と、力がわいてきます。

昨年の春、その声を聞きながらすくすくと成長した1歳の生産馬、フジキセキ牡馬。

今日、今夏のセリ上場に向けて、コンサイナーの牧場へと移動していきました。

移動日が正式に決まったおととい、しばらくぶりで、彼のいる放牧地へ。

4・キセキ・大樹 

いつも遠目から、元気に走っている姿を見ていましたが、近くに行くと・・・。

4・キセキ・カーリンと 

やはり最初に動き出したのは、好奇心旺盛な番長、Curlin牡馬。

そして、それに負けじとフジキセキ牡馬が駆けてきました。

4・キセキ・来る 

昨年から比べると、本当に大きくなったキセキ。

同じような毛色のデュランダル牡馬が、最近の相撲相手で、この時も後ろから攻める一方。

4・キセキ・デュランと 

相手の力を探りながら、自分を強くしていきました。

4・キセキ・デュラン&キセキ&マズル 

以前は応戦一方だったCurlin牡馬とも対等に渡り歩き、追いかけることさえあります。

4・キセキ・カーリンとやってくる 

男らしく成長した顔。

4・キセキ・キセキ 

やがて、幼馴染みのCurlinと肩を並べて、草を食み始めました。

4・キセキ・草を 

いつもの風景。足下に、形よく開いたフキノトウが並んでいるのを見つけ、彼らが生まれた1年前を、昨日のことのように思い出します。

4・キセキ・フキノトウ 

再び私のもとへ走ってきたCurlinとキセキ。

「きっと最後のツーショットだね・・・」と、わざとらしく片手をひらひらさせて撮った、渾身の1枚。

4・キセキ・幼馴染と 

放牧地の端にいたキタキツネのペアも、ついでに・・・・。

4・キセキ・キタキツネ 

さて、最後の放牧となった今日。

手入れをするために、午後一番で、仲間と共に呼ばれました。

いつもは、Curlinと共に駆けてくるキセキが、後ろを向いて、しばらくやって来なかったのは、たまたまでしょうか。

4・キセキ・最後の 

早い時間に集牧される4頭を不思議そうに見つめているのは、4月から新しくやって来た1歳の仲間たち。

4・キセキ・新たな牡馬4頭 

ディープスカイ牡馬、マンハッタンカフェ牡馬、キングカメハメハ牡馬、栗毛のフジキセキ牡馬。

これから、育成専門の牧場へ移動するキセキは、彼らのように、広い放牧地を自由に走ることはできないでしょう。

4・キセキ・手入れ 

それでも、セリで最良のオーナーやトレーナーとの出会いが待っていることを願い、バトンを渡します。

もしかしたら、もう2度と会うことがないかもしれない友達の前を通過し、彼は出発していきました。

4・キセキ・さよなら 


スポンサーサイト

関連タグ : フジキセキ, Curlin, デュランダル, ディープスカイ, マンハッタンカフェ, キングカメハメハ,

ここ数日、気温の低い日が続いています。週末は大雨という予報。

仔馬は、太陽の下で見るのが一番だけど・・・。しばらく日が照りそうもないので、元気な牡馬組の所へ行ってみました。

ここには、先月18日生まれのフジキセキ牡馬と、

4・牡・フジキセキ 

25日生まれのCurlin牡馬が放れています。

4・牡・Curlin 

Curlinくんの母さんは、昨年末にここへやって来たばかり。

移動馬は、伝染病により、ほかの馬に流産を引き起こす恐れがあるので、すべての馬が出産を終えるまでは、隔離厩舎裏の放牧地で、妊娠馬に接触しないように注意を払って、放牧されています。

相棒は、今のところ、同時期に生まれたキセキくん母仔のみ。

4・牡・母が 

それが、どちらも相当やんちゃな上、Curlin母さんが、それはもう子煩悩で、大変なのです。

居眠りを始めようとしたキセキくんにCurlinくんがちょっかい。

4・牡・寝ているキセキに 

それでもバタンと横になった、大物キセキに、しつこくつんつん。

4・牡・寝ているキセキに2 


とうとう起きたキセキくん。

4・牡・起きた 

「なんだよぉ!眠たいんだから寝かせてくれよ」

4・牡・なんだよぉ 

「遊ぼうよぉ!」

4・牡・あそぼ 

「何やってるの!遊ばなくていいから、こっちへ来なさい」

4・牡・やめなさい 

またまた、しばらくした後。

「ちょっと、遊ぼうよぉ!」

4・牡・ちょっと 

「あら!またやってる!遊ばないの!」

4・牡・なんだか 

「もう!せっかく仲良くなったのに!」

4・牡・せっかく 

と、いつもCurlinくんの後を追いかける母のために、遊びは中断。

なかなか思うように触れ合えない2頭でした。

「あーあ、暇だなぁ」

4・牡・大あくび 

「へ、へーんだ。こうなったら」

4・牡・へーん 

フジキセキ牡馬は、遊び足りないのか、私に駆け寄ってきて、「あそぼ、あそぼ」と大騒ぎ。

前肢は飛んで来るわ、力づくで押してくるわ、さすがの男の仔です。

再びやって来たCurlin牡馬に、「こうなったら、遠慮しないぞ!」と勢いをつけ、

4・牡・こうなったら 

「パンチ!」

4・牡・立ち上がる 

心配する相手の母の目を盗み、「いつでも相手になってやるからな!」と、目で語っていました。

4・牡・相手になってやる 

関連タグ : フジキセキ, Curlin,

金曜日の午後7時44分、フジキセキの牡馬が生まれました。

3・牡馬・キセキ誕生
 

分娩にかなりの時間を要し、気をもみましたが、「こんな時はオトコだろうなぁ」の予想は的中。

骨太、大きめの仔馬が、無事に出てきてくれました。

牝馬が4頭続いた後の牡馬。喜びもひとしおながら、「まだ油断できない」と緊張が続きます。

3・牡馬・キセキ
 

母馬は、ぐったり。3年連続で牡馬を産み、体にも相当負担がかかったことでしょう。

いったん座り込むと、なかなか動こうとしません。

立とうと踏ん張る仔馬が、よろけては座り、少しずつ母の近くへ。

座ったまま、首を伸ばし、我が仔をなめる母。

3・牡馬・母に
 

愛情がひしひしと伝わってきます。

おとなしいお母さんなので、出産後にやって来た子供たちも、近くから目を細めて見守りました。

3・牡馬・見つめる
 

土曜日。

生まれて1時間ほどで立ち、乳も飲めるようになった仔馬でしたが、少し元気がありません。

「お腹の調子が悪いんじゃないかな」

仕事中は馬房で、休憩中はモニターで観察を続ける中、新生児期になりやすい便秘であることを発見。

処置をほどこすと その後、ぐっすりと眠り、乳もよく飲むようになりました。

日曜日には、パドックへ。

3・牡馬・パドック
 

体高があり、男っぽい体型です。

優しそうな顔立ちは、母譲りでしょうか。

3・牡馬・顔
 

さらに今日は、外に出ると、時折、元気良く走る姿も見られました。

まだ幼く、スローモーな動きながら、きちんと成長しています。

3・牡馬・歩く
 

てきぱきした牝馬たちと比べてしまうと、今はちょっと控えめな男の仔ですが、次第に活発になることでしょう。

3・牡馬・ぺろり
 

庭には、春を告げる福寿草の花がいっぱいに開いていました。

3・牡馬・福寿草
 

「上を向いて歩こう」そんなメッセージが聞こえてきそうな、元気な花。

久々に目にした鮮やかな色に、私も体の中から力がわいてくるようでした。


関連タグ : フジキセキ,