ネオユニヴァース’10♂

ここでは、「ネオユニヴァース’10♂」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・02-14  ※お知らせ
 ・02-13  ※穏やかな日の幸福
 ・02-10  ※父ヘニーヒューズの牝馬、誕生
 ・02-07  ※久々の展示会
 ・02-04  ※嬉しい勝利

金曜日、また2頭の1歳馬が移動しました。

小雨降る中、朝早く出発したのは、ブライアンズタイム牝馬。

9・ネオ・タイム
 

昨年の11月から預かっていた中期育成馬。

9・ネオ・タイム顔
 

クラブの馬として、展示会や写真撮影、ビデオ撮影など、多々こなしてきました。

さすがに、馬運車に乗り慣れ、すんなりと。

9・ネオ・馬運車
 

見送るのは、ネオユニヴァース牡馬。

9・ネオ・見送るネオ
 

彼は、午後からの出発に備え、皆と別れて、馬房に入っていました。

1月生まれタキオン、ネオくんが抜けた早生まれグループには、先日から新しい仲間が加わって。

9・ネオ・新顔ムーン牡
 

アドマイヤムーン牡馬です。サマーセールの後、しばらく預かることに。

黒ネオくんと早速、闘志満々。

9・ネオ・合流し
 

2月生まれの生産馬、栗毛のネオユニヴァース牡馬は、午前中に、最後の馴致が行われました。

素直な性格。

9・ネオ・調馬策
 

ローラー(えりあげ)を装着し、ランジング(1本調馬策)を左手前、右手前とこなすネオ。

次は、ドライビング。

9・ネオ・顔
 

顔に緊張感が見られながらも、彼なりに学習し、頑張っています。
 
幼な馴染みは、男の仔ばかり。強気な仲間に囲まれて、強烈なイメージはなかったけれど、対等に渡り合う存在でした。

9・ネオ・歩く
 

シャワーで汗を流してもらい、

9・ネオ・手入れ
 

すっかり体が乾いた午後に、いよいよ出発。

彼の馬房の隣にいつもぴょこんと顔を出していた、白眉毛タキオンくんの姿はなく、ふっと寂しくなります。

9・ネオ・横
 

ハートマークの星。涼しげな目元が特徴のネオくんも、新天地で頑張れ・・・。

9・ネオ・馬運車の前で
 

馬運車に乗る際、少し嫌がったので、青草を見せると、今度はためらわずに、乗っていきました。

スポンサーサイト

関連タグ : ブライアンズタイム, アドマイヤムーン, ネオユニヴァース,

早生まれ組、最後の1頭。ネオユニヴァース牡馬にも、とうとう”離乳”の時がやって来ました。

「元気が良すぎて・・・」という声が聞こえ出すと、最後の決断が下されます。

この日は、母馬の削蹄を行った後、ネオくんだけ、離れの馬房に連れて行かれました。

「え?どうして?」

8・ネオ・拒む
 

途中で、母親がいないことに気付いたネオ。新しい馬房には「入りたくない」と、少々抵抗。

しかし、しっかりと扉を閉められると、やはり母の存在を求め、「ヒヒヒーン」といななきを始めました。

裏へ回ると、「え?どうしたの?どうしたの?」と、心配そうに隣をのぞくリンカーン牡馬。

8・ネオ・どうしたの?
 

つい先日、自分がその立場にあったことを、忘れているのか、思い出しているのか・・・・。

その時の彼よりは、ずいぶん冷静に見えるネオ。

8・ネオ・窓から捜すネオ
 

時折いななき、右往左往するものの、食い気が勝り、飼い桶の飼料や草をムシャムシャ。

8・ネオ・リンカーンのぞく
 

隣から、鼻を突き出して、様子を探っているリンカーンの仕草の方が、無性にこっけいでした。

そして、ベテランとはいえ、1年空けて仔を産んだ母馬は、我が仔がいとしくてたまらなかったのか、予想以上に、大鳴き。

8・ネオ・捜す母
 

廊下に寝そべっていたミケもびっくりの鋭い声で、しばらく、叫んでいました。

8・ネオ・廊下のミケ
 

最後は、4頭の子守までしてくれたお母さん。どうもありがとう・・・。

8・ネオ・ハート
 

ネオくんの額の模様が、だんだんと、母の愛のハート型に見えてきたのは、気のせいでしょうか。

翌日のネオ。

私が出入り口に近付くと、さっと顔を上げ、

8・ネオ・気付いたネオ
 

一目散に飛んできました。

8・ネオ・みんなから離れ
 

「母が来た!」きっと、そう思ったのでしょう。

数メートル先まで来て、やっぱり母はいないことを知ると、

8・ネオ・顔
 

また、すごい勢いで、みんなのところへ戻っていきました。

8・ネオ・戻る
 

そして、遠目から、「やっぱり母さんじゃないよね」と、確認するように、正視。

8・ネオ・みんなの中で
 

その姿は哀しくもあり、逆に、2日目にして、「僕はここでこの仲間たちと生きていくんだ」という強い意志も感じられ、何ともいえない気持ちにさせられました。

関連タグ : ネオユニヴァース, リンカーン,

1週間ほど前から、ネオユニヴァース牡馬が、アグネスタキオンアルデバランⅡ牡馬の放牧地に仲間入り。

最初は、母親に連れられ、みんなと距離を置いていたネオくんでしたが、

暖かくなって、馬服を脱いだ、お兄さんたちが気になって仕方がありません。「気になるぅ!」

4・春・三つ巴 

うとうとしていたタキオンくんが、むくっと起き上がると、

4・春・タキオン起きる 

近付いていったのは、バランくん。「おい、おい、遊ぼうぜ!」

4・春・バランちょっかい 

でも、ほんわか春の暖かさに、うっとり。いつの間にか、大あくび。

4・春・あくび 

そんな様子も、遠くからじっと眺めていたネオくん。

4・春・ネオ 

「仲間に入りたい」オーラが体中からあふれていたので、ちょっとお手伝い。

近くまで行き、遊んであげた後、「一緒に行こう!」と誘うと、とことこと素直に歩いてきました。

向かう先は、近くにいたタキオン牡馬周辺。

微妙な距離のところで止まって、お互いが自然に近付けるように、見守っていると・・・。

4・春・タキオン気になる 

どちらも動じない性格なので、思ったとおりに、大胆に近付いて、クンクン。

4・春・大接近 

こう見ると、顔の大きさは、ひと月近くの誕生差で、この違い。

しばらくの間、顔を付き合わせていた2頭でしたが、やはりちびっこネオの負け。

4・春・跳んで 

ちょっと下がると、興奮気味にピョンと飛び跳ねて、行ってしまいました。

「なんだ?あいつ」と、お尻を向けたタキオンに、再び背後から、「こんにちは!」

4・春・また来る 

好奇心旺盛なネオくんは、仲間を見つけたことが嬉しくて嬉しくて、その後、ひとり夢中で走り回っていました。

4・春・嬉しい! 

2頭のお兄さんたちの相手が出来る日も、そう遠くはないでしょう。

4・春・バラン対タキオン 

役者揃いの放牧地。みんなに平等に相手をしていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

関連タグ : ネオユニヴァース, アグネスタキオン, アルデバランⅡ,

2月26日、午後5時40分に、父ネオユニヴァースの牡馬が誕生しました。

2・出産・仔馬 

前日に、小さな乳ヤニがついた母馬。

当日の午後には、その色が白くなり、集牧してしばらく経った、午後4時30分頃に、突然座り込みました。

3年前、産後数日、調子が悪かったこともあり、細心の注意を払って見守ること、1時間。

無理をせず、自然分娩で。

最後の一瞬だけ、仔馬の前肢を引っ張ったリーダーは、「細い。女か?」と、思ったそうですが、

予定日から6日遅れで、無事に生まれてきた仔馬は、またしても男の仔でした!

「良かった」と、喜んだのも束の間、突然、バタンバタンとゴロを打ち出した母馬。

後陣痛の苦しさに、周りの状況が、まったく見えていません。

仔馬が踏まれたり、蹴られたりしないよう、ピンと張り詰めた空気の中、監視。

しかし、それもすぐに止み、「疲れた」という表情の母親は、首をうなだれて、座りました。

2・出産・直後 

栗毛で、母とよく似た大きさの星がある仔馬は、元気いっぱい。

すぐにでも立ち上がりそうな勢いで、今度はこちらが、バタンバタンと壁を蹴り始めると、

急に、我に返った母馬は、「ブブブ」と仔を呼んだ後、精一杯首を伸ばして、愛撫。

2・出産・精一杯 

ようやく感動の瞬間が、やって来ました。

お産馬房を静かに見守っていた、厩猫のミケも一安心。

2・出産・ミケ 

母とよく似た顔の男の仔。

2・出産・母と仔 

とにかく、元気が良く、1時間もしないうちに自分で立ったと思うと、生まれて初めての排便。

2・出産・立って 

しっかりとした体のつくりで、思いのほか頑丈そうでした。

両隣の馬房には、先に生まれたタキオンくんと、

2・出産・タキオン 

バランくん。

2・出産・バラン 

数ヵ月後、緑のじゅうたんの上で、彼らが相撲をとっている姿を想像すると、思わず笑みがこぼれてしまいます。

関連タグ : ネオユニヴァース,