ダイワメジャー’09♀

ここでは、「ダイワメジャー’09♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・05-21  ※自然にもぐもぐ
 ・05-20  ※眠気に誘われ
 ・05-18  ※タンポポの季節
 ・05-17  ※栗毛のオルフェーヴル牡馬が誕生
 ・05-04  ※今年の桜

月曜日から、季節が逆戻りしたような寒い日が続いています。

その影響もあるのか、長男が幼稚園から拾ってきた流行病が私にまでうつり、撃沈。

やっと今日復活し、数日間手入れの出来なかった、厩舎周りのビオラの花柄摘みに出ると、集牧中の1歳馬たちが顔をのぞかせてきました。

6・2年前・厩舎の1歳 

ゴールドアリュール牡馬、シンボリクリスエス牡馬、ディープインパクト牝馬と、順におでこを触っていると・・・・。

「ねえねえ、こっち来てよ!」とでも言いたげなクリスくん。

6・2年前・クリス 

「よしよし」と、またクリスのところへ戻ると、今度は、ディープちゃんが、前掻きして催促。

6・2年前・ディープ 

何とも人間くさい2頭に後ろ髪をひかれながら、扉をはさんで反対側の馬たちの様子をのぞきにいきます。

ハーツクライ牝馬。

6・2年前・ハーちゃん 

彼女もとても人懐こい馬。
6・2年前・ハーツ顔 

目のふちに付いた目やにを取ってあげると、髪の毛を引っ張って遊んだり、上着の袖をかじったり。

ふと、3歳年上の半兄、ネオユニヴァース牡馬のことを思い出しました。

「性格は、お兄ちゃん似だね・・・・」

先週末、ハーツクライ牝馬の2歳年上の半姉で、父ダイワメジャーのデイジーバローズが、デビューから13戦目、ほぼ11ヵ月という長い戦いの末、勝利をつかみました。

最後の直線、馬群を割って、するすると抜け出す姿に、テレビの前で絶叫。

兄ネオくんが果たせなかった1勝を、妹がなんとか果たしてくれた瞬間でした。

メジャーちゃんは、2年前の6月、翌月に行われるセレクションセールに備え、馴致の真っ最中だったことを懐かしく思い出します。

6・2年前・デイジー1 

目立って人懐こいタイプの仔ではなかったけれど、真面目に運動するタイプ。

6・2年前・デイジー2 

常歩の練習をする彼女を興味深そうに見ていたのは、サウスビクトルやミッキーシャインという競走馬名をもらった、育成馬たちです。

6・2年前・ギャラリー 

セレクションセールにて、日本中央競馬会に競り落とされ、やがて2歳のブリーズアップセールにてオーナーが決定。
6・2年前・デイジー4 

再び半兄と同じ勝負服で走ることになった彼女には、知らず知らずたくさんの人の夢がつまっていたように思います。
6・2年前・デイジー5 

彼女の勝利は、母や妹にも、一筋の光を運びました。

本当に、貴重な1勝。

さて、彼女が勝利した前日の土曜日には、父ディープインパクトの3歳牡馬、サクセスフェイトが勝利。

なんとこれがデビュー戦という、遅咲きの花でしたが、ここまで大事に育ててくださった厩舎の方々の熱意がなければ、なしえなかったことでしょう。

彼の2年前の画像を探していると、7月に芦毛のディープインパクト牡馬と共に歩いていたものを見つけました。
6・2年前・フェイト1 

育成馬だった芦毛のディープくん。彼はまだデビューしておらず、どんなに遅咲きでも、美しく開花してくれることを祈っています。

勝った馬には、また次の挑戦が待ち受けていて、まだまだ終わることのない戦いの日々。

けれども、これだけ人に感動を与え、心を揺さぶる競走馬たちに、感謝の気持ちを覚えます。

今回は、ブログを通じて、共に応援してくださっている方々の温かいメッセージをたくさん受け取り、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

競走馬がつないでくれた”絆”に、「ありがとう」

スポンサーサイト

関連タグ : ダイワメジャー, ディープインパクト, ネオユニヴァース, ゴールドアリュール, シンボリクリスエス, ハーツクライ,

昨日、函館で、ダイワメジャー2歳牝馬が、デビューを迎えました。

1年前は、まだうちにいた馬。

7・メジャー・1歳6月
 

来たるべきセレクションセールに向けて、馴致を行っている真っ最中でした。

今年のJRAのブリーズアップセールを経て、オーナーが決定。

セールでは、好仕上がりをアピールしていたので、デビュー戦に期待しましたが、及ばずの2着・・・。

とても残念でした。

2009年5月16日生まれ。

7・メジャー・当歳6月顔
 

牧場同世代の末っ子が、こんなに早くデビューを迎えるとは、最初は、誰も思っていなかったはず。

ちょっぴり臆病だった子ども時代。

華奢な体つきでも、骨格はしっかりとしたイメージでした。

7・メジャー・当歳6月跳ねる
 

まだ親仔だけで放れている時、お母さんの周りをピョンピョン跳ね回っていたのを思い出します。

7・メジャー・当歳6月駆ける
 

かわいがってくれた母馬と一緒に、馬房で過ごした時間。

7・メジャー・当歳6月馬房
 

2年前の画像をもう一度振り返っていると、先週デビューしたデュランダル2歳牡馬の画像も出てきました。

7・メジャー・当歳6月デュラン
 

2番人気でのぞんだデビュー戦は、初めての競馬場に戸惑ったのか、いいところなしで終了。

一番早くうちを出て、一番早くデビューしたけれど、結果はまだまだ。

やんちゃだけど、気のいい彼のことだから、いずれ花開く時が来ると、信じます。

彼の幼馴染みで、その年、一番先に生まれたディープインパクト牝馬。通称、ディープ姉さん。
7・メジャー・当歳6月のディープ1 

今は、栗東の厩舎に入り、頑張っているところ。

ゴールドアリュール牡馬。元気で、調教に励んでいるでしょうか。

7・メジャー・当歳6月アリュール
 

さまざまな馬たちを見てきた、猫のミケ。

今日は、午前中に雨がひどくなったため、仔馬たちを集牧しようと厩舎を歩いていると、勝手にシンボリクリスエス親仔の馬房へ入り、寝藁の中にうずくまっていました。

7・メジャー・寝藁の中でくつろぐミケ
 

メジャーちゃんの妹、ハーツクライ牝馬。

7・メジャー・ハーちゃん
 

デュランくんの弟、フジキセキ牡馬。

7・メジャー・キセキくん
 

みんな兄や姉が過ごした同じ厩舎に入り、少しずつ大きくなっています。

2年後に競馬場へ行っているのは誰でしょうか。

そして、次に競馬場へ姿を見せる2歳馬は、誰になるでしょうか。

「どの仔にも頑張ってほしい」そんな親心で、皆を見守っています。

関連タグ : ダイワメジャー, デュランダル, ディープインパクト, ゴールドアリュール, シンボリクリスエス, ハーツクライ, フジキセキ,

昨年の7月、セレクションセールにてJRAに購買されたダイワメジャー2歳牝馬。

今月の25日に、中山競馬場で開かれるブリーズアップセールに上場されます。

今日は、その前に、JRA日高育成牧場にて展示会があるということで、見に行ってきました。

メジャーが当牧場を去ったのは、昨年の7月末。8ヵ月半ぶりの再会となります。

噂には、”良い出来”と聞いていたものの、前日、気になって色々調べてみると、JRAのブリーズアップセール上場予定馬近況コメント集には、「本馬は父がよく出ており、素軽い動きが目立った。気性が強いところがあり、騎乗馴致もじっくり時間をかけて行った。秋になって馬体がグンと成長し、抜群の動きを見せている。精神面の充実が今後の課題。」とありました。

気性が気になるものの、動き自体は”抜群”の様子。

「これは、期待大だな・・・」

また寒さが戻り、冷たい風が吹きすさぶ比較展示会場で、出番を待つこと30分。

4・メジャー・展示へ
 

ついに、懐かしのメジャーちゃん、登場。

4・メジャー・横
 

手元の資料には、体高160センチ、体重478キログラムとあるように、大きく成長していました。

気になっていた気性も、ここは見慣れたところだからか、まったく緊張せず、リラックスした様子。

4・メジャー・展示
 

一緒に見に来たスタッフが近付くと、はっきりと覚えているようで、思い切り甘えた表情をしていました。

「覚えているんだね」

あっという間に、展示の時間が終了し、厩舎へ戻るメジャー。

4・メジャー・顔
 

私も、この後行われる騎乗展示を前に、用事を足すため、いったん家へ戻りましたが、再び急いで駆けつけた時には・・・。

ちょうど、メジャーが走る第3班の19頭が、1600メートルトラックに馬場入りするところでした。

「いよいよだな」

1頭ずつ、列になってのウォーミングアップ。

4・メジャー・準備
 

メジャーも、颯爽と目の前を駆けていきます。

「なかなか良い感じだな・・・」

4・メジャー・後ろ姿
 

待つ間に、取材関係者の方々と話したところ、ダイワメジャー産駒は、みな父によく似ていて、雄大な馬格の馬が多いが、それゆえ重い感じの馬もいるとか。

その中にあって、彼女は、素軽い動きが目立ち、期待できるというコメント。

白い山をバックに、順番を待つメジャー(前から3番目)。

4・メジャー・白い山をバックに
 

そして、いよいよ、走り出しました。

マヤノトップガン産駒の牝馬と併走。

4・メジャー・併走
 

スピード感たっぷり。力強い走りで、目の前を駆け抜けていきました。

4・メジャー・疾走
 

もっともっとスピードは出るけれど、今回は控えめな騎乗だったとのこと。

4・メジャー・先着
 

JRAは、ブリーズアップセールを「時計よりも、馬の走法や出来映えをアピールするセリ」と位置づけているように、今回も、無理をさせず、それぞれの成長に応じた、立派な走りだったと思います。

あとは、本番まで順調に調整が進むよう、祈るのみ。

4・メジャー・未来へ
 

そして、素晴らしいオーナー、調教師さんにめぐり合えるよう、願うばかりです。

関連タグ : ダイワメジャー, マヤノトップガン,


ダイワメジャー1歳牝馬が、日本中央競馬会の日高育成場に旅立って行きました。

育成場へ着いたメジャーは、馬体チェックを受けた後、仲間とともに放牧に出されたそうです。

新天地で大きく成長し、来春のブリーズアップセールで良い走りを見せてくれることを期待します。

以下の動画は、旅立つ数日前に、仲間と放牧されているところを撮ったものです。

残念ながら曇天が続き、明るい画像ではありませんが、ご覧ください。

[広告] VPS


まず最初にやって来たのが、2月生まれディープインパクト牝馬。

そして、1月生まれディープ姉さんと続きます。

ディープ姉さん、ニンジンがない時は、とても穏やか。

でも、ちょこっとディープ2ちゃんを威嚇して、追い払いました。

後方で一生懸命草を食べているのが、シンボリクリスエス牝馬とメジャーちゃんの幼馴染ペア。

[広告] VPS
気づいてくれないメジャーたちに近づくと、やっとこちらに来ました。

クリスちゃんも気がついて。

そして再び、ディープ姉さん、登場。

メジャーちゃんに毛づくろいを要求して、仲良く開始。

こんなメジャーですから、どこへ行っても大丈夫でしょう。

生産者は、いつでも見に来て良いということなので、またいつか会いに行きたいと思います。

ダイワメジャー1歳牝馬。本日行われた、セレクションセール(1歳)に出てきました。

上場番号は、254頭中の、なんと2番!

あまりに早い出番に、「模様眺めの購買者が多いのでは・・・」と気をもんだ今回のセリ。

昨日の、前日展示は、かなり賑っていたものの・・・・。

7・せり・前日展示
 

午前9時45分。

10時開始のセリに合わせ、待機所へ姿を現した、メジャーちゃん。

7・せり・周回
 

やはり、お客さんは、少なめでした。

近所の牧場の仲間から、「去年より、まだいるわよ!」と声をかけられ、気を取り直しつつも、不安材料はかき消せず。

「牝馬だからねぇ。どうだろう・・・」

競馬は、性別が大きくモノをいう世界。馬にはかわいそうですが、セリでは、牡牝で、明らかに注目度が違います。

そして、間もなく、屋内のパレードリンクへ。

7・セリ・パレードリンクへ
 

たまに、かりっとしたところのあるメジャー。今日は、とても落ち着いていました。

兄たちと同じ頭絡を身に着け、きらきらと輝く瞳。

7・セリ・本番前
 

1年前、2年前のセリを思い出しながら、周回する、彼女を見つめます。

番号が呼ばれ、会場へ向かう通路で、待機。

7・せり・会場へ
 

「大丈夫よ!私は自分で行き先を決めるから」

7・セリ・待つ
 

そんな雰囲気を漂わせながら、出番を待つ、馬と人。

7・セリ・待つ背中
 

かすかな期待が沸いてきたところで、開始を宣言する挨拶がアナウンスで流れ始めたので、大急ぎで、会場の2階へ上がりました。

開始予定の10時まで、あと3分くらい・・・というところで、挨拶が終わり、出番の早いものには無情の、セリ開始。

1番の馬は、売れているのかいないのか、よく分からないまま終わり、あっという間に2番がやって来ました。

初めて見る会場に、さすがのメジャーも緊張したのか、ちゃかつきます。

7・セリ・セールリング
 

希望価格よりも低い、600万円から始まったセリ。

淡々とあっけなく、640万円という中途半端な数字で終わったので、「ん?売れたの?」

会場で見ていても分かりづらく、相当不安な気持ちで、厩舎へ戻ると・・・・。

ほどなく、小さくガッツポーズをしたリーダーが登場。売れていたことが分かりました。

当時のダイワメジャーの種付け料500万円と、これまでにかかった経費を考えると、諸手を挙げて喜べるわけではありませんが、行き先が決まったことに感謝。

購買されたのは、日本中央競馬会で、また来年のブリーズアップセールを経て、本当のオーナーが決まることになります。

おぼろげながら見えてきた、メジャー牝馬のこれからの道。

2日ぶりに自分の厩舎に戻り、リラックスした様子のメジャー。

7・セリ・リラックス
 

同じグループのディープインパクト牝馬たちも、今日は夜間放牧をやめ、彼女にお付き合い。

7・セリ・ディープ
 

中央競馬会の育成場への入厩は、来週の28日ということで、数日後には、お別れとなります。

シンボリクリスエス牝馬。彼女は、メジャーの初めての友達。

7・セリ・クリス
 

同じ5月生まれの牝馬として、1年を共にした相棒と、再び顔を合わせる日は来るでしょうか。

あと1週間が、この牧場での、いよいよ最後の生活です。

満開になったラベンダーの花を摘んで、「リラックスしてね」

7・セリ・ラベンダー
 

昨年、1番最後に生まれた女の仔。みんなより早く去ってしまうのは寂しいけれど、競走馬として、立派に成長してくれることを、心から願いたいと思います。

関連タグ : ダイワメジャー, ディープインパクト, シンボリクリスエス,