シンボリクリスエス’09♀

ここでは、「シンボリクリスエス’09♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生産したシンボリクリスエス2歳牝馬が、美浦トレセンに入るという知らせが入り、金曜日に育成先へ行ってきました。

マイナス10℃まで冷え込んだ、その日の朝。

太陽が出て、いくぶん暖かくなっても、車の示す外気温は、マイナス5℃。

しっかりと防寒して外へ出ると、育成牧場は、いつものように、きびきびと動く人の流れがありました。

ふっと気がつくと、目の前にいたのは、白眉毛アグネスタキオン1歳牡馬。

12・育成・白眉タキオン
 

「うわっ、眉毛くん!」思わず、そう口から出てしまいましたが、この顔なら、どこにいても間違うことはありません。

久しぶりに見た、懐かしい顔。向こうも「あれっ?」という顔をして、目線がこちらに。

そして、少し間を空けて、出発を目前に控えたシンボリクリスエス2歳牝馬。

12・育成・ベルーナ準備
 

彼女は、なんだか見違えるほど、落ち着いた雰囲気を漂わせ、静かに馬装をしていました。

額にわずかな刺し毛がありますが、黒々とした体は、全兄のサクセスブロッケンを彷彿とさせます。

12・育成・ベルーナ騎乗
 

「成長したなぁ・・・」昨年、うちへ戻ってきた時より、体はずっと大きくなり、顔も大人びて。

ピリピリした性格も、ここではあまり感じられません。

目の輝きといい、仕草といい、周りをを引き付ける魅力が出てきたようにも思えます。

12・育成・ベルーナ待機
 

さて、一緒に馬場入りする仲間を待って、屋内馬場へ。

タキオンくんも、ゲートをすんなり通過し、これまでの練習の成果を見せてくれました。

12・育成・タキオン馬場へ
 

最初は、ダクで周回する馬たち。クリスは、しっかりとした足取りで、目の前を通過するのに対し、

12・育成・ベルーナ1周目
 

タキオンは、目をキョロキョロさせて、こちらをうかがいます。

12・育成・タキオンダク
 

普段いない人間がそこに立っているので、気になって仕方がないのでしょう。

騎乗スタッフさんに声をかけてもらいながら、体だけはしっかり前進。

さすがに1歳馬と2歳馬の違いを感じました。”ひよっこ”の1歳馬、当然のことです。

しばらくダクが続いた後、キャンターへ。

これも、素晴らしい勢いのクリスエス。

12・育成・ベルーナキャンター
 

タキオンは、相変わらず、こちらが気になるようで、顔だけは横向き。

12・育成・タキオンキャンター
 

それでも、一生懸命、騎乗者の指示どおりに動いていたので、見ている方は、笑みがこぼれます。

「まだまだ、これから!頑張れ」

2歳馬は、速い時計を出すため、1歳馬が抜けた後も、周回が続きました。

12・育成・ベルーナ最終
 

そして、屋外へ。

すぐ脇の放牧地で、馬ならぬエゾシカが、何頭も草を食べていて、思わず見とれているうちに、

12・育成・エゾシカ
 

ダウンをしていたタキオンたちは、厩舎へ向かっていました。

白い息を吐きながら、調教が始まったばかりの1歳馬と、これから競馬が始まる2歳馬。

12・育成・ベルーナとタキオン
 

クリスは、その後も入念に常歩。

12・育成・ベルーナダウン
 

馬装が解かれたタキオンは、体から湯気を出しながら、ちょっと疲れた顔で、洗い場へと向かいます。

12・育成・タキオン運動後
 

戻ってきたクリス。

12・育成・ベルーナ運動後
 

洗い場でのタキオン。

12・育成・タキオン洗い場
 

馬着を着せてもらう、クリス。

12・育成・ベルーナ馬着
 

すっかり育成牧場の娘や息子になって、どの馬も、いつもの生活を私に見せてくれました。

そうそう、見覚えがあると思った顔は、預かっていたブライアンズタイム1歳牝馬。

12・育成・タイム牝
 

そして、この厩舎には、休養にやって来た、ディープインパクト3歳牝馬、サクセスシルエットの姿もありました。

ここで別れたのは、1年と3ヵ月前。

競馬場へ観には行っても、直接触れるのは、1年3ヵ月ぶりなので、高ぶる気持ちを抑えて・・・。

スタッフの方に扉を開けてもらうと、少し落ち着きなく顔を振るディープが、そこにいました。

それでも、来た当初よりずいぶん良くなったとか。

到着時には、輸送減りもあり380kg台だった体が、50㎏近く増え、精神面でかなりリラックスできている様子が伺えます。

大好きだったニンジンを見せると、ポリポリ。

12・育成・シルエット馬房
 

1年前よりまた大きくなった顔を触ると、次第に私のことを思い出すかのように、穏やかな目になってきました。

「やっぱり、ディープだ・・・」

出発するクリスのために残しておいたニンジンの匂いがするのか、肩にかけたバッグを鼻で探るディープ。

そんな愛らしい仕草は、昔のまま。

12・育成・シルエット顔
 

競馬って、難しい・・・。生きて、心を持った馬が走るだけに、備わった能力が、そのまま結果として表れるわけではありません。

12・育成・シルエット立ち
 

「また、頑張るんだよ」そう言って、扉を閉めてもらうと、なんだか名残惜しそうに、こちらを向いていました。

さあ、あれから3日。今日は月曜日。

シンボリクリスエス2歳牝馬は、今朝、トレセンへ向けて出発していったそうです。

土曜の夜から日曜にかけて降った雪で、この辺りは一面の銀世界。

彼女も、柔らかい雪を踏みしめて、馬運車に乗っていったことでしょう。

これから、自らの真っ白いキャンパスにどんな色を塗っていくのか、まだ誰にも分かりません。

12・育成・ベルーナ後ろ姿
 

けれども、私たちは、明るい未来が待っていることだけを信じ、送り出しています。


スポンサーサイト

関連タグ : シンボリクリスエス, アグネスタキオン, ブライアンズタイム, サクセスシルエット, ディープインパクト,

サクセスブロッケンが、今日付けで競走馬登録を抹消しました。

休養のために、昨年8月から10月まで当牧場にいたブロッケン。(過去記事・2010.10・7

一昨年頂点に立ったフェブラリーステークスを目前にして、表舞台から去ってしまうことは、残念でたまりませんが、

彼の生い立ちを考えると、「ここまでよく頑張った!」と、ねぎらいの言葉をかけてあげなければなりません。

肢に問題をかかえていると言われながら、新馬戦から4連勝。

管理されていた厩舎関係者の皆さんの力なしでは、彼の能力は引き出せなかったでしょう。

思い出すのは、ここに初めてやって来た5年前。

当歳の秋に、生まれた牧場から移ってきたブロッケンは、性格の優しい仔馬でした。

2・ブ・ブロッケン当歳秋 

青草がほしくて、小さな子にもひるまず首を伸ばします。

東京から遊びに来ていた友人家族も大喜び。「馬って、かわいいね」

触ったことのない人も、とりこにしてしまう、何気ない魅力の持ち主。

雪が降り積もった12月。

2・ブ・ブロッケン当歳冬 

放牧地に設置してある乾草を頭からかぶって、何食わぬ顔で歩いていたのはブロッケン。

目立たないけれど、目立ってしまうところが彼の特徴でした。

春が来て、

2・ブ・ブロッケン1歳春 

夏が来て。

2・ブ・ブロッケン1歳夏 

その間、お世話になった装蹄師さんの技術には、改めて感謝しなければなりません。

育成牧場には何度も会いに行った私。

実は、一度も競馬場で見ることが出来ませんでした。

画面の中の小さなブロッケンしか知りません。今となっては、それが一番の心残りでしょうか・・・・。

けれども、彼は、私たちにたくさんの感動を与えてくれました。

ダービーに挑戦した日の緊張。

フェブラリーステークスに勝った日の興奮。

たずさわった牧場スタッフのために、わざわざ札幌で開いていただいたジャパンダートダービーの祝勝会。

温かいオーナーご家族の皆さんに支えられてきたからこそ、今のブロッケンがあります。

一緒に盛り上げてくださったファンの皆さんの声援も、私たちの楽しみのひとつでした。

牧場を訪れる方にいただく写真で、行けなかった競馬場の臨場感を味わったものです。

TVだけでは伝わってこない、一瞬の美しさ。周囲の雰囲気。

いつの間にかファンを増やしていたブロッケン。

強さだけでなく、その容姿や賢さで人をひきつけたところは、昔も今も変わりません。

全妹、シンボリクリスエス2歳牝馬。

偶然リフレッシュに戻ってきていた彼女は、今朝、気温も上がったので、放牧地へ出ました。

2・ブ・2歳全妹 

兄よりも、ピリッとした性格。

2・ブ・クリス顔 

環境の変化にイライラと反応してしまう性格が少々気になりますが、俊敏で、体型は昔の兄そっくり。

2・ブ・クリス後ろ姿 

彼女が、競馬場に姿を現す時、その前に兄の姿があったら、こんなに嬉しいことはありません。

できれば、また大きな舞台で、兄と妹の姿を見たい・・・・。

競馬にたずさわっていると、いつも隣に夢があります。

母が成し遂げられなかった夢を仔へ。兄が成し遂げられなかった夢を弟や妹へ。

その道のりが険しいことは十分分かっていますが、喜んだり落ち込んだりしながら彼らを見守り、「次こそ」といつも前を向いている自分がいます。

GⅠの大舞台で、活躍を続けてくれたブロッケン。彼の存在は、私たちには本当に貴重でした。

「ありがとう」心からそう思います。

関連タグ : サクセスブロッケン,


まさしく秋の晴天に恵まれた今日、シンボリクリスエス1歳牝馬が、育成牧場へと旅立ちました。

朝一番、秋の日に照らされるクリスは、短期で預かっている、父IndianCharlie1歳牝馬と共に食事中。

9・クリス・朝の放牧地
 

人間の姿を見ると、挨拶をしにやって来ました。

9・クリス・こちらへ
 

これから出発するとは、考えてもいないでしょう・・・。入念におでこをさすってあげます。

集牧の時間だと思ったのか、ひとり出入り口の方向へ。

9・クリス・後ろ姿
 

仲間のネオユニヴァース牝馬、Indianも集結。クリスは、入ってきたばかりのIndianを、当初は威嚇していましたが、やっと認めるようになりました。

9・クリス・みんなで
 

全兄サクセスブロッケンも、もうすぐここを離れます。今日は、妹の見送り。

9・クリス・ブロッケン
 

9時。せっかく仲良くなった仲間と離され、出発の準備を始めるクリス。

9・クリス・正面
 
立ち姿は、兄と本当によく似ています。父シンボリクリスエスの特徴でしょうか。

9・クリス・横
 

勝った気性。かりっとしたところは、母によく似ていました。

9・クリス・顔
 

1歳になって馬運車に乗った経験があるため、乗車はすんなり。

でも、移動中は後ろ向きになり、せわしく外をのぞこうと歩いていたため、馬運車は数十分の間、揺れ続けでした。

9・クリス・馬運車
 

なんとか落ち着いて、前向きになったと思ったら、育成牧場に着いて、下車。

今度は、緊張して、数歩ずつしか歩けません。

9・クリス・緊張
 

ビクビク、ビクビク。同じように育てていても、生まれ持った性格は変わらないなと感じます。

やっとの思いで厩舎へ入り、明日からの馴致が少々不安になりました。

「いや、カリカリしている方がまだいいですよ。前にも後ろにも進まない馬がいますからね」というスタッフさんの言葉に、安堵しつつ、先に移動したディープインパクト牝馬2頭のサンシャインパドックへ向かいます。

2月生まれディープ。

9・クリス・ディープ2
 

1月生まれディープ。

9・クリス・ディープ1
 

暖かい陽射しに満足して、与えられた乾草を食べ、水を飲んでいました。

既に、ひと通りの訓練に入り、人もまたがっているそうです。

とりわけ、1月生まれディープ、通称ディープ姉さんの方が、「全身ばね。ゴムまりみたい」と評判だそうで、早くも、親心で期待が高まります。

前日に移動したディープインパクト牡馬。一夜明けたばかりの彼は、牡馬のサンシャインパドックで、不安げな表情を見せていました。

9・クリス・ディープ牡
 

いきなり広い放牧地から、小さなパドックへ入れられたのですから、仕方がありません。

青草から乾草へ。前肢でかき分けながら、おいしいところはないかと探している姿が、寂しげでした。

でも、みんなこうして、立派な競走馬へと成長していきます。

会いに行ったリーダーが背を向けて歩き出すと、突然いなないた黒鹿毛ディープ。

「ここのスタッフは、みんな優しいから、大丈夫だよ!」

その言葉に、私も救われました。

関連タグ : シンボリクリスエス, IndianCharlie, ディープインパクト, サクセスブロッケン, ネオユニヴァース,

昨日、大井競馬場で行われた”東京大賞典”を、当牧場の中期育成馬、サクセスブロッケンが勝利しました。

最後の直線では、TVの前にいたみんなが、立ち上がって大興奮。

久々に、牧場が歓喜の渦に包まれました。

一夜明けた今日、年末大掃除の合い間を縫って、放牧地へ。

今日の主役、ブロッケンの全妹は、「どこかな?あ、いた、いた」

12・祝・妹草 

ダイワメジャー牝馬と並んで草を食べている、シンボリクリスエス牝馬。

額に小さな刺し毛がある以外は、兄ブロッケンによく似た女の仔。

「ん?いやぁ、今日は、君じゃないんだって!」

12・祝・ディープ 

振り返ったディープインパクト牝馬に、ぴったりとカメラのピントがあってしまい、苦笑い。

どうも前回、放牧地でニンジンをあげて以来、私はニンジン好きの馬たちの”お気に入り”となってしまった様子。

今まで以上に視線を感じながら歩いていると・・・、この顔に出会い、思わずプッ。

12・祝・ムーン 

食べるのに夢中になり過ぎ、牧草まみれになってしまったアドマイヤムーン牝馬。

彼女の”天然ボケ”さ加減には、いつも心が温められます。

そして同時に、4年前のクリスマスの日、同じような姿でカメラに写っていたサクセスブロッケンのことを思い出しました。

12・祝・ブロッケン 

レースでの入れ込み具合からは想像できないような、おっとりした馬。

強くもなく、弱くもなく、素直な性格だった覚えがあります。

そのブロッケンと同じ5月生まれ。遅生まれのハンデからか、このグループでも、あまりべたべたと人間に寄って来ない、クリス。

「これじゃあ、写真が撮れないなぁ」と、急いでニンジンを取ってきて、ほかの馬に気付かれないよう、こっそり与えると・・・。

喜んで、ポリポリ。

12・祝・クリス 

もうひとつ、ポリポリ。

そこまででした・・・・。鼻を動かしながら近付いてきた、2月生まれディープちゃん。

そして、「何やってるの?」と、見逃すわけがない、1月生まれディープ。

この2頭に挟まれると、逃げるしかないクリス。残念そうな後ろ姿。

12・祝・振り返り 

いや、最初は良かったのですが、このディープ産駒2頭の執念たるや・・・・。

12・祝・ディープ2頭 

「ないの?ないの?」と、執拗に要求され、パンパンだったポケットは、いつしか空っぽに。

12・祝・もぐもぐ 

しかも、その後も追われ続ける私は、この寒い日に汗をかくほどで、はたから見ればまさしく”逆・追い運動”だったことでしょう。

「もうない」と分かると、勢い良く飛び出して行った1月生まれディープ。

皆を蹴散らし、体いっぱいで、感情表現。

12・祝・パワー娘たち 

どうしても主役になってしまう、パワー娘です。

さて、こちらは、3年前から当牧場にいる、ブロッケンの母。

12・祝・ビューティ 

名前の通り、美しい馬。

今日は、離れた場所にいる我が仔を思い出しているかのような優しいまなざしで、遠くを見つめていました。

終わり良ければすべて良し。

また、来年も良い年になりますように。

(追記・早速、前記事や掲示板にお祝いのコメントを入れてくださった皆さん、本当にありがとうございました。)

関連タグ : サクセスブロッケン, シンボリクリスエス, ディープインパクト, ダイワメジャー, アドマイヤムーン,

おととい、当歳馬を牝馬と牡馬のグループに分け、今まで別々に放れていた早生まれ組と遅生まれ組が、合流しました。

牝馬のグループは、こんな感じです。

10・合流・一回戦1 

左から、シンボリクリスエスダイワメジャー、間が空いて、アドマイヤムーン、2月生まれディープインパクト、1月生まれディープインパクト牝馬。

プライドが高く、物怖じしないクリスちゃん。

10・合流・一回戦2 

無謀にも、強気な性格の1月生まれディープにつかつかと近寄り、

10・合流・一回戦3 

挑戦状をたたきつけるも・・・、

10・合流・一回戦4 

一喝されてしまいました。

10・合流・一回戦5 

「仕切り直しよ!さあ、行きましょう」と、メジャーを誘って、移動。

10・合流・仕切りなおし 

「世の中には、いろんな馬がいるのね・・・」

10・合流・クリス 

「私、こわーい」と、ぴったり寄り添っているのは、メジャーちゃん。

10・合流・メジャー 

またまたやって来たディープに、お尻を向けて、蹴りを入れたクリス。

怒ったディープに追われて、「うわーっ!」と退散。

10・合流・二回戦1 

「まぁ、何の騒ぎ?」と、おっとりムーンちゃん。

10・合流・ムーン 

「よっしゃぁ!追い払ったわよ」と、勇んで戻ってくるディープに、みんな苦笑い・・・。

10・合流・よっしゃ 

「ねぇ、ねぇ、なんで私たち、追われなきゃならないの?」納得がいかないクリスとメジャー。

10・合流・クリス&メジャー 

ディープは、これみよがしに、ムーンに近寄り、グルーミング。

10・合流・仲間意識 

「私たちは、仲間なのよ!よそものは、あっちへ行きなさい」

その様子を、じっと眺めるクリスちゃん。

10・合流・じろり 

2月生まれディープは、友好的でした。

「あなたたち、どこから来たの?」と、2頭にあいさつ。

10・合流・ディープ2と2頭 

ところが、これが気に食わないディープに、「何しているの?」と、横やりを入れられ、

10・合流・何してるの! 

また追い払われるはめに。

10・合流・追い払う 

「私たちは、仲がいいんだからね!」

10・合流・かきかき 

「ちょっと、みんなで団結しましょうよ!」

10・合流・かきかき2 

とまあ、異常なほどに、ムーンや2月生まれディープと”掻き掻き”したがる、ディープ姉さん。

その目を盗み、クリスに近付いたディープ妹は、

10・合流・ディープ2みつめる 

「私は怖くないわよ。仲良くしましょう」と、丁寧にあいさつ。

10・合流・ディープ2とクリス 

「なんだかよく分からないけど、いろんなコがいるのねぇ・・・」

10・合流・なんだか 

出会いはまだまだ始まったばかりですが、それぞれの性格が垣間見え、とても面白い一日でした。

関連タグ : ディープインパクト, ダイワメジャー, シンボリクリスエス, アドマイヤムーン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。