種牡馬

ここでは、「種牡馬」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして
 ・05-29  ※綿毛の朝

 昨年、一昨年と見に行けなかった社台スタリオンの種牡馬展示会。

今年は時間がとれたため、全頭見ることが出来ました。

まずは、新種牡馬のドゥラメンテ

2・社台・ドゥラメンテ
 

怪我の療養で、放牧が制限されていたせいか、力があり余っている様子でした。

こちらは、終始落ち着いていたモーリス

2・社台・モーリス
 

母方の祖母メジロモントレーは、当牧場先代の生産馬。

2・社台・祖母モントレー
 

その血が脈々と受け継がれていくことに、喜びを感じます。

急きょ、種牡馬入りとなったミッキーアイル

2・社台・ミッキーアイル
 

初年度産駒の活躍により、アロースタッドから移動してきたリーチザクラウン

2・社台・リーチザクラウン
 

初年度産駒が1歳になるジャスタウェイ。

2・社台・ジャスタウェイ
 

産駒が今年デビューを迎えるオルフェーヴル

2・社台・オルフェーヴル
 

エイシンフラッシュ。

2・社台・エイシンフラッシュ
 

ロードカナロア。

2・社台・ロードカナロア
 

ノヴェリスト。

2・社台・ノヴェリスト
 

種牡馬6年目となるドリームジャーニー。

2・社台・ドリームジャーニー
 

カジノドライヴ。

2・社台・カジノドライヴ
 

大ベテランのクロフネを挟んで、

2・社台・クロフネ
 

ヴィクトワールピサ。

2・社台・ヴィクトワールピサ
 

7年目のキンシャサノキセキ。

2・社台・キンシャサノキセキ
 

ハービンジャー。

2・社台・ハービンジャー
 

そして、初年度産駒が今年誕生の、エピファネイア。

2・社台・エピファネイア
 

フェノーメノ。

2・社台・フェノーメノ
 

スピルバーグ。

2・社台・スピルバーグ
 

リアルインパクト。

2・社台・リアルインパクト
 

キズナ

2・社台・キズナ
 

種牡馬5年目のディープブリランテ。

2・社台・ディープブリランテ
 

タートルボウル。

2・社台・タートルボウル
 

スマートファルコン。

2・社台・スマートファルコン
 

ルーラーシップ。

2・社台・ルーラーシップ
 

大ベテランのゴールドアリュール

2・社台・ゴールドアリュール
 

ダイワメジャー。

2・社台・ダイワメジャー
 

ハーツクライ

2・社台・ハーツクライ
 

キングカメハメハ

2・社台・キングカメハメハ
 

ディープインパクト

2・社台・ディープインパクト
 

今年も、産駒が活躍を続ける馬たちが、後半に登場してきました。

自らが競馬場をにぎわせただけでなく、その血をつないでいく優秀な種牡馬たち。

強い北風も、時間も忘れ、その姿に見入ってしまいました。


スポンサーサイト

関連タグ : ドゥラメンテ, モーリス, ミッキーアイル, リーチザクラウン, オルフェーヴル, ディープインパクト, キズナ, ハーツクライ, キングカメハメハ, ゴールドアリュール,

 生産地は、種牡馬展示会のシーズンとなりました。

火曜の祝日は、社台スタリオン。

注目の新種牡馬が4頭揃ったため、例年より多くの人垣が出来ていたように思います。

まず最初に登場したのは、昨年のキングジョージをレコードで勝ったドイツ馬のノヴェリストでした。

2・展示・ノヴェリスト
 

まだ5歳と若く、元気いっぱい。

対照的に、おっとりと歩いていたのは、ロードカナロアでした。

2・展示・ロードカナロア
 

父のキングカメハメハによく似ています。

エイシンフラッシュは、黒鹿毛の馬体が輝いて見えました。

2・展示・エイシン
 

そして、新種牡馬のトリは、オルフェーヴル

2・展示・オルフェ
 

金色にも見える毛色とぱっちりした目。

2・展示・眺めるオルフェ
 

そして、取り巻く人間たちをじっと眺めながら堂々と歩く姿に、初めて会った私は、なんともいえないオーラを感じてしまいました。

続く馬たちは、例年より早いペースで紹介され、次から次へと入れ替わっていきます。

今年、牧場で生まれてくる予定の馬たちの父。

ハービンジャー

2・展示・ハービンジャー
 

キンシャサノキセキ

2・展示・キンシャサ
 

ワークフォース

2・展示・ワークフォース
 

ヴィクトワールピサ

2・展示・ピサ
 

ハーツクライ

2・展示・ハーツクライ
 

ディープインパクト。
2・展示・ディープ 

昨年は、帰る時間に間に合わず、見られなかったディープを、なんとか見ることが出来ました。

2・展示・ディープ立ち姿
 

けれども、アナウンスでは、”今年は株主さんを優先に種付けを行う”ということ。

生産者には、ますます雲の上の存在です。

さて、繁殖牝馬たちの今年の相手候補は、展示会を経て、少しずつ絞られてきました。

この後続く他場の展示会を参考にしながら、最終的に決まっていきます。

走る馬が生まれてきてくれることを、誰もが願っています。


関連タグ : ノヴェリスト, ロードカナロア, エイシンフラッシュ, オルフェーヴル, ハービンジャー, キンシャサノキセキ, ワークフォース, ヴィクトワールピサ, ハーツクライ, ,

 今年も、種牡馬展示会のシーズンがやって来ました。

やはり目の前で動く馬は、カタログや画面上の馬とは大違い。

次々と展示される馬たちを比較することも出来るので、生産者は各地から集まってきます。

昨日の社台スタリオンの新種牡馬は、4頭。

まずお披露目されたのは、フランスで活躍したタートルボウルでした。

種牡馬・タートルボウル
 

すでにフランスで種牡馬実績をあげている11歳馬。

雄大な馬格に感心していると、遠くから聞こえてきた馬の声に反応し、興奮状態。

終始、馬っ気を出し、笑いもこぼれる会場となりましたが、威勢の良さは相当伝わってきました。

続いて、気品ただようルーラーシップ
種牡馬・ルーラーシップ 

名牝エアグルーヴの8番仔。血統的な魅力を武器に、注目を集める存在。

昨年のダービー馬、ディープブリランテ

種牡馬・ディープブリランテ
 

矢作師の「競馬の姿とは違い、普段はとてもおとなしい馬・・・」という解説が、印象に残りました。

馬を育てる人間としては、遺伝しやすい、そういった父親の性格は、重要な関心事。

ダート巧者、スマートファルコン

種牡馬・スマートファルコン
 

サクセスブロッケンと同世代。ブロッケンが5月5日生まれなら、ファルコンが4月4日生まれ。

大井のジャパンダートダービーで初めて対戦した2頭。

以降、地方交流重賞を主戦場としたファルコン。ブロッケン引退後に連勝記録を伸ばしていきました。

ここから先は、種牡馬2年目、3年目。そして、今年産駒デビューとなる4年目の馬が続きます。

ワークフォースは、この春、当牧場での産駒誕生が間近に迫っていて、改めて見入った1頭。

種牡馬・ワークフォース
 

初年度産駒は、どのような評判となるでしょうか。

フジキセキの後継、ダノンシャンティ

種牡馬・ダノンシャンティ
 

彼の初年度産駒もまた誕生の予定があります。

「小さいね」とどこからともなく聞こえてくるのは、ドリームジャーニー

昨シーズンは、大柄牝馬への種付けに幾度か失敗したとのアナウンス。

種牡馬・ドリームジャーニー
 

しかし、目の前で、しっかりアピールする姿に、思わずカメラを向けてしまいました。

昨年、初年度産駒が誕生したハービンジャー

種牡馬・ハービンジャー
 

牧場にいる現1歳牝馬に、顔も体もよく似ていました。衝撃の走りを見せてくれるでしょうか。

この後、登場した馬たちの中では、今春誕生予定のファルブラヴ

種牡馬・ファルブラヴ
 

馴染みのゴールドアリュール。

種牡馬・ゴールドアリュール
 

シンボリクリスエス。

種牡馬・シンボリクリスエス
 

ゼンノロブロイ。

種牡馬・ゼンノロブロイ
 

現1歳牝馬のロブちゃんに、これまたそっくりと感動したところで、タイムアップ。

片道約2時間の道のり。ここで帰路につかないと、子供の帰宅時間に間に合わないので、泣く泣く会場を後にしました。

もちろん、この後、ダイワメジャー、ハーツクライ、キングカメハメハ、ディープインパクトといったそうそうたるメンバーが登場することは承知の上でしたが、仕方ありません。

「昨年は、なんとかぎりぎりディープまで見て帰れたのに・・・」と、1時間半経っても出て来なかった大トリの姿を頭に描きながら車を走らせた、今年の展示会初日でした。



関連タグ : タートルボウル, ルーラーシップ, ディープブリランテ, スマートファルコン, ワークフォース, ダノンシャンティ, ドリームジャーニー, ハービンジャー, ファルブラヴ, ,

今週から、各種馬場にて、生産者のための種牡馬展示会が開催されています。

距離が遠く、そうそう家も空けられないので、配合予定の多い社台スタリオンの展示会へ。

例年になく晴れて暖かい展示会には、種牡馬選定のために、たくさんの人たちが集まっていました。

最初のアナウンスで、計27頭の種牡馬が登場するとのこと。

1時間以上かかることを想定し、牧場で今年配合を予定している馬、もしくは出産予定の馬にしぼって、カメラを向けることにします。

まずは、2010年の英国ダービーと凱旋門賞を制したワークフォース

2・展示・ワークフォース立ち
 

管理調教師が「均整の取れたきれいな脚元と素晴らしい気性の持ち主」と評した、とのアナウンスが耳に残りました。

本当に惚れ惚れするような馬体。秘めた気合いをうかがわせる顔。

2・展示・ワークフォース顔
 

名馬を目の前で見られる感動がひしひしと沸いてきます。

無事に受胎すれば、来春どんな仔馬が見られるのだろうと、期待ふくらむ新種牡馬。

そして、昨年のドバイワールドカップ、日本馬初優勝という快挙を成し遂げたヴィクトワールピサ

2・展示・ヴィクトワールピサ立ち
 

担当の方をかじろうと小刻みに動く様子は、うるさいイメージを持たせましたが、その気性ゆえの戦績かもしれません。

明らかに一般ファンと思われる隣の女性が、「ハハハ」と苦笑いしながらシャッターを押す反面、背後からは、「繋がどうで、腰がどうで・・・・」と真剣に馬を評する年配の生産者の声。

「もっともだ」 嫌でも耳に入る、そのベテラン二人の意見に頷きながら、それ以降、私も、未来の名馬生産に向け、イメージをふくらませました。

種付け予定はないものの、「サクセスブロッケンの2着!」という言葉に、思わず撮りたくなったカジノドライヴ。

2・展示・カジノドライヴ
 

同じく、「母の父、メジロマックイーンは、当種馬場で・・・」という言葉にシャッターを押した、小柄なドリームジャーニー。

2・展示・ドリームジャーニー
 

新種牡馬6頭登場の後に、今年初産駒がデビューする種牡馬や初誕生の馬が出てきました。

社台グループでも毎日のように産駒が生まれているという、ハービンジャー

2・展示・ハービンジャー
 

以下は、現在1歳馬にいる牝馬3頭のお父さんということで、「似ている!」と思いながら、撮った3頭。

カンパニー

2・展示・カンパニー
 

ゴールドアリュール

2・展示・ゴールドアリュール
 

ハーツクライ。彼は、今年一人びきで出てきましたが、ぐるぐる周回するのみで、止まってポーズをとることはありませんでした。

2・展示・ハーツクライ
 

先ほど触れたベテラン生産者が「背中がいいな」と、前向きなコメント。

うちも今年は、ハーちゃんを売らなければならず、現役産駒が快走してくれることを願っています。

そして、前年より少々人気を落としているというゼンノロブロイの後に、

2・展示・ゼンノロブロイ
 

すでに満口になっている馬たち6頭が出てきました。

漆黒のシンボリクリスエス

2・展示・シンボリクリスエス
 

初年度産駒の活躍が目立ったダイワメジャー

2・展示・ダイワメジャー
 

そして、あいかわらず種付け料1000万円の看板馬、ディープインパクト

2・展示・ディープインパクト
 

いつも通り淡々とした顔に、今牧場にいる1歳馬たちを重ね、「どの仔もあまり似てないかも」と、苦笑い。

2・展示・ディープインパクト顔
 

待って待って、最後に出てきたのは、キングカメハメハ。

2・展示・キングカメハメハ
 

今年は、産駒誕生の予定があり、楽しみにしています。

予定していた全頭登場まで、1時間15分という長い展示会が、ようやく終了すると、あまりに真剣に見物しすぎて、体がコチコチになっていることに気が付きました。

いよいよ始まる今年の種付けシーズン。

まずは、上がり馬たちが順調に受胎するよう、準備が進みます。

小さな牧場の、新たなる挑戦。ピカピカに磨き上げられた種牡馬たちを前に、意識も高まってきました。

関連タグ : ワークフォース, ヴィクトワールピサ, ハービンジャー, カンパニー, ゼンノロブロイ, ダイワメジャー, ディープインパクト, ゴールドアリュール, シンボリクリスエス, ハーツクライ,

今年も、種付けシーズンがやって来ました。

先週から、各種馬場での種牡馬展示会が始まっています。

昨日行われた社台スタリオンの展示会。

牧場の種付け予定馬、そして出産予定馬が揃っているため、見学に。

新種牡馬、ハービンジャー
2・種・ハービンジャー全身 

昨年の英”キングジョージ”で、後の凱旋門賞勝ち馬らを相手に11馬身差の圧勝をしたスピード馬。

5歳という若々しい体に堂々たる風格。

2・種・ハービンジャー
 

その瞳の美しさに心を奪われていると、「オンオフのはっきりした馬」との紹介者の評。

産駒にどんな力を与えてくれるのか、非常に楽しみな1頭です。

サクセスブロッケンのライバルだったヴァーミリアン

2・種・ヴァーミリアン
 

いつ見ても伸びやかな馬体、ネオユニヴァース

2・種・ネオ
 

毎年白くなっていく様子を見るのが楽しみでもある、クロフネ

2・種・クロフネ
 

ブロッケンがそこにいるような感覚にとらわれる、シンボリクリスエス

2・種・クリスエス
 

この春、初めての仔が生まれるカンパニー

2・種・カンパニー
 

唯一の二人びき。昨年と同様、リングを唇でいたずらしながら歩く、ハーツクライ

2・種・ハーツ
 

実は今日、彼の仔が生まれる予定日となっていますが、まだまだ遅れそうです。

どんな気性の仔が生まれてくるのでしょうか。

ハービンジャーの登場から1時間以上経って、やっと出てきたディープインパクト

2・種・ディープ全身
 

小柄ながら、産駒に確実に伝わる柔らかさとバネ。

「牡馬は重賞を勝っているが、牝馬にはまだその存在がいない」との話。

今年の活躍は、いかなるものに。
2・種・ディープ 

これから4頭の出産予定があり、緊張や期待も高まります。

初年度産駒からクラシックで大活躍のゼンノロブロイ

2・種・ゼンノロブロイ
 

昨年のリーディングサイアー、キングカメハメハ

2・種・キンカメ
 

人気のある種牡馬はシーズンを通して混み合い、予約を入れるのも大変なありさま。

皆、なんとか無事に受胎してくれるよう、牝馬たちの体調管理には十分気を付け、乗りきっていこうと決意しました。

関連タグ : ハービンジャー, ヴァーミリアン, カンパニー, ハーツクライ, キングカメハメハ, ゼンノロブロイ, ディープインパクト, ネオユニヴァース, クロフネ, シンボリクリスエス,