オルフェーヴル’17♀

ここでは、「オルフェーヴル’17♀」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・04-21  ※春のハプニング
 ・04-20  ※新たに外へ
 ・04-19  ※雨上がりの朝
 ・04-14  ※久々に1歳馬
 ・04-13  ※4年半の時を経て

 生後半月どうしのキズナ牡馬と栗毛のオルフェーヴル牝馬。

4・栗・ちら
 

お互いに、ちょっとだけ意識し始めるようになりました。

母馬たちの距離が以前より縮まり、接近する機会は増えたものの、

4・栗・接近
 

放任主義とまではいきません。

キズナくんが気になる栗オル母さんが、「こらー!」

4・栗・こらー
 

「逃げろー!」

4・栗・ひえー
 

という具合に、こちらでも小さなバトルが繰り広げられています。

ニンジン目当ての母と一緒に現れた、栗オルちゃん。

フワーッとした素直な性格で、

4・栗・かぷ
 

意外と遊び好き。

4・栗・ぶらぶら
 

のんびり、ゆったり、母の側で過ごしています。

キズナ母さんが、ニンジンに気付いて歩いて来たので、母と共に逃げていきました。

4・栗・顔
 

こちらのキズナくん。

4・栗・キズナアップ
 

最近、厩舎に戻る時に、スタッフが近付くと逃げ回るようになったとか。

素直な栗オルちゃんと違い、ひと癖ありそうですが、じっとしていると、ちゃんと近付いてきます。

早速、プチ反抗期でしょうか。

ニンジンがなくなり、歩いていってしまった母を追いかけて、まっしぐら。

4・栗・待って
 

向こうでくるっと回転して、

4・栗・くるっ
 

母の側へ戻りました。

4・栗・母と
 

相手が行ったな・・・と確認するやいなや、今度は、栗オル母さん。

4・栗・来る
 

再び親子でやって来ます。

4・栗・来た
 

服に顔を寄せたり、靴の匂いをかいだり。

4・栗・アップ
 

女の仔らしい、ソフトな魅力の栗オルちゃん。

「ニンジンないのね!」と、母が歩き出すと、慌てて歩き出し、

4・栗・待ってよ
 

ぴったりとくっついて行きました。

4・栗・母と共に
 

そして、急に華麗なジャンプを披露。

4・栗・わーい
 

淡い栗色が、草の新芽と、春らしい雰囲気をかもし出しています。

4・栗・くね
 

とても嬉しそうに跳ね飛ぶ、

4・栗・ひょい
 

栗オルちゃん。

4・栗・ふわり
 

移動した母の元へ走ると、スパッと、跳び蹴り。

4・栗・じゃーん
 

「見てたの?」

4・栗・見てた?
 

色々な顔を持っているのかもしれません。


スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル, キズナ,

 生後3日目のオルフェーヴル牝馬が、初めて外に出ました。

3・外・栗オル
 

朝日に、産毛やたてがみがきらきらと輝きます。

オルフェ産駒らしい、首や顔のライン。

早速、動き始めました。

3・外・早速
 

とにかく、活発。

3・外・ぴょん
 

馬房でも、大きな体で跳ね回っていましたが、「やっと出られたぁ!」と、のびのび。

周りの景色に目をやり、耳を傾け・・・。

3・外・横顔
 

こちらにも気付きました。

3・外・正面
 

母は5産目のベテランとなり、余裕を持って、周囲を眺めています。

3・外・母と
 

そんな母の周りで、

3・外・走る
 

跳んだり、

3・外・跳ねる
 

片足を上げたり。

3・外・前肢
 

人にも躊躇なく近付きました。

3・外・ふにゃふにゃ
 

青鹿毛の母と栗毛の娘。

3・外・母と一緒に
 

どんな生活が始まるのでしょうか。

生後6日目のキズナ牡馬は、霜が降りた放牧地へ。

3・外・キズナ
 

また母に寄りかかっていったので、

3・外・ぎゃお
 

後肢で怒られました。

3・外・蹴り
 

「びっくりしたなぁ!」

3・外・くるり
 

「だって、遊びたいんだもん」

3・外・ささっ
 

「待って!待って!」

3・外・待って
 

怒られても怒られても、母の側に寄り添います。

3・外・ぴた
 

そんな風景を横目に、ミケが珍しく朝早くから、巡回。

3・外・ミケ出動
 

遠くの日高山脈はまだ真っ白ですが、暖かくなって来たということでしょう。

今朝から、ヘニーヒューズ牝馬とゴールドアリュール牝馬の同居も開始。

3・外・ヘニーとアリュ
 

どんどん春は進んでいます。

関連タグ : オルフェーヴル, キズナ, ヘニーヒューズ, ゴールドアリュール,

 3月23日午後8時40分に、父オルフェーヴルの牝馬が誕生しました。

3・栗・誕生
 

予定日から16日遅れ。

骨太の大きな仔で、分娩に1時間近くかかりました。

母馬は、あまりに苦しくて、立ったまま踏ん張ろうとする場面もあったほど。

父親そっくりの栗毛の牡馬だと誰もが信じていたところ、「牝馬だった!」と、リーダーの声。

何度も何度も、しっぽをめくり、「やっぱり牝馬だ」と確認するほど、立派な体格でした。

3・栗・横
 

そして、とても元気が良く、すぐに立ち上がろうと動き回ります。

3・栗・よいしょ
 

「大きな体だからまだ無理だろう」という予想に反し、自ら前肢を前に出すと、

3・栗・もう少し
 

誕生から30分で、すくっと立ち上がってしまいました。

3・栗・30分
 

お母さんの胎内に11ヵ月半も入っていたので、しっかりしています。

見れば見るほど、昨年生まれた栗オルくんにそっくりで、笑ってしまいました。

3・栗・しっかりと
 

牧場では初めての栗オルちゃん。

3・栗・乳探す
 

すぐに母乳を飲もうとし始めますが、これには少々時間がかかり、夜中に少し手助けしながら、やっと上手に飲めるようになりました。

濡れた毛がすっかり乾いた、今朝の顔。

3・栗・乾いて
 

顎が大きく、がっちり体型の女の仔。

3・栗・元気
 

横顔も大人っぽく見えます。

3・栗・横顔
 

外では、生後2週間のゴールドアリュール牝馬が、身を乗り出していました。

3・栗・交代
 

生後4日目のキズナ牡馬は、乾草が口の中にひっかかって、もごもご。

3・栗・キズ
 

「気になるー」

3・栗・キズくん
 

「気になるー」と、しながらも、

3・栗・気になる
 

勢いよく走り出します。

3・栗・ささっ
 

その音に「なにごと?」と、栗オルちゃんのお母さん。

3・栗・何事?
 

キズナくんの勢いは止まらず、

3・栗・ハッスル
 

今度は母に、「ほら、見てー!」

3・栗・ヤッホー
 

「わーい!」と、立ち上がりポーズ。

3・栗・ひゃっほー
 

嬉しくて、何度も体当たりしてくるので、

3・栗・べった
 

ムカッと来たお母さんが、一蹴。キズナくん、すごすご。

3・栗・こらっ
 

男の子の子育ては、大変そうです。

アリュールちゃんと交代で、放牧地に出たトーセンジョーダン牝馬は、生後半月。

3・栗・ジョーダン
 

母馬にあげていたニンジンを、早くもカジカジと味見していました。

3・栗・かじかじ
 

暖かい日差しを受け、

3・栗・らんらん
 

ハッスル、ハッスル。

3・栗・わい
 

新しい仲間を迎え、心なしか他の仔馬たちも嬉しそうに見えました。

関連タグ : オルフェーヴル, キズナ, ゴールドアリュール, トーセンジョーダン,