北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・04-21  ※春のハプニング
 ・04-20  ※新たに外へ
 ・04-19  ※雨上がりの朝
 ・04-14  ※久々に1歳馬
 ・04-13  ※4年半の時を経て

 2日間、雪がちらつく寒い日が続きましたが、今日から、また春らしい気温になるようです。

朝方冷えていたので、馬服を着た当歳馬たちも、のんびり。

4・1歳・当歳
 

1歳牝馬3頭は、寝ていました。

4・1歳・3頭
 

雨のおかげで、急に草が青々してきた気がします。

気持ち良さそうに目をつぶっているのは、ロードカナロア牝馬。

4・1歳・ん?
 

ぐるっと回ってみても、起きる気配はありません。

4・1歳・すやすや
 

ビロードのような深い光沢の毛皮に、ついつい手を伸ばしたくなります。

隣の放牧地では、ニンジンに目がないゴールドアリュール牡馬が、早速動き出しました。

4・1歳・アリュ
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬も。

4・1歳・栗
 

2頭なら、争うことなく、仲良く食べることが出来ます。

4・1歳・アリュ&栗
 

そこへ、スクリーンヒーロー牡馬。

4・1歳・ヒーロー
 

3頭でも、なんとか。

4・1歳・みんなで
 

後ろで、牝馬たちが起き上がったので、みんなにあげようとすると、こちらはオルフェーヴル牝馬が強気。

4・1歳・牝馬たち
 

逃げるディープインパクト牝馬に、急いで渡しました。

4・1歳・ディープ
 

ここで後ろを振り返ると、食いしん坊のハービンジャー牡馬がとうとう気付いて、こちらへ。

4・1歳・ハービン
 

母親のシルエットにも、父親のハービンジャーにも似ています。

4・1歳・ハービン顔
 

彼が来ると、周りの馬たちは、戦々恐々。

4・1歳・ねえ
 

ギロッとにらまれて、いつもヒーローの陰に隠れる栗オル。

4・1歳・ヒーローの陰に
 

そして、やっと、ダンカーク牡馬。

4・1歳・ダン
 

「なんだぁ、みんな来てたの?」と、急いでニンジンをかじります。

4・1歳・ちょうだい
 

最後に、オルフェーヴル牡馬。

4・1歳・やっとオル
 

これで、共に冬を越した5頭が揃いました。

4月から、この5頭に加えて、新たなメンバーを迎えています。

青毛のエイシンフラッシュ牡馬と、栗毛のハーツクライ牡馬。

4・1歳・フラとハーツ
 

それぞれ別の牧場から移って来ましたが、2頭で放牧しているため、2週間で、すっかり仲良くなりました。

4・1歳・顔
 

ニンジンを少しかじってみたり、匂いをかいだりと、人や環境にも慣れて来ています。

4・1歳・フラッシュ
 

1歳メンバーたちは、これから秋まで、のびのびと過ごしてくれることでしょう。

4・1歳・すっかり仲良し


スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル, ロードカナロア, ディープインパクト, ハービンジャー, ゴールドアリュール, ダンカーク, スクリーンヒーロー, エイシンフラッシュ, ハーツクライ,

 今朝、パソコンを開くと、このブログのメールフォームから送信された新着メールが。

「訪問の問い合わせかな?」と開封してみると、それは意外な連絡でした。

2011年産馬、今年で6歳になるハーツクライ牝馬が、その方のご主人経営の三重の乗馬クラブにいるとのこと。

クラブのブログに、1歳時の画像を転載した旨の知らせだったのです。

競走馬名は、ドリスバローズ。

一気に懐かしさが込み上げてきました。

メールに記されていたアドレスから、そのページへ行ってみると、今は、マーチという名で登録されていることがわかりました。

偶然、ドリスバローズで検索していたら、このブログを発見されたとのこと。

クラブの記事からは、彼女が昔と変わらず、とても人懐こく、皆さんから愛されて過ごしている様子がわかり、思わずジーンときました。

牧場を巣立ってから4年半になります。

育成牧場にいた頃、期待され、早々と2歳の6月デビューを迎えたものの、9着。

その後もパッとしない成績のまま、いつの間にか引退。

ファンの方から、乗馬になったことを聞いた覚えはありますが、よくあることなので、もうすっかり忘れていました。

「元気でいてくれたらいいな・・・」

そこまでしか、私たちには願えません。

毎年生まれ、毎年デビューし、毎年引退していく生産馬たち。

その1頭1頭がどこでどのように暮らしているか、知りたくもあり、知りたくなくもあり。

それは、この世界の現実を知る人間なら、誰しもが思うことでしょう。

競馬場を去ったすべての馬たちが幸せな余生を送れるのなら、こんなに素晴らしいことはありません。

少しでも、その可能性が残されるよう、生産馬たちには、とにかく人を信頼し、人から愛される馬になるよう、育てているつもりです。

4年半という月日の中で、次第に遠ざかっていた彼女の記憶。

まずは、以前ファンの方からいただいた写真を引っ張り出し、

4・その後・ドリス
 

4・あの頃・デビュー
 

自分の記事をもう一度開いて思い出していると、こんな文に出会い、ハッと息をのみました。

2012年9月3日の記事。

ハーちゃんが育成牧場へ出発する前日に、私が記していたのは、こんな言葉でした。

”人との出会いもありました。これから先も、そんなふうに人と人とをつなげる馬になってくれたら、と願います。”

「まさに、そうなってくれた・・・」と思うと、涙が止まらなくなりました。

あの頃の仲間たちは、いったいどうしていることでしょう。

同じグループではありませんが、同期の1頭は、ここに戻り、昨日、初めての種付けに行きました。

幼馴染みの1頭は、別の牧場で繁殖入りし、この春牡馬を産んだものの、育児拒否で、乳母が育てていると聞きました。

まだ、なんとか現役続行中の仲間もいますが、あとは、ほとんど行方知れず。

今回の突然の連絡は、これまで育ててきた馬たちからの「忘れないで」という無言のメッセージのようにも思えます。

実は最近も、生産馬が千葉の乗馬クラブにいるとの知らせが入りました。

4歳ハービンジャー牝馬、アウェイキング。

やはり呼び名は変わっていて、たまたま母馬名を見て、わかったそうです。

こうして、たくさんの方々に見守られていることが、馬たちの力になっている気がします。

引退した後の道を導いてくださった方々、そして現在携わってくださっている方々に対しても、感謝の気持ちを忘れてはいけない・・・そう思いました。

関連タグ : ハーツクライ, ハービンジャー,

 1歳馬の放牧地も、深い雪で覆われました。

6頭の牡馬グループを見に行くと、

3・雪・牡馬
 

早速、ゴールドアリュール牡馬が気付いて、一直線。

3・雪・アリュ
 

オルフェーヴル牡馬も、負けじと走って来ます。

3・雪・オル
 

あとは、ゆっくりと・・・。

3・雪・3頭
 

「じゃあ、行くかぁ」

3・雪・栗オル
 

ハービンジャー牡馬の後から、

3・雪・しずしず
 

ダンカーク牡馬、

3・雪・ダン
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬、

3・雪・栗
 

スクリーンヒーロー牡馬という順で、到着。

3・雪・ヒーロー
 

きっと皆、朝から動き回っていたのでしょう。

牝馬グループ3頭は、

3・雪・牝馬
 

ロードカナロア牝馬が、ディープインパクト牝馬とじゃれ合いながら、やって来ました。

3・雪・来つつ
 

牡馬の方をよそ見しながら、ゆっくり歩いてくるカナロア。

3・雪・よそ見しつつ
 

そんなカナロアを抜かして、一番乗りのディープ。

3・雪・ディープ
 

最後に、オルフェーヴル牝馬。

3・雪・オルフェ
 

牡馬にあげたため、すぐになくなってしまったニンジンを取りに、厩舎へ。

そこから、放牧地の方を見ると、オルフェがヒーローを追いかけているところでした。

3・雪・オルのいたずら
 

最近、元気いっぱいのオルフェ。

夕方厩舎へ戻る時に、ひと暴れするようになったため、前日、調馬策をかけたばかり。

雪で足もとの感触が良いので、大喜びなのでしょう。

「待てー!」と、今度は栗毛のオルフェーヴル牡馬へ。

3・雪・うわっ来るな
 

迷惑そうに逃げる栗オルの横顔が、おかしくてたまりません。

代わりにつかまったダンカーク牡馬。

3・雪・オルと
 

とりゃー!

3・雪・立ち上がり
 

ガブー。

3・雪・ヒーローに
 

ヒーローの首根っこをつかまえて、離さないオルフェ。

今度は、アリュール。

3・雪・元気
 

抜群の存在感を示している彼とは対照的に、のほほんと幼馴染みの牝馬に油を売っているのが、栗オル。

3・雪・のんきな栗
 

これはこれで、一つの存在感。

「ん?また、ニンジン持って来てくれたの?」

3・雪・誰?
 

小さい時から、栗オルに追いかけ回されていたオルフェちゃんは、今や悠々自適。

3・雪・4月生まれ
 

立派な体つきになりました。


関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア, スクリーンヒーロー, ダンカーク, ハービンジャー, オルフェーヴル, ディープインパクト,

 ヘニーヒューズ牝馬が生まれ、もうすぐ1ヵ月。

予定日を過ぎた母馬は2頭いますが、次がなかなか生まれてくれません。

ヘニーの遊び相手は、もっぱら子どもたち。

学校に行く前の時間と週末が、楽しい触れ合いのひと時です。

3・週末・遊ぶ
 

すっかり慣れて、姿を見ると、走って来るようになったとか。

大人でも良いのですが、やはり小さな子どもの方が、仔馬の目線に近く、より嬉しいのでしょう。

こんな透き通った瞳で近付いてくれるのですから、子どもも大満足。

3・週末・ヘニー
 

たてがみの近くをなでると、お返しに腕を掻いてくれるようになりました。

3・週末・目を細め
 

「ねえねえ!」と、暖かい鼻を近付けて来ます。

3・週末・ギュー
 

「そうそう、そこを掻いてくれると、気持ちいいのよ!」

3・週末・愛撫
 

互いに意思疎通が図れるようにようになり、楽しさ倍増。

朝日に、金色のたてがみが、きらきらと輝いていました。

3・週末・首を伸ばし
 

このところ、雪の合い間から伸びるようになった青草。

むしって鼻先に置いてみましたが、まだ食べる気配はなく、一生懸命、匂いをかいでいました。

3・週末・草の匂い
 

きっと、雪解けが進み、母が食べるようになれば、挑戦するのでしょう。

くるっと背中を向けて、「掻いて!」のポーズ。

3・週末・背中を向けて
 

「そうそう、そこそこ!」

3・週末・掻いて
 

小さくても、ちゃんと主張する、お茶目な女の仔です。

放牧地は、暖かさで緩んだ大地が再び凍り、馬たちにとっては、歓迎しがたい状況になってしまいました。

3・週末・凍った
 

凍ってない場所を選んで歩く、牡馬たち。

3・週末・3頭
 

私に気付いたゴールドアリュール牡馬が来ようとしますが・・・。

3・週末・アリュールこちらへ
 

氷を前に、立ち往生。

3・週末・立ち往生
 

それでも、慎重に歩を進め、なんとかたどり着いていました。

3・週末・アリュ
 

こちらも、根性でやって来た、ハービンジャー牡馬。

3・週末・ハービン
 

牝馬の放牧地でも、ところどころ凍った地面に、ロードカナロア牝馬が、苦戦。

3・週末・カナロア
 

慎重にではなく、勢いで、ちゃっちゃと駆け抜けるところは、性格の違いを表しています。

3・週末・大急ぎ
 

先に来ていたディープインパクト牝馬と共に、「ニンジンちょうだい!」

3・週末・カナ&ディープ
 

それでも、氷や雪は、日一日とその範囲を減らし、昨日は、この状態。

3・週末・オルフェ
 

また元気に走れるようになりました。

3・週末・ダン
 

草が伸びてくるまで、もう少しの辛抱です。

3・週末・駆けてくる
 

目の前の1歳馬たちを見ていると、「もう1年経ったんだなぁ」と、つくづく。

3・週末・オルアリュ
 

昨年の今頃を思い出しながら、月日の流れを感じました。

3・週末・顔出す


関連タグ : ヘニーヒューズ, ゴールドアリュール, ハービンジャー, ロードカナロア, ディープインパクト,

 昨年2月に生まれたゴールドアリュール牡馬は、もうすぐ1歳の誕生日。

生まれた時から大柄でしたが、さらにのびやかに成長し、

2・夕・アリュ
 

すっかり若武者らしくなりました。

2・夕・アリュ顔
 

ハービンジャー牡馬と、

2・夕・ハービン
 

ダンカーク牡馬、オルフェーヴル牡馬は、3月生まれ。

2・夕・ダン&オル
 

体型に差はあるものの、皆たくましくなり、昨年とは大違い。

スクリーンヒーロー牡馬は、4月生まれ。

2・夕・ヒーロー
 

ここにやって来て3週間が経ち、すっかり慣れた様子です。

5月生まれの栗毛のオルフェーヴル牡馬。

2・夕・栗
 

皆と比べると、まだ幼さの残る体型。

向こうを向いて、何をしているのかと思ったら、幼馴染みのオルフェーヴル牝馬がいました。

2・夕・あちゃ
 

小さかった頃のことを考えているのでしょうか。

突然、強い風が吹き出し、私の持っていたレジ袋が音を立てたので、びっくりしたみんな。

2・夕・ドド
 

一斉に駆け出します。

2・夕・みんなで
 

「何?何?今のなんだった?」

2・夕・ヒーローたち
 

栗オルも、大慌て。

2・夕・栗も
 

みんなと合流しました。

2・夕・栗毛
 

もう一度、様子を見に来るアリュール。

2・夕・様子見
 

勇気と度胸は一番。

2・夕・びっくり
 

さすがは、お兄さんです。

ヒーローは、みんなと仲間意識が芽生え、ちゃんと群れの中で行動するようになりました。

2・夕・走る
 

最初は猫をかぶっていたとみえ、だんだん積極的な面が見え始めます。

2・夕・しっぽをあげて
 

ニンジンは、放牧地で仲間が食べているのを見て、口にするようになりました。

今では、大好物。

彼のおかげで元気倍増の栗オル。

2・夕・栗オル
 

栗毛の2頭は、いいコンビです。

2・夕・2頭
 

厳しい冬を共に乗り越えた仲間たちと、

2・夕・夕焼け
 

やがて来る春を待ちます。

2・夕・オルも
 



関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ,