ロードカナロア’16♀3

ここでは、「ロードカナロア’16♀3」 に関する記事を紹介しています。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・03-18  ※瞬く間に
 ・03-13  ※細面と丸顔
 ・03-12  ※春の躍動
 ・03-11  ※広くて快適!
 ・03-10  ※ゴールドアリュールの牝馬、誕生

 1歳馬の整歯を見守った後、歩いていると、4月生まれの2頭を見つけました。

ロードカナロア牝馬が気が付いて、

6・牝・カナ気付く
 

オルフェーヴル牝馬も気が付いて・・・。

6・牝・気付く
 

互いの距離が、すっかり縮まったようです。

母親どうしも、少し離れたところに一緒にいました。

6・牝・母たち
 

元々、幼馴染みの2頭。

馬が合うはず。

お母さんが追いかけて来ないので、カナロアちゃんが、動きました。

6・牝・行こうかな
 

「あっちに、行ってみようっと!」

6・牝・すたすた
 

「ちょっと、ちょっと!待ってよ」

6・牝・オルも
 

「一緒に行こう!」

6・牝・待ってー
 

追いついたオルフェちゃん。

6・牝・一緒に行こう
 

今度は、自分が先頭になって歩いてきます。

6・牝・そそくさ
 

「あっそぼ!」

6・牝・ばあ
 

オルフェちゃんは、当初、人見知りでしたが、最近ではすっかり人馴れして、みんなにかわいがられるようになりました。

そんなオルフェの後ろから、「大丈夫?」と、顔を出すカナロア。

2頭と遊んでいると、軽トラックが通り、気が付いたカナロア母さんが、やっぱり走ってきました。

「うわーい!」

6・牝・いこう
 

母の元へ走っていく、オルフェちゃん。

その後に、カナロアちゃんが続き、後を追う、おせっかいママのプリンセス。

6・牝・みんなで
 

奥へ行くと、皆、安心したように、くつろいでいました。

6・牝・すっかり慣れて
 

このグループに、近々、末っ子オルフェーヴル牡馬も加入予定。

今後に、ますます注目です。


スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル, ロードカナロア,

 今日から5月。

朝から、ツバメがにぎやかにさえずっていました。


5・プリン・ツバメ
 

渡り鳥の姿を見ると、「こんな遠いところまでよく来てくれたね!」と、元気が出ます。

4月生まれのロードカナロア牝馬が、放牧地に出ました。


5・プリン・放牧地へ
 

颯爽と冒険をして回る娘に対して、新米ママのプリンセスは、困惑気味。


5・プリン・親子
 

一生懸命、後をついて回り、周囲に目を光らせて。


5・プリン・目を光らせ
 

カナちゃんが走れば、ぴったりと寄り添っていました。


5・プリン・待ちなさい
 

彼女は、かなりのマイペース。


5・プリン・走る
 

あまり周囲に惑わされることなく、


5・プリン・元気いっぱい
 

自分の世界を生きています。


5・プリン・あちこち
 

土手に、すっくと伸びたツクシ。


5・プリン・すっくと
 

まさに、そんな印象です。

母のことを気にする様子もなく、私のことを気にする様子もなく。


5・プリン・すらり
 

ミケのことを気にする様子もなく。


5・プリン・ミケ
 

我が道を行く娘。


5・プリン・見守る母と
 

カナちゃん。


5・プリン・飛び出していく娘
 

初日は、心配そうな母の姿だけが印象に残りました。

パドックには、手術を経て、復活したセレーネと、2月生まれのカナロアちゃん。


5・プリン・セレーネとカナ
 

口かご無しで、草を食べられるまでになりました。

しばらくは、パドック生活ですが、この様子なら、再び放牧地に出られる日も近いことでしょう。


5・プリン・セレ
 

予定日を過ぎた馬は、1頭。

5・プリン・出産間近
 

今年の最後の出産となりますが、ひとりで大らかに草を食べています。

桜のつぼみも、どんどん膨らみ、開花まであと少し。

5・プリン・開花間近
 

今年は、梅が先に咲きました。(北海道は、例年、桜の後に梅が咲きます。)

5・プリン・紅梅
 

爽やかな5月の風を感じました。


関連タグ : ロードカナロア,

 4月7日の午後10時半、父ロードカナロアの牝馬が誕生しました。

4・カナ・誕生後
 

母は、父サクラバクシンオーの9歳牝馬トーホウプリンセス。

彼女も、その母トーホウアスカも、当牧場生まれ。

その誕生を3代にわたって、見続けてきたことを思うと、感慨深いものがあります。

初出産のプリンセス。

母アスカと出産後のしぐさがそっくりで、「こんなところも似るのか」と、数年前を思い出しました。

初産で乳首が小さいため、初乳を飲むのに、少し苦労しましたが、なんとか、朝を迎えます。

すっかり疲れたプリンセスが横たわっていると、先に立ち上がった娘が、うろうろ。

4・カナ・翌朝
 

チャレンジ。

4・カナ・ここかな?
 

やっぱり、ダメかぁ。

4・カナ・困った
 

今まで、自分のことしか考えていなかったプリンセス。

4・カナ・母
 

我が仔のために、よいしょっと立ち上がりました。

4・カナ・やっと
 

母としての第一歩。

誕生から3日目の今朝は、パドックです。

4・カナ・3日目
 

朝日を浴びて、明るく輝く2頭の親仔を眺めていると、隣のパドックでは・・・。

気持ち良さそうに寝ている、オルフェーヴル牝馬のお母さんに、カラス。

4・カナ・カラス
 

巣作りのためのたてがみを、採取しているようです。

気持ち良いのか、されるがままの母。

4・カナ・起きた
 

その向こうから、むっくりと、オルフェちゃんが起き上がりました。

4・カナ・むく
 

しばらく、じっとたたずんでいましたが、母が起きてくれないので、抗議。

4・カナ・ねえ
 

「ねえ、ねえ」

4・カナ・お願い
 

しつこいので、母は、その後仕方なく、立ち上がっていました。

のんびり親子。

4・カナ・カラス2
 

カナロアちゃんはといえば・・・。

4・カナ・顔
 

お母さんと一緒に、近くへ。

4・カナ・のぞく
 

ボリッボリッと、ニンジンを食べる仕草が荒っぽい、お母さん。

授乳中、我が仔に乳房を噛まれると、怒って、ガブッ。

結構、ガサツなタイプと見えます。

かと思えば、大事そうに、グルーミング。

4・カナ・母仔
 

新米ママとして、少しずつ目覚めてきたというところでしょうか。

4・カナ・授乳
 

隣にいるのは、幼馴染みで、父サクラバクシンオーも同じ、9歳サクセスゴーランド。

4・カナ・一緒に
 

4産目のベテラン母と、どんな子育てを見せてくれるのかも、今後の楽しみです。


関連タグ : オルフェーヴル, ロードカナロア, サクラバクシンオー,