北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・04-21  ※春のハプニング
 ・04-20  ※新たに外へ
 ・04-19  ※雨上がりの朝
 ・04-14  ※久々に1歳馬
 ・04-13  ※4年半の時を経て

 2日間、雪がちらつく寒い日が続きましたが、今日から、また春らしい気温になるようです。

朝方冷えていたので、馬服を着た当歳馬たちも、のんびり。

4・1歳・当歳
 

1歳牝馬3頭は、寝ていました。

4・1歳・3頭
 

雨のおかげで、急に草が青々してきた気がします。

気持ち良さそうに目をつぶっているのは、ロードカナロア牝馬。

4・1歳・ん?
 

ぐるっと回ってみても、起きる気配はありません。

4・1歳・すやすや
 

ビロードのような深い光沢の毛皮に、ついつい手を伸ばしたくなります。

隣の放牧地では、ニンジンに目がないゴールドアリュール牡馬が、早速動き出しました。

4・1歳・アリュ
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬も。

4・1歳・栗
 

2頭なら、争うことなく、仲良く食べることが出来ます。

4・1歳・アリュ&栗
 

そこへ、スクリーンヒーロー牡馬。

4・1歳・ヒーロー
 

3頭でも、なんとか。

4・1歳・みんなで
 

後ろで、牝馬たちが起き上がったので、みんなにあげようとすると、こちらはオルフェーヴル牝馬が強気。

4・1歳・牝馬たち
 

逃げるディープインパクト牝馬に、急いで渡しました。

4・1歳・ディープ
 

ここで後ろを振り返ると、食いしん坊のハービンジャー牡馬がとうとう気付いて、こちらへ。

4・1歳・ハービン
 

母親のシルエットにも、父親のハービンジャーにも似ています。

4・1歳・ハービン顔
 

彼が来ると、周りの馬たちは、戦々恐々。

4・1歳・ねえ
 

ギロッとにらまれて、いつもヒーローの陰に隠れる栗オル。

4・1歳・ヒーローの陰に
 

そして、やっと、ダンカーク牡馬。

4・1歳・ダン
 

「なんだぁ、みんな来てたの?」と、急いでニンジンをかじります。

4・1歳・ちょうだい
 

最後に、オルフェーヴル牡馬。

4・1歳・やっとオル
 

これで、共に冬を越した5頭が揃いました。

4月から、この5頭に加えて、新たなメンバーを迎えています。

青毛のエイシンフラッシュ牡馬と、栗毛のハーツクライ牡馬。

4・1歳・フラとハーツ
 

それぞれ別の牧場から移って来ましたが、2頭で放牧しているため、2週間で、すっかり仲良くなりました。

4・1歳・顔
 

ニンジンを少しかじってみたり、匂いをかいだりと、人や環境にも慣れて来ています。

4・1歳・フラッシュ
 

1歳メンバーたちは、これから秋まで、のびのびと過ごしてくれることでしょう。

4・1歳・すっかり仲良し


スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル, ロードカナロア, ディープインパクト, ハービンジャー, ゴールドアリュール, ダンカーク, スクリーンヒーロー, エイシンフラッシュ, ハーツクライ,

 1歳馬の放牧地も、深い雪で覆われました。

6頭の牡馬グループを見に行くと、

3・雪・牡馬
 

早速、ゴールドアリュール牡馬が気付いて、一直線。

3・雪・アリュ
 

オルフェーヴル牡馬も、負けじと走って来ます。

3・雪・オル
 

あとは、ゆっくりと・・・。

3・雪・3頭
 

「じゃあ、行くかぁ」

3・雪・栗オル
 

ハービンジャー牡馬の後から、

3・雪・しずしず
 

ダンカーク牡馬、

3・雪・ダン
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬、

3・雪・栗
 

スクリーンヒーロー牡馬という順で、到着。

3・雪・ヒーロー
 

きっと皆、朝から動き回っていたのでしょう。

牝馬グループ3頭は、

3・雪・牝馬
 

ロードカナロア牝馬が、ディープインパクト牝馬とじゃれ合いながら、やって来ました。

3・雪・来つつ
 

牡馬の方をよそ見しながら、ゆっくり歩いてくるカナロア。

3・雪・よそ見しつつ
 

そんなカナロアを抜かして、一番乗りのディープ。

3・雪・ディープ
 

最後に、オルフェーヴル牝馬。

3・雪・オルフェ
 

牡馬にあげたため、すぐになくなってしまったニンジンを取りに、厩舎へ。

そこから、放牧地の方を見ると、オルフェがヒーローを追いかけているところでした。

3・雪・オルのいたずら
 

最近、元気いっぱいのオルフェ。

夕方厩舎へ戻る時に、ひと暴れするようになったため、前日、調馬策をかけたばかり。

雪で足もとの感触が良いので、大喜びなのでしょう。

「待てー!」と、今度は栗毛のオルフェーヴル牡馬へ。

3・雪・うわっ来るな
 

迷惑そうに逃げる栗オルの横顔が、おかしくてたまりません。

代わりにつかまったダンカーク牡馬。

3・雪・オルと
 

とりゃー!

3・雪・立ち上がり
 

ガブー。

3・雪・ヒーローに
 

ヒーローの首根っこをつかまえて、離さないオルフェ。

今度は、アリュール。

3・雪・元気
 

抜群の存在感を示している彼とは対照的に、のほほんと幼馴染みの牝馬に油を売っているのが、栗オル。

3・雪・のんきな栗
 

これはこれで、一つの存在感。

「ん?また、ニンジン持って来てくれたの?」

3・雪・誰?
 

小さい時から、栗オルに追いかけ回されていたオルフェちゃんは、今や悠々自適。

3・雪・4月生まれ
 

立派な体つきになりました。


関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア, スクリーンヒーロー, ダンカーク, ハービンジャー, オルフェーヴル, ディープインパクト,

 ヘニーヒューズ牝馬が生まれ、もうすぐ1ヵ月。

予定日を過ぎた母馬は2頭いますが、次がなかなか生まれてくれません。

ヘニーの遊び相手は、もっぱら子どもたち。

学校に行く前の時間と週末が、楽しい触れ合いのひと時です。

3・週末・遊ぶ
 

すっかり慣れて、姿を見ると、走って来るようになったとか。

大人でも良いのですが、やはり小さな子どもの方が、仔馬の目線に近く、より嬉しいのでしょう。

こんな透き通った瞳で近付いてくれるのですから、子どもも大満足。

3・週末・ヘニー
 

たてがみの近くをなでると、お返しに腕を掻いてくれるようになりました。

3・週末・目を細め
 

「ねえねえ!」と、暖かい鼻を近付けて来ます。

3・週末・ギュー
 

「そうそう、そこを掻いてくれると、気持ちいいのよ!」

3・週末・愛撫
 

互いに意思疎通が図れるようにようになり、楽しさ倍増。

朝日に、金色のたてがみが、きらきらと輝いていました。

3・週末・首を伸ばし
 

このところ、雪の合い間から伸びるようになった青草。

むしって鼻先に置いてみましたが、まだ食べる気配はなく、一生懸命、匂いをかいでいました。

3・週末・草の匂い
 

きっと、雪解けが進み、母が食べるようになれば、挑戦するのでしょう。

くるっと背中を向けて、「掻いて!」のポーズ。

3・週末・背中を向けて
 

「そうそう、そこそこ!」

3・週末・掻いて
 

小さくても、ちゃんと主張する、お茶目な女の仔です。

放牧地は、暖かさで緩んだ大地が再び凍り、馬たちにとっては、歓迎しがたい状況になってしまいました。

3・週末・凍った
 

凍ってない場所を選んで歩く、牡馬たち。

3・週末・3頭
 

私に気付いたゴールドアリュール牡馬が来ようとしますが・・・。

3・週末・アリュールこちらへ
 

氷を前に、立ち往生。

3・週末・立ち往生
 

それでも、慎重に歩を進め、なんとかたどり着いていました。

3・週末・アリュ
 

こちらも、根性でやって来た、ハービンジャー牡馬。

3・週末・ハービン
 

牝馬の放牧地でも、ところどころ凍った地面に、ロードカナロア牝馬が、苦戦。

3・週末・カナロア
 

慎重にではなく、勢いで、ちゃっちゃと駆け抜けるところは、性格の違いを表しています。

3・週末・大急ぎ
 

先に来ていたディープインパクト牝馬と共に、「ニンジンちょうだい!」

3・週末・カナ&ディープ
 

それでも、氷や雪は、日一日とその範囲を減らし、昨日は、この状態。

3・週末・オルフェ
 

また元気に走れるようになりました。

3・週末・ダン
 

草が伸びてくるまで、もう少しの辛抱です。

3・週末・駆けてくる
 

目の前の1歳馬たちを見ていると、「もう1年経ったんだなぁ」と、つくづく。

3・週末・オルアリュ
 

昨年の今頃を思い出しながら、月日の流れを感じました。

3・週末・顔出す


関連タグ : ヘニーヒューズ, ゴールドアリュール, ハービンジャー, ロードカナロア, ディープインパクト,

 今朝の冷え込みといったら、半端ではありませんでした。

マイナス20度近く。

それでも、青空に誘われ、放牧地へ向かうと、いつものように、ゴールドアリュール牡馬の姿。

1・冷・アリュール
 

白い息を吐きながら、颯爽と現れました。

1・冷・真っ先
 

同じくハービンジャー牡馬。

1・冷・ハービン
 

深い雪をかぶった日高山脈が、一段と神々しく映りました。

1・冷・美しい山
 

牝馬グループの放牧地では、何やらいつもと違った動き。

1・冷・何?
 

ディープインパクト牝馬、オルフェーヴル牝馬の視線の先には、エゾシカです。

木々の色にそっくり。

1・冷・エゾシカ
 

あまりの寒さに、日当たりの良い土手へ出て来たようでした。

そうとは知らない牡馬グループは、元気よく走り回っています。

1・冷・ドドド
 

特に、ハービンとオルフェが、朝から大運動会。

1・冷・吐く息白く
 

立ち上がって絡んだり、

1・冷・樹氷
 

駆け抜けて行ったり。

樹氷をバックに、鼻息荒く、

1・冷・オルフェ
 

体を大きく見せながら、

1・冷・逆光
 

走る!

1・冷・行こう
 

走る!

1・冷・ふかふか
 

走る!

1・冷・3頭
 

幼い頃から遊んできた仲間は、

1・冷・また
 

気が合うのか、

1・冷・勝負だ
 

いつまでも、対戦していました。

1・冷・飽きることなく
 

人間が除雪した道路に、エゾシカの足跡。

1・冷・足跡
 

たぶん、あそこにいる雌ジカたちのものでしょう。

1・冷・馬とシカ
 

斜面には、しゃがんで丸くなっている姿も。

1・冷・寒さで
 

厳しい冷え込みは、野生動物たちの動きも止めるようです。

興味津々のディープに、あまり気にしていないロードカナロア牝馬。

1・冷・鹿見る
 

乾草を食べていた栗オルが、やって来ました。

1・冷・あれ
 

今日はダンカーク牡馬も一緒。

1・冷・あらら
 

ハービンとオルフェの2頭は、まだ駆け回っていました。

1・冷・まだやってる
 

自主トレばっちりです。

1・冷・来る
 

スクリーンヒーロー牡馬は、ひなたぼっこ中。

1・冷・うん?
 

空っぽの放牧地に残るのは、夜間に活動した野生動物の足跡でしょう。

1・冷・足跡続く
 

静と動。寒さゆえの美しさを感じた朝でした。


関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ロードカナロア, ディープインパクト,

 (前編から続く)

いっぱいのニンジンをポケットに詰めて、放牧地に向かいました。

1・近・放牧地
 

遊んでいた馬たちの中から、真っ先に気付いたオルフェーヴル牡馬が、駆け付けます。

1・近・オル来る
 

続いて、ゴールドアリュール牡馬。

1・近・アリュ
 

ハービンジャー牡馬と、ダンカーク牡馬。

1・近・ハービンダン
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬と、キョロキョロしているスクリーンヒーロー牡馬も、こちらへ。

1・近・栗
 

先にニンジンを食べていたアリュールやオルフェを押しのけて、威張るハービン。

1・近・ニンジン
 

氷点下の寒さにも関わらず、みんな元気でした。

朝日にキラキラと輝く霧氷が、なんとも言えません。

1・近・霧氷
 

これが、新入りのスクリーンヒーロー牡馬。

1・近・ヒーロー
 

栗毛で、冬毛はもこもこ。

流星は、栗オルに似ています。

顔中、雪だらけにして、私の前から離れないハービン。

1・近・氷
 

ダンカークやオルフェも、「もっとちょうだい!」と、アピール。

1・近・うわ
 

すっきりと晴れた青空の下、みんな、のんびりしていました。

1・近・アリュール
 

ヒーローも、少し離れたところで、「ふわわー」と、

1・近・あくび1
 

2回も、大あくび。

1・近・あくび2
 

でも、しばらくすると、誰かが、彼を突きに行きます。

1・近・追われる
 

「行ってきたよ!」

1・近・行ってきた
 

戻ってきたのは、ダンカーク

今度は、誰でしょう?

1・近・匂う
 

ハービンでした。

1・近・行ってきたよ
 

やっぱり新しい顔が気になるようで、入れ代わり立ち代わり、様子を伺いに行きます。

遠くを見つめるヒーローくん。

1・近・遠い目
 

以前の仲間がいると思ったのか、いななくと、ひとりで走って行ってしまいました。

1・近・行ってしまう
 

いきなり離れて、寂しいのでしょう。

私の前で遊び始めた栗オルとハービンは、

1・近・栗&ハービン
 

そのまま、遠くへ走って行きました。

1・近・走っていく
 

オルフェとダンカーク、アリュールも。

1・近・3頭
 

美しい樹氷の前で、立ち上がるオルフェと、アリュール。

1・近・オル
 

2頭は走って、奥の方へ。

1・近・待て
 

そして、ヒーローと合流し、またこちらへ戻って来ました。

1・近・みんなで
 

「ねえねえ、私たちにもニンジンちょうだいよ!」と、ロードカナロア牝馬とオルフェーヴル牝馬。

1・近・カナ&オル
 

ディープインパクト牝馬も顔を出します。

1・近・ディープ
 

「おーい!」と、道の反対側からのぞく栗オル。

1・近・栗オル
 

ふと、小さな鳥の鳴き声に、柵沿いに生えたマツの木を観察すると、”雪の妖精”と呼ばれる、シマエナガの群れがいました。

1・近・シマエナガ
 

寒さ厳しい北の大地は、時折、神秘的な感動を与えてくれます。

1・近・仲間たち
 

少しずつ馴染んできたのか、みんなのところへやって来たヒーローくん。

1・近・オルフェ
 

特にこの2頭は、仲良くなれそうな予感がしました。

1・近・栗毛
 



関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ロードカナロア, ディープインパクト,