北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・02-14  ※お知らせ
 ・02-13  ※穏やかな日の幸福
 ・02-10  ※父ヘニーヒューズの牝馬、誕生
 ・02-07  ※久々の展示会
 ・02-04  ※嬉しい勝利

 早朝5時前、オルフェーヴル牝馬が、育成牧場へ向けて、出発。

10・フラ・オル
 

そして、折り返し戻って来た馬運車に、ハーツクライ牝馬が乗車していきました。

10・フラ・ハーツ
 

どちらも、誕生から1年と7ヵ月。

あっという間の出来事だったように思います。

10・フラ・馬運車
 

しとしとと雨が降る牧場。

1歳で残っているのは、牡馬3頭だけになりました。

その中で、明日出発するのが、エイシンフラッシュ牡馬。

当日立ち会えないため、放牧地をのぞきに行くと・・・・。

10・フラ・ノヴェと
 

フラッシュは、幼馴染みのノヴェリスト牡馬と、対面中。

いえいえ、激しく戦っている最中でした。

10・フラ・がお
 

「こらっ!待てぇ!」

10・フラ・走る
 

傍観者の青鹿毛のノヴェリスト牡馬の横で、かなり本気モード。

10・フラ・3頭
 

飛んだり跳ねたり、

10・フラ・大暴れ
 

立ち上がったり!

10・フラ・立つ
 

濡れた体がかゆいためか、全身を動かしています。

10・フラ・わさわさ
 

青ノヴェにいたずらをし始めたノヴェを見ると、飛んできて仲間入り。

10・フラ・なになに
 

「おりゃおりゃー!」

10・フラ・おりゃ
 

「こっちだぞー!」

10・フラ・待て
 

今度は体当たり。

10・フラ・戦い
 

相手をころころ変えながら、のびのびと、生き生きと。

10・フラ・のびのび
 

出発前に、楽しそうで、力強いフラッシュの姿が見られ、本当に良かったです。

10・フラ・いきいき
 

「ねえねえ!あいつ、しつこいんだよ。助けて!」

10・フラ・助けてよ
 

とばかりに、走ってくる青ノヴェ。

「なんだよ!先に、ニンジンもらってるのか?」

10・フラ・来た
 

亡き母に、優勝の報告が出来るよう、今後も立派に成長を続けてほしいと思います。

2日前に離乳した、栗毛のオルフェーヴル牡馬の母は、元のメンバーたちと放れていました。

10・フラ・繁殖
 

やっと落ち着いたようです。

10・フラ・栗オル母
 

栗オルも、静かになって、仲間との新たな生活開始。

10・フラ・栗オル
 

早生まれ組は、雨の中、一団となって。

10・フラ・早生まれ
 

黄葉した景色の中、

10・フラ・黄葉
 

オルフェーヴル牡馬をかじっているのは、ハービンジャー牡馬。

10・フラ・ハービンオルフェ
 

変わっていく環境の中、それぞれが頑張っています。


スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル, ハーツクライ, エイシンフラッシュ, ノヴェリスト, ハービンジャー,

 昨夕、2月3月生まれの5頭の当歳馬が、1歳厩舎へ移動しました。

10・新・1歳厩舎へ
 

新しい場所に、不安そうな面々。

10・新・そわそわ
 

「ここは、どこ?」

10・新・どこ?
 

互いに鳴き合い、存在を確認しながら、周りを眺めています。

ハービンジャー牡馬が見つめる先には、一つ年上の半兄がいました。

10・新・視線の先に
 

グルーミングしているのは、エイシンフラッシュ牡馬。

10・新・兄
 

2グループあった1歳牡馬たちは、移動に伴い、1グループに統合しました。

放牧地で、早速、接触している様子。

奥の方では、栗毛のノヴェリスト牡馬とエンパイアメーカー牡馬があいさつ。

10・新・ノヴェ
 

新しい仲間たちと、また新鮮な気持ちで、向き合っています。

ノヴェと栗ノヴェ、

10・新・ノヴェ来る
 

フラッシュ、

10・新・フラッシュ
 

エンパイア、

10・新・エン
 

青ノヴェと、

10・新・青ノヴェ
 

まるで以前から知り合いだったように過ごしているのが、

10・新・フラッシュ&青
 

とても不思議でした。

10・新・エンノヴェ
 

相撲をとったり、

10・新・栗ノヴェ&フラ
 

ニンジンをねだったり。

10・新・ノヴェ顔
 

そして、その様子を、一つ下の弟たちが眺めているのが、また不思議でした。

10・新・弟たち
 

こんな光景は、もう何日も見られません。

今朝早く、新しい放牧地に5頭で放れた当歳馬たちは、元気に駆け回っていました。

10・新・翌朝
 

力強く、たくましく。

10・新・みんなで
 

紅葉した山に、朝日が照り始めます。

10・新・紅葉
 

寝藁上げを終えた頃、離乳2日目の放牧地ものぞきました。

あいかわらず、オルフェーヴル牝馬の側には、栗毛のオルフェーヴル牡馬の姿。

10・新・2日目
 

今日も、付きまとわれながら、

10・新・ぺったり
 

「母さんは?」と、鳴いています。

10・新・どこ行った?
 

ロードカナロア牝馬も、寂しそう。

10・新・ちら
 

授乳タイムの感覚が抜けず、栗オルに口を近付けるオルフェ。

10・新・授乳?
 

カナロアがやって来て、

10・新・ここかな?
 

みんなで移動。

10・新・3頭
 

母を捜すカナロアに、

10・新・鳴く
 

口を近付けるオルフェ。

10・新・オル
 

ひしひしと、悲しさが伝わってきました。

10・新・ねえ
 

その周りでちょろちょろする栗オルは、いずれ自らも母と別れることになるとは、思ってもいないでしょう。

10・新・うろうろ
 

再び、早生まれの放牧地。

こちらは、ゴールドアリュール牡馬を先頭に、カナロア、

10・新・走る
 

ハービン、オルフェ、

10・新・走る2
 

ダンカークと、

10・新・ダンくん
 

颯爽と、目の前を駆け抜けていきます。

10・新・走る3
 

奥の方で一休みしたと思ったら、

10・新・木漏れ日
 

また出発。

10・新・やって来る
 

いつもと違う景色を確認するように、

10・新・クー先頭で
 

柵沿いを全力で。

10・新・ハービン
 

朝の光、木々の緑、冷たく澄んだ空気。

10・新・オルフェたち
 

新しい環境を楽しむかのように駆ける姿は、

10・新・再び
 

とても頼もしく感じました。

10・新・一斉に
 

午前9時には、栗毛のノヴェリスト牡馬の出発。

昨年の10月15日にやって来たので、ちょうど丸1年、ここで暮らしたことになります。

10・新・栗ノヴェ
 

馬体重430㎏前後。性格は穏やかで、とても素直な馬でした。

10・新・出発
 

新しい環境にも、すぐに慣れることでしょう。

競走馬の卵たちにとって、秋は、区切りの季節です。


関連タグ : オルフェーヴル, ハービンジャー, ゴールドアリュール, ロードカナロア, ダンカーク, ノヴェリスト, エンパイアメーカー, エイシンフラッシュ, ,

 10月になりました。

当歳馬だけでの放牧生活に、馴染んできた5頭。

思い思いに草を食む中、私に気付いたゴールドアリュール牡馬が、こちらへ。

10・元気・アリュ
 

ダンカーク牡馬。

10・元気・ダン
 

オルフェーヴル牡馬。

10・元気・オル
 

遠くにいたカナロアとハービンも、ゆっくり歩いて来ます。

お目当ては、ニンジン。

みんなに配ったら、なくなったので、「ないよ!」と、手を振ると、アリュールが勢いよく走り出しました。

仲間たちが続きます。

10・元気・それ
 

久々に、目いっぱい走る仔馬たちを見ました。

10・元気・走れ
 

スイッチが入った5頭は、何かに取りつかれたかのように、疾走。

10・元気・駆けあがれ
 

放牧地の隅まで行くと、上手に折り返して、また駆け出します。

10・元気・こちらへ
 

先頭を切っているのは、アリュールのようでした。

10・元気・アリュ先頭
 

一番体が大きく、がっちりとした体型。逃げるのが、得意?

10・元気・アリュール
 

幼馴染みのカナロアが、すぐに追走していき、オルフェ。

10・元気・カナとオル
 

ハービン。

10・元気・ハービン
 

ダンカークと続きました。

10・元気・ダンカーク
 

鼻を大きくふくらませたオルフェ。

10・元気・オルフェ
 

今度は、目の前を通過していきます。

10・元気・目の前を
 

跳ね回る仲間も。

10・元気・向きを変え
 

みんな生き生きしていました。

10・元気・来る
 

離乳がひと段落。

10・元気・カナ
 

彼らの、”走りたい”という欲求を目の当たりにし、

10・元気・5頭
 

風を切って走る、その姿に、

10・元気・横
 

こちらまでわくわくしてきます。

10・元気・ハービンジャー
 

”走るために生まれて来た”

10・元気・カナロア
 

そんな、よく聞くフレーズが、改めて頭に浮かびました。

出入り口まで来ると、水場に口を突っ込んで、ごくごく。

10・元気・水
 

傾いてきた秋の陽を浴び、くつろぐ5頭。

10・元気・5頭組
 

立ち姿が決まっている、オルフェ。

10・元気・それぞれ
 

食いしん坊のアリュールは、とにかく私が気になるようで・・・。

10・元気・あら
 

いったん、歩き出し、

10・元気・アリュ来る
 

立ち止まりました。

10・元気・たたずむ
 

母馬と別れても、各々元気に過ごしています。

10・元気・思い思い
 

小さい時から一緒に育ったこの2頭は、やはり仲が良く、

10・元気・幼馴染
 

マイペースな乳母に育てられたダンは、やはりマイペースですが、

10・元気・疲れた
 

これから、同年代どうしで、もまれていくうちに、それぞれの個性が出て来ることでしょう。

10・元気・わらわら
 

ちょっと意外だったのが、紅一点のカナロア。

10・元気・強気
 

大好きなニンジンに目がなく、一番大きなアリュールに対しても、強気にぶち当たっていきます。

これは、母のことを思えば、納得・・・。

離乳の山を越えた5頭のやり取りを、いつまでも眺めていたくなりました。

10・元気・ガブ
 



関連タグ : ダンカーク, ロードカナロア, ゴールドアリュール, ハービンジャー, オルフェーヴル,

 3月生まれの2頭が離乳して10日目の朝、いよいよ乳母に育てられたダンカーク牡馬の離乳が行われることになりました。

まだ薄暗い5時半頃、放牧地をのぞきに行くと、こんな光景が・・・。

私の姿を見て、「入る時間かな?」と顔を上げる乳母に、ハービンジャー牡馬接近。

9・乳母・ハービン来る 

「飲めないかなぁ・・・」

9・乳母・くれないかな
 

乳母の背後で、もぞもぞ。

9・乳母・みんな来る
 

そこへ仲間と共に、ダンカーク

9・乳母・ダメ
 

「ダメだよ!」と言われたのか、あきらめるハービン。

9・乳母・あきらめる
 

いつの間にか現れて、そっと首を伸ばすオルフェーヴル牡馬に。

9・乳母・今度はオル
 

「ダメー!!」と、ダンくん。

9・乳母・ダメだよ
 

「ほらほら、あっちに行くよ!」

9・乳母・あっち行って
 

みんなを後ろから追って、乳母から離れました。

9・乳母・みんなで
 

半年間育ててくれたお母さんは、自分のモノなのです。

彼女は、この10日間、離乳した4頭の仔馬たちも、まとめて面倒をみてくれました。

9・乳母・遠景
 

ただ、そこにいるだけですが、その存在は、皆に安らぎをくれました。

9・乳母・ちょうだい
 

私たちにとっての、スーパーホース。

9・乳母・授乳
 

まるで、本当の子どものように、ダンカーク牡馬を育ててくれたことは、感謝してもしきれません。

9・乳母・ぞろぞろ
 

午前9時前、再び訪れた放牧地で、2頭は並んで食事をしていました。

9・乳母・くっついて
 

ゴールドアリュール牡馬。

9・乳母・アリュール
 

ハービンジャー牡馬。

9・乳母・ハービン
 

ロードカナロア牝馬。

9・乳母・カナ
 

そして、まだチャレンジしているオルフェーヴル牡馬。

9・乳母・オルフェ
 

この様子を見ていると、誰も見ていない時に、一度は成功したのではないかと、考えたくなります。

草を食べることに夢中の乳母に、別れの時が近付いていました。

9・乳母・誰か来る
 

ひかれていく時、何を思ったでしょうか。

9・乳母・行くよ
 

続く仔馬たち。

9・乳母・みんな
 

しばらく遊んでいたアリュールとカナロアも、

9・乳母・待って
 

急いで追いかけました。

9・乳母・追いかける
 

「今まで本当にありがとう!さようなら!」

9・乳母・さらば
 

後ろ姿につぶやいたのは、私だけ。

9・乳母・去る
 

どこからでもよく目立つ尾花栗毛の母がいなくなり、焦ったのはダンカークでした。

9・乳母・えー
 

みんなは、群れを先導するリーダーがいなくなり、なんだか出入り口で、うろうろ。

9・乳母・出入り口へ
 

そこへ、乳母を載せた馬運車が・・・。

9・乳母・馬運車
 

見送るカナとアリュール。

9・乳母・カナ&アリュール
 

ダンは、関係のない方向を向いて、捜していました。

9・乳母・ダン
 

それもそのはず。

乳母は、鳴き声ひとつたてず、静かに去っていったのです。

9・乳母・出発
 

後で聞いたところによると、その後も全く静かで、自分の牧場へ戻ると、いつもと変わらず、すたすた歩いていったとか。

大ベテランの彼女は、自分の役割をちゃんと理解していたのかもしれません。

残されたダンくんも、静かでした。

9・乳母・あら
 

まるで、乳をくれたお母さんは、自分の母ではないことを知っているかのように・・・。

友だちと普段通り、遊びに来ます。

9・乳母・ダンくん
 

先導する者がいなくなり、出入り口から離れようとしない仔馬たちを、私が誘導して奥へと連れていきました。

9・乳母・カナ先頭に
 

上着を引っ張って遊んでいたダンが、ふと寂しげに立ち止まり、

9・乳母・ふと
 

ひとり、また出口へと歩き出しました。

9・乳母・捜す
 

けれども、また止まり、みんなを振り返ります。

9・乳母・止まる
 

結局、その場で草を食べ始めました。

9・乳母・仲間たちと
 

昼夜放牧明けで、眠くなったのか、パタンと横になる、カナとアリュール。

9・乳母・カナ&アリュ
 

やって来るダン。

9・乳母・ダンくん来る
 

「あー、よく寝た!」

9・乳母・よっこら
 

当歳馬だけの生活が、始まりました。

9・乳母・仲間
 



関連タグ : ダンカーク, ロードカナロア, ゴールドアリュール, ハービンジャー, オルフェーヴル,

 早朝5時。この秋一番の冷え込みでした。

昼夜放牧を終えた1歳馬たちが、集まってきます。

9・ヘイロー・早朝
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬が去った後の放牧地には、4頭の仲間たち。

9・ヘイロー・4頭
 

そこから今日、また1頭、キングヘイロー牡馬が、育成牧場へ移動することになりました。

冷たい空気に、馬たちは、いきいき!

9・ヘイロー・元気
 

飛んだり跳ねたりが始まると、勢いよく走り出しました。

9・ヘイロー・走り回る
 

サラブレッドは、涼しさを好むことが実感できます。

青鹿毛のノヴェリスト牡馬。

9・ヘイロー・青ノヴェ
 

自然と体が動き出すのでしょう。

9・ヘイロー・続く
 

エンパイアメーカー牡馬。

9・ヘイロー・エンパイア
 

どの馬も、嬉しそうに疾走していました。

「そろそろ、入る時間かな?」と、のぞき込むヘイロー。

9・ヘイロー・まだか
 

エイシンフラッシュ牡馬も来ました。

9・ヘイロー・フラッシュ
 

「おっとー!どいた!どいた!」

9・ヘイロー・青
 

5月生まれの青ノヴェは、秋になり、パワーアップしてきています。

みんなが厩舎へ入った頃、朝日が射してきました。澄んだ青空。

9・ヘイロー・厩舎
 

離乳3日目の朝を迎えたオルフェーヴル牡馬とハービンジャー牡馬は、変わらず元気でした。

大好きなニンジンをもらおうと、すぐに寄ってきます。

9・ヘイロー・ハービン&オル
 

仲の良い2頭。

マイペースな乳母は、遠くで、静かに草を食べていました。

9・ヘイロー・乳母
 

金色に光るたてがみ。

彼女のおかげで、どの仔馬たちも、自分のペースを取り戻しています。

9・ヘイロー・草食む
 

ゴールドアリュール牡馬。

9・ヘイロー・アリュ
 

オルフェーヴル牡馬。

9・ヘイロー・オル
 

ロードカナロア牝馬。

9・ヘイロー・カナ
 

ダンカーク牡馬。

9・ヘイロー・ダン
 

ハービンジャー牡馬。

9・ヘイロー・ハービン
 

さて、再び1歳厩舎に戻ると、移動予定のヘイローが、軽い運動の準備をしていました。

9・ヘイロー・馴致へ
 

ロンギ場へ。

9・ヘイロー・ロンギ
 

指示通り、右へ左へ。

9・ヘイロー・ダク
 

ニンジンが大好きで、仲間に強気な反面、人が額をなでると、嬉しそうにじっとしている姿が愛らしい馬でした。

9・ヘイロー・顔
 

午前7時。太陽が明るくなった頃、再び厩舎に戻り、一休み。

9・ヘイロー・外へ
 

午前9時、いよいよ出発。

9・ヘイロー・横
 

馬体重は、430㎏前後。

ポーズも決まったところで、

9・ヘイロー・横顔
 

馬運車へと向かいましたが・・・。

9・ヘイロー・馬運車へ
 

ここから、なんと15分近く、人と馬との知恵比べ。

「乗らない!」と決めたヘイローの意志は固く、すったもんだの末に、ようやく出発することが出来ました。

9・ヘイロー・やっと
 

良き思い出となるよう、活躍を期待しています。

関連タグ : エイシンフラッシュ, , ノヴェリスト, エンパイアメーカー, キングヘイロー, オルフェーヴル, ロードカナロア, ゴールドアリュール, ダンカーク, ハービンジャー,