北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・03-18  ※瞬く間に
 ・03-13  ※細面と丸顔
 ・03-12  ※春の躍動
 ・03-11  ※広くて快適!
 ・03-10  ※ゴールドアリュールの牝馬、誕生

 ヘニーヒューズ牝馬が生まれ、もうすぐ1ヵ月。

予定日を過ぎた母馬は2頭いますが、次がなかなか生まれてくれません。

ヘニーの遊び相手は、もっぱら子どもたち。

学校に行く前の時間と週末が、楽しい触れ合いのひと時です。

3・週末・遊ぶ
 

すっかり慣れて、姿を見ると、走って来るようになったとか。

大人でも良いのですが、やはり小さな子どもの方が、仔馬の目線に近く、より嬉しいのでしょう。

こんな透き通った瞳で近付いてくれるのですから、子どもも大満足。

3・週末・ヘニー
 

たてがみの近くをなでると、お返しに腕を掻いてくれるようになりました。

3・週末・目を細め
 

「ねえねえ!」と、暖かい鼻を近付けて来ます。

3・週末・ギュー
 

「そうそう、そこを掻いてくれると、気持ちいいのよ!」

3・週末・愛撫
 

互いに意思疎通が図れるようにようになり、楽しさ倍増。

朝日に、金色のたてがみが、きらきらと輝いていました。

3・週末・首を伸ばし
 

このところ、雪の合い間から伸びるようになった青草。

むしって鼻先に置いてみましたが、まだ食べる気配はなく、一生懸命、匂いをかいでいました。

3・週末・草の匂い
 

きっと、雪解けが進み、母が食べるようになれば、挑戦するのでしょう。

くるっと背中を向けて、「掻いて!」のポーズ。

3・週末・背中を向けて
 

「そうそう、そこそこ!」

3・週末・掻いて
 

小さくても、ちゃんと主張する、お茶目な女の仔です。

放牧地は、暖かさで緩んだ大地が再び凍り、馬たちにとっては、歓迎しがたい状況になってしまいました。

3・週末・凍った
 

凍ってない場所を選んで歩く、牡馬たち。

3・週末・3頭
 

私に気付いたゴールドアリュール牡馬が来ようとしますが・・・。

3・週末・アリュールこちらへ
 

氷を前に、立ち往生。

3・週末・立ち往生
 

それでも、慎重に歩を進め、なんとかたどり着いていました。

3・週末・アリュ
 

こちらも、根性でやって来た、ハービンジャー牡馬。

3・週末・ハービン
 

牝馬の放牧地でも、ところどころ凍った地面に、ロードカナロア牝馬が、苦戦。

3・週末・カナロア
 

慎重にではなく、勢いで、ちゃっちゃと駆け抜けるところは、性格の違いを表しています。

3・週末・大急ぎ
 

先に来ていたディープインパクト牝馬と共に、「ニンジンちょうだい!」

3・週末・カナ&ディープ
 

それでも、氷や雪は、日一日とその範囲を減らし、昨日は、この状態。

3・週末・オルフェ
 

また元気に走れるようになりました。

3・週末・ダン
 

草が伸びてくるまで、もう少しの辛抱です。

3・週末・駆けてくる
 

目の前の1歳馬たちを見ていると、「もう1年経ったんだなぁ」と、つくづく。

3・週末・オルアリュ
 

昨年の今頃を思い出しながら、月日の流れを感じました。

3・週末・顔出す


関連タグ : ヘニーヒューズ, ゴールドアリュール, ハービンジャー, ロードカナロア, ディープインパクト,

 昨年2月に生まれたゴールドアリュール牡馬は、もうすぐ1歳の誕生日。

生まれた時から大柄でしたが、さらにのびやかに成長し、

2・夕・アリュ
 

すっかり若武者らしくなりました。

2・夕・アリュ顔
 

ハービンジャー牡馬と、

2・夕・ハービン
 

ダンカーク牡馬、オルフェーヴル牡馬は、3月生まれ。

2・夕・ダン&オル
 

体型に差はあるものの、皆たくましくなり、昨年とは大違い。

スクリーンヒーロー牡馬は、4月生まれ。

2・夕・ヒーロー
 

ここにやって来て3週間が経ち、すっかり慣れた様子です。

5月生まれの栗毛のオルフェーヴル牡馬。

2・夕・栗
 

皆と比べると、まだ幼さの残る体型。

向こうを向いて、何をしているのかと思ったら、幼馴染みのオルフェーヴル牝馬がいました。

2・夕・あちゃ
 

小さかった頃のことを考えているのでしょうか。

突然、強い風が吹き出し、私の持っていたレジ袋が音を立てたので、びっくりしたみんな。

2・夕・ドド
 

一斉に駆け出します。

2・夕・みんなで
 

「何?何?今のなんだった?」

2・夕・ヒーローたち
 

栗オルも、大慌て。

2・夕・栗も
 

みんなと合流しました。

2・夕・栗毛
 

もう一度、様子を見に来るアリュール。

2・夕・様子見
 

勇気と度胸は一番。

2・夕・びっくり
 

さすがは、お兄さんです。

ヒーローは、みんなと仲間意識が芽生え、ちゃんと群れの中で行動するようになりました。

2・夕・走る
 

最初は猫をかぶっていたとみえ、だんだん積極的な面が見え始めます。

2・夕・しっぽをあげて
 

ニンジンは、放牧地で仲間が食べているのを見て、口にするようになりました。

今では、大好物。

彼のおかげで元気倍増の栗オル。

2・夕・栗オル
 

栗毛の2頭は、いいコンビです。

2・夕・2頭
 

厳しい冬を共に乗り越えた仲間たちと、

2・夕・夕焼け
 

やがて来る春を待ちます。

2・夕・オルも
 



関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ,

 昨年、一昨年と見に行けなかった社台スタリオンの種牡馬展示会。

今年は時間がとれたため、全頭見ることが出来ました。

まずは、新種牡馬のドゥラメンテ

2・社台・ドゥラメンテ
 

怪我の療養で、放牧が制限されていたせいか、力があり余っている様子でした。

こちらは、終始落ち着いていたモーリス

2・社台・モーリス
 

母方の祖母メジロモントレーは、当牧場先代の生産馬。

2・社台・祖母モントレー
 

その血が脈々と受け継がれていくことに、喜びを感じます。

急きょ、種牡馬入りとなったミッキーアイル

2・社台・ミッキーアイル
 

初年度産駒の活躍により、アロースタッドから移動してきたリーチザクラウン

2・社台・リーチザクラウン
 

初年度産駒が1歳になるジャスタウェイ。

2・社台・ジャスタウェイ
 

産駒が今年デビューを迎えるオルフェーヴル

2・社台・オルフェーヴル
 

エイシンフラッシュ。

2・社台・エイシンフラッシュ
 

ロードカナロア。

2・社台・ロードカナロア
 

ノヴェリスト。

2・社台・ノヴェリスト
 

種牡馬6年目となるドリームジャーニー。

2・社台・ドリームジャーニー
 

カジノドライヴ。

2・社台・カジノドライヴ
 

大ベテランのクロフネを挟んで、

2・社台・クロフネ
 

ヴィクトワールピサ。

2・社台・ヴィクトワールピサ
 

7年目のキンシャサノキセキ。

2・社台・キンシャサノキセキ
 

ハービンジャー。

2・社台・ハービンジャー
 

そして、初年度産駒が今年誕生の、エピファネイア。

2・社台・エピファネイア
 

フェノーメノ。

2・社台・フェノーメノ
 

スピルバーグ。

2・社台・スピルバーグ
 

リアルインパクト。

2・社台・リアルインパクト
 

キズナ

2・社台・キズナ
 

種牡馬5年目のディープブリランテ。

2・社台・ディープブリランテ
 

タートルボウル。

2・社台・タートルボウル
 

スマートファルコン。

2・社台・スマートファルコン
 

ルーラーシップ。

2・社台・ルーラーシップ
 

大ベテランのゴールドアリュール

2・社台・ゴールドアリュール
 

ダイワメジャー。

2・社台・ダイワメジャー
 

ハーツクライ

2・社台・ハーツクライ
 

キングカメハメハ

2・社台・キングカメハメハ
 

ディープインパクト

2・社台・ディープインパクト
 

今年も、産駒が活躍を続ける馬たちが、後半に登場してきました。

自らが競馬場をにぎわせただけでなく、その血をつないでいく優秀な種牡馬たち。

強い北風も、時間も忘れ、その姿に見入ってしまいました。


関連タグ : ドゥラメンテ, モーリス, ミッキーアイル, リーチザクラウン, オルフェーヴル, ディープインパクト, キズナ, ハーツクライ, キングカメハメハ, ゴールドアリュール,

 今朝の冷え込みといったら、半端ではありませんでした。

マイナス20度近く。

それでも、青空に誘われ、放牧地へ向かうと、いつものように、ゴールドアリュール牡馬の姿。

1・冷・アリュール
 

白い息を吐きながら、颯爽と現れました。

1・冷・真っ先
 

同じくハービンジャー牡馬。

1・冷・ハービン
 

深い雪をかぶった日高山脈が、一段と神々しく映りました。

1・冷・美しい山
 

牝馬グループの放牧地では、何やらいつもと違った動き。

1・冷・何?
 

ディープインパクト牝馬、オルフェーヴル牝馬の視線の先には、エゾシカです。

木々の色にそっくり。

1・冷・エゾシカ
 

あまりの寒さに、日当たりの良い土手へ出て来たようでした。

そうとは知らない牡馬グループは、元気よく走り回っています。

1・冷・ドドド
 

特に、ハービンとオルフェが、朝から大運動会。

1・冷・吐く息白く
 

立ち上がって絡んだり、

1・冷・樹氷
 

駆け抜けて行ったり。

樹氷をバックに、鼻息荒く、

1・冷・オルフェ
 

体を大きく見せながら、

1・冷・逆光
 

走る!

1・冷・行こう
 

走る!

1・冷・ふかふか
 

走る!

1・冷・3頭
 

幼い頃から遊んできた仲間は、

1・冷・また
 

気が合うのか、

1・冷・勝負だ
 

いつまでも、対戦していました。

1・冷・飽きることなく
 

人間が除雪した道路に、エゾシカの足跡。

1・冷・足跡
 

たぶん、あそこにいる雌ジカたちのものでしょう。

1・冷・馬とシカ
 

斜面には、しゃがんで丸くなっている姿も。

1・冷・寒さで
 

厳しい冷え込みは、野生動物たちの動きも止めるようです。

興味津々のディープに、あまり気にしていないロードカナロア牝馬。

1・冷・鹿見る
 

乾草を食べていた栗オルが、やって来ました。

1・冷・あれ
 

今日はダンカーク牡馬も一緒。

1・冷・あらら
 

ハービンとオルフェの2頭は、まだ駆け回っていました。

1・冷・まだやってる
 

自主トレばっちりです。

1・冷・来る
 

スクリーンヒーロー牡馬は、ひなたぼっこ中。

1・冷・うん?
 

空っぽの放牧地に残るのは、夜間に活動した野生動物の足跡でしょう。

1・冷・足跡続く
 

静と動。寒さゆえの美しさを感じた朝でした。


関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ロードカナロア, ディープインパクト,

 1歳馬は、スクリーンヒーロー牡馬が合流してから1週間。

1・仲間・栗毛
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬とすっかり仲良くなったようで、連れ立って歩いている姿をよく見るようになりました。

1・仲間・連れ立って
 

柵の間から、顔を出す栗オル。

1・仲間・栗オル
 

新雪にまみれた口で、ニンジンをもごもご。

1・仲間・栗アップ
 

ヒーローは、不思議そうに眺めていました。

1・仲間・ヒーロー
 

ニンジンは食べたことがない様子。

ゴールドアリュール牡馬も、やって来ましたが、なくなってしまったので、「切って来るから、待ってて!」と、手を振ります。

1・仲間・あとでね
 

左右のポケットいっぱいにニンジンを詰め込み、再度、放牧地へ。

「やっと、来た!」

1・仲間・ダダッ
 

猛スピードで駆けてくるのは、アリュール。

いつも本気で、まっしぐら。

奥の方で相撲をとっていたハービンジャー牡馬たちも、雪煙を上げて、やって来ました。

1・仲間・ハービンたち
 

オルフェーヴル牡馬の後ろからは、ダンカーク牡馬。

1・仲間・オルフェ
 

焦らず、ゆっくり、マイペース。

1・仲間・ダンくん
 

ジャジャーン!

1・仲間・いつものように
 

「さあ、ちょうだい!」と、期待の目。

その時上空から、懐かしい声が聞こえてきました。

1・仲間・マガンの群れ
 

マガンの群れです。

この時期に見るのは珍しく、暖冬で渡りが早いのか、越冬している一団なのか・・・。

渡り鳥好きな私は、うきうき。

そして、目の前の牡馬たちは・・・・。

1・仲間・ハービン
 

今日も、ハービンの勢いに、圧倒され気味。

悔しさをのぞかせるアリュール。

1・仲間・悔しい
 

手当たり次第、ガブリと噛みつくハービン。

1・仲間・ガブー
 

「ふん!」と、目を三角にしたその顔は、悪役そのもの。

1・仲間・ふん!
 

こんな騒ぎの中、栗毛の2頭は・・・。

1・仲間・カヤの外
 

仲良く、食事中。

深い雪の上、

1・仲間・ダン
 

早生まれ4頭の切磋琢磨を知らず、

1・仲間・オルとハー
 

のんびり食事をしている2頭の姿には、なんだか笑ってしまいました。

1・仲間・こい
 

友だちとの遊びがひと段落すると、

1・仲間・ペア
 

柵の上の雪を食べ始めたアリュールや

1・仲間・アリュ
 

ハービンたち。

1・仲間・仲良し
 

「ねえねえ、今のうちに、こそっとちょうだい!」

1・仲間・下から
 

ダンカークは、最近、柵の間から、みんなに見えないように、ニンジンをねだる技を身に付け、実践中。

すっかり落ち着いた頃、「何してるの?」

1・仲間・あれ?
 

フラッと現れた栗オル。

いつも楽しい仲間たち。見ていて飽きない牡馬グループでした。


関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ,