北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2歳戦が目前に迫って来ました。

デビューを前に、東西のトレセンで励んでいる馬がいる一方で、まだ育成牧場に残っている馬も、あまた。

そんな生産馬たちを、昨日、訪ねる機会がありました。

5月の爽やかな風の中、現れたのは、2歳のクロフネ牡馬。

5・育成・クロフネ
 

そして、ノヴェリスト牡馬。

5・育成・ノヴェリスト
 

オルフェーヴル牝馬。

5・育成・オルフェ
 

どの仔も、昨年の10月に移動したので、約7ヵ月ぶりの再会です。

幼い頃から育ててきた彼らが、人を背に、キリリとした顔で運動している姿は、とても新鮮でした。

5・育成・ダク
 

ダクからキャンターへ。

5・育成・クロフネ&ノヴェ
 

先に、クロフネ牡馬とノヴェリスト牡馬が併走していき、その後に、オルフェーヴル牝馬が続きます。

5・育成・オル
 

1周600mのダートコースを、颯爽と駆けていくクロフネくん。

5・育成・クロ
 

ノヴェくん。

5・育成・ノヴェ
 

オルフェちゃん。

5・育成・オルキャンター
 

背中が伸びたり、体高が高くなったり、厚みが増したり・・・。

それぞれのペースで成長していることが、わかりました。

調教メニューを終えて、コースの外へ。

5・育成・戻って来る
 

誕生してから、2年と2ヵ月。

5・育成・クロ来る
 

すっかり若駒らしくなった顔や体つきに、

5・育成・顔アップ
 

見入ってしまいます。

5・育成・ノヴェと
 

オルフェは、通りかかる際に、気付いてくれた気がしました。

5・育成・オルも
 

スタッフさんによると、とても人懐こく、愛されているとか。

5・育成・顔
 

新たな場所でも、笑顔で頑張っている彼女を、誇らしく思います。

3頭とも、すでに素敵な競走馬名が決定し、その新しい呼び名で、呼ばれていました。

5・育成・クー
 

生産馬サクセスシルエットの初仔となる、ノヴェリスト牡馬。

5・育成・ノヴェち
 

彼には、母の初仔として、どんな走りが見られるか、大注目。

5・育成・ノヴェっち
 

軽い外傷で、調教を休んでいたキングヘイロー牡馬も出て来ました。

5・育成・ヘイロー
 

この顔は、母を思い出します。

5・育成・ヘイ顔
 

早めのデビューを予定していたので、怪我で移動は回避となりましたが、一息入ったことで、プラスの面もあるでしょう。

5・育成・横
 

厩舎へと戻っていく馬たちを見ながら、デビューの日が待ち遠しくなりました。

5・育成・厩舎へ
 

まだ時間がかかる馬もいますが、それぞれの成長の度合いに合わせ、たくさんの方々が関わってくれています。

5・育成・厩舎へクロ
 

5・育成・厩舎へノヴェ
 

5・育成・厩舎へオル
 

今回訪ねた育成牧場とは別の牧場にいる馬たちの姿も、想像してみました。

皆が無事にデビューしてくれることを願い、今週から始まる新馬戦をチェックしていきたいと思います。


スポンサーサイト

関連タグ : クロフネ, ノヴェリスト, オルフェーヴル, キングヘイロー,

 生後17日目のキズナ牡馬は、朝からお母さん相手に、大張り切り。

4・キズ・母に
 

草を食んでいた母が、「うるさいわね」と移動を始めると、

4・キズ・待って
 

「待って!」と、追いかけ、

4・キズ・あわてて
 

小さな体で、体当たり。

4・キズ・横から
 

しつけに厳しい母は、しっぽで振り払い、後肢で軽く蹴り上げました。

4・キズ・バシッ
 

へこたれもせず、その辺を駆け回っているキズナくんに、栗毛のオルフェーヴル牝馬が、「ん?」

4・キズ・ん?
 

2歳の半兄クロフネ牡馬によく似ていて、2年前を懐かしく思い出しました。

4・キズ・のぞく
 

こちらは、生後3日目のブラックタイド牝馬。

4・キズ・タイド
 

口の周りがピンク色。おっとり顔ながら、動きは機敏な女の仔。

4・キズ・タイド顔
 

そして、放牧地の2頭。もうすぐ生後2ヵ月のヘニーヒューズ牝馬と、もうすぐ生後1か月のゴールドアリュール牝馬。

4・キズ・2頭
 

最近、近くで一緒に寝る姿を見かけます。ずいぶん距離が縮まりました。

4・キズ・また
 

タイドちゃんと交代で、正午前に外へ出たのは、生後2日目のキズナ牡馬。

4・キズ・真っ黒親子
 

母と同じ黒鹿毛でしょうか。

4・キズ・耳
 

伯父のサクセスブロッケンにも似ている気がします。

4・キズ・ポーズ
 

誕生後すぐは、のんびりしていましたが、もうすっかり敏捷になり、早速、披露。

4・キズ・ひょい
 

心配そうに見つめる母の隣で、

4・キズ・しゅー
 

思い切り跳ね回っていました。

4・キズ・たたっ
 

真っ黒親子の今後が、さらに楽しみです。

4・キズ・一緒
 



関連タグ : キズナ, クロフネ, オルフェーヴル, ヘニーヒューズ, ゴールドアリュール, ブラックタイド, , サクセスブロッケン,

 「よっこらしょっと!」

10・クロ・柵
 

柵の間から、器用に顔を出したり入れたりして、ニンジンを催促する男。

それが、クロフネ牡馬。

10・クロ・目線
 

仲間たちより、少々小柄な体型を生かし、ちょうど良い位置へ顔を伸ばしてきます。

「ニンジン大好き!」

小柄とはいえ、がっちりしていて、体重は410㎏以上。

10・クロ・草
 

牡馬4頭グループの中で、最初に育成牧場へ移動することになりました。

栗毛のノヴェリスト牡馬が歩いて行くのを見て、

10・クロ・栗ノヴェ
 

「ニンジンか?」

10・クロ・いそいそ
 

と、また、いそいそ。

「ねえねえ、こっち。こっち!」

10・クロ・仲間
 

と、今度は柵の上から、顔を出します。

そこへ、オルフェーヴル牡馬登場。

10・クロ・オルフェも
 

強気なオルフェは、いつまでも引き下がらない栗ノヴェに対して、尻相撲で決着。

10・クロ・押す
 

結構、怖い性格をしています。

「あー、かゆい」

10・クロ・かゆ
 

クロフネは、たてがみがかゆくて、柵を利用して、気持ち良さそうな顔をしていました。

この時やっと、遠くにいたノヴェリスト牡馬参上。

10・クロ・ノヴェ
 

みんな、お目当てはニンジン。

10・クロ・オルフェ来る
 

これさえあれば、どこにいても、飛んできます。

そして、各々、放牧地へ。

10・クロ・放牧地
 

いつまでも続くと思っていたこの放牧風景も、この日で終わり。

今朝、まだ真っ暗な午前5時前に、出発となりました。

10・クロ・出発
 

暗闇に紛れて、なんなく乗車。

「暗闇作戦、大成功!」

前回キングヘイロー牡馬に手を焼いたので心配しましたが、今回は、すぐに肩の力が抜けました。

明け始めた空に向かって、馬運車は出発。

10・クロ・無事に
 

次回、会える日が楽しみです。

関連タグ : クロフネ, ノヴェリスト, オルフェーヴル,

 当歳馬の放牧地を抜け、1歳馬の放牧地へ向かうと、まずは、この2頭に会いました。

8・1歳・スプ
 

繁殖に上がってきたトーホウスプライトとその相棒の1歳ハフリンガー。

実は、ダンカーク牡馬の乳母の、昨年生まれた女の仔で、ひょんなことから、育てることになりました。

2頭は、とても仲が良く、のどかに暮らしています。

そして、柵の向こうで待ち構える、1歳牝馬グループ。

8・1歳・牝
 

あいかわらず大柄なダイワメジャー牝馬に、ハーツクライ牝馬2頭。

8・1歳・メジャハーツ
 

皆、元気に成長中ですが、この時期は、アブや蚊が多く、困り顔。

オルフェーヴル牝馬の眼前を飛ぶアブ。

8・1歳・オルフェ
 

こんな虫たちを追い払うため、走ったり、しっぽを振ったり、いつもよりあわただしい仲間たちでした。

牡馬4頭グループは、こちらもアブから逃れるため、草の茂る場所から離れ、出入り口前に集合。

オルフェーヴル牡馬が、ノヴェリスト牡馬に、「どいて!」と威張っています。

8・1歳・オルフェ&ノヴェ
 

クロフネ牡馬と栗毛のノヴェリスト牡馬は、「ニンジンないの?」と、期待した目。

8・1歳・クロフネ&栗ノヴェ
 

どの馬も、夏を越し、丈夫でたくましく育ちました。

牡馬5頭グループが遠くにいたため、移動中、柵の上にはオオセグロカモメ。

8・1歳・オオセグロカモメ
 

海が荒れている時は、こうして浜から飛んできて、放牧地のミミズや虫を探します。

一部、水没した部分に集まり、泳いだり、羽づくろいをしている姿には、苦笑。

8・1歳・占拠
 

さて、5頭の中で、真っ先にやって来たのは、この日も青鹿毛のノヴェリスト牡馬でした。

8・1歳・5頭
 

8・1歳・青
 

続いて、エイシンフラッシュ牡馬とキングヘイロー牡馬。

8・1歳・フラッシュ
 

そして、栗毛のオルフェーヴル牡馬に、エンパイアメーカー牡馬。

8・1歳・栗オル
 

栗オルとヘイローは、強気にニンジン争いを繰り広げます。

8・1歳・栗&ヘイロー
 

泥跳ねのついた顔で、立ち向かう栗オル。

8・1歳・やー
 

やがて、また静かに並んで草を食むメンバーたち。

8・1歳・揃って
 

カモメたちも、海原ならぬ緑の草原で、静かにくつろいでいました。

8・1歳・カモメと馬と


関連タグ : ダイワメジャー, ハーツクライ, オルフェーヴル, ノヴェリスト, クロフネ, キングヘイロー, エイシンフラッシュ, エンパイアメーカー,

 前夜から降り出した大雨で、28日の朝、周囲はとんでもないことになっていました。

雨が上がったので、ドーッという轟音のする河原の採草地に、恐る恐る行ってみたところ・・・。

7・大雨・採草地
 

そこは、もはや海。

勢いよく流れてくる流木にゾッとしました。

川につながる水路が逆流したせいで、放牧地も一部、冠水。

7・大雨・水路
 

カモメがぷかぷかと泳げるほどの深さとなっていました。

7・大雨・カモメ泳ぐ
 

鮭が上がってくる川も、この通り。

7・大雨・冠水
 

そして、前代未聞の事態に、エゾシカたちが立ち往生。

7・大雨・シカも
 

行き場を失い、放牧地から放牧地へ、あわてて横断していきます。

7・大雨・びっくり
 

彼らも、動揺している様子。

7・大雨・シカ走る
 

厩舎に入っている1歳馬は、その様子をじっと見つめていました。

7・大雨・みんな
 

一夜が明け、水の引いた採草地。

7・大雨・翌朝
 

1歳馬たちも、元気よく飛び出していきます。

7・大雨・ダッシュ
 

牡馬4頭グループ。

7・大雨・4頭
 

まだ多少、水たまりの残る放牧地に繰り出すと、

7・大雨・噛む
 

7・大雨・オルフェ先頭
 

その水たまりに、クロフネ牡馬先頭に、足を踏み入れていました。

7・大雨・クロフネ先頭
 

ちょっと引き気味の栗毛のノヴェリスト牡馬を尻目に、続くのは、オルフェーヴル牡馬。

7・大雨・じゃぶじゃぶ
 

クロフネとオルフェは、水たまりを満喫。

7・大雨・気持ちいい
 

すると、栗ノヴェも、気が変わり、

7・大雨・栗ノヴェも
 

オルフェと並びます。

7・大雨・いいね
 

一歩も近付かないノヴェに、「なんで来ないの?」と、クロフネ

7・大雨・何やってる
 

体当たりされても、動かず・・・。

7・大雨・おいおい
 

みんなが上がってくるのを待って、

7・大雨・来ないの?
 

奥へと行ってしまいました。

7・大雨・行こう
 

水たまり好きな母とは大違いのようです。

水が引いた採草地に、親子ジカの姿。

7・大雨・鹿親子
 

昨日は、奥に見える川が、手前まで氾濫しました。

7・大雨・行く
 

キングヘイロー牡馬、エイシンフラッシュ牡馬、栗毛のオルフェーヴル牡馬。

7・大雨・ヘイロー
 

青鹿毛のノヴェリスト牡馬は、エンパイアメーカー牡馬につかみかかり、

7・大雨・青ノヴェ
 

反撃をくらいます。

7・大雨・エンパイア
 

「皆、無事で良かった・・・」と、改めて胸をなで下ろしました。


関連タグ : オルフェーヴル, クロフネ, ノヴェリスト, エイシンフラッシュ, キングヘイロー, エンパイアメーカー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。