北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 生後半月を過ぎたブラックタイド牝馬とキズナ牡馬が、合流。

4・シカ・2組
 

母どうしが顔見知りなので安心していましたが、小さい我が仔を連れていると、やはり緊張が走るようです。

タイドちゃんに、「気を付けるのよ!」と言っているような母。

4・シカ・ダメよ
 

ぴったりと寄り添って、

4・シカ・プリンとタイ
 

常に守っていました。

4・シカ・走る
 

それに対し、ベテランで少し余裕のある、キズナくんの母。

4・シカ・キズ
 

草を食べながら移動を始めると、タイドちゃんたちは、逃げるように離れていきます。

4・シカ・守る
 

「ニンジン持ってる?」

4・シカ・来る
 

「なになに?」

4・シカ・今度は
 

タイドちゃんが、じっと見つめていると、

4・シカ・クロと茶
 

キズナ母さんに怒られてしまいました。

4・シカ・牽制
 

ベテランとはいえ、我が仔に近付く者は敵。

4・シカ・逃げる
 

油断禁物です。

そんなやりとりを見つめている折、急に隣が騒がしくなりました。

「ん?」

雌ジカの小さな群れが、突然放牧地に現れたようです。

「あらあら・・・」と、眺めていると、気付いたスプライトがシカと併走を始め、

4・シカ・併走
 

シカたちもびっくり!大慌て。

4・シカ・わらわら
 

一目散に逃げ出したので、ほかの馬たちも、びっくり!

4・シカ・えー
 

競走となってしまいました。

4・シカ・うわー
 

牧柵まで来ると、左右に曲がる馬たちに対し、シカはくぐることを選択。

4・シカ・くぐる
 

やっと柵の外へ。

4・シカ・びっくり
 

とりあえず、誰も追って来なくなって、一安心のシカたち。

4・シカ・やれやれ
 

この騒ぎを、親子馬たちも、緊張した面持ちで見守っていた様子。

4・シカ・え?
 

3月生まれの2組の親子たちも、「いったい、どうしたの?」と駆け付けていました。

4・シカ・見に
 

夜間に行動することの多いエゾシカが、昼前に現れることは珍しく、時折、こうしたハプニングが起こります。

キタキツネくらいなら、

4・シカ・キツネ
 

動じない馬たち。

4・シカ・きょろきょろ
 

自然と共存するためには、慣れるしかありません。


関連タグ : ブラックタイド, キズナ,

 今日は、晴天ながら強い北風の吹く日となりました。

鯉のぼりが、飛んでいきそうな勢いで、はためいています。

放牧地には、新たにブラックタイド牝馬の姿。

4・タイ・放牧
 

しばらく着ていなかった馬服を再びまとい、母と共に。

4・タイ・母と
 

先日の雨で水たまりが出来ているため、肢や服が泥跳ねだらけでした。

4・タイ・しっぽをピン
 

しっぽをピンと張って、風に負けず、ひょいひょい。

4・タイ・ぎゅん
 

こちらにやって来ると、母がニンジンや草を食べている間、一生懸命、乳を吸っていました。

4・タイ・顔
 

動き出した2頭。

4・タイ・冒険
 

奥の方まで行くと、タイドちゃんが先頭きって、駆け出しました。

4・タイ・ぴょん
 

「待って!」と、お母さん。

夢中で跳ねるタイドとは対照的に、辺りに目を光らせます。

4・タイ・目を光らせ
 

隣の放牧地の牝馬たちが、「なに?なに?」と集まってくると、さらに緊張。

4・タイ・みんなが
 

「行くわよ!」と、しっぽを上げて、我が仔を誘導していました。

4・タイ・逃げろ
 

ひと段落すると、草を食べ始めたタイドちゃん。

4・タイ・草
 

モシャモシャ。

4・タイ・もぐ
 

そして、また出発。

4・タイ・再び
 

母顔負けの先行馬となるのでしょうか。

4・タイ・追う母
 

変わって、3月生まれのキズナ牡馬は、相変わらずのやんちゃぶり。

4・タイ・キズ
 

母の周りをぐるっと回った後、

4・タイ・駆けて
 

手前に飛び出してきました。

4・タイ・キズナ
 

慌てる母。

4・タイ・母も
 

栗毛のオルフェーヴル牝馬とは、なかなか距離が縮まりません。

4・タイ・栗
 

生後1ヵ月を過ぎるこれからに期待。

舌をペロッと出した栗オルちゃん。

4・タイ・ねえ
 

何を思ったのか、寝ているキズナくんではなく、そのお母さんの方へ、すたすた。

4・タイ・とことこ
 

案の定、「何しに来たの!」と、怒られ、びっくり。

4・タイ・うわぁ
 

突飛な行動をとる”不思議ちゃん”に、目が点になりました。

真っ白く連なる、日高山脈のふもと。

4・タイ・白い山
 

あちこちの放牧地で、こうして仔馬たちが跳ね回っていることでしょう。

関連タグ : ブラックタイド, キズナ, オルフェーヴル,

 昨日、暴風雨のため厩舎で過ごした馬たち。

今朝は、1日ぶりに外へ出ることが出来ました。

初めて、広い放牧地へ出た、生後半月のキズナ牡馬。

4・外・キズナ放牧
 

朝一番に親子で走り回ったので、この時間はすっかり落ち着いていました。

4・外・キズナ
 

隣の放牧地から、のぞいているのは、トーセンジョーダン牝馬。

4・外・ジョーダン
 

「ん?だれ?」

4・外・ん?
 

ジョーダンたち3組の親子も、今朝、さらに広い放牧地に移りました。

4・外・ジョー
 

キズナくんは、まだひとり。

4・外・キーちゃん
 

ゴールドアリュール牝馬とヘニーヒューズ牝馬は、奥の方で一緒。

4・外・2頭
 

手袋を上手に抜き取ったジョーダン。

4・外・手袋
 

嬉しそうに振り回すと、

4・外・持っていき
 

くわえたまま、そこらじゅうを走っていました。

4・外・わーい
 

そして、みんなのところへ移動していったので、私も移動。

4・外・ちゃかちゃか
 

ジョーダンは、ヘニーにチャレンジ。

4・外・あっちでは
 

あまりのしつこさに、逃げられ、

4・外・いやあ
 

「じゃあ、こっち!」

4・外・じゃあ
 

天性の明るさで、友達作りに励んでいる様子。

キズナくんの方は、休憩タイムに入ったようで、母がいなくなっても、平然としていました。

4・外・ポツン
 

隣のトーセンジョーダン牝馬、

4・外・母と
 

ゴールドアリュール牝馬、

4・外・アリュ
 

ヘニーヒューズ牝馬たちが近付いてきたので、遊んでいると、

4・外・ヘニー
 

キズナくん、お目覚め。

4・外・キズナくん
 

離れたところに寝ていた母を、

4・外・起きた
 

起こします。

4・外・起きて
 

よっこらしょ!

4・外・よいしょ
 

「早く飲ませてよぉ!」

4・外・待って
 

ぱっちりした目で、母を追いかけていました。

4・外・くりくり
 

3人娘のアリュール、

4・外・アリュール
 

ジョーダン、

4・外・ジョーちゃん
 

ヘニー。

4・外・ヘニー来る
 

時々、相手の母たちに叱られながらも、

4・外・くる
 

距離が縮まっている3頭。

4・外・3頭
 

特にこの2頭は、

4・外・ヘニ&アリュ
 

共に、一番最初に出会った相手なので、

4・外・がお
 

仲が良く、

4・外・びょん
 

元気いっぱい。

4・外・ヘニー怒る
 

広い場所に移ったためか、今日は一段と嬉しそうに跳ね回っています。

4・外・アリュー
 

どこからともなく現れたミケも。

4・外・ミケも
 

雨上がりの草の勢いのように、みんな生き生きしていました。


関連タグ : ヘニーヒューズ, トーセンジョーダン, ゴールドアリュール, キズナ,

 生後半月どうしのキズナ牡馬と栗毛のオルフェーヴル牝馬。

4・栗・ちら
 

お互いに、ちょっとだけ意識し始めるようになりました。

母馬たちの距離が以前より縮まり、接近する機会は増えたものの、

4・栗・接近
 

放任主義とまではいきません。

キズナくんが気になる栗オル母さんが、「こらー!」

4・栗・こらー
 

「逃げろー!」

4・栗・ひえー
 

という具合に、こちらでも小さなバトルが繰り広げられています。

ニンジン目当ての母と一緒に現れた、栗オルちゃん。

フワーッとした素直な性格で、

4・栗・かぷ
 

意外と遊び好き。

4・栗・ぶらぶら
 

のんびり、ゆったり、母の側で過ごしています。

キズナ母さんが、ニンジンに気付いて歩いて来たので、母と共に逃げていきました。

4・栗・顔
 

こちらのキズナくん。

4・栗・キズナアップ
 

最近、厩舎に戻る時に、スタッフが近付くと逃げ回るようになったとか。

素直な栗オルちゃんと違い、ひと癖ありそうですが、じっとしていると、ちゃんと近付いてきます。

早速、プチ反抗期でしょうか。

ニンジンがなくなり、歩いていってしまった母を追いかけて、まっしぐら。

4・栗・待って
 

向こうでくるっと回転して、

4・栗・くるっ
 

母の側へ戻りました。

4・栗・母と
 

相手が行ったな・・・と確認するやいなや、今度は、栗オル母さん。

4・栗・来る
 

再び親子でやって来ます。

4・栗・来た
 

服に顔を寄せたり、靴の匂いをかいだり。

4・栗・アップ
 

女の仔らしい、ソフトな魅力の栗オルちゃん。

「ニンジンないのね!」と、母が歩き出すと、慌てて歩き出し、

4・栗・待ってよ
 

ぴったりとくっついて行きました。

4・栗・母と共に
 

そして、急に華麗なジャンプを披露。

4・栗・わーい
 

淡い栗色が、草の新芽と、春らしい雰囲気をかもし出しています。

4・栗・くね
 

とても嬉しそうに跳ね飛ぶ、

4・栗・ひょい
 

栗オルちゃん。

4・栗・ふわり
 

移動した母の元へ走ると、スパッと、跳び蹴り。

4・栗・じゃーん
 

「見てたの?」

4・栗・見てた?
 

色々な顔を持っているのかもしれません。


関連タグ : オルフェーヴル, キズナ,

 生後1週間のキズナ牡馬が、絶好調。

4・朝・キズ
 

昨日は、ニンジンをねだる母馬から離れると、パドック中を所狭しと走り回っていました。

4・朝・走る
 

木陰に入ると、体の色が変化。

4・朝・しなやか
 

動きがしなやかで、まるで忍者のごとく。

くっきりした丸い目で、色々なものを観察しています。

4・朝・真ん丸目
 

母が乾草を食べに戻ると、その周りを行ったり来たり。

4・朝・力強く
 

ペロッと舌を出したまま、立ち上がっていました。

4・朝・ねえねえ
 

この仔の兄や姉たちは、皆、大きくなっても、舌をペロッと出す癖があります。

4・朝・ぺろ
 

遺伝の力、侮るなかれ。

今日も朝から、目いっぱい動いているキズナくん。

4・朝・さっと
 

またまたペロッとしながら、顔を出して来ます。

4・朝・ぺろり
 

「あれー、行っちゃうの?」

4・朝・おーい
 

もう、動きたくて仕方がない様子。

4・朝・くねっ
 

タタッタタッと音がするので、隣のパドックで寝ていたブラックタイド牝馬が起きました。

4・朝・タイド
 

「ねえねえ、私が走っているところも撮ってよ!」

4・朝・顔
 

なかなかタイミングが合わず、撮影出来ていないタイドちゃん。

放牧地に出たら、きっと張り合ってくれるでしょう。

関連タグ : キズナ, ブラックタイド,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。