北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 6月に入り、ぐずついた天気が続きましたが、今朝はカラッと晴れました。

放牧地に出来た水たまりを発見し、早速、興味津々のトーセンジョーダン牝馬。

近付くと、「何?」

6・晴れ・水たまり
 

バシャバシャと、前肢で掻いていました。

6・晴れ・ジョーダン
 

そこへやって来たのは、お母さん。

6・晴れ・母来る
 

こちらは、口をつけて、水を飲んでいます。

「へえー、何してるんだろう!」

6・晴れ・キズナ見る
 

隣の放牧地から顔を出す、キズナ牡馬。

水たまりの前から離れないジョーダンの後ろに、ゴールドアリュール牝馬。

6・晴れ・アリュ来る
 

並んで口をつけてみるものの、

6・晴れ・一緒に
 

「何これ?」と、すぐに離れていきました。

6・晴れ・アリュいいや
 

ジョーダンも、アリュール母さんが来たので、逃げることにします。

6・晴れ・アリュ母来る
 

「あのおばさん、苦手なんだよね・・・」

6・晴れ・やーめた
 

キズナくんは、お母さんとグルーミング開始。

6・晴れ・グルーミング
 

ジョーダンは、自分で、ボリボリ。

6・晴れ・あーかゆ
 

ヘニーヒューズ牝馬がやって来ました。

6・晴れ・ヘニー来る
 

「ふーんだ!」

6・晴れ・べーだ
 

ジョーダン、アリュール、ヘニーの3頭が集まると、微妙な雰囲気。

アリュールとは仲が良いヘニー。

6・晴れ・ヘニー&アリュ
 

牡馬のように、かじってくるジョーダンが、うっとうしいのです。

キズナ牡馬に目をやると、大木の幹をガリガリ。

6・晴れ・キズナ
 

男の子は、かじるのが大好き。

ジョーダンは、アリュールを追いかけていき、後ろからいたずら。

6・晴れ・アリュにいたずら
 

やることなすこと、牡馬なみです。

人間に対し温厚なヘニーは、かゆいところを掻いてもらおうとやって来て、なかなかその場を離れませんでした。

6・晴れ・目がかゆい
 

さて、キズナくんと同居中のブラックタイド牝馬はといえば・・・。

6・晴れ・キズとタイ
 

いつも、母と一緒で、この2頭が交わる様子を見たことがありません。

キズナが近付こうとしたら、

6・晴れ・タイドに接近
 

大慌てで逃げ、

6・晴れ・逃げる
 

母がじろりとにらむので、それ以上、行けず・・・。

6・晴れ・じろり
 

そんな状態が、日々続いているのでしょうか。

仔馬たちにも、それぞれ個性があって、なかなか一筋縄ではいかないようです。


スポンサーサイト

関連タグ : トーセンジョーダン, ゴールドアリュール, ヘニーヒューズ, キズナ, ブラックタイド,

 生後2週間のオルフェーヴル牡馬が、放牧地に出ました。

5・朝・栗
 

タンポポが綿毛となる季節。木々の新緑が美しく、朝日が輝くと、まるでおとぎ話の世界です。

草を食むお母さんの周りで甘える、栗オルくん。

奥に、キズナ牡馬がいるのを見つけました。

5・朝・キズナ
 

「なに?なに?」と、駆けていくと、

5・朝・おっ
 

じーっと、観察。

5・朝・じー
 

「うわっ!誰だか知らないけど、見つけちゃった!」

5・朝・たった
 

嬉しそうに跳ね回ります。

「もう一度、見て来ようっと!」

5・朝・もう一度
 

背伸びして、のぞいているキズナくんを、

5・朝・キーちゃん
 

再び観察。

5・朝・観察
 

興味津々でした。

キズナが行ってしまうと、草をはみはみ。

5・朝・草
 

見よう見まねで、新しいことに、どんどんチャレンジ!

5・朝・顔
 

鳥が飛んでいけば、それを見つめ、遠くからいななきが聞こえれば、顔を上げ・・・。

5・朝・横
 

五感をフルに活用している様子が伝わってきました。

「よっこら・・・」

5・朝・よいしょ
 

「しょっ!!」

5・朝・ころ
 

ここで寝ることにしたようです。

奥では、先にキズナくんが休んでいました。

5・朝・キズ
 

起こさないように、少しだけ近付き、戻って来ると・・・。

「あれー?」

5・朝・ささっ
 

さっきまで座っていた栗オルが、もう跳ねています。

放牧地を横切ろうとすると、「なあに?」

5・朝・振り返り
 

「何しに来たの?」

5・朝・振り返って
 

振り返る姿が、たまりませんでした。

そして、ひょいっ!

5・朝・身軽
 

ひょいっ。

5・朝・しゃっ
 

ひょい。

5・朝・ひょい
 

「ねえ!見たでしょ?」

5・朝・む?
 

「ぼく、

5・朝・動く
 

こーんなに、

5・朝・むき
 

ジャンプできるんだよー」

5・朝・えい
 

とばかり、楽しそうに、近付いてくると・・・。

5・朝・あら
 

かぶっていた帽子をかじかじ。

5・朝・いたずら中
 

人懐こく、しばらく離れません。

タタッと向こうへ行き、タンポポの綿毛をいたずら。

5・朝・綿毛
 

またタタッと走って来て、カメラのフードをかじかじ。

5・朝・おでこ
 

面白そうに、牧柵の下段にダンと肢をひっかけた時は、こちらがビックリしましたが、

やきもち焼きの母が、さっとやって来て、「行くわよ!」と、誘導。

5・朝・親子で
 

隣の親子を眺めていました。

5・朝・親子で観察
 

程よい気温で、吸血昆虫もいない今が、馬にとっては最高の季節といえるかもしれません。

一日中、ここにいたい気分でした。

関連タグ : オルフェーヴル, キズナ,

 いつの間にか黄色いタンポポの季節となりました。

5・タンポポ・キズナ
 

曇天が続いた数日前までは、まったく気付かなかったのに、晴天になったとたん、この通り。

植物の勢いには、圧倒されます。

生後ひと月半のキズナ牡馬。

5・タンポポ・キズナ来る
 

やんちゃな彼は、母と共にやって来ると、

5・タンポポ・母と
 

ニンジンをボリボリ。

細かく噛み砕いては、その甘さを楽しんでいるようでした。

あごの力が強く、こんな太いニンジンも、噛んだら離しません。

5・タンポポ・とった
 

「これ、もらったからねー!」

もちろん、ひとりでは噛み砕けず、最後は、ポトンと落としてしまいます。

仕草や体型が、3月に生まれた流星のキズナ牡馬とそっくり。

5・タンポポ・横から
 

そのやんちゃぶりに、手を焼くこともある母。

5・タンポポ・たらった
 

しっぽを引っ張られたり、背中に乗られたり。

5・タンポポ・散策
 

いなくなったと思ったら、

5・タンポポ・キョロキョロ
 

さっと戻って来て、一緒に並んで草を食べるキズナを、自由に育てています。

5・タンポポ・親子
 

そのキズナくん、眠くなったのか、その場にゴロン。

5・タンポポ・よいしょ
 

最初は、座ったまま、草をむしって食べ、

5・タンポポ・もぐもぐ
 

いよいよ眠くなると、肢を投げ出して、寝ていました。

5・タンポポ・おやすみ
 

こちらは、ブラックタイド牝馬。

5・タンポポ・タイド
 

生後1ヵ月半。すっかり大きくなっています。

5・タンポポ・母と一緒
 

そして、さらに大きな生後2か月の2頭。

5・タンポポ・ジョーダンも
 

トーセンジョーダン牝馬とゴールドアリュール牝馬は、換毛の時期。

5・タンポポ・ジョーとアリュ
 

タイドちゃん親子が見守る中、

5・タンポポ・隣から
 

ジョーダンは、「うーん、ここがかゆいんだよぉ!」と、柵にゴリゴリ。

5・タンポポ・かゆい
 

気持ちが良いのか、鼻の下を伸ばし、しばらくご満悦の表情。

隣では、ダノンバラード牝馬が、休憩中の母に「早く起きて!」と体当たり。

5・タンポポ・起きて
 

5月の爽やかな季節は、あちこちで、幸せな時間が流れています。

関連タグ : キズナ, ブラックタイド, トーセンジョーダン, ゴールドアリュール, ダノンバラード,

 ゴールデンウィーク後半に、桜が開花しました。

5・桜・開花
 

今年の”桜姫”は、ダノンバラード牝馬。

5・桜・バラード
 

桜の木の前の放牧地で、朝から楽しそうに、遊んでいました。

5・桜・顔
 

興味津々。

お母さんが草を食べるところを観察しています。

5・桜・草
 

開花し始めた桜を眺める母。遠くの山には、コブシが咲き、ところどころ白くなっています。

5・桜・朝
 

気持ちの良い朝。

5・桜・朝日
 

昼近くに、もう一度、放牧地を訪れると、近付いてくる人間にちょっと緊張気味の母。

5・桜・警戒
 

「なんだぁ。ニンジンくれるの?」

5・桜・ニンジン
 

ボリボリ噛みながらも、仔を守る母。

5・桜・ぼりぼり
 

「行っちゃうの?」とバラード。

5・桜・じゃあね
 

こんな格好で、草にチャレンジ。

5・桜・草を
 

日高山脈の雪は、少しずつとけてきました。

5・桜・日高山脈
 

散策する親子。

5・桜・駆ける
 

バラードちゃん。

5・桜・ぴょーん
 

元気いっぱい!

5・桜・たたっ
 

キズナ牡馬と栗毛のオルフェーヴル牝馬が、2頭で遊んでいました。

5・桜・キズナと栗
 

男の仔は、噛むのが大好き。あまりしつこいと、嫌われます。

5・桜・がおー
 

少しよそ見をしている間に、バラードは、昼寝をしていました。

5・桜・寝る
 

乾草のベッドに、ちゃんと寝ています。

パドックには、ダノンシャンティ牡馬。

5・桜・シャンティ
 

スローテンポだった彼も、日に日に成長し、駆け回るようになりました。

5・桜・ぴょん
 

5月の日差しはとてもまぶしく、みんな生き生き。

5・桜・さっ
 

母の元を離れて、散歩中。

5・桜・じろ
 

さあ、そんな姿あんな姿を撮影している間に、開花はどんどん進み、正午ごろには、ほぼ満開!

5・桜・あっという間に
 

北の桜は、あっという間です。

5・桜・花見
 

桜姫、バラードちゃんも、起きてきて、

5・桜・花と
 

母と共に、元気に駆けていきました。

5・桜・桜姫
 



関連タグ : ダノンバラード, ダノンシャンティ, オルフェーヴル, キズナ,

 放牧地に、こんな風景が広がっていました。

4・栗・早生まれ
 

3月上旬までに生まれた3頭の牝馬たち。

トーセンジョーダン牝馬の母は、どこへやら。

お母さんより、友達と一緒にいる方が楽しいのか、ジョーダンは、よくこのグループに混ざっています。

さて、こちらの放牧地には、

4・栗・栗オル
 

栗毛のオルフェーヴル牝馬と、

4・栗・来る
 

キズナ牡馬。

4・栗・キーちゃん
 

母と共にやって来ると、早速、口遊び。

4・栗・キーちゃん来る
 

徐々に近付いてきた栗オルちゃんも、

4・栗・後ろから
 

キズナ母さんが向こうへ行ってしまうと、

4・栗・様子見
 

やって来ました。

4・栗・かじかじ
 

キズナ母さんが戻って来ると、サッと逃げて、

4・栗・ちょっと逃げる
 

いなくなると、接近。

4・栗・また来る
 

仔馬どうしは、ずいぶん慣れてきたようです。

この放牧地の脇の木陰には、エゾエンゴサクが、今年もきれいに咲いていました。

4・栗・エゾエンゴサク
 

ふと顔を上げると、母の元へ戻っていたキズナくんが、

4・栗・キズナ来る
 

栗オルちゃんに接近中。

4・栗・対面
 

互いに興味があるようで、

4・栗・そっと
 

近付いては、

4・栗・わいわい
 

離れ、

4・栗・やっぱ
 

近付いては、

4・栗・戻る
 

離れ。

4・栗・きゃー
 

アプローチが続きます。

キズナ母さんが戻って来ると、甘えん坊のキズナくんは、ぺったり。

4・栗・ママ
 

母乳をもらうと、寝てしまいました。

4・栗・パタン
 

そこへ、栗オルちゃん。

4・栗・来た
 

「遊ばないの?」

4・栗・ねえねえ
 

眠気に勝てないキズナくんは、あちこち突かれても、起きる気なし。

4・栗・チェック
 

「起きないなぁ・・・」

4・栗・寝ちゃった
 

あきらめて、お母さんのもとへ。

4・栗・あらあら
 

自分も乳を飲むと、

4・栗・もそもそ
 

「よいしょ」と足を折りたたんで、

4・栗・よっこら
 

寝ることにしたようです。

4・栗・むにゃむにゃ
 

その頃、キズナくんは、夢の中。

4・栗・キズナ
 

どんな状況でも、すぐに寝られるタイプ。しばらくは、ピクリとも動きませんでした。


関連タグ : トーセンジョーダン, キズナ, オルフェーヴル,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。